« WHITESNAKE『SLIDE IT IN: THE ULTIMATE SPECIAL EDITION』(2019) | トップページ | ANTHRAX『SPREADING THE DISEASE』(1985) »

2019年3月28日 (木)

EUROPE『THE FINAL COUNTDOWN』(1986)

言わずと知れたEUROPEの大出世作にして最大のヒット作。1986年5月にリリースされた通算3作目のアルバムで、海外では本作からEpic Recodsでのメジャー流通となりました(日本では当時はビクター、現在はソニーから発売)。誰もが一度は耳にしたことのあるタイトルトラックの大ヒット(全米8位/全英1位)に続き、「Rock The Night」(全米30位/全英12位)、「Carrie」(全米3位/全英22位)、「Cherokee」(全米72位)とヒットシングルを連発し、アルバム自体も全米8位、全英9位を記録。アメリカだけでも300万枚以上、全世界で700万枚近いセールスを誇る最大のヒット作となりました。

スウェーデンのローカルバンドだった彼らですが、ここ日本では1stアルバム『EUROPE』(1983年)の時点で一部HR/HMファンの間で高い人気を誇り、北欧のバンドらしい哀愁味のあるハードロックサウンドで好評を博しました。しかし、新たに世界的な大手レーベルやマネジメントと契約したことにより「売れるものを」と入れ知恵されたのでしょうか、より洗練されたサウンドへとシフトチェンジします。

プロデューサーにもケヴィン・エルソン(JOURNEYMR. BIGなど)を迎え世界進出を本気で狙った今作は、お聴きのとおり新加入のミック・ミカエリ(Key)のシンセを前面に打ち出した産業ハードロック的なスタイルを確立。ジョン・ノーラム(G)のギタープレイは主張の強すぎず、ソロのときだけ前に出てくるという程度の存在感。楽曲的にもミドルテンポのハードロック「Rock The Night」や「Danger On The Track」「Cherokee」や、王道のパワーバラード「Carrie」「Time Has Come」など確実にアメリカ進出を意識したものばかりで、そんな中に前作までのカラーを残す「Ninja」や「On The Loose」が程よいフックとなり、以降の作品と比べると“北欧らしさ”がまだ垣間見れるバランス感となっています。

個人的には日本のみでシングルカットされたラストナンバー「Love Chaser」(確か日本映画のテーマソングだったんですよね)がお気に入り。「The Final Countdown」ほどダサすぎず、それでいて以降のEUROPEらしさと従来のらしさがバランスよく混在している。ジョン・ノーラムのギタープレイも印象的だしね。ライブではもはや披露される機会は皆無ですが、このへんや「Ninja」「On The Loose」があるからギリギリ初期ファンをつなぎとめられた1枚なのかなと……といいながらも、僕自身リアルタイムではこのアルバムから入ったリスナーなので、それ以前のことはわからないのですが。

とか言いながらも、やっぱりシングルカットされた楽曲もマイナーな曲も含め、どれも思い出深く馴染み深いナンバーばかりなので、やっぱりアルバム全体通して楽しみたい1枚。シンセの音色に多少の古臭さを感じてしまうのは否めませんが、それも歴史の記録ということで。うん、やっぱり傑作です。



▼EUROPE『THE FINAL COUNTDOWN』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

« WHITESNAKE『SLIDE IT IN: THE ULTIMATE SPECIAL EDITION』(2019) | トップページ | ANTHRAX『SPREADING THE DISEASE』(1985) »

Europe」カテゴリの記事

1986年の作品」カテゴリの記事

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ