« PRAYING MANTIS『A CRY FOR THE NEW WORLD』(1993) | トップページ | THE QUIREBOYS『A BIT OF WHAT YOU FANCY』(1990) »

2017/06/05

DEF LEPPARD『THE DEF LEPPARD E.P.』(1979)

DEF LEPPARDがメジャーデビュー前の1979年1月、自主レーベルから発表した3曲入りEP(レコーディングは前年1978年11月に実施)。当時のメンバーはジョー・エリオット(Vo)、ピート・ウィリス(G)、スティーヴ・クラーク(G)、リック・サヴェージ(B)の4人で、ドラムにはセッションメンバーとしてフランク・ヌーンが参加。本作完成後に当時15歳だったリック・アレンが加わり、メジャーデビュー時のメンバーが揃うことになります。

本作に収録されているのは「Ride Into The Sun」「Getcha Rocks Off」(以上A面)、「The Overture」(B面)の3曲で、「Getcha Rocks Off」と「The Overture」はのちの1stアルバム『ON THROUGH THE NIGHT』(1980年)で再レコーディング(その際、「Getcha Rocks Off」は「Rocks Off」、「The Overture」は「Overture」と改題)。「Ride Into The Sun」も4thアルバム『HYSTERIA』(1987年)からのシングルでカップリング曲として再録音され、のちにコンピレーションアルバム『RETRO ACTIVE』(1993年)に収録されているので、楽曲自体はこれまでも聴くことはできました(オリジナルの「Getcha Rocks Off」のみ、METALLICAのラール・ウルリッヒ企画によるNWOBHMコンピ『NEW WAVE OF BRITISH HEAVY METAL '79 REVISITED』でCD化済み)。

しかし、当時アナログ盤で限定リリースされた本作。その後もファンの間では高値で取引されていましたが、2017年4月のレコードストアデイでアナログ盤が限定再発され、より手軽に楽しむことができるようになりました。

セルフプロデュースということもあり、そのサウンドの荒々しさはのちの『ON THROUGH THE NIGHT』以上。初めて『ON THROUGH THE NIGHT』を聴いたときも、以降の『PYROMANIA』(1983年)や『HYSTERIA』と比較すればラフ以外の何物でもありませんでしたが、この『THE DEF LEPPARD E.P.』 収録の3曲はそれ以上。HR/HMというよりもガレージバンドの勢いといいましょうか、とにかく「ここから何かが始まり、ハジけようとしている」感がひしひしと感じられます。

本作を聴いてしまうと、「Ride Into The Sun」ものちの再録音バージョンよりもカッコ良く聞こえるし、『ON THROUGH THE NIGHT』中でもかなりアグレッシヴだと思っていた「Rocks Off」も原曲の「Getcha Rocks Off」のほうがよりパンキッシュだし。かと思えば、「The Overture」の時点でその後のプログレッシヴな作風の片鱗を見せていたのだと改めて驚かされたり。ここから始まったというよりも、「開始前夜」という表現のほうがぴったりな1枚ではないでしょうか。



▼DEF LEPPARD『THE DEF LEPPARD E.P.』
(amazon:海外盤アナログ

投稿: 2017 06 05 12:00 午前 [1979年の作品, Def Leppard] | 固定リンク