« CHRIS CORNELL『EUPHORIA MORNING』(1999) | トップページ | KADAVAR『ROUGH TIMES』(2017) »

2017/10/08

MOTHER LOVE BONE『APPLE』(1990)

1990年7月にリリースされた、シアトル出身の5人組ロックバンドMOTHER LOVE BONEのメジャーデビュー作にして唯一のオリジナルアルバム。のちにグランジと呼ばれるようになるシアトル産オルナタティヴロックバンドでは、SOUNDGARDEN(1989年9月発売の『LOUDER THAN LOVE』)に次ぐ、ALICE IN CHAINS(1990年8月発売の『FACELIFT』)より先の、2番目のメジャーデビュー組となります。

このバンドは元GREEN RIVERのブルース・フェアウェザー(G)、ストーン・ゴッサード(G)、ジェフ・アメン(B)、元SKIN YARDのグレッグ・ギルモア(Dr)、元MALFUNKSHUNのアンドリュー・ウッド(Vo)が1988年にシアトルで結成。ちなみにGREEN RIVERの上記3人以外のメンバーはMUDHONEYを結成しており、SKIN YARDにはグレッグの前にSOUNDGARDENのマット・キャメロンが在籍していたり、NIRVANAの1stアルバム『BLEACH』(1989年)などのプロデューサーとして知られるジャック・エンディノ(G)が参加していたことでも知られています。そう考えると、MOTHER LOVE BONEって当時のシアトルシーンではスーパーバンドなんですよね。まぁ“スーパー”の規模感がかなり小さいですけど。

サウンド的には、古き良き時代の土着的アメリカンハードロックにちょっとファンキーさを加えたもの。時期的にRED HOT CHILI PEPPERSのブレイク前夜ですが、あちらより“ハネて”おらず、むしろハードロックファンには受け入れやすいスタイルじゃないかと思います。

楽曲の半数以上をストーンとジェフが単独で書いており、今聴いてみると2人がこのバンドのあとに結成するPEARL JAMとの共通点がいろいろ見え隠れします。GREEN RIVERを解散したあと、2人がどういう音楽をやりたかったのか、この時点である程度固まっていたわけですね。歴史的資料としても非常に価値の高い1枚です。

が、それ以上にシンガー、フロントマンとしてのアンドリューの個性の強さに目が(耳が)行くわけで、特に当時の動画を目にするとアンドリューという人はその後勃発するグランジシーンの人というよりも、それ以前のHR/HM文脈で語れる人、もしくは同時代のレッチリやFAITH NO MOREと並ぶ存在になれた逸材だったのではないでしょうか。残念ながら、今となっては限られた映像しか残されていないため、正しくは「その片鱗を感じる」という程度なんですが……本当に勿体ない。

実はこのアルバム、本来は1990年3月に発売が予定されていましたが、発売予定日の数日前にアンドリューがオーバードーズにより脳死状態に陥り、数日後の3月19日に死亡。これを受けてバンドも解散し、7月にリリースされた頃にはすでにMOTHER LOVE BONEはこの世に存在しなかったのです。彼らが伝説のバンド、アンドリューが伝説のシンガーと呼ばれるのはそういった所以があるのですが、なんとも不運なバンドですよね。

ちなみに本作リリースから2年後の1992年には『MOTHER LOVE BONE』と題したコンピレーションアルバムもリリースされています。こちらには『APPLE』収録曲全曲と、『APPLE』より前に発売されたEP『SHINE』(1989年)収録曲のすべてがまとめられているので、今から購入するならこちらのコンピ盤のほうがいいかもしれません。



▼MOTHER LOVE BONE『APPLE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD


▼MOTHER LOVE BONE『MOTHER LOVE BONE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2017 10 08 12:00 午前 [1990年の作品, Mother Love Bone, Pearl Jam] | 固定リンク