« NINE INCH NAILS『BROKEN』(1992) | トップページ | THE HELLACOPTERS『HEAD OFF』(2008) »

2018年10月 6日 (土)

ROB ZOMBIE『HELLBILLY DELUXE』(1998)

1998年8月にリリースされた、WHITE ZOMBIEのフロントマンであるロブ・ゾンビの1stアルバム。1995年発売の『ASTRO CREEP: 2000』(1995年)を最後に、オリジナルアルバムの発売がなかったWHITE ZOMBIEはこの『HELLBILLY DELUXE』発売直後に解散発表。ロブは『ASTRO CREEP: 2000』で築き上げたスタイルを、ソロ活動で引き継ぐことになります。

当時のバンドメンバーは、WHITE ZOMBIE後期に参加したジョン・テンペスタ(Dr)、のちにオジー・オズボーンのバンドに加わるブラスコ(B)、そしてマイク・リッグス(G)という面々。プロデュースはスコット・ハンフリー(MOTLEY CRUEANDREW W.K.MONSTER MAGNETなど)が担当し、そういった繋がりからダニー・ローナー(NINE INCH NAILSMARILYN MANSONなど)やトミー・リー(MOTLEY CRUE)もゲスト参加しています。

聴けばわかるように、とにかくモダンなヘヴィロックナンバーをザクザクしたギターリフと適度なデジタル加工で表現しており、抑揚がないようで実はキャッチーというロブのメロディ/ボーカルラインと合わさることで不思議と親やすい仕上がり。これはWHITE ZOMBIE時代から引き継がれている重要な要素なのですが、ソロになってからバンド形態にこだわる必要もなくなったためか、そこの入っていきやすさがより増しているような気がします。

ヘヴィロックなのにキャッチーで聴きやすい。それってどうなの?と思われそうですが、それっておどろおどろしいMARILYN MANSONにも共通して言えることで、そのへんは彼らのルーツのひとつであるKISSアリス・クーパーあたりに通ずるものがあるのではないでしょうか。そういう意味では、僕はマンソンの時代に敏感なショックロックはアリス・クーパーの後継者、ロブ・ゾンビの良くも悪くも金太郎飴的スタイルはKISSの後継者だと思っているのですが、いかがでしょう?

一歩間違えばアングラなデジロック/インダストリアルメタルで括られてしまっても不思議じゃないのに、しっかりメジャーのど真ん中で活躍できるだけのポテンシャルも備わっている。しかも、1曲1曲が2〜3分台と非常にコンパクトなのも好感が持てるポイント。トータルで38分程度というトータルランニングも古き良き時代のロックのスタンダードに通ずるものがあるし、しかもこのスタンス、現在まで見事に踏襲されている。最長でも『HELLBILLY DELUXE 2』(2010年)の46分ですから。最新作『THE ELECTRIC WARLOCK ACID WITCH SATANIC ORGY CELEBRATION DISPENSER』(2016年)に至っては過去最短の31分ですからね(笑)。恐れ入ります。

ソロキャリア20年を迎えた今、どの作品から手を出せばいいのか迷っている方。キャリア総括的なライブアルバムやWHITE ZOMBIE時代からソロまでを総括したベストアルバム『PAST, PRESENT & FUTURE』(2003年)も良いですが、まずはソロの原点でもある本作『HELLBILLY DELUXE』から聴くことをオススメします。一応キャリア的にも全米5位、300万枚以上を売り上げた最大のヒット作ですから。



▼ROB ZOMBIE『HELLBILLY DELUXE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / 海外盤CD+DVD / MP3

投稿: 2018 10 06 12:00 午前 [1998年の作品, Motley Crue, Rob Zombie] | 固定リンク