« MICK JAGGER『WANDERING SPIRIT』(1993) | トップページ | NOTHING『DANCE ON THE BLACKTOP』(2018) »

2018年10月12日 (金)

THERAPY?『CLEAVE』(2018)

2018年9月リリースの、THERAPY?通算13枚目のオリジナルフルアルバム。前作『DISQUIET』(2015年)でAmazing Recordsに移籍した彼らでしたが、今作では新たにMarshall Records(あのアンプメーカーのMarshallによる新興レーベル)と契約。ここ数作、リリースのたびにレーベルを変えている彼らですが、やはりTHERAPY?クラスでも複数枚契約って難しいんですね。

本作最大の注目ポイントは、2作目のアルバムにして最大のヒット作『TROUBLEGUM』(1994年)やポップに振り切れた4thアルバム『SEMI-DETACHED』(1998年)以来となるクリス・シェルドン(PIXIESFEEDERFOO FIGHTERSなど)がプロデュースを手がけたということ(2003年の7thアルバム『HIGH ANXIETY』ではミックスを担当していたので、実質15年ぶりのタッグとなります)。今春以降「Callow」や「Wreck It Like Beckett」といった楽曲がデジタルシングルとして発表されてきましたが、それを聴く限りでは前作の延長線上にある、90年代半ばの黄金期を思わせるスタイルに回帰した作風ではないかと期待させてくれました。

で、完成したアルバム。全10曲でトータル33分と非常にコンパクトな内容ですが、期待を裏切らないかなりの力作に仕上げられています。

HELMETを思わせる硬質な「Wreck It Like Beckett」や、親しみやすいメロディを持つキャッチーな「Callow」、ヘヴィながらもとっつきやすい「Success? Success Is Survival」、THERAPY?らしいグルーヴ感を持つ「Crutch」、あの“カンカン”したスネアの音色とハーモニクスを効かせたギターのカッティング音が「そうそう、これこれ!」と懐かしさを思い出させてくれる「Dumbdown」など、とにかく“ファンが望むTHERAPY?像”をとことん追求してくれていることろに共感を覚えます。やればできるじゃん、と。

もちろん、2000年代以降の作品も決して悪かったわけではありません。ですが、以前よりも高音が出なくなったアンディ・ケアンズ(Vo, G)のメロディライン&センスに首を傾げたくなることが多かったのもまた事実。ところが、本作ではここ数作での努力が実ったのか、過去の“らしさ”と今できることの折衷案がベストな形で具現化されているのです。これは決してマイナスの遺産ではなく、すべてをポジティブに捉えた結果ではないでしょうか。

とにかくどの曲も、聴けばそれが「うん、THERAPY?ってこうだよね!」と納得いくものばかり。ラストの「No Sunshine」で聴かせるダークでドラマチックな世界観含め、すべてにおいて“痒いところに手が届く”作品なのです。

以前のような成功を収めることはもはや難しいでしょうし、日本盤もリリースされることはないでしょう。来日にしても……いや、観たいなあ。このアルバムの楽曲はぜひ生で聴きたいです。そう強く思わせてくれる力作、ぜひ触れてみてください。



▼THERAPY?『CLEAVE』
(amazon:海外盤CD / MP3

投稿: 2018 10 12 12:00 午前 [2018年の作品, Therapy?] | 固定リンク