« WEEZER『WEEZER (TEAL ALBUM)』(2019) | トップページ | THE KNACK『GET THE KNACK』(1979) »

2019年2月10日 (日)

CHEAP TRICK『DREAM POLICE』(1979)

1979年9月発売の、CHEAP TRICK通算4作目のオリジナルアルバム。当初は同年前半にリリースされる予定でしたが、日本から遅れて発売されたライブアルバム『AT BUDOKAN』(1978年)の大ヒットにより発売延期となっていました。しかし、『AT BUDOKAN』から良い流れを受けて、本作も全米6位という好成績を残すことができたので、結果オーライと言えるでしょう。

初期3作(1st『CHEAP TRICK』、2nd『IN COLOR』、3rd『HEAVEN TONIGHT』)でバンドとしてのカラーを完全に固めた彼らは、『AT BUDOKAN』でライブバンドとしての強みをアピール(なおかつ、初期楽曲の良さも同時アピール)することに成功。続く4作目ではそこから一歩踏み込んで、スタジオ作品として優れたアルバム作りに取り組みます。

『IN COLOR』以降の作品を手がけるトム・ワーマン(MOTLEY CRUEPOISONKIXなど)が再度プロデュースを担当した本作は、曲によってオルガンやピアノ、ストリングスなどをフィーチャーし、1曲1曲の完成度を高めることに挑みます。

シングルカットされた「Dream Police」はストリングスを導入した、伸びやかかつスリリングなアレンジを堪能できますし、かと思えば「Gonna Raise Hell」では初期の彼らが持つヘヴィさを10分近いセッションの中に凝縮させることに成功。「Voices」のように美しいバラードもあれば、ビートルズの名フレーズまで登場するゴキゲンなロックンロール「The House Is Rockin' (With Domestic Problems)」も飛び出すし、トム・ピーターソン(B)がボーカルを務める「I Know What I Want」、サイケデリックなミディアムスローチューン「Need Your Love」もある。甘くとろけるようなキャッチーさの中に時折見え隠れする凶暴さ、狂気性にドキッとさせられる、一筋縄でいかない感じがいかにもCHEAP TRICKらしい1枚です。

初期3作と比較してバンドとしてのタフさが確実に増している。そこを良しとするか否かで本作の評価はガラリと変わりそうな気がします。1作目や2作目が好きというリスナーは、もしかしたら本作で展開されるハードロック寄りの世界観は気に入らないかもしれませんし。逆に、ハードロック寄りのリスナーは初期3作に対して持っていたチープさがこの『DREAM POLICE』で解消される。聴き手の立場によって、そのへんの捉え方は変わってくるのでしょうね。

パワーポップと呼ぶにはハードロックすぎるのは確かにあると思います。が、彼らの歴史を語るうえでは欠かせない1枚なのも間違いない事実。本作以前と本作以降でいろんな流れが変わるという意味でも、分岐点となる重要作と言えるでしょう。



▼CHEAP TRICK『DREAM POLICE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3


« WEEZER『WEEZER (TEAL ALBUM)』(2019) | トップページ | THE KNACK『GET THE KNACK』(1979) »

Cheap Trick」カテゴリの記事

1979年の作品」カテゴリの記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ