« QUEENS OF THE STONE AGE『RATED R』(2000) | トップページ | KVELERTAK『KVELERTAK』(2010) »

2020年1月 7日 (火)

DEFTONES『DIAMOND EYES』(2010)

2010年5月にリリースされた、DEFTONESの6thアルバム。

2006年に前作『SATURDAY NIGHT WRIST』を発表した彼らは、2008年にテリー・デイトとともに『EROS』と題された次作の制作に着手しました。しかし、同年11月にチ・チェン(B)が交通事故に遭い、意識不明の重体に。バンドはチェの意識が戻るのを待ち続けますが、一向に回復の兆しが見えず、2009年1月末にセルジオ・ベガ(QUICKSAND)を一時的に迎えて活動することを宣言。同年4月に新ラインナップによる初ライブを実施します。

そして6月、『EROS』の制作はチェが回復するまで保留することを宣言し、新たにニック・ラスクリネクツ(ALICE IN CHAINSHALESTORMMASTODONなど)をプロデューサーに迎えて別のアルバムを制作。こうして3年半ぶりの新作はよくやく完成したわけです。

デビューから4thアルバム『DEFTONES』(2003年)まで一貫してテリー・デイトとタッグを組み続けたDEFTONESが、前作『SATURDAY NIGHT WRIST』で初めて新しいプロデューサー(ボブ・エズリン&ショーン・ロペス)を迎えたわけですが、ニックは次作『KOI NO YOKAN』(2012年)も続投したことから、当時やろうとしていたことにフィットしていたと言えるでしょう。

当初予定していた『EROS』は、怒りを表現したダークでヘヴィな作品になると言われていました。しかし、代わりに作られた『DIAMOND EYES』は“Optimistic(=楽観的)”な作風を意識したと言われています。これは、チェの事故によりバンドを取り巻く状況が悲劇的に捉えらえることを危惧し、あえてそうした作風を意識したのでしょう。

また、本作では過去数作で用いられたPro-Toolsといったデジタル編集を一切使わず、初期2作(『ADRENALINE』や『ADROUND THE FUR』)のようにメンバーが膝を突き合わせて演奏して曲を完成させていく手法を取っています。これはベーシストがセルジオに交代したことも大きかったのではないでしょうか。

さて、“Optimistic”な作風と言われる本作ですが、ヘヴィさとソフトさのバランスが非常に絶妙で、メロディラインも叫びよりセクシーさや気怠さが強く感じられるものが多い、非常に聴き応えが強い内容となっています。オープニングトラック「Diamond Eyes」から3曲目「CMND/CTRL」までの流れは、どこか『ADROUND THE FUR』時代を思わせる雰囲気で、バンドとしての躍動感が強くアピールされています。

かと思えば、「You've Seen The Butcher」や「Beauty School」のように3rdアルバム『WHITE PONY』(2000年)にも通ずるムーディさが強調された楽曲も用意されている。中盤になると再び「Rocket Skates」のようなヘヴィな楽曲も登場しますが、やはり後半のヤマとなるのは「Sextape」や「976-EVIL」といったメロディアスかつエモーショナルなナンバーでしょう。この2曲の存在は本作にとって非常に大きなものがあり、このアルバムを単なるヘヴィ/ラウドロックでは片付けきれないものへと昇華させています。

本作はある種、1stアルバム『ADRENALINE』から前作『SATURDAY NIGHT WRIST』までの集大成と言えなくもありません。しかし、これは新体制になったことでバンドを新たに立て直す意味でも必要な作業だったのでしょう。不慮の事故により、意図せず第二のデビュー作を作る羽目に陥ったわけですから。

なお、本作は全11曲のオリジナルナンバーで構成された通常盤に加え、「Do You Believe」(原曲:THE CARDIGANS)、「Ghosts」(原曲:JAPAN)、「Caress」(原曲:DRIVE LIKE JEHU)のボーナストラック3曲を加えたiTunes限定デラックスエディションも用意。ストリーミングバージョンではこのうち、「Do You Believe」と「Ghosts」が追加された13曲バージョンが配信されています。ただ、3曲とも翌2011年に限定リリースされたカバー曲集『COVERS』で聴けるので、基本的には11曲のみのCDバージョンでも問題ないと思います。

 


▼DEFTONES『DIAMOND EYES』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

 

« QUEENS OF THE STONE AGE『RATED R』(2000) | トップページ | KVELERTAK『KVELERTAK』(2010) »

Deftones」カテゴリの記事

2010年の作品」カテゴリの記事

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ