« THE HELLACOPTERS『HEAD OFF』(2008) | トップページ | PRIMAL SCREAM『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP』(1994) »

2018年10月 8日 (月)

NEW YORK DOLLS『NEW YORK DOLLS』(1973)

1973年7月にリリースされた、NEW YORK DOLLSのデビューアルバム。当時のメンバーはデヴィッド・ヨハンセン(Vo)、ジョニー・サンダース(G)、シルヴェイン・シルヴェイン(G)、アーサー・キラー・ケイン(B)、ジェリー・ノーラン(Dr)。アルバムのプロデュースはかのトッド・ラングレンが担当し、このほかにもトッドはアルバムでピアノやモーグシンセなどでも参加しております。

アルバムジャケットを見ると、そのケバケバしいルックスに驚かされ「グラムロック?」と思ってしまうかと思います。もちろんそれも間違いではありませんが、それよりもここで鳴らされている(記録されている)音の塊はパンクロックそのものではないでしょうか。

例えば、60年代末から70年代初頭のキラキラしたメイクのストーンズ。アメリカではマイナーな存在だったかもしれないけど、デヴィッド・ボウイを筆頭にMOTT THE HOOPLE、T. REXといったお化粧をしたロックアーティスト。そういったバンドたちと肩を並べる存在、あるいはその延長線上にあるムーブメントだったのかもしれない。けど、何か違う。むしろ、ドールズの数年先にデビューしていたTHE STOOGESを、アグレッシヴさをそのままに、もっとキャッチーにした存在。そのほうがピンとくるのは僕だけでしょうか。

オープニングの「Personality Crisis」を筆頭に、「Looking For A Kiss」や「Frankenstein」「Trash」など、ロックンロールのフォーマットに乗ったポップなメロディと、どこか危うさが伴うバンドアレンジ。例えばそれは、本作から数年後に誕生するSEX PISTOLSにも通ずるものがある気がするし、さらにそこから10年後にデビューするGUNS N' ROSESにも共通するものがある。なんていうのは言い過ぎでしょうか?

僕自身がこのアルバムと出会ってすでに30年近く経ちますが、今でも本作と向き合うときは「ジャンルとは?」「カテゴリーとは?」なんてことを考えさせられます。それくらい、括りとかどうでもよくなる1枚。それがNEW YORK DOLLSのデビューアルバムの持つ大きな意味なのかもしれません。

このアルバムから影響を受けて誕生したバンドは、ここ日本にも少なくありません。ジャケットのアートワークを見て「あっ!」と思い浮かべるバンドもいるでしょうし、楽曲の1つひとつを聴いて脳内でイメージできるバンドもいるでしょう。そういった意味でも、国境関係なくすべてのロックファンに一度は接してほしいアルバムです。



▼NEW YORK DOLLS『NEW YORK DOLLS』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2018 10 08 12:00 午前 [1973年の作品, New York Dolls] | 固定リンク