« SEVENDUST『HOME』(1999) | トップページ | 2017年4月のお仕事 »

2017/04/30

MACHINE HEAD『THE BURNING RED』(1999)

MACHINE HEADで最初に取り上げる作品がこの3rdアルバムでいいのか、正直悩むところですが、僕個人としてとても好きなアルバムなので……まぁ昨日のSEVENDUSTからの流れで、当時のシーンの雰囲気をここらへんから感じ取ってもらえたらということで。

1994年にアルバム『BURN MY EYES』でデビューを果たし、PANTERAらとともにその後のヘヴィメタル、ラウドロックシーンのスタンダードとなったMACHINE HEAD。グルーヴ感の強いミドルテンポのリズムに乗せてスラッシーなギターリフを刻むスタイルが、その後のシーンに与えた影響は計り知れないものがあります。そうやって時代の寵児となった彼らがそこから一転、ニューメタルやラップメタルなど流行にあえて乗ることで完成させたのが、1999年夏発売の本作『THE BURNING RED』です。

前2作を手がけたコリン・リチャードソンから、KORN、SEPULTURA、SLIPKNOTなどで知られるロス・ロビンソンにプロデューサーを替えて制作された本作は、同じミドルテンポでも若干跳ね気味のリズムとロブ・フリン(Vo, G)によるラップ調ボーカルが導入され、初期からのファンの反感を買うことに。特に「From This Day」あたりはそのカラーが顕著で、「なにもこれをMACHINE HEADがやらなくても……」という落胆の声を当時よく耳にしたものです。

しかし、どの曲も比較的コンパクトでキャッチー、アルバムとしてもスルスル聴けてしまうのです。KORNかよ!と突っ込みたくなる「Desire To Fire」、パーカッシブな要素がSEPULTURA『ROOTS』にも通ずる「Exhale The Vile」、THE POLICEの代表曲をサイケデリックなスローアレンジでカバーした「Message In The Bottle」、エンディングのダブ感が異色のバラード「The Burning Red」などもありますが、前のめりなアップチューン「The Blood, The Sweat, The Tears」、攻めの「I Defy」「Five」などもあり、実は完全にニューメタル側に寄ったわけではないことも伺える。その後の彼らのスタイルを考えれば、このタイミングにこういった新しいチャレンジをしたことはとても大きかったのではないかと思うわけです。

じゃあ、MACHINE HEADで真っ先に聴くべき作品かと問われると、決してそんなこともなく。素直に最新作『BLOODSTONE & DIAMONDS』(2014年)もしくはデビュー作『BURN MY EYES』から聴けばいいと思うわけですが、これはこれで好きだっていう人、絶対にいるはずなんですよね。

今でも「The Blood, The Sweat, The Tears」「From This Day」あたりはライブで披露される機会も多いですし、もしMACHINE HEADに興味があって3、4枚目に何を聴こうかと悩んだときに手を出してみてはどうでしょう。聴く人を多少選ぶかもしれませんが、これはこれで優れたヘヴィメタルアルバムだと思いますよ。



▼MACHINE HEAD『THE BURNING RED』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 04 30 12:00 午前 [1999年の作品, Machine Head] | 固定リンク