« DAVID BOWIE『1. OUTSIDE』(1995) | トップページ | AEROSMITH『CLASSICS LIVE』(1986) »

2018年7月29日 (日)

QUEEN『QUEEN』(1973)

本国イギリスで1973年7月、ここ日本では翌1974年3月に発売されたQUEENのデビューアルバム。全英24位、全米83位という成績を残したほか、「Keep Yourself Alive」「Liar」の2曲がシングルカットされています(2曲ともチャートインせず)。もっともイギリスではこのアルバム、発売当初はまったく話題にならず、次作『QUEEN II』(1974年)のヒットに引っ張られてランクイン。この24位という数字も1976年に入ってから到達したようです。

QUEENと聞いて我々がイメージする「大げさで起承転結のしっかりした曲調」「バラエティに富んだ楽曲群」「フレディ・マーキュリー(Vo)のボーカルスタイル」「ブライアン・メイ(G)のギターオーケストレーション」「オペラのようにオーバーダブされたコーラス」といった要素は、すでにこのデビューアルバムの中に存在しており、まだ完璧とまでは言わないものの、それでも「ああ、QUEENだ」と納得できる仕上がりにはなっています。

LED ZEPPELINDEEP PURPLEBLACK SABBATHなど、1曲の中にいろんな要素を詰め込み複雑な展開を見せるバンドはすでに存在していましたが、ブルースやジャズといった音楽からの影響が強いこれらのバンドと比べ、QUEENはもっと気品のある楽曲中心……という印象を受けます。爆発力という点においては、このデビュー作におけるQUEENはまだ先輩たちには及ばない点も確かに存在し、それがマイナスと受け取られてしまった。それがこのデビューアルバムが発売当時にウケなかった理由ではないか、と推測します。

ですが、派手さや豪快なロック感こそ少ないものの(いや、あるんですよ? 「Modern Time Rock 'N Roll」の勢いや「Son And Daughter」のブルースフィーリングは先輩たちにも負けてないし)、1曲1曲の“気品の高さ”や丁寧な作り込みは先人たちとは若干カラーが異なりますし、結局そこに活路を見出したQUEENは次作『QUEEN II』以降で本格的な成功を手にするわけですから。結局は、誰かの代わりとか“第二の○○”みたいな目で見ようとすると、本質を見失うってことなんでしょうね。だから、当時イギリスのメディアから「これが売れるなら、帽子でも食ってやるよ」なんて酷評も挙がったわけですから。

同じ頃、JUDAS PRIESTも二番煎じ呼ばわりされ成功からは程遠いポジションにいましたが、結局そういったバンドたちがのちのシーンを大きく変えていったのですから、わからないものです。

以下、QUEENファンとして。正直、のちの名作群と比べると本作の印象が薄いのは確か。1曲1曲はよくできているし、「Great King Rat」や「Liar」「Son And Daughter」「Jesus」あたりは本当に気に入っているんだけど、アルバムとしてまとまったときのインパクトの弱さは間違いなくあるなと。それだけ、以降のアルバムのクオリティが異常だってことでもあるんですけどね。それに、本作での挫折がなければ次の『QUEEN II』は生まれなかったかもしれないわけですから。



▼QUEEN『QUEEN』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 07 29 12:00 午前 [1973年の作品, Queen] | 固定リンク