« ANTHRAX『SOUND OF WHITE NOISE』(1993) | トップページ | CINDERELLA『NIGHT SONGS』(1986) »

2017/03/02

WHITESNAKE『SLIDE IT IN』(1984)

WHITESNAKE通算6枚目のスタジオアルバム『SLIDE IT IN』。以前1987年発売の大ヒット作『WHITESNAKE』には曲順や収録内容が異なる仕様が複数存在すると紹介しましたが(こちら)、実はこの『SLIDE IT IN』にも複数の仕様があるのです。それもこれも、この時期にアメリカでGeffen Recordsと契約したがために、US向けにテコ入れをされてしまったのが原因なんですけどね。

さて、今回も多少長くなってしまうと思いますが、各仕様について説明していきます。

まず、この時期の編成について。デヴィッド・カヴァーデイル(Vo)は前作『SAINTS & SINNERS』(1982年)のレコーディングに参加したバーニー・マースデン(G)、ニール・マーレイ(B)、イアン・ペイス(Dr)を切り、新たにメル・ギャレー(G)、コリン・ホッジキンソン(B)、コージー・パウエル(Dr)を迎えます。ここに初期から参加するミッキー・ムーディ(G)、ジョン・ロード(Key)を加えた6人で『SLIDE IT IN』を制作。楽曲はメル・ギャレーが中心となり制作されたことから、前作までのルーズな作風から起承転結のしっかりしたドラマチックな作風へとシフトチェンジ。ドラムもイアン・ペイスからコージー・パウエルに変わったことで、よりタイトで締まったサウンドに進化しています。


①UK&JPバージョン

1984年初頭にリリースされた最初のバージョンがこちら。当時イギリスやヨーロッパではEMIから、ここ日本では新たにCBSソニーからリリースされています。これは今作からアメリカではGeffenからリリースされることに伴う移籍だったのかなと(当時Geffenでリリースされた作品は、ここ日本ではソニーから発表されました)。

収録内容はこちら。


01. Gambler
02. Slide It In
03. Standing In The Shadow
04. Give Me More Time
05. Love Ain't No Stranger
06. Slow An' Easy
07. Spit It Out
08. All Or Nothing
09. Hungry For Love
10. Guilty Of Love


今も昔もこの曲順が当たり前で、こちらに慣れ親しんだ日本のHR/HMリスナーは多いはずです。


②USバージョン

しかし、ヨーロッパや日本向けに制作した本作。アメリカのスタッフにはいまいちウケがよろしくなくて、あれこれ修正しろといちゃもんをつけられます。そして同じ頃、結成時からのメンバーであるミッキー・ムーディ、そしてコリン・ホッジキンソンが相次いで脱退。そこに新たに加わったのが、当時THIN LIZZYが解散したばかりのジョン・サイクス(G)でした。さらにベースにはニール・マーレイが出戻り。これにより、ジョンのギタープレイとニールによるベース差し替え、さらにUS向けにリミックス&再構築したのが、1984年4月に現地でリリースされたUSバージョンです。

USバージョンの曲順は以下のとおり。


01. Slide It In
02. Slow An' Easy
03. Love Ain't No Stranger
04. All Or Nothing
05. Gambler
06. Guilty Of Love
07. Hungry For Love
08. Give Me More Time
09. Spit It Out
10. Standing In The Shadow


これ、どうよ? 正直UKバージョンに慣れた耳でこの曲順のアルバムを聴くと、非常に違和感を感じるわけです。しかもジョン・サイクスによるピロピロしたギターソロは加わるわ、音も若干硬めにミックスし直されてるわ、キーボード類が後ろに引っ込んでリズムが前に出てるわで本当に違和感しかない。アメリカ人の耳はこんなにバカなのか……と当時本気で思ったものです。

まぁ「Slide It In」から始めるのはよしとしましょう。しかし、それに続くのが「Slow An' Easy」「Love Ain't No Stranger」とか、「Gambler」が5曲目とか、「Guilty Of Love」じゃなくて「Standing In The Shadow」で終わる構成とか、本当にありえない。USリミックス自体は否定しませんが、この曲順だけは『WHITESNAKE』のそれと比較しても、30年以上経った今でも馴染めません。


③『SLIDE IT IN (AMERICAN REMIX VERSION)』

ここ日本ではUSバージョンそのままがリリースされることはありませんでしたが、代わりに『SLIDE IT IN (AMERICAN REMIX VERSION)』と題したアナログ盤が(のちにCDも)リリースされます。

収録内容はこちら。


01. Slide It In
02. (Comment)
03. Love Ain't No Stranger
04. (Comment)
05. Guilty Of Love
06. Slow An' Easy
07. (Comment)
08. Gambler
09. (Comment)
10. Need Your Love So Bad


M-2、4、7、9はそのタイトルどおり、デヴィッドからのメッセージ。10トラック収録されているものの、実質6曲から構成されたミニアルバムです(そのぶん、収録時間も30分に満たない)。この6曲中5曲(M-1、3、5、6、8)はすべて②のUSバージョン。目玉となるのがM-10で、FLEETWOOD MACのカバーで知られるブルースナンバーです。この曲がとにかく最高に渋くてカッコいいったらありゃしない。すでにUS盤を持っていたにもかかわらず、この1曲のためだけに本作を購入したのを今でも覚えています。へっ、メッセージはどうだったかって? そんなのよく覚えてませんってば(いつも飛ばしてたし)。


④25TH ANNIVERSARY EDITION

『SLIDE IT IN』の発売25周年を記念して、2009年6月にEMIからヨーロッパ向けにリリースされたのが本作。CDとDVDの2枚組仕様で、こちらの内容も非常に厄介なもの。各ディスクの収録内容は下記のとおり。


<CD>
01. Gambler (US Mix)
02. Slide It In (US Mix)
03. Slow An' Easy (US Mix)
04. Love Ain't No Stranger (US Mix)
05. Give Me More Time (US Mix)
06. Standing In The Shadow (US Mix)
07. Hungry For Love (US Mix)
08. All Or Nothing (US Mix)
09. Spit It Out (US Mix)
10. Guilty Of Love (US Mix)
11. Need Your Love So Bad
12. Gambler (UK Mix)
13. Slide It In (UK Mix)
14. Standing In The Shadow (UK Mix)
15. Give Me More Time (UK Mix)
16. Slow An' Easy (UK Mix)
17. Spit It Out (UK Mix)
18. All Or Nothing (UK Mix)
19. Guilty Of Love (UK Mix)
20. Love Ain't No Stranger (Live from『STARKERS IN TOKYO』)
<DVD>
01. Guilty Of Love (Music Video)
02. Slow An' Easy (Music Video)
03. Love Ain't No Stranger (Music Video)
04. Guilty Of Love (Live at Donington 1983)
05. Love Ain't No Stranger (Live from『STARKERS IN TOKYO』)
06. Give Me More Time (BBC TV's Top Of The Pops 19/1/84)
07. Love Ain't No Stranger (Live from『LIVE… IN THE STILL OF THE NIGHT』)


もうここまでくると、訳がわかりません。単なる寄せ集めですよね。UKバージョンとUSバージョンを比較しようにも、UKバージョンが不完全。これは無理やりCD1枚に収めようとしたことが敗因。それなら、アナログでしか手に入らない「Guilty Of Love」と「Gambler」のシングルバージョン(アルバムを手がけたマーティン・バーチではなく、エディ・クレイマーがプロデュースしたバージョン)も入れてほしかったなぁ(前者はDVD収録のMVにてその音を耳にすることができます)。本作に関してはMVや現在入手困難な『STARKERS IN TOKYO』の映像、さらには『TOP OF THE POPS』での映像が観られるという意味で、非常に資料価値の高い作品と言えます。まぁ音源に関しては……一応リマスタリングされてるようですが、そのへんの聴き比べはマニアの皆さんにお任せします。


なお、ジョン・サイクス&ニール・マーレイ加入後のラインナップですが、結局メル・ギャレーもバンドを脱退し、しばらくはデヴィッド・カヴァーデイル、ジョン・サイクス、ニール・マーレイ、コージー・パウエル、ジョン・ロードのシングルギター体制で活動。さらにDEEP PURPLE再結成にあわせてジョン・ロードまで脱退し、以降はサポートキーボーディストを迎えてライブを続けることになります。で、その後はご存知のとおり、コージーもバンドを脱退。デヴィッドはジョン・サイクスとともにバンドの立て直し、およびアメリカで天下を獲るためのアルバム作りに取りかかるのでした(以降の流れは『WHITESNAKE』レビューをご確認を)。



▼WHITESNAKE『SLIDE IT IN』
(amazon:国内盤CD / UK盤CD / US盤CD / 海外盤CD+DVD

投稿: 2017 03 02 12:00 午前 [1984年の作品, Cozy Powell, Whitesnake] | 固定リンク