« OPETH『IN CAUDA VENENUM』(2019) | トップページ | POISON『POISON'D!』(2007) »

2019年11月22日 (金)

MOTLEY CRUE『GREATEST HITS』(1998 / 2009)

MOTLEY CRUE、約4年ぶりにライブ活動再開。オフィシャルにて正式に、過去のツアー活動停止に関する契約書を“爆破にて破棄”したことがアナウンスされています(笑)。噂によると、2020年にDEF LEPPARDPOISONとともに北米ツアーを行うんだとか。

はい、予想通りの展開ですね(笑)。HR/HM系とプロレスの“辞めた/解散した/引退した”を真に受けてはいけません。特にこのオッさんたちの場合は、余計にね。

そもそも、2019年の流れ(自伝映画『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』公開と、それに伴う新曲4曲入りサウンドトラックアルバム『THE DIRT SOUNDTRACK』リリース、1989年の大ヒット作『DR. FEELGOOD』のリリース30周年エディション発売など)を考えれば、いずれライブ活動も再開させるだろうことは予想の範疇内。そもそも、映画と新曲を制作している時点で、ライブのスケジュールも調整していただろうしね。わかります。

たぶんこの映画経由で初めてMOTLEY CRUEに触れたというビギナーも少なくないと思うんです。そんな人たちが今、ストリーミングサービス経由でまず最初にどのアルバムから手を出せばいいのか。もちろん、映画のサウンドトラックから入るのが筋でしょう。そこから、1stアルバム『TOO FAST FOR LOVE』(1981年)から順々に聴くのか、あるいは最大のヒット作『DR. FEELGOOD』から入るのか、聴き方はそれぞれだと思います。

ただ、このバンドの場合、アルバムごとにスタイルを変えていますし、90年代に入ってからはその方向性がさらに激化していると思うのです。あれです、デヴィッド・ボウイQUEENでまず最初に聴くべきオリジナルアルバムで迷うのと一緒。だったら、最初にベストアルバムから入っていこう……そう思われる方も少なくないと思います。

MOTLEY CRUEは現在までに、ベストアルバムを3タイトル“正式”リリースしています。“正式”と付けたのは、バンド側が意図して発表したという意味で、レーベル側がバンドの意図せぬところで発表したタイトルも複数あるので、ここではそれらは省くことにします。

その3タイトルというのが、1988年リリースの初のグレイテストヒッツ・アルバム『GREATEST HITS』と、“オリジナル4”の再々結成を記念した2枚組ベストアルバム『RED, WHITE & CRUE』(2005年)、そして2009年に発表された『GREATEST HITS』。このうち現在ストリーミングサービスで試聴できるのは2009年版の『GREATEST HITS』となっています。

『RED, WHITE & CRUE』に関しては過去に本サイトで取り上げているので、今回は『GREATEST HITS』と題した“内容の異なる”2つのグレイテストヒッツ・アルバムについて紹介したいと思います。

 

 

①1998年バージョン

モトリーはそれ以前、結成10周年を記念したコンピレーションアルバム『DECADE OF DECADENCE '81-'91』(1991年)を発表していますが、これは純粋なベストアルバムではないので、Elektra Recordsを離脱した1998年の時点で廃盤扱いになっています。それに代わるように同年秋、新たに設立された自主レーベルMötley Recordsからの第1弾アイテムとしてリリースされたのがこのベストアルバム。ヴィンス・ニール(Vo)在籍時(『TOO FAST FOR LOVE』から『DR. FEELGOOD』までの5作と、『DECADE OF DECADENCE '81-'91』収録の新録曲、1997年の最新作『GENERATION SWINE』)の既発曲に、ボブ・ロックがプロデュースを手がけた新曲2曲「Bitter Pill」「Enslaved」を追加した全17曲入りとなっています。

ただ、グレイテストヒッツと謳いながらも「Live Wire」や「Too Young To Fall In Love」といった初期のMV制作楽曲は含まれておらず、代わりに当時からライブで再び演奏するようになった「Too Fast For Love」、インダストリアル調にリテイクした「Shout At The Devil '97」、『GENERATION SWINE』収録曲「Glitter」のリミックスバージョンなどを聴くことができます。

正直、当時はこの選曲に「いかにもアメリカ人が作った感覚」と思った記憶があります。それは新曲2曲から始まり、その後は年代などめちゃくちゃで、構成とか考えてるのかな?と感性を疑いたくなるような曲順にも表れているんじゃないかな。まあ、慣れるとこれはこれで嫌いじゃないんだけどね。

肝心の新曲2曲は、直前に『GENERATION SWINE』みたいにインダストリアル風アレンジなしの、どストレートなハードロック。ボブ・ロックを交えて制作したということは『DR. FEELGOOD』よ再び、という気持ちがあったのかもしれないけど、『GENERATION SWINE』を通過した当時のモトリーにはすでに戻れない過去となっていたようで。若干ダークさを残しつつも適度な爽快感を表現した「Bitter Pill」も、いかにも彼ららしいグルーヴィーなミドルチューン「Enslaved」も決して悪くはないけど、特別素晴らしいとも言い難い“アルバムの中の1曲”というつなぎ曲の印象。今思えば、このスタイルが10年後の『SAINTS OF LOS ANGELES』(2008年)につながっていたのですね(この際『NEW TATTOO』のことは忘れよう)。

 


▼MOTLEY CRUE『GREATEST HITS』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD

 

 

②2009年バージョン

新たに制作された2009年バージョンは1998年版をマイナーチェンジさせ、いくつかをそれ以降に発表された新曲(2枚組ベスト『RED, WHITE & CRUE』収録の新曲と、当時の最新アルバム『SAINTS OF LOS ANGELES』収録曲)と差し替えた全19曲入り。海外では同年11月、日本盤は当時の来日公演に合わせて2011年8月にリリースされました。

ちなみに前回のバージョンから漏れたのが「Glitter (Remix)」「Shout At The Devil '97」「Bitter Pill」「Enslaved」の4曲で、新たに加わったのが「Shout At The Devil」のオリジナルバージョンと「Too Young To Fall In Love」「Sick Love Song」「If I Die Tomorrow」「Saints Of Los Angeles」、そして「The Animal In Me」のリミックスバージョンの6曲(「If I Die Tomorrow」はシングル用にエディットされた短いバージョン)。「Shout At The Devil」はバージョンの差し替えなので、実質3曲→5曲の変化ということになります。なんだよ、前の新曲はなかったことにするのかよ!(笑)

曲順は“ほぼ”リリース順になっておりますが、それはそれで流れをあまり考えてないと言えます。けど、歴史を追うという点においてはわかりやすい構成じゃないでしょうか。なお、“ほぼ”と書いたのは、M-15「Sick Love Song」とM-16「Afraid」のリリース時期が逆転しているため(前者が2005年で、後者が1997年)。

本作には新曲の類は一切入っておらず、せいぜい「The Animal In Me」のリミックスバージョンのみが初出になるのかな。その「The Animal In Me」だって別にシングルカットされた楽曲ではないので、なぜこれが?と当時思った記憶が。まあ、『SAINTS OF LOS ANGELES』というアルバムをもうちょっとプッシュしたかったということなんでしょうかね(それだったら、当時シングルカットされた「White Trash Circus」のギャングボーカル・バージョンをCD化したほうがよかったんじゃ?)。

現状、モトリーのベストアルバムはこの2009年バージョンしかストリーミングで聴くことができないので、先に紹介した「Bitter Pill」「Enslaved」、そして『RED, WHITE & CRUE』に収録された新録曲のうち「If I Die Tomorrow」のオリジナルバージョンとTHE ROLLING STONESのカバー「Street Fighting Man」、同アルバムの日本盤のみに収録された「I'm A Liar」といった楽曲は各CDを購入するしか聴く手段がありません。

そういえば、彼らは2015年の活動休止までに「Sex」や「All Bad Things」といったデジタル配信限定の新曲もリリースしていますし、この2020年再始動に向けた新たなグレイテストヒッツ・アルバムを発表するんじゃないか……と予想しているのですが、いかがでしょう。となると、CD3枚組にしないとすべて収まらないけどね(もはやデジタルの時代なので、CD換算する必要はないんだけど)。

 


▼MOTLEY CRUE『GREATEST HITS』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

 

« OPETH『IN CAUDA VENENUM』(2019) | トップページ | POISON『POISON'D!』(2007) »

Motley Crue」カテゴリの記事

2009年の作品」カテゴリの記事

1998年の作品」カテゴリの記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ