« KING CRIMSON『DISCIPLINE』(1981) | トップページ | ALCATRAZZ『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』(1983) »

2019年8月 5日 (月)

SOUNDGARDEN『LIVE FROM THE ARTISTS DEN』(2019)

2019年7月末にリリースされた、SOUNDGARDENのライブCD/Blu-ray。バンドにとっては再結成直後の2011年3月に発表された『LIVE ON I-5』に続く2作目のライブアルバムとなります。

本作は、結果的に最後のスタジオアルバムとなってしまった『KING ANIMAL』(2012年)リリース後、2013年2月17日に行われた全米ウィンターツアーの最終公演、ロサンゼルス・The Wiltern Theaterでのライブを完全収録したもの。アルバムタイトルにもある同名の人気音楽番組のために行われたライブでもあり、当時の新曲に加え、おなじみの代表曲、番組のために用意されたレア曲を含む貴重なライブだったそうです。特に「Blind Dogs」(映画『バスケットボール・ダイアリーズ』サントラ収録曲)がライブで演奏されたのは、この公演が初めてだったとのこと。それもあり、ファンの間では長らく音源化が待たれていたライブなんだとか。

確かに、冒頭から「Incessant Mace」という超初期の長尺曲からゆらゆら始まったかと思えば、「My Wave」「Been Away Too Long」と新旧のアップチューンが続き、さらに「Jesus Christ Pose」「Flower」といった初期の代表曲で畳み掛けてくる。この流れだけ見ても、通常のライブよりもスペシャル感の強いセットリストなんじゃないかという気がします。

CDには全29曲がディスク2枚にわたり収録されており、このうち17曲が初音源化とのこと。結局実現しなかった『KING ANIMAL』を携えた来日公演、いや、最初の解散前のラスト作である『DOWN ON THE UPSIDE』(1996年)での来日も実現していないため、実質ここ20年くらい彼らはここ日本で“空白”に近い存在だったわけで、だからこそこのライブアルバムはその“穴”を埋める貴重なアイテムにもなるのです。結果的に、未来はないわけですけど……。

音源を聴いてもらえばわかるように、クリス・コーネル(Vo, G)の声の調子は決してよろしくはありません。まあ、晩年は以前のように思うように高音が出ない状態でしたし、これが平常運転だったという可能性もありますが……なんにせよ、我々日本人が生で体験できなかった“全米No.1獲得後のSOUNDGARDEN”を、“再結成後のSOUNDGARDEN”をたっぷり堪能できるわけですから、聴かない理由はありません。

「Jesus Christ Pose」のアグレッシヴさに驚かされたり、そこに乗るクリスの悲痛な歌声に悲しさを覚えたり、いろいろ感情が追いつかない部分もありますが、演奏に関しては熟練とは相反する前のめり感が感じられるのではないでしょうか。特に10分以上にわたるヘヴィチューン「Slaves & Bulldozers」からひたすらフィードバックが続く「Feedbacchanal」という怒涛のエンディングは圧巻の一言なので、最初から最後まで心して向き合ってほしいと思います。

なお、本作はBlu-ray版も同時発売されているようです。僕はまだ未見ですが、できることなら映像でも楽しんでいただけたらと……なにせSOUNDGARDENの映像作品がBlu-ray化されるの、これが初めてだと思うので。

 


▼SOUNDGARDEN『LIVE FROM THE ARTISTS DEN』
(amazon:海外盤Blu-ray / 海外盤2CD / MP3

 

« KING CRIMSON『DISCIPLINE』(1981) | トップページ | ALCATRAZZ『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』(1983) »

Soundgarden」カテゴリの記事

2019年の作品」カテゴリの記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ