« KISS『SONIC BOOM』(2009) | トップページ | INDIANHEAD『SONGS FROM THE DELUGE』(2019) »

2019年7月15日 (月)

KISS『DESTROYER』(1976)/『DESTROYER: RESURRECTED』(2012)

1976年3月にリリースされた、KISS通算4作目のオリジナルアルバム。

前作『DRESSED TO KILL』(1975年)から1年ぶりの新作に当たりますが、同作が初の全米TOP40入り(最高32位)。続いて発表されたライブアルバム『ALIVE!』(1975年)がさらに全米10位という高記録を残したことで、このオリジナルアルバム『DESTROYER』に対する期待も高く、最高11位まで上昇(アメリカのみで200万枚以上の売り上げを記録)。「Shout It Out Loud」(全米31位)、「Flaming Youth」(同74位)、「Beth」(同7位)とヒットシングルも多数生まれました。

本作ではアリス・クーパーAEROSMITHルー・リード、Dr.ジョンなどとの仕事で名を上げてきたボブ・エズリンが初めてプロデュースを担当。それまでのシンプルで小気味良いロックンロールスタイルから一歩踏み出し、非常に手の込んだ楽曲が増えています。

例えばアルバムオープニングの「Detroit Rock City」ですが、冒頭のSE(車に乗ってカーステでKISSを聴き始める)から曲に入っていく構成、そして同曲の重厚なアレンジ、ラストに事故を起こしてエンド→そのまま「King Of The Night Time World」へと続いていく流れは圧巻の一言。2曲ともドラマチックなツインリードソロが入っているのも印象的で、思わずコピーしたくなるフレーズが満載なんですよね。

ジーン・シモンズ(Vo, B)の魔王感がハンパないミディアムヘヴィの「God Of Thunder」(もともとはこの曲、アップテンポだったんですよね。そのデモ音源は2000年代前半にリリースされたボックスセットで試聴可能)、そのジーンが続けて歌うストリングスと児童合唱団をフィーチャーした「Great Expectations」と、とにかくバラエティ豊か。

ここまでがアナログA面で、B面は軽快でキャッチーな「Flaming Youth」「Sweet Pain」で初期3作をアップデートさせた感を提示し、ポール・スタンレー(Vo, G)&ジーンのツインボーカルが最高な「Shout It Out Loud」で最高のキャッチーさを見せつける。

そこからピーター・クリス(Dr, Vo)がリードボーカルを担当したドラマチックなバラード「Beth」、シンプルでキャッチーなロックチューン「Do You Love Me」でクライマックスへ。さらにシークレットトラックとして、「Great Expectations」使ったリフレイン「Rock An Roll Party」で締めくくり。トータルで34分少々と今の感覚だと短いように思いますが、非常に濃厚な1枚なんですよね。

どの曲もボブ・エズリンが曲作りに関与しており、その結果バンドとしてひと皮剥けたのは間違いないでしょう。このアルバムをKISSの代表作として挙げる人も多いんじゃないでしょうか。事実、僕も本作と1stアルバム『KISS』(1974年)の2枚を「最初に聴くべきKISSの名盤」としてプッシュするでしょうし。

 


▼KISS『DESTROYER』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

 

 

で、本作にはもう1枚、『DESTROYER: RESURRECTED』と題したリミックスアルバムが制作されています。こちらは『DESTROYER』リリース35周年を記念して、2012年8月(日本では同年10月)に発表されています。

冒頭の SEは一緒なのですが、1曲目「Detroit Rock City」を聴けばその違いをおわかりいただけるのではないでしょうか(もちろん、原曲を聴き慣れていれば、の話ですが)。KISSがベストアルバム『DOUBLE PLATINUM』(1978年)で試みたようなアレンジの改変、ギターやコーラスなど原曲にはないテイクを用いていたりなど、アッと驚く変化が楽しめます。

原曲に慣れた耳で聴くとどうしても最初は違和感ばかりが残るのですが、もともとオーバープロデュース気味のアルバムでしたし、こういうのもアリなのかなと。それに、ギターもベースもドラムも音の輪郭が非常にシャープになった印象がありますし、そっち方面でも新鮮さを味わえるんじゃないかなと。「God Of Thunder」のヘヴィさなんて、原曲以上ですからね。

あ、こちらにはボーナストラックとして「Sweet Pain」ギターソロ別テイク・バージョンも収録。まあ、アルバムとしては「Rock An Roll Party」で完結しているので、蛇足感極まりないですが。

こちらのバージョンから先に入るっていう奇特な方は少ないとは思いますが、まずはオリジナル・バージョンから聴いてほしいものです。絶対にそのほうが新バージョンの過剰っぷりを楽しめる(ツッコミ入れられる)と思いますので。

 


▼KISS『DESTROYER: RESURRECTED』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

 

« KISS『SONIC BOOM』(2009) | トップページ | INDIANHEAD『SONGS FROM THE DELUGE』(2019) »

KISS」カテゴリの記事

2012年の作品」カテゴリの記事

1976年の作品」カテゴリの記事

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ