« BLIND MELON『BLIND MELON』(1992) | トップページ | ARCTIC MONKEYS『TRANQUILITY BASE HOTEL & CASINO』(2018) »

2018年6月 2日 (土)

THE ROLLING STONES『EMOTIONAL RESCUE』(1980)

1980年6月に海外でリリースされた、THE ROLLING STONE通算15枚目(イギリスにて/アメリカでは17枚目)のスタジオアルバム。前作『SOME GIRLS』(1978年)でディスコビートを導入した「Miss You」が全米No.1になったり、かと思えばアルバム自体はパンキッシュでぶっきらぼうな側面が強かったりと、アメリカだけで600万枚を超えるヒット作になりましたが、続く今作も全米1位を獲得。前作は2位止まりだったイギリスでも1位を獲得し、アメリカのみで200万枚を超えるセールスを打ち出しました。

前作の「Miss You」をより推し進めたようなソウル/ディスコチューン「Dance (Pt. 1)」からスタートする本作は、全体的にインパクトの弱い1枚としてファンの間では知られています。じゃあ駄作なのかと言われると、まったくそんなことはなく、むしろ“マニアが喜びそうな隠れた名盤”的に好むリスナーも少なくないのではないか……最近この作品を聴き込んでいるうちに、そう思うようになりました。

確かにストーンズらしいロックンロールナンバーも「Summer Romance」や「Let Me Go」「Where The Boys Go」「She's So Cold」など存在しますが、それ以上に本作の目玉は前作から続くディスコ路線に加えて、レゲエやダブの要素が加わり始めているところでしょう。

レゲエの軽やかさが感じられる「Send It To Me」をはじめ、ミック・ジャガー(Vo)がほぼ全編ファルセットで歌うダブテイストのソウルナンバー「Emotional Rescue」。この2曲の存在はかなり大きく、先の「Dance (Pt. 1)」と併せて本作のキモと呼びたいところ。が、多くのストーンズファンはこういった変化球よりも、先のロックンロールナンバーに目が耳が行ってしまい、結果「いつもよりインパクトが弱い」と認識してしまう。勿体ない。本当に勿体ない1枚です。

ミックが歌うカントリーバラード「Indian Girl」やブルージーなミディアムスローナンバー「Down In The Hole」、そしてアルバムを締めくくるキース・リチャーズ(G)歌唱バラード「All About You」も良い味を出している。僕自身は上のロックナンバーよりも新機軸3曲や「Down In The Hole」、そして「All About You」のような楽曲に本作の魅力を見出してしまいます。だからこそ、“マニアが喜びそうな隠れた名盤”なのかもしれませんね。まあ、名盤というのはちょっと言い過ぎな気もしますが……。

勢いと荒さに満ちた『SOME GIRLS』と、鉄壁さが際立つ次作『TATTOO YOU』(1981年)に挟まれたことでどうしても地味さが目立ってしまいがちですが、これはこれでなかなかな1枚だと思っています。



▼THE ROLLING STONES『EMOTIONAL RESCUE』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 06 02 12:00 午前 [1980年の作品, Rolling Stones] | 固定リンク