« FASTER PUSSYCAT『FASTER PUSSYCAT』(1987) | トップページ | DEF LEPPARD『ADRENALIZE』(1992) »

2017年3月26日 (日)

SLAUGHTER『STICK IT TO YA』(1990)

1990年に上京してからしばらくテレビのない生活を送っていたため、ラジオをよく聴いていたんです。土曜深夜のbayfm『POWER ROCK TODAY』はもちろんのこと、平日はニッポン放送『オールナイトニッポン』を2部まで聴く日々……AMだけではなくFMもいろいろ聴いてました。そのなかで、確かNACK5だったと記憶していますが、アメリカ西海岸のメタル専門FM局『KNAC』のプログラムを流す番組があったと思うんです。それを毎週聴きながら勉強したり飯食ったりして。

で、そこで気になる曲をみつけて。DJも当然英語だからアーティスト名、曲名がはっきり把握できない中、なんとなく聞き取ることができた「Up All Night」というタイトル。確かに曲中何度もそう歌ってたもんな。この甲高いボーカルとDEF LEPPARDみたいなサウンドプロダクション、アメリカのバンドっぽいけどそこまでパーティ感が強くない曲調、嫌いじゃないなぁ、むしろ好きだなぁ……と思っていたんです。残念ながら、その曲に関してはここで終わり。アルバムまでたどり着くことはありませんでした。

それからしばらくして、今度は別の番組で「Fly To The Angels」というバラード調の楽曲を知ります。いわゆるパワーバラードとはちょっと違った、不思議な雰囲気を持つナンバーで、タイプは違うけどWINGERあたりにも通ずると思っていたんです。その曲を歌うのがSLAUGHTERというバンドだと知り、当然「Fly To The Angels」をちゃんとリピートしたいがために輸入盤店でアルバムを探し、ついに手に入れるわけです。

すると……あ、あの「Up All Night」だ!と。ここで「Up All Night」=「Fly To The Angels」=SLAUGHTERとすべてがつながるのでした。ここまでの数ヶ月、長かった。

そんなSLAUGHTERの1stアルバム『STICK IT TO YA』。アメリカではこの頃、すでにヒットしていたんですよね。Billboard最高18位まで上昇し、200万枚ものセールスを記録。「Up All Night」も全米27位のヒット曲となっており、「Fly To The Angels」はトップ20入り(全米19位)を果たしていたのでした。しかも、このSLAUGHTERのメンバーであるマーク・スローター(Vo, G)とダナ・ストラム(B)は80年代にVINNIE VINCENT INVASIONの一員として活躍。そう、高校時代に大好きだったアルバム『ALL SYSTEMS GO』にも参加していた人たちだったのです。そりゃ気に入るわけだ。

アルバムはいわゆる80年代的なビッグプロダクションを用いた硬質なサウンドで、マークのハイトーンボーカルを前面に打ち出しながらもコンパクトで親しみやすい構成の楽曲が中心。しかもLED ZEPPELIN(「Eye To Eye」「Fly To The Angels」)やAC/DC(「She Wants More」「Loaded Gun」)を彷彿とさせる楽曲、ポップさを前面に打ち出した「Spend My Life」「You Are The One」「Gave Me Your Heart」、ワイルドなアメリカンHR「Up All Night」「Burnin' Bridges」「That's Not Enough」と非常にバラエティに富んだ内容なんだから、楽しくないわけがない。本当によくできたデビューアルバムだと思います。

HR/HMブーム末期に登場したSLAUGHTERもFIREHOUSE同様、その後時代に翻弄されるわけですが、もう1年早くデビューしていたらここ日本でもさらに高い評価を得ることができたんじゃないかなと。実際初来日もこのアルバムの時点では実現しなかったと記憶してますし、非常に勿体ない限りです。



▼SLAUGHTER『STICK IT TO YA』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 03 26 12:00 午前 [1990年の作品, Slaughter] | 固定リンク