« BLOOD INCANTATION『HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE』(2019) | トップページ | MAMIFFER『THE BRILLIANT TABERNACLE』(2019) »

2019年12月 2日 (月)

ALICE COOPER『BREADCRUMBS』(2019)

アリス・クーパーが2019年9月に発表した6曲入りEP。海外ではアナログで2000枚限定リリースというレアアイテムでしたが、日本では同年11月末にCDとして発売されました。

今年はHOLLYWOOD VAMPIRESとして6月に新作アルバム『RISE』をリリースしたばかりのアリスですが、ソロ名義の新作は2017年のアルバム『PARANORMAL』以来2年ぶり。とはいえ、今作には純粋な新曲は1曲しか含まれておらず、1曲は『THE EYES OF ALICE COOPER』(2003年)収録曲「Detroit City」のリメイク「Detroit City 2020」、残り4曲はカバー(このうち1曲はメドレーなので、正式には5曲のカバー)というバラエティに富んだ構成となっています。

とはいえ、新録曲のみで構成された本作は、『PARANORMAL』およびHOLLYWOOD VAMPIRESでの経験が昇華された聴き応えのある、ポップでパンキッシュなガレージロック集。ドライブ感の強い「Detroit City 2020」や「Go Man Go」やニューヨークパンクの香りがちらつく「East Side Story」(ボブ・シーガーのカバー)、ファンキーさが際立つ「Your Mama Won’t Like Me」(スージー・クアトロのカバー)、ブルージーかつソウルフルな「Devil With A Blue Dress On」(MITCH RYDER & THE DETROIT WHEELSカバー)と「Chains Of Love」(THE DIRTBOMBSカバー)、初期のアリス・クーパーにも通ずる世界観の「Sister Anne」(MC5カバー)と、たった6曲(実質7曲)で21分と短いながらもボリューミーに感じられる“濃い”仕上がりなのです。

カバーで取り上げたアーティストを見ればわかるように、本作はアリスが自身のルーツであるデトロイトのガレージロック/アーリー・パンクロックに回帰したと受け取れる内容。あえて過去のオリジナル曲「Detroit City」をリメイクしたあたりにも、そのへんの熱い意思が感じ取れます。サウンド的には『PARANORMAL』セッションで試みた初期ALICE COOPER BANDの面々との共演、姿勢としてはHOLLYWOOD VAMPIRESでの経験が良い形で反映されており、良い意味で肩の力が抜けた本作はアリスの本領発揮と言わんばかりの良作ではないでしょうか。

また、そういったアリスの意思に華を添えるのが豪華ゲスト陣。マーク・ファーナー(G / GRAND FUNK RAILROAD)、ウェイン・クレイマー(G / MC5)、ミック・コリンズ(Vo / THE DIRTBOMBS)、ポール・ランドルフ(B, Vo / JAZZANOVA)、ジョニー“ビー”バダニェック(Dr / MITCH RYDER & THE DETROIT WHEELS)というデトロイト周辺のハードロック/ガレージロック/ソウルを代表する面々が顔を揃えています。そんな作品を、『PARANORMAL』から引き続きボブ・エズリンがプロデュースを手掛けているというのが、またたまらないですね。

ライブでは相変わらずショーアップされた“あの”世界観を維持しつつ、音源では好き放題かまし続けるアリス。年齢的にもこの先どれだけの新作を残し続けることができるかは神のみぞ知る状況ですが、ぜひこのスタイルを可能な限り維持し続けてもらいたいところです。

 


▼ALICE COOPER『BREADCRUMBS』
(amazon:日本盤CD / 海外盤LP / MP3

 

« BLOOD INCANTATION『HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE』(2019) | トップページ | MAMIFFER『THE BRILLIANT TABERNACLE』(2019) »

Alice Cooper」カテゴリの記事

2019年の作品」カテゴリの記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ