« ANTHRAX『STATE OF EUPHORIA』(1988) | トップページ | 最近制作したプレイリスト(2018年9月版) »

2018年10月 2日 (火)

METAL CHURCH『BLESSING IN DISGUISE』(1989)

1989年2月発売の、METAL CHURCH通算3作目のオリジナルアルバム(メジャー2作目)。前作『THE DARK』(1986年)を携えたツアーを終えたあとにシンガーのデヴィッド・ウェインが脱退。新たにマイク・ハウを迎え、前作完成後にバンドを離れたカート・ヴァンダーフーフ(G)に代わりジョン・マーシャル(G)が加わった編成で始めて制作された1枚となります(とはいえ、カートは楽曲制作に全面参加したほか、レコーディングでも一部でプレイしているのですが)。

プロデューサーは前作のマーク・ドッドソンから、前作までエンジニアを務めていたテリー・デイト(PANTERASOUNDGARDENDEFTONES)に交代。ごく初期こそスラッシュメタル的印象のあった彼らですが、前作『THE DARK』で独自性を確立し、また新たなフロントマンの加入によってさらに新しい個性を生み出すことに成功します。

スラッシュの影響下にあるパワーメタルや、IRON MAIDEN以降のプログレッシヴなヘヴィメタルをベースにしつつ、アメリカのバンドらしい大味加減とアメリカのバンドらしからぬ繊細さが同居する珍しい、ある種のストイックさを感じさせるスタイル(と、昔から勝手に思っていました)は、当時メジャーで活躍していたほかのスラッシュメタルバンド/スラッシュ流れのメタルバンドと比較してもかなり異色。そこにデヴィッド・ウェインほどクセが強すぎず、耳に馴染む声を持つマイク・ハウの歌が加わることでバンドとしてもかなり親しみやすくなった印象があります。

また、ある程度スピード感を維持しているものの、実は軸になるのはミドルテンポの楽曲というのも、次作『THE HUMAN FACTOR』(1991年)への布石を感じさせます。歌メロも耳に残りやすいものが多いせいか、長尺の楽曲が多いながらもまったく飽きが来ない。だって、アルバムのど真ん中に大作3曲(4曲目「Anthem To The Estranged」は9分半、5曲目「Badlands」は7分半、6曲目「The Spell Can’t Be Broken」は約7分)を配置しているんですから。

しかも、その「Anthem To The Estranged」と「Badlands」は本作におけるキモであり、オープニングトラック「Fake Healer」とともに本作を代表する名曲という事実にも驚かされます。いや、本当にこのドラマチックさは何ものにも変えがたいものがありますよ。

リリース当時、「Badlands」のMVがMTVでヘヴィローテーションされたこともあり、アルバムはBillboard 200で最高75位を記録。前作『THE DARK』での成功を見事結果につなげました。チャート的には失敗したものの、内容的には素晴らしい次作『THE HUMAN FACTOR』までの3作はバンドの充実期に相応しい名盤ばかり。ただ、残念なことに本作、日本国内では配信リリースもストリーミングもなし。勿体ないったらありゃしない。多くの人に伝わってほしい80年代の名盤のひとつだと思うので、ぜひ気軽に聴けるようにしてもらいたいものです。



▼METAL CHURCH『BLESSING IN DISGUISE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2018 10 02 12:00 午前 [1989年の作品, Metal Church] | 固定リンク