« KYLIE MINOGUE『GOLDEN』(2018) | トップページ | RIOT V『ARMOR OF LIGHT』(2018) »

2018年5月 9日 (水)

JESUS JONES『PASSAGES』(2018)

JESUS JONES待望のニューアルバム(通算6枚目)がようやく到着。前作『LONDON』(2001年)は日本盤が発売されることもなく(ぶっちゃけ、内容も地味だったこともあり)ファン以外の間では大して話題になりませんでしたが、その後何度か来日公演も実現しており、それなりに成功を収めたようです(そうです、僕は一度も行ってません。というか行けませんでした)。

数年前からリリースが噂され、昨年初頭に「2017年初夏」とアナウンスされたものの、結局そこから1年を経た今年4月に発売。前作から17年ぶりのニューアルバム、今回も日本盤リリースはありません!

まあ、そんな細かいことはどうでもいいです。この際ちゃんと聴けるだけで十分ですから。

昨年から先行シングルやYouTubeでのMV公開があったので数曲は耳にすることができていたわけですが、基本的には前作『LONDON』の延長線上にある“ベーシックなバンドサウンドに適度なエレクトロ要素を取り入れた、90年代前半のスタイルとは真逆のスタイル”。ですが、前作よりもエレクトロ色が若干復活しており、90年代前半の名作ほどではないものの“あの頃の香り”が多少は感じられる力作に仕上がっています。

確かに『DOUBT』(1991年)ほど派手ではないし、『PERVERSE』(1993年)ほど煌びやかではないかもしれない。でも、そのどちらのアルバムにも通ずるキャッチーは間違いなく存在する。それは前作『LONDON』にも間違いなくあったものなのですが、その『LONDON』以上にJESUS JONESらしさが強まっている気がするのは自分だけでしょうか?

改めて、マイク・エドワーズ(Vo, G)のソングライターとしての非凡さもここで再確認することもできたし、何よりもその歌声の変わらなさには驚かされます(よく聴けば若干老けた感はありますが、それも誤差範囲内)。そこに“らしい”メロディと“らしい”サウンドメイクが組み合わさることで生まれるマジックが、確実にここにはある。残念ながら『ALREADY』(1997年)にはそこが希薄だったと思うのです(あれはあれで悪くなかったけど)。

中盤の地味なエレクトロ路線は、間違いなく“あの”JESUS JONESそのもの。『LONDON』で肩を落とした90年代のファンも、きっと今回は気に入ってくれるのではないか……そう願っております。

ちなみに、僕はかなり好きです。下手したら『LOQUIDIZER』(1989年)よりも好き……っていうのは言い過ぎか(苦笑)。『DOUBT』と『PERVERSE』が同じくらい好きで、『LOQUIDIZER』がちょっと落ちるというようなリスナーの言うことなので、参考にならないかもしれませんが(笑)。



▼JESUS JONES『PASSAGES』
(amazon:海外盤CD / MP3

投稿: 2018 05 09 12:00 午前 [2018年の作品, Jesus Jones] | 固定リンク