« AMARANTHE『HELIX』(2018) | トップページ | METALLICA『HELPING HANDS... LIVE & ACOUSTIC AT THE MASONIC』(2019) »

2019年2月 4日 (月)

SOILWORK『VERKLIGHETEN』(2019)

2019年1月発売の、SOILWORK通算11作目のオリジナルアルバム。前作『THE RIDE MAJESTIC』(2015年)から約3年半ぶりの新作となります。

前作発表後、ドラマーのダーク・ヴェルビューレンがMEGADETHに勧誘されるというサプライズ(ハプニング?)があり、バンドは新たに若手のバスティアン・トゥアスガールド(Dr)を迎えて活動再開。特にここ数作は毎回ラインナップが変更しており、バンドとして安定した活動が送れていませんでしたが、ここでようやく編成が固まったと思いたいものです。

僕自身、随分と久しぶりにSOILWORKの新作を聴いたのですが(テン年代以降の作品はほぼ未聴でした)、本作には自分がハマった6thアルバム『STABBING THE DRAMA』(2005年)の頃の面影もしっかり残っており、よりメロディアスに進化した“ブルータルな北欧メタル”を堪能することができます。

新ドラマー・バスティアンのプレイは非常に手数が多く、どんなにキャッチーでメロウだろうが、その後ろでドコドコと激しいプレイを聴かせてくれる。ボーカルスタイルやメロディに関しては、ビョーン“スピード”ストリッド(Vo)が別プロジェクトのTHE NIGHT FLIGHT ORCHESTRAに参加していることも大きいのでしょうか、非常にキャッチーさを増しており、AメロやBメロでグロウルやスクリームをかましてもサビでは力強く歌い上げるスタイルにより拍車がかかり、自信に満ちたボーカルパフォーマンスを楽しむことができるはずです。

楽曲群も、聴けばすぐにそれがSOILWORKだとわかるものばかりで、確実にオリジナリティを確立しています。正直、2000年代後半以降の作品はそのへんが薄くなりつつあり、徐々にこのバンドから離れていったのですが、本作に関しては楽曲の良さ、ボーカル&演奏の素晴らしさが際立っており、平均点以上の仕上がりになっているのではないでしょうか。

もはやこれをメロディックデスメタルと呼ぶべきなのか、あるいは呼べるものなのか、正直僕にはわかりません。しかし、確実にその面影は残っていますし、見方を変えればメロデスの現在進行形/最新型と捉えることもできるでしょう。疾走感もしっかり備わっており、ブラストビートやグロウルなどエクストリームメタルに必要不可欠な要素も、さらにメロディアスな要素も至るところに散りばめられている。うん、確実にメロデスではあるんだけど、僕はこれをそんな狭い枠で括りたくないという気持ちもあって。純粋にヘヴィメタルでいいじゃないか……と思うわけです。

中にはメロデスに対していまだに嫌悪感や拒否反応を示すリスナーも少なくないはず。そんな人にこそ、このアルバムを聴いてほしいなと思うわけです。北欧のバンドが持つ“らしさ”を現代的に昇華させた、全メタルファン必聴の1枚だと断言させてください。

あ、最後に追記。本作の「Needles and Kin」にはAMORPHISのトミ・ヨーツセン(Vo)、「You Aquiver」には元ANNIHILATOR、EXES TO EYESのデイヴ・シェルドン(G)がゲスト参加しているとのこと。当初は「Stålfåge」にARCH ENEMYのアリッサ・ホワイト=グラズ(Vo)が参加しているという話もありましたが、こちらは実現しなかったそうです(ソース)。



▼SOILWORK『VERKLIGHETEN』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3


投稿: 2019 02 04 12:00 午前 [2019年の作品, Soilwork] | 固定リンク