« ALTITUDES & ATTITUDE『GET IT OUT』(2019) | トップページ | THE CHEMICAL BROTHERS『DIG YOUR OWN HOLE』(1997) »

2019年3月11日 (月)

THE PRODIGY『THE FAT OF THE LAND』(1997)

THE PRODIGYが1997年6月に発表した3rdアルバムにして最大のヒット作。当時、ダンスミュージック好きのみならず洋楽ロックファンはみんな持ってたんじゃないかってくらい、バカ売れしたんですよ。だって、当時の日本盤はエイベックスからのリリースでしたからね。

本国イギリスではXL Recordingsからでしたが、アメリカではマドンナのレーベル・Marverick Recordsからのリリース。いろんな偶然が重なった結果、本国のみならずアメリカでも1位を獲得し、イギリスでは140万枚以上、アメリカでも300万枚近い売り上げに達し、全世界トータルで1000万枚を超えるメガヒット作となりました。

直前に発表されたTHE CHEMICAL BROTHERSの『DIG YOUR OWN HOLE』(1997年)とあわせて、特にヨーロッパや日本では“ビッグビート”や“デジロック”などと呼ばれるように。Wikiによると前者は「テクノの細分類のひとつであり、バンドサウンド重視の音作りとサンプリングによるループを多用したブレイクビーツが特徴」とのこと。後者はおそらく日本での造語だと思いますが、意味合い的にはビッグビートと一緒かな。つまり、最初に書いた「ダンスミュージック好きのみならず洋楽ロックファンはみんな持ってたんじゃないか」っていうのは、そういうテクノとロックの垣根を壊したという意味も大きいのかなと。そういえばこの年、初開催された『FUJI ROCK FESTIVAL』にもTHE PRODIGYは出演予定でしたしね(中止になった2日目に出演予定でした)。

このアルバム、今聴くと……確かにカッコいいんだけど、意外と単調なんですよね。シンプルなリズムとギターなどをサンプリングしたリフがループされ、その上に歌やラップが乗る。BPM的にも120〜130の楽曲が多いのかな(調べてみたら、ヒットシングルの「Breathe」が130なものの、「Smack My Bitch Up」が136、「Firestarter」が142と意外と高め。それ以外は110台後半から130台が中心でした)。このテンポ感がロック寄りのビッグビート特有なものなんでしょう。確かにノリやすいですしね。

けど、それ以上に楽曲としてよくできているものが多いのかな。上に挙げたヒットシングルはどれもキャッチーだし、KULA SHAKERのクリスピアン・ミルズ(Vo, G)をフィーチャーした「Narayan」も“っぽさ”が強いし。ラストに配置されたBPM170の「Fuel My Fire」なんてL7のカバーであって、完全にパンクロックですから。そりゃロックファンも入っていきやすいわけです。

ここ1週間くらい、移動中はこのアルバムをよく聴いてます。理由は言わなくてもわかりますよね。ホント、頭空っぽにして無心で楽しめる1枚。最後に彼らのライブを観たのはフジロックだったかな。昨年末にはニューアルバム『NO TOURISTS』(2018年)も発売されたので、この夏は苗場あたりでまた会えるのかなと思っていたんだけど……残念です。



▼THE PRODIGY『THE FAT OF THE LAND』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3


« ALTITUDES & ATTITUDE『GET IT OUT』(2019) | トップページ | THE CHEMICAL BROTHERS『DIG YOUR OWN HOLE』(1997) »

1997年の作品」カテゴリの記事

Kula Shaker」カテゴリの記事

Prodigy, the」カテゴリの記事

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ