« VINNIE VINCENT INVASION『ALL SYSTEMS GO』(1988) | トップページ | WINGER『WINGER』(1988) »

2017年1月11日 (水)

ONE OK ROCK『Ambitions』(2017)

初のオリコン1位を獲得した前作『35xxxv』から約2年ぶりに発表される、通算8枚目のオリジナルアルバム。リードトラックとして配信リリース&MVが公開された「Taking Off」や「Always coming back」を聴いて、前作で片鱗が見え隠れした「海外で流行している現在進行形のエモやポストハードコア」をより極めた作品と予想したファンも多いことでしょうが、その一言では片付けられない強烈な1枚に仕上がっています。

ミドルテンポの楽曲が軸で、先に挙げた要素を随所に織り交ぜつつも、聴けば「これぞワンオク!」と納得のいくものばかり。一聴するとどこかひんやりとした印象を受ける作風ながらも、その芯にはメラメラと燃える青白い炎が見え隠れする、聴くたびに新たな発見があるスルメ的魅力も備わっています。アヴリル・ラヴィーン(「Listen feat. Avril Lavigne」)や5 SECONDS OF SUMMER(「Take what you want feat. 5 Seconds Of Summer」)のゲスト参加も話題になるでしょうが、それ以上に1曲1曲の持つ熱量とエモさが勝る、今後のワンオクにとって間違いなく分岐点となる記念碑的作品集。個人的にはこの変化/進化を前向きに捉え、支持したいと思います。

なお、本作は海外向けにオール英語詞&一部楽曲差し替え対応したインターナショナル盤も同時制作&リリース。ALL TIME LAWのアレックスをフィーチャーした「Jaded feat. Alex Gaskarth」や、「Hard To Love」「American Girls」といった楽曲は本作のみで聴くことができるので、購入の際にはご注意を。

※このレビューは本作リリース時、『激ロック』に掲載されものを加筆・修正して掲載しています。



▼ONE OK ROCK『Ambitions』
(amazon:国内盤CD / 国内盤CD+DVD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 11 12:00 午後 [2017年の作品, ONE OK ROCK] | 固定リンク