« WHITESNAKE『SLIP OF THE TONGUE: 30TH ANNIVERSARY EDITION』(2019) | トップページ | W.A.S.P.『THE HEADLESS CHILDREN』(1989) »

2019年10月10日 (木)

VANDENBERG『VANDENBERG』(1982)

オランダのハードロックバンド、VANDENBERGが1982年9月に発表した1stアルバム。

エイドリアン・ヴァンデンバーグ(G)を中心に結成された4人組バンドで、メンバーはエイドリアンのほかバート・ヒーリンク(Vo)、ディック・ケンパー(B)、ジョス・ズーマー(Dr)という編成。結成から程なくしてAtlantic Recordsと契約し、このアルバムを発表しています。

ちなみにエイドリアンはVANDENBERG結成前にTHIN LIZZYWHITESNAKEのギタリスト・オーディションを受けて、ともに落選したとのこと。この時点ですでにオランダから外に出ていきたいという思いが強かったのでしょうね。本作はアメリカでも最高65位という好成績を残しており、さらに本作からシングルカットされた「Burning Heart」も全米39位のスマッシュヒットを記録。異国からの新人がデビューでここまでの成績を残すのは異例のことですし、そもそも1982年というとLAメタル勢を中心とするHR/HMブーム前夜。アメリカ国内ではVAN HALENがヒットを飛ばし続ける中、NIGHT RANGERといった気鋭の新人が登場し、オジー・オズボーンと活動を共にしたランディ・ローズ(G)が飛行機事故で亡くなったタイミング。ブーム前夜ではあるものの、新たなヒーローが求められていた時期であったことは間違いありません(日本のLOUDNESSが海外でウケ始めたのも、そういった理由からでしょうし)。

そんな中登場したVANDENBERG。北欧のバンドらしい湿り気の強いメロディを持つ楽曲のみならず、VAN HALENにも通ずるカラッとしたハードロックナンバーも含まれており、そのへんのバランス感が新しさとして受け入れられたのかもしれません。思えばこの頃ってSCORPIONSくらいでしたものね、イギリス以外のヨーロッパのHR/HMバンドがアメリカで成功していたのって。

オープニングの「Your Love Is In Vain」の軽快さって、今聴くとちょっとVAN HALENっぽくもあれば、オジーっぽくもあるのかなと。そこに流麗なアコギソロを冒頭に用意した「Wait」のような楽曲や、泣きのバラード「Burning Heart」、豪快なギターリフ&ソロを含む疾走感の強いファストチューン「Ready For You」、ブギーのリズムなのに不思議とヨーロッパのバンドらしい勇ましさと繊細さが混在した「Too Late」など個性的な楽曲が複数含まれている。正統派マイナーハードロック「Nothing To Lose」も、勢いのみで突進する「Out In The Streets」も文句なしのカッコよさを放っている。そりゃ売れるしウケるわけだ。

そして、この感覚ってのちのDOKKENにもつながっていくのかな、と改めて思いました。DOKKENの1st〜2ndあたりの雰囲気と本作の空気感って、非常に近いものがありますよね?

あと、こういった豪快さと繊細さを併せ持つスタイルって、意外と日本人が好きなんじゃないかな。派手になりすぎず、ちゃんと侘び寂びを感じさせる要素が含まれている。そりゃ日本でもウケるわけですね。納得です。

僕自身はリアルタイムだと3rdアルバムにしてラスト作となった『ALIBI』(1985年)からの後追い組ですが、完成度的には次作『HEADING FOR A STORM』(1983年)と『ALIBI』のほうが上かもしれないけど、未完成ならではのデビュー作らしい勢いは本作が圧倒的。なんだかんだで一番聴くのもこの1stアルバムかもしれません。

 


▼VANDENBERG『VANDENBERG』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

 

« WHITESNAKE『SLIP OF THE TONGUE: 30TH ANNIVERSARY EDITION』(2019) | トップページ | W.A.S.P.『THE HEADLESS CHILDREN』(1989) »

1982年の作品」カテゴリの記事

Vandenberg」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ