« LITTLE ANGELS『YOUNG GODS』(1991) | トップページ | SUICIDAL TENDENCIES『STILL CYCO PUNK AFTER ALL THESE YEARS』(2018) »

2018年9月14日 (金)

THE ALMIGHTY『POWERTRIPPIN'』(1993)

グラスゴー出身の4人組バンドTHE ALMIGHTYが1993年春にリリースした、通算3作目のオリジナルアルバム。前作『SOUL DESTRUCTION』(1991年)リリース後に脱退したタントラム(G)に代わり、元ALICE COOPER BANDのピート・フリージン(G)が加入して初のアルバムになります。プロデューサーはマーク・ドッドソン(JUDAS PRIESTANTHRAXSUICIDAL TENDENCIESなど)が務め、「Addiction」(全英38位)、「Over The Edge」(同38位)、「Out Of Season」(同41位)などのシングルヒットもあり、アルバム自体も全英5位というキャリア最高位を記録しました。

前2作をして“MOTÖRHEADよりもMOTÖRHEADらしい”などと言わしめた(いや、そんなことないですけど)バンドが、このアルバムで大きな変化を迎えます。それは、いわゆる“爆走ロックンロール”的なスタイルが影に潜み、代わりに当時主流だったグランジやヘヴィロック的側面を強めていくのです。

オープニングを飾る「Addiction」なんてALICE IN CHAINSあたりがやっていたとしても不思議ではないテイスト/サウンドだし、続く「Possession」もPANTERA的と言われれば確かにそれっぽい。MOTÖRHEADのモの字もありゃしない。

けど、軸にある哀愁味あふれるメロディとボーカリゼーションは変わっておらず、モダンなサウンドになっているものの「Over The Edge」のようにガッツはあるけどどこか悲しげなメロのヘヴィチューン、「Jesus Loves You… But I Don't」というもの悲しげなヘヴィバラード、「Out Of Season」というグルーヴィーかつブルージーなミディアムナンバーなど、前作までのファンも納得できる(させる)だけの佳曲も揃っております。

そして、少ないながらも「Powertrippin'」という爆走ロックンロールも残されているし、その後のライブでオープニングを飾る機会の多かったアップチューン「Takin' Hold」もある。決してただスピードを緩めただけではなく、そのバリエーションを横に広げただけなのだ、と。

後半に進むにつれてディープなミディアムヘヴィチューンが並びますが、「Instinct」あたりはちょっと退屈かな……続く「Meathook」はリフとグルーヴ感で乗り切ってますけど、ラストの「Eye To Eye」もちょっと弱い。全12曲ではなく10曲程度に絞っておけば、かなりの名盤になったはずなんですが……そこだけが残念でなりません。ま、これがあったからこそ、続く超傑作『CRANK』(1994年)が生まれたわけですけどね。

ちなみに本作、日本盤限定で『LIVE FROM DONINGTON '92』と題した7曲入りEPが付いた2枚組仕様も発売されました。こちらではすでに発売前の「Addiction」をやっていたりして、非常に興味深い内容です。中古店を探せば今でもよく見つかるので、ぜひトライしてみてはどうでしょう。



▼THE ALMIGHTY『POWERTRIPPIN'』
(amazon:日本盤CD / 日本盤2CD / 海外盤CD

投稿: 2018 09 14 12:00 午前 [1993年の作品, Almighty, The] | 固定リンク