« KISS『DYNASTY』(1979) | トップページ | INXS『LISTEN LIKE THIEVES』(1985) »

2018年5月20日 (日)

TEARS FOR FEARS『SONGS FROM THE BIG CHAIR』(1985)

海外で1985年2月に発表された、TEARS FOR FEARSの2ndアルバム。日本盤は同作からのリカットシングルにちなんで『シャウト』のタイトルでリリースされました。本国イギリスでは1stアルバム『THE HURTING』に続く2作連続1位こそ逃したものの最高2位まで上昇、アメリカでは初の1位を獲得し、500万枚以上を売り上げる大ヒット作となりました。また、本作からは「Shout」「Everybody Wants To Rule The World」の2曲が全米1位を記録(イギリスでは前者が4位、後者は2位)。ほかにも「Head Over Heels」(全英12位、全米3位)、「Mothers Talk」(全英14位、全米27位)、「I Believe」(全英23位)と数多くのヒットシングルが生まれています。

全8曲と曲数こそ少ないものの、6分強の楽曲が3曲もあったりして、意外と聴きごたえがあるのが本作の特徴。かつ、シングルのイメージが強いバンドですが、アルバム自体は結構コンセプチュアルというか、特にアナログでいうB面(M-5以降)はちょっと組曲っぽくなっていたりと、アルバムアーティストとしてのこだわりが感じられる作りになっています。

シンプルなサビを繰り返すだけの印象が強い「Shout」ですが、アレンジが非常に凝っていて、単純にバンドサウンドとしてカッコいい。実は「Mothers Talk」あたりも同じで、シンプルなフレーズを繰り返しつつも、バンドアンサンブルで非常に遊びまくっているんですよね。

かと思うと、「Everybody Wants To Rule The World」もメロディのメリハリの付け方がえげつないくらいに優れている。「Head Over Heels」のメロの起伏の付け方も同じようなセンスが感じられ、ちゃんと聴き込めばこれらがなぜ当時ヒットしたのかが改めて納得できるはずです。

そして、アルバム後半のジャジーなノリ……「I Believe」から「Broken」への流れや、その「Broken」のエンディングから「Head Over Heels」へとつなげる構成、さらに「Head Over Heels」から再び「Broken」へと戻る組曲的構成は本当に面白い(特に後半の「Broken」はライブテイクを使うというこだわりぶり)。ヒット曲をたっぷり聴きたいという方にも、ジャジーでプログレッシヴなバンドアンサンブルを楽しみたいという方にも打って付けの1枚ではないでしょうか。

とにかく本作は中学生の頃、レンタルで借りたLPからダビングしたカセットが擦り切れるほど聴き倒したアルバムで、大人になってからは当時シングルや12インチ盤でしか聴けなかった別テイクを含むリマスターCDやボックスセットを購入して、定期的に再生しています。たぶん僕の人生の中で10本指に入るくらいリピートしたアルバムのひとつじゃないでしょうか。



▼TEARS FOR FEARS『SONGS FROM THE BIG CHAIR』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 05 20 12:00 午前 [1985年の作品, Tears For Fears] | 固定リンク