« NEW YORK DOLLS『NEW YORK DOLLS』(1973) | トップページ | THE ROLLING STONES『BRIDGES TO BABYLON』(1997) »

2018年10月 9日 (火)

PRIMAL SCREAM『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP』(1994)

1994年3月にリリースされた、PRIMAL SCREAMの4thアルバム(日本では同年4月発売)。前作『SCREAMADELICA』(1991年)で全英8位、50万枚を超えるヒットを記録し、バンドは時代の寵児となりました。が、当時すでにヘロイン中毒でヘロヘロだった彼らは、この状態で次のアルバム制作に突入。イギリスを離れ、アメリカ・テネシー州メンフィスにてトム・ダウド(アレサ・フランクリンエリック・クラプトン、ロッド・スチュワートなど)をプロデューサーに迎えてレコーディングに突入したのですが……。

このへんは近く発売される本作のオリジナルバージョン『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP: THE ORIGINAL MEMPHIS RECORDINGS』と比較していただければおわかりいただけると思いますが、元のセッションはとにかく毒気の抜けたユルユルの“ストーンズもどき”なんですわ。もちろん、テイクによってはオリジナル版のほうが好み、っていう楽曲もなくはないですが、それでもすべてをこのままリリースするわけにはいかなかったと。

曲によってはジョージ・クリントンが参加&リミックスを担当してそれらしくなったものの、さすがに“ジャンキーがほぼ勢いで作ったかのような代物”をそのまま世に出せるわけもなく、ジョージ・ドラクリアス(THE BLACK CROWESRIDEREEFなど)が新たにミックスし直し、現代的な要素が加わることに。こうして、総制作費42万ポンド(笑)と言われる名(迷)作が難産を経て完成したわけです。

が、個人的にはこのアルバム、リリース当時から好きだったんですけどね。きっとミック・ジャガーは嫉妬したんじゃないかな、って。たぶんミックがストーンズでやりたいことって、こういうことなんじゃないの?って思ったわけです。

確かに『SCREAMADELICA』という、新たな時代を作る作品の後にここまでレイドバックされたら、そりゃあ呆れますよ。だけど、ボビー・ギレスピーというロックバカがお薬の力を借りて、なんの工夫もなくストレートにやりたいことをやった結果がオリジナル版であり、そこに多少の“作為”を加えた結果、少しだけ時代に寄り添った。最高じゃないですか。

「Rocks」(全英7位)も「Jailbird」(全英29位)も、その“作為”があったから名曲になったわけだし、アルバム自体も(セールス的には前作に及ばないものの)全英2位という好記録を残せたわけだしね。2ndアルバム『PRIMAL SCREAM』(1989年)でのガレージロック色や8thアルバム『RIOT CITY BLUES』(2006年)でのオーガニックなロックンロール色とも違う、1994年という時代の転換期にしか生み出せなかったであろうこの異色作、間もなくリリースされるオリジナル版とともに、ぜひこのタイミングにじっくり浸ってみてください。



▼PRIMAL SCREAM『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 10 09 12:00 午前 [1994年の作品, Primal Scream] | 固定リンク