« GRETA VAN FLEET『BLACK SMOKE RISING』(2017) | トップページ | BLACK SABBATH『PARANOID』(1970) »

2017/12/03

JUDAS PRIEST『REDEEMER OF SOULS』(2014)

2014年夏にリリースされた、JUDAS PRIEST通算17枚目のスタジオアルバム。初の2枚組スタジオアルバムかつ初のコンセプトアルバムだった前作『NOSTRADAMUS』(2008年)から6年ぶりの新作にして、K.K.ダウニング(G)に代わってリッチー・フォークナー(G)加入後初の新作となります。また本作は全米6位と初のトップ10入り、全英12位と『DEFENDERS OF THE FAITH』(1984年)以来30年ぶりにトップ20入りを果たしました。

前作『NOSTRADAMUS』とそれに伴うツアーそして、1980年の『BRITISH STEEL』再現ツアーを経て2011年に最後のツアーを行うことを発表していた彼らですが、そのツアー開始前にK.K.がバンド脱退を発表。結局2011年のツアーにはリッチーが加わり事なきを得たのですが……このときのツアー(2012年2月の来日公演)はZepp Tokyoと武道館の2公演を観たのですが、正直バンドが若返ったなと思ったし、このリッチーという新たな才能を手にした彼らがこのまま活動を終えてしまうのは勿体ないと感じました。

結局、彼らはツアー終了から2年を経てオリジナルアルバムを完成させます。気づけば前作から6年経っていたものの、ここ数年のモヤモヤを払拭するには必要な歳月だったのかもしれません。

ロブ・ハルフォード(Vo)復帰後最初のアルバム『ANGEL OF RETRIBUTION』(2005年)はもちろん今でも良いアルバムだと思っていますが、ロブの衰えが災いしてか、90年代のモダンヘヴィ路線が合わずに中途半端に原点回帰してしまったがために、若干焦点がブレた内容になってしまったのかなと。続く『NOSTRADAMUS』はコンセプトアルバムという前提がなければ、正直個人的にはまったく響かない内容でした。ホント、印象に残ったのは数曲のみでしたし。

ところが。今回の『REDEEMER OF SOULS』は開き直ったかと言いたくなるくらいに、“クラシックJUDAS PRIEST”が展開されている。1曲目の「Dragonaut」の疾走感、そしてシャッフルビートを取り入れた「Redeemer Of Souls」、ツインリードギターが気持ち良い王道HR/HMチューン「Halls Of Valhalla」と、本作で何を表現したいのかがこの3曲だけで十分に理解できてしまうのです。確かに「Redeemer Of Souls」のサビメロの、1オクターブ下で歌うロブの声を聴いて寂しい気持ちにもなりはしますが、基本的には今の彼に合った曲作り、メロディ作りがなされているので、前2作に漂っていた違和感は基本的に感じられない。聴けばすぐに「今、自分はJUDAS PRIESTの新作を体験している!」と実感できる、非常に即効性の強い1枚に仕上がっていると思いました。

ぶっちゃけ、本作で表現されているのは彼らの名盤と呼ばれる『BRITISH STEEL』や『SCREAMING FOR VENGENCE』(1982年)、『DEFENDERS OF THE FAITH』あたりの作風で、そこに若干『PAINKILLER』のテイストも散りばめられている……つまり、上に書いたように誰もが「今、自分はJUDAS PRIESTの新作を体験している!」と感じられるような“わかりやすさ”で構築されているのです。それもこれも、頭の固くなった爺さんたちの中に1人加わった若者、リッチー・フォークナーの影響が大きいのではないか……そう思うのですが、いかがでしょう?

どの楽曲も平均点以上の仕上がりですし、「そうそう、これこそHR/HMだよね!」とガッツポーズを取りたくなる王道ナンバーばかり。基本的に4〜5分台(「Halls Of Valhalla」のみ6分超え)というのも聴きやすさに直結しているのかもしれませんね。

ただ、全13曲で60分超え、しかもデラックスエディションには5曲入りのEPが追加され、トータル90分近くといことで、1曲1曲の印象が弱まってしまうのが難点かな。なんだかんだでツアーではここから数曲しか披露されないわけですし、勿体ないとしか言いようがない……最近の「デラックスエディション商法」(通常盤に加えて、4〜5曲多い仕様を同時発売)には首をかしげることが多いのですが、せめてやるなら「全曲捨て曲なし!」な内容にしてもらいたいものです……。

ということで、年明け2018年春には待望の18thアルバム『FIREPOWER』のリリースも決定したJUDAS PRIEST。本作『REDEEMER OF SOULS』を軽く超える、何度目かの黄金期かと言いたくなるような傑作の完成に期待しています。



▼JUDAS PRIEST『REDEEMER OF SOULS』
(amazon:国内盤CD / 国内盤2CD / 海外盤CD / 海外盤2CD / MP3

投稿: 2017 12 03 12:00 午前 [2014年の作品, Judas Priest] | 固定リンク