« 2019年9月のお仕事 | トップページ | NEW YORK DOLLS『ONE DAY IT WILL PLEASE US TO REMEMBER EVEN THIS』(2006) »

2019年10月 1日 (火)

MYLES KENNEDY『YEAR OF THE TIGER』(2018)

ALTER BRIDGEスラッシュGUNS N' ROSES)のソロバンドSLASH FEATURING MYLES KENNEDY & THE CONSPIRATORSでも活躍するシンガー、マイルズ・ケネディが2018年3月に発表した初のソロアルバム。

意外にも初のソロ名義作品となるこのアルバムは、彼の父親が亡くなった1974年を中心に、当時5歳前後だったマイルズの幼少期を題材としたコンセプチュアルな内容となっています。

実は2009年頃から計画されていたこのアルバムですが、完成させるまでに9年もの歳月を要することとなってしまいました。まあ、計画し始めた直後にスラッシュのソロバンドに参加したり、売れっ子バンドALTER BRIDGEが忙しかったりというのもあったのでしょう。ですが、まもなく50歳になろうとするこのタイミングに本作を完成させられたのは、ある意味では運命だったのかもしれません。

レコーディングにはジア・ディン(Dr, Per)、ティム・トゥルニエ(B)といった少数精鋭で臨み、マイルズはボーカルとギター以外にもマンドリンやバンジョー、ラップスティールなどを披露しています。相変わらず多才ですね。

楽曲自体はコンセプトもコンセプトなので、どこか内省的で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。アコースティック主体で展開されるサウンドですが、マイルズのエモーショナルなボーカルと相まって、アコースティックならではの「枯れた」感は皆無。「The Great Beyond」のような楽曲ではむしろドラマチックさやダイナミズムすら感じられ、本作が単なる“バンド活動の合間の息抜き”とは異なるものであることがうかがえるはずです。

南部色の強いトラディショナルなアメリカンフォーク色もありつつ、どこか異国情緒を感じさせる音色があったり、また全体的には内向的なのに開放感のあるアレンジも散りばめられていたりと、改めてこの人の偉才ぶりを存分に味わえる1枚ではないでしょうか。

なんとなくですが、本作の軸はクリス・コーネルSOUDNGARDEN解散後、AUDIOSLAVEを立ち上げる前に出したソロ1作目『EUPHORIA MORNING』(1999年)にも近い気がします。ただ、この『YEAR OF THE TIGER』に関してはデジタル要素皆無で生々しさが際立っているので、装飾のある/なしでここまで変わるのかと改めて驚かされます。

スラッシュのソロも素晴らしいし、もちろんALTER BRIDGEは言うまでもなく。だけど、ここにはそれら2作品にもない輝きがあるので、両バンドのファン必携の1枚だと思います。年間ベストには選ばなかったけど、この先もずっと聴き続けるであろうスルメ的良作。

 


▼MYLES KENNEDY『YEAR OF THE TIGER』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

 

« 2019年9月のお仕事 | トップページ | NEW YORK DOLLS『ONE DAY IT WILL PLEASE US TO REMEMBER EVEN THIS』(2006) »

Alter Bridge」カテゴリの記事

2018年の作品」カテゴリの記事

Myles Kennedy」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ