« DAVID LEE ROTH『YOUR FILTHY LITTLE MOUTH』(1994) | トップページ | VINCE NEIL『TATTOOS & TEQUILA』(2010) »

2019年1月19日 (土)

VOIVOD THE WAKE JAPAN TOUR 35TH ANNIVERSARY@TSUTAYA O-WEST(2019年1月18日)

Img_3939_2新年最初のメタル/エクストリーム系のライブは、これが3度目の来日ながらも初の単独来日公演となるカナダの至宝VOIVOD。このツアータイトルどおり、今年でデビュー35周年という記念すべきタイミングでの来日公演は、東京で一夜限りの貴重なものとなりました。TSUTAYA O-WESTという決して広くない会場でしたが、当然のようにチケットはソールドアウト。会場はムサ苦しい野郎ども(褒め言葉)で埋め尽くされ、最高の歓迎ムードでライブのオープニングを迎えました。

今回の編成はスネイク(Vo)、アウェイ(Dr)というオリメンに加え、過去2回の来日(2008年、2014年の『THRASH DOMINATION』)にも参加したチューウィー(G)と、これが初来日となるロッキー(B)の4人。ライブは現編成での発音現となったEP『POST SOCIETY』(2016年)から、タイトルトラック「Post Society」で幕を開けました。ガリガリしたベースと、グルーヴィーなドラムとリフを刻むというよりは効果音のようなサウンドを奏でるギター、そこにスネイクの個性的なボーカルが乗るのですが、音源で聴く以上に浮遊感が漂っていて、気持ちいいのなんの。4ピース(シングルギター)編成で、音の薄さが気になるかなと思っていましたが、アンサンブルの妙技によるものなのか、まったくそんなこと感じませんでした。また、音量もデカすぎず、小さすぎずといった程よいバンラス感で、しかもライブが進むにつれて徐々に大きくなっていくものの、それが決して大きすぎないという聴きやすさを保っていたのですから、さすがと言いますか。ホント、終始気持ちよかったです。

この日演奏されたのは、2回のアンコールを含む全16曲。2時間に満たない、決して長いとは言えないボリュームでしたが、終わったあとも特に不満はなく(まあ正直言えば、もうちょっと聴きたかったというのはありますが)、ここも程よさを醸し出していたのが印象的でした。

セットリスト的には、さすが35周年を謳っているだけあり、オールタイムベストといった内容。ただし、スネイク脱退時や2000年代のジェイソン・ニューステッド(B)在籍時などの楽曲はすべてなかったことにされていましたが、それも特に不満には思いませんでした。

内訳は1stアルバム『WAR AND PAIN』(1984年)から1曲、3rdアルバム『KILLING TECHNOLOGY』(1987年)から3曲、4thアルバム『DIMENSION HATROSS』(1988年)から2曲、5thアルバム『NOTHINGFACE』(1989年)から3曲、6thアルバム『ANGEL RAT』(1991年)から1曲、7thアルバム『THE OUTER LIMITS』(1993年)から1曲、最新EP『POST SOCIETY』から2曲、14thアルバム『THE WAKE』(2018年)から3曲。あれ、2ndアルバム『RRRÖÖÖAAARRR』(1986年)からは1曲もなしですか? それ以外は、まだ妥当な選曲かなと。現編成での楽曲が5曲というところに彼らの現役感を強く感じましたし、それもまた良しでした。

僕は2階からステージを見下ろすようにライブを拝見していたのですが、気づけばアウェイのドラミングばかりに目を奪われてしまいまして。以前からMVやライブ映像を観ていてもそうだったのですが、やっぱり彼のドラミングって個性的ですよね。で、この日初めて生で観て気づいたのですが……メタルのドラミングとはちょっと違うんですよね。パンク的というか、もっとロックンロール的なスウィング感が感じられるし、動きもちょっとクセがあって。どことなく、ジャズからの影響も感じられるのですが、そのへんは彼らの音楽的ルーツにもあるであろうRUSH(主にニール・パート)からの影響も少なからずあるのでしょうか。とにかく、このドラミングがVOIVODというバンドを唯一無二のものにしていることは、間違いないと実感しました(もちろん、オリジナルメンバーのひとりで2005年に急逝したギタリスト、ピギーによるものも大きいのですが)。

チューウィーも、その偉大な前任ピギーの重圧に押しつぶされることなく、新曲では従来のVOIVODらしさと彼ならではのプレイをミックスし、確実にVOIVODをネクストレベルへと押し上げていましたし、新任のロッキーもブラッキー(B)の陰を気にせず、存分に個性を発揮しておりました。

Img_3941そんな個性的な楽器陣が、このサイケデリックでパンキッシュでプログレッシヴな楽曲を演奏すると、不思議とスラッシュメタルにはならない。むしろパンクやオルタナやハードコアの香りが強かったし、そこがまた気持ちよかったし。そうか、だから俺、このバンドが好きなんだなと、改めて再認識することができました。“普通のヘヴィメタル”ではない、いや、むしろ“ヘヴィメタルのようでヘヴィメタルではない。ヘヴィメタルではないけど、実はヘヴィメタル”だから、ここまで楽しむことができたんだ。なもんだから、プレイ中にスネイクをはじめとしたメンバーがコミカルな動きをしようが、まったく気にならない(笑)。普通のメタルバンドがあんなことやったら「マジふざけんな!」ってぶちキレるかもいれないけどね。たとえチューウィーがドラえもんのギターストラップを使っていようが、某コンビニの入店音をギターで弾こうが(笑)気にならない。

それにしても、この日のお客さんは本当に温かかったなあ。1曲終わるごとに盛大な“VOIVODコール”を毎回叫び続けていたし、これにメンバーもかなり気を良くしていたようですし。思えば初来日がデビューから24年後というのが、そもそも……あんなに来日バブルだった90年前後に、ましてやメジャーから『NOTHINGFACE』『ANGEL RAT』『THE OUTER LIMITS』と力作を続出していた時期に来日が実現していないんだから、当時からこのバンドを支えるファンからしたら、そりゃあ叫び続けたくもなりますよね。わかります。自分もマスク越しに“VOIVODコール”してましたから。

新曲のウケも代表作からの楽曲のそれとまったく引けを取らなかったし、お客のテンションが落ちる瞬間は一度もなかった。だからこそ、あれくらいの長さでちょうどよかったのかもしれない。なので、このボリューム感のライブを定期的に見せてほしい(笑)。あれですよ、毎年秋の、あのフェスで……絶対にウケるはずだから。なんなら、それより前に、3月くらいに幕張方面でやる、あのフェスに出てくれてもいいんですよ?

あとさ、日本の配信サービスおよびサブスクリプションサービスは、早く『RRRÖÖÖAAARRR』から『THE OUTER LIMITS』までの一連の作品を公開してください。これも日本での知名度の低さに影響を与えていると思うんですよね。特にMCA時代の3作は昨年、廉価盤が発売されていますし、ぜひ配信でもお願いしたい。だって、せっかく最高のセットリストだったのに、プレイリストを作って公開できないし(苦笑)。Apple Musicさん、Spotifyさん、よろしくお願いします!


[SETLIST]
01. Post Society
02. Ravenous Medicine
03. Obsolete Beings
04. Technocratic Manipulators
05. Into My Hypercube
06. Iconspiracy
07. The Prow
08. Order Of The Blackguards
09. Fall
10. Always Moving
11. Psychic Vacuum
12. The Lost Machine
13. Voivod
<ENCORE>
14. The Unknown Knows
15. Overreaction
<ENCORE>
16. Astronomy Domine

*from 1st AL『WAR AND PAIN』:M-13
*from 3rd AL『KILLING TECHNOLOGY』:M-2、8、15
*from 4th AL『DIMENSION HATROSS』:M-4、11
*from 5th AL『NOTHINGFACE』:M-5、14、16
*from 6th AL『ANGEL RAT』:M-7
*from 7th AL『THE OUTER LIMITS』:M-12
*from EP『POST SOCIETY』:M-1、9
*from 14th AL『THE WAKE』:M-3、6、10



※代わりに、2014年発売のこのライブアルバムを貼っておきます。



▼VOIVOD『NOTHINGFACE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

« DAVID LEE ROTH『YOUR FILTHY LITTLE MOUTH』(1994) | トップページ | VINCE NEIL『TATTOOS & TEQUILA』(2010) »

Voivod」カテゴリの記事

2019年のライブ」カテゴリの記事

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ