« THUNDER『ROBERT JOHNSON'S TOMBSTONE』(2006) | トップページ | DREAM THEATER『AWAKE』(1994) »

2019年9月13日 (金)

TOOL『FEAR INOCULUM』(2019)

2019年8月30日。前作『10,000 DAYS』(2006年)から約13年4ヶ月を経て、TOOLのニューアルバムがついに届けられました。

フルアルバムとしては通算5作目のオリジナル作品となる本作は、同日リリースのテイラー・スウィフトのニューアルバム『LOVE』と接戦を繰り広げ、大半が10分超の長尺トラックだというのにTOOLに軍配が。『LATERALUS』(2001年)から3作連続の全米1位を獲得しています。アメリカではCDに4-inchサイズのHDスクリーン付き動画プレイヤーが同梱された特殊仕様にも関わらず、フィジカルだけで25万枚近くも売り上げたとのこと。残念ながら日本盤のリリース予定は立っておらず、この特殊仕様もAmazonなどで入荷情報が流れ次第、すぐに完売という状態が続いています。

さて、本作ですがフィジカル版とデジタル版で収録内容が異なるのをご存知でしょうか。筆者の手元にあるサンプル盤、実は7曲入りでトータル79分10数秒という内容のもの。ところが、SpotifyやApple Music、あるいはiTunesなどのストリーミング/デジタルリリース版は単尺のインスト3曲(「Litanie contre la Peur」「Legion Inoculant」「Mockingbeat」)が追加された全10曲/約87分というボリューミーな内容なのです。

もっとも、フィジカル版のほうにはMP3ダウンロードカードが付属しており、この追加3曲を別途ダウンロードできるので、最終的にはすべての新曲を聴くことができるんですけどね。要するに、CDの収録内容ギリギリまで詰め込もうとした結果がフィジカル版の7曲ということなんでしょう。

で、僕自身はこの7曲バージョンで慣れてしまっていたので、あとでストリーミングサービスで10曲入りという事実に「えっ?」と驚き、10曲バージョンを改めて聴いて「なるほど、これはこれでありかも……」となったわけです。

まあ、とにかく内容ですよね。前作『10,000 DAYS』がやたらと宗教色が強く、難解さが高まっていた印象を受けたのですが、今作はそれ以前の『LATERALUS』あたりにまで戻ったような空気感で、若干ですが聴きやすくなっているんじゃないでしょうか。もっとも、本編に収められた「Chocolate Chip Trip」含めインスト曲が2〜4分台なところを、歌モノ楽曲はすべて10分台というエクストリームな構成ですし、それに対して「聴きやすい」と言ってしまうのもどうかと思うんですが、本当なんだから仕方ない。いや、スルスル聴き進められるんですよ、本作。

また、メタリックな色合いは過去数作の中ではもっとも薄いと言えるでしょう。そういった点が本作の聴きやすさに影響を及ぼしているのは、少なからずあると思います。それによって、今までTOOLを聴いたことがなかったリスナーにまで届いている事実がまた面白いなと。これもストリーミングサービスへの音源解禁の功績によるものかな。

で、上で「歌モノ」なんて表現しましたけど、実はメイナード・キーナン(Vo)の歌う比率は過去イチで低い1枚でもあるんです。インストパートが大半と言ってもいいくらいの内容で、しかも各曲とも印象的なフレーズやリフが反復され続け、その上にアダム・ジョーンズ(G)のギターソロが乗っかる。特に事実上の本編ラスト曲「7empest」(本作で最長の16分!)でのギタープレイは圧巻の一言。どこか「Tubular Bells」(マイク・オールドフィールドの代表曲。映画『エクソシスト』にも用いられたアレね)のメインフレーズにも似たアルペジオが含まれていたり、緩急巧みなアレンジといい、歌パートは少ないもののしっかり存在感を発揮するメイナードといい、とにかくグレートとしか言いようがない。

個人的には追加インスト3曲がない7曲バージョンのほうがタイトで完成度も高いという印象を受けますが、どうでしょう。ストリーミングでの10曲バージョンに慣れてしまっている人は、ぜひM-3、M-5、M-10をカットしたプレイリストを作って再生してみてください。シリアスさが増して、全体的にもギュッと締まった内容になるはずですから。

まあとにかく、すごいアルバムです。さすがTOOL。これ、ライブはどうなっちゃうんだろうね。来年の春あたり、あのフェスで来てくれないかな?(あるいは来年8月のあちらでもいいんですが)

 


▼TOOL『FEAR INOCULUM』
(amazon:海外盤CD / MP3

 

« THUNDER『ROBERT JOHNSON'S TOMBSTONE』(2006) | トップページ | DREAM THEATER『AWAKE』(1994) »

Tool」カテゴリの記事

2019年の作品」カテゴリの記事

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ