« CHILDREN OF BODOM『HEXED』(2019) | トップページ | KORN『KORN III: REMEMBER WHO YOU ARE』(2010) »

2019年4月 3日 (水)

PET SHOP BOYS The Super Tour@日本武道館(2019年4月1日)

Img_4088 PET SHOP BOYSのライブなんて何年振りだろうか。そもそも最初に観たのが2002年のフジロックのときで、次に観たのが2013年のソニマニだったような……単独自体は初めて、そもそもこれが19年振りの単独来日公演なのだそうで。そうか、そんなにやってなかったんだ……というのが率直な感想。そもそも、2000年代に入ってからはそんなに頻繁に来ている印象もなかったから、意外でもなかったんだけど。

というわけで、行ってきました。80年代のビッグアクトは次があるかどうかわからないから、女房を質に入れてでも観に行けと死んだばあちゃんが言ってたので。

会場入りしたとき、とにかくシンプルなステージセットに驚きました。ステージ前方にシンセセット1式と、その両脇に丸いスクリーン、後方には白幕(しかも、かなり手前側に張られている)。これ、2人だけでやるのかな……と思っていたところ、会場暗転。SEに導かれてシルバーの被り物をした2人が登場し、そのまま新作『SUPER』(2016年)から「Inner Sanctum」にてライブ開始。かなりゴリゴリなエレクトロナンバーで始めるのね、と思ったら2曲目に早くも80年代のヒット曲「Opportunities (Let's Make Lots of Money)」。ここで観客歓喜……ということで、この日の客層が想像できたのではないでしょうか(そもそも、開演時の明るい時点で、自分と同世代かそれより上の世代が9割という印象でしたけど)。

その後も新作(といっても、すでに3年前のアルバムなんですけどね)と過去のヒット曲を交互に披露し続けていくのですが、そのバランスの良さと旧曲のアップデート感がとにかく絶妙。80年代の曲は場合によってはオリジナルに近い音色のシンセを使うのですが、それがまたちょっと気恥ずかしかったりして。ま、嫌いじゃないですけどね。

途中で2人がヘルメット外したり、両サイドの丸いスクリーン風置物が撤去されたり、後ろの白幕が降ろされるとサポートメンバー3人(バイオリン&シンセ&コーラスの女性メンバーと、パーカッションの男性メンバー×2人)が登場したり、そのサポメンのセットが前に移動したり……というのを、すべて人力で行うわけです(スタッフが大勢ステージに現れ、それらを動かしたりする)。その異様な光景が、いわゆるピコピコしたサウンドと乖離しているといいますか……いや、逆にエレポップサウンドが妙に人間っぽく聴こえてきたと言いますか。とにかく、あんまりエレクトロっぽい冷たさはなかったかな。終始人肌並みの温かみがあった気がします。

にしても、『SUPER』や前作『ELECTRIC』(2013年)の楽曲がとにかく素晴らしいので、80年代のヒット曲、90年代の下世話なディスコナンバーと並んでも全然負けてないし、むしろ強さを感じる。全然昔の曲に頼ってないし、新作を軸にできるだけの強さと自信がビンビン伝わってくるもんですから、観てるこっちもどんどん楽しくなってきちゃって。1階席1列目だったので最後まで座って観ちゃったけど、終始体はリズム取りっぱなしで、終盤に進むにつれてリズムを取る体の動きがどんどん大きくなっていくみたいな。それくらい堪能できました。

圧巻は「It's A Sin」からアンコールにかけての流れでしょうか。とにかくヒット曲のオンパレード。この曲のフィナーレ感と、「Go West」の終焉を告げる感は双璧。アンコールが「Domino Dancing」で始まったときは「まだやってなかったのか!」と驚いたくらいとにかくヒット曲が多いもんだから、今回のセットリストから漏れたおなじみの曲もまだまだあるわけですよ。ああ、聴きたい曲全部やってくれたら3時間じゃ収まらないよね。

DURAN DURANのときも思いましたが、こういうバンドがしっかり現代に良作を出してくれて、その作品を軸にしつつも過去ともちゃんと向き合ってヒット曲を連発するライブを続けてくれる。もうね、こうやって続けてくれるだけでもありがたいし、リスペクトしかない。

ただ、せっかくツアー直前にナイスな新曲を収めたEP『AGENDA』を出したんだから、ここからもやってほしかったなあ。まあ『SUPER』と銘打ったツアーだから、今年後半リリース予定の新作側に寄った最新EPからやらないのは正解なのかもしれないけどね。

 

<セットリスト>
01. Inner Sanctum
02. Opportunities (Let's Make Lots of Money)
03. The Pop Kids
04. In The Night
05. Burn
06. Love Is A Bourgeois Construct
07. New York City Boy
08. Se A Vida É (That's The Way Life Is)
09. Love Comes Quickly
10. Love etc.
11. The Dictator Decides
12. Inside A Dream
13. West End Girls
14. Home And Dry
15. The Enigma
16. Vocal
17. The Sodom And Gomorrah Show
18. It's A sin
19. Left To My Own Devices
20. Go West
--ENCORE--
21. Domino Dancing
22. Always On My Mind
23. The Pop Kids (Reprise)

 

« CHILDREN OF BODOM『HEXED』(2019) | トップページ | KORN『KORN III: REMEMBER WHO YOU ARE』(2010) »

Pet Shop Boys」カテゴリの記事

2019年のライブ」カテゴリの記事

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ