« METALLICA『DEATH MAGNETIC』(2008) | トップページ | METALLICA『HARDWIRED...TO SELF-DESTRUCT』(2016) »

2016/11/21

METALLICA『BEYOND MAGNETIC』(2012)

8年ぶりのニューアルバム『HARDWIRED…TO SELF-DESTRUCT』がリリースされたことを祝して、当ブログで取り上げていなかったスタジオ作2枚(アルバム『DEATH MAGNETIC』とEP『BEYOND MAGNETIC』)についても触れておかなければと思い、急に思い立ってあれこれ書いてみることにしました。ここではEP『BEYOND MAGNETIC』について触れていきます。

この『BEYOND MAGNETIC』は、アルバム『DEATH MAGNETIC』のリリースから3年以上経ってから発表された、4曲入りのEP(ミニアルバム)です。楽曲自体は『DEATH MAGNETIC』制作時のアウトテイク……つまり、アルバム収録を見送られたボツ曲なわけです。言い方悪いですが。なわけで、作風自体は『DEATH MAGNETIC』の延長線上、というかそのままの路線です。なので、『DEATH MAGNETIC』が気に入っている人にはスッと入っていける1枚ではないかと。

時期的には2011年というと、秋にルー・リードとのコラボアルバム『LULU』を発表し、各方面を絶句させたタイミング。確かその直後、年末ぐらいにまずは配信限定で『BEYOND MAGNETIC』はリリースされたと記憶しています。で、年明けにフィジカルでも発売。日本盤も2012年春に発売されたかと記憶しています。

たった4曲のみですが、収録時間は29分とかなり長め。要は長尺曲の多かった『DEATH MAGNETIC』セッションから生まれた曲ですからね。ただ面白いのは、いわゆる“最終ミックス”的な補正があまり施されておらず、ドラムやギター、ジェイムズの歌に生々しさが満ち溢れている点。ボーカルも補正されてないもんだから、ところどころで声がひっくり返ったりしたまま。良く言えばスタジオライブ的、悪く言えばデモテイク風。だけど、嫌いになれないんだよね。というか、個人的には『DEATH MAGNETIC』よりも好きだったりするし。

どの曲も基本7分前後、ラストの「Rebel Of Babylon」に関しては8分もあるんだけど、確かにもうちょっと練ったら『DEATH MAGNETIC』にも収めてもらえたのにね……と思ってしまうポイントもあるにはある。けど、ファンサービス、次のアルバムまでのつなぎという意味ではこれでよかったのかもしれない。ここから数年後の「Lord Of Summer (First Pass Version)」に見事につながったしね。そう考えれば、何事にも意味があるということです。

ちなみに、個人的には2曲目「Just A Bullet Away」が気に入ってます。このリフ最高じゃないですか。



▼METALLICA『BEYOND MAGNETIC』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2016 11 21 06:27 午前 [2012年の作品, Metallica] | 固定リンク