« SALEMS LOTT『MASK OF MORALITY』(2018) | トップページ | FATE『A MATTER OF ATTITUDE』(1986) »

2018年8月10日 (金)

SHADOW KING『SHADOW KING』(1991)

当時FOREIGNERを脱退したルー・グラム(Vo)が、同じくDIOWHITESNAKE〜RIVERDOGSと渡り歩いてきたヴィヴィアン・キャンベル(G)と結成したスーパーバンド、SHADOW KING。彼らが1991年10月(日本では同年11月)に発表した、唯一のアルバムが本作になります。

バンドのメンバーはルー、ヴィヴィアンのほか、ルーの旧友でのちにFOREIGNERにも加入するブルース・ターゴン(B)、KISSのレコーディングセッションに参加したり、のちにCINDERELLAなどに加入するケヴィン・ヴァレンタイン(Dr)の4名。キース・オルセン(FOREIGNER、オジー・オズボーン、WHITESNAKE、HEARTなど)をプロデューサーに迎え制作されたこのアルバムは、非常にクオリティの高い産業ハードロック/メロディアスハードロックの隠れた名盤です。

全10曲中、ヴィヴィアンが作曲に関わっているのはラストの「Russia」のみ(ルーとの共作)。それ以外のすべてがルーとブルースの共作で、ある意味ルー・グラムのソロアルバムやルー復帰後のFOREIGNERにも通ずる世界観が展開されています。いや、むしろこれ、80年代後半、『INSIDE INFORMATION』(1987年)以降のメロディアスハードロック路線のFOREIGNERじゃん。

ギターは要所要所で、確かにヴィヴィアンらしいプレイ(主にソロ)を楽しめますが、本作における最大の武器は良質のメロディとルーのパワフルなボーカル。WHITESNAKEでシンガーとギタリストのバトルに懲りたのか、はたまたRIVERDOGSでバランス感を学んだのか、ここでのギタープレイはかなり後ろに引いたものになっていて、そこだけは若干不満が残るかなと(ヴィヴが参加しているとわかっているから、余計に)。とはいえ、曲の良さやアルバムの完成度を前にすると、実はギターがそこまで重要ではないことに気づかされるわけですが。

この湿り気のあるマイナーキーと、要所要所に挿入されるシンセ。強く主張せず、バッキング(パワーコードやアルペジオなど)に徹するギター。それってもう、本当にFOREIGNERなんですよね。これを聴いたあとに、ルー復帰作となる『MR. MOONLIGHT』(1994年)を手にすると、あら不思議。同じバンドのように思えてくるのですから……。

ってくらい、このジャンルが好きな人なら絶対にハマる1枚。当時まったく話題にならなかったし売れもしなかったので、バンドはすぐに解散。翌1992年に入るとヴィヴはDEF LEPPARDに加入。ルーとブルースはFOREIGNERに加わり、ケヴィンはCINDERELLAへ……。なんだ、みんなこのバンドを踏み台にしてるんじゃないか(笑)。

そんな不運のバンド、この機会に触れてみてはいかがでしょう。



▼SHADOW KING『SHADOW KING』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 08 10 12:00 午前 [1991年の作品, Foreigner, Shadow King] | 固定リンク