« METALLICA『MASTER OF PUPPETS: DELUXE EDITION』(2017) | トップページ | APPICE『SINISTER』(2017) »

2017年11月24日 (金)

QUEEN『NEWS OF THE WORLD』(1977)

1977年10月発売の、QUEEN通算6作目のスタジオアルバム。それまで音を重ねまくり、アレンジも緻密に作り込まれた印象の強かったQUEENの作品ですが、本作ではその余韻を残しつつも、全体的にシンプルな方向へと移行しています。思えば発売されたのが1977年秋。本国イギリスではすでにSEX PISTOLSTHE CLASHTHE DAMNEDなどのロンドンパンク勢がブレイクし始めた時期で、少なからずそこからの影響があったのでは……なんて想像もできちゃうような、QUEEN流“シンプル・イズ・ベスト”な1枚です。

思えば、オープニングから「We Will Rock You」というシンプル以外の何ものでもないショートチューンから始まるわけですから。そのまま「We Are The Champions」へと続く流れは、ロックファンならご存知のとおり。彼らのライブを知る者ならば、オープニングからエンディング(意味、わかりますよね?)な構成は、結果として非常に大きな“掴み”になっています。そういえば、本作からはこの2曲が先行シングルとしてリリースされたわけで、アルバム冒頭をシングル曲が飾るという構成も、QUEENというバンドが認知されて以降のオリジナルアルバムとしてはこれが初の試み。アルバムアーティストという印象も少なからずあったバンドだけに、このへんは“対アメリカ”という思いもあったのではないでしょうか。

そして、そこからパンキッシュなファストチューン「Sheer Heart Attack」へとなだれ込む。あれ、3rdアルバムと同タイトル? そう、同作からのアウトテイクなんですね、これ。かと思えば「All Dead, All Dead」「Spread Your Wings」のような従来のQUEENらしい曲もあるんだけど、驚くのは中盤の「Fight From The Inside」(ロジャー・テイラーVo曲)と「Get Down, Make Love」じゃないでしょうか。80年代以降のブラックミュージック路線を先取りした「Fight From The Inside」と、どこかポストパンクの香りすらする「Get Down, Make Love」は、それ以前のQUEENのイメージからすると少々異色かもしれませんね。ただ、後者はその後NINE INCH NAILSがカバーするなど、隠れた人気の1曲なんですよね。僕もお気に入りの1曲です。

そして、ブライアン・メイが歌うブルージーなロックンロール「Sleeping On The Sidewalk」、牧歌的なアコースティックナンバー「Who Needs You」、6分半にわたるロックンロールエピック「It's Late」、フレディ・マーキュリーらしさに満ち溢れたクラシカルなピアノバラード「My Melancholy Blues」でエンディングを迎えます。

確かに、前作『A DAY AT THE RACES』(1976年)や前々作『A NIGHT AT THE OPERA』(1975年)あたりと比較すると、非常にラフでシンプルさが目立つ作風/楽曲群ですが、これがアメリカで当たったことでその後のQUEENの軸になっていくんですよね。それを良しとするか否かで、本作およびこれ以降のQUEENに対する評価が分かれるのかもしれません。個人的には産業ロック路線含め、このバンドの多面性が大好きなのでアリな1枚です。ていうか、どこが悪いのかわかりません。きっと、リアルタムで初期のQUEENに出会っていたら、こんなこと思いもしなかったんだろうけどね。



▼QUEEN『NEWS OF THE WORLD』
(amazon:国内盤CD / 国内盤2CD / 国内盤ボックスセット / 海外盤CD / 海外盤2CD / 海外盤ボックスセット / MP3

« METALLICA『MASTER OF PUPPETS: DELUXE EDITION』(2017) | トップページ | APPICE『SINISTER』(2017) »

Queen」カテゴリの記事

1977年の作品」カテゴリの記事

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ