« TEARS FOR FEARS『SONGS FROM THE BIG CHAIR』(1985) | トップページ | CHARLIE SEXTON『PICTURES FOR PLEASURE』(1985) »

2018年5月21日 (月)

INXS『LISTEN LIKE THIEVES』(1985)

海外で1985年10月にリリースされた、INXS通算5枚目のスタジオアルバム。前作では“時の人”ナイル・ロジャースをプロデューサーのひとりに迎え「Original Sin」などのヒットシングルを生み出しましたが、今作ではSEX PISTOLSやROXY MUSIC、QUEENなどを手がけてきたイギリス人プロデューサー、クリス・トーマスとともに制作。全米11位という過去最高位を叩き出し、200万枚以上を売り上げるヒット作となりました。また、シングル「What You Need」は初の全米トップ10入り(最高5位)を記録したほか、「This Time」(全米81位)、「Listen Like Thieves」(全米54位)というスマッシュヒットも生まれました。

“ファンクがかったニューウェイヴサウンド”を信条としていた彼らでしたが、前作ではそのファンキーさがナイル・ロジャースの功績によりさらにニューヨーク寄りの音となっていました。が、今回は大御所イギリス人プロデューサーとの作業というのも影響してか、豪快なハードロックやパンクロック的なカラーも表出し始めています。それがまさにヒット曲「What You Need」であり、同じくシングルカットされた「This Time」や「Listen Like Thieves」でもあるわけです。

ほかにも「Kiss The Dirt (Falling Down The Mountain)」や「Biting Bullets」あたりもロック色が強まっていますが、ところどころにニューウェイヴの香りも感じられます。このバランス感は、本作から2年後に発表される大傑作『KICK』(1987年)で本格的に開花することになります。そういう意味では、本作は『KICK』の習作と捉えることもできそうです。

にしても、全体的にどの楽曲もコンパクトにまとまっているところにも、次作との共通項が見え隠れしていて興味深くないですか? 「Same Direction」のみ5分近くありますが、大半は2〜3分前後ですからね。

アメリカでシングルカットされた3曲のみシリアスさが強い印象で、それ以外はどこか陽気さすら感じられるのも興味深いポイント。そういった意味では、先の3曲が若干浮き気味な気がしないでもないですが、このアンバランスさも今となっては愛おしく感じられるのですから不思議なものです。だって、マイケル・ハッチェンス(Vo)を含む編成での新作やライブは、今後望めないわけですからね……。

個人的には「What You Need」「Listen Like Thieves」「Kiss The Dirt (Falling Down The Mountain)」という冒頭3曲の流れと、「This Time」を経て「Three Sisters」「Same Direction」「One X One」「Red Red Sun」の後半〜エンディングの流れが非常に気に入っています。



▼INXS『LISTEN LIKE THIEVES』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 05 21 12:00 午前 [1985年の作品, Inxs] | 固定リンク