« TMQ-WEB: 2019年の年間アクセスランキングTOP50 | トップページ | RAGE AGAINST THE MACHINE『RENEGADES』(2000) »

2020年1月 4日 (土)

SYSTEM OF A DOWN『HYPNOTIZE』(2005)

2005年11月に発表された、SYSTEM OF A DOWNの5thアルバムにして2020年1月4日時点での最新作。って、リリースからもう14年も経つんだ。びっくりだね(笑)。

本作は、2005年春に発売された4thアルバム『MEZMERIZE』との連作となっており、殺傷力や重量感が強かった前作と比較すると若干落ち着いた雰囲気で、メロディアスさやセンチメンタリズムが前面に打ち出されている印象を受けます。

とはいっても、アルバム冒頭から「Attack」や「Dreaming」といったファストチューンが連発されるので、一聴するとそういう印象は受けないかもしれません。だけど、そのあとには「Kill Rock 'N Roll」や「Hypnotize」といった楽曲が続くのですから……アルバムトータルで、もしくは2作品を通して聴くことによって、そういったセンチメンタリズムが終盤に進むにつれて強まっていくことが実感できると思います。

「Stealing Society」や「Tentative」あたりには、初期の彼らが持ち備えていた変態チックなコード感も含まれていますし、中でも「U-Fig」での歌い回しやフレージングは完全にSOADならではのオリジナリティに満ち溢れている。どう考えても真似できないよね?っていう緩急に富んだ技の応酬に、ただ聴いているだけのこちら側はあんぐりと開いた口が閉じないまんま。

けど、変態度や中毒性という点においては、実は彼らの作品中もっとも抑え気味な1枚でもあると思うのです。つまり、毒は適度に散りばめられているけど、その毒が突出することもない。とてもバランス感に優れた1枚と捉えることができるのではないでしょうか。そういった点から、本作を「『MEZMERIZE』よりもインパクトが薄い」と評することもできるかもしれません。しかし、あくまで“2枚でひとつの作品”であることを謳っているわけですから、前半パート(『MEZMERIZE』)に過激さや即効性の高さを詰め込んだのだとしたら、後半パート(『HYPNOTIZE』)では何度か噛みしめることでより味が染みわたるディープさを表現したかった……そう受け取ることはできないでしょうか。

だからこそ、この『HYPNOTIZE』はアルバム後半、「Holy Mountains」以降こそが真髄なのだと断言したい。何気にアレンジの奥深さも、歌メロの美味さもどんどん強まっていくんですから。特にラスト2曲……「Lonely Day」「Soldier Side」の美しさは、SOADのキャリア中最高峰と断言したいです。その「Soldier Side」で静かなエンディングを迎えると……そのまま『MEZMERIZE』のオープニングトラック「Soldier Side - Intro」へと続く、ループする構成になるわけです。これこそが彼らのやりたかったことであり、“2枚でひとつの作品”が意味するものだと。『HYPNOTIZE』をじっくり味わったあとに、再び『MEZMERIZE』へと戻ることで、実は2作がメロディの節回しやアレンジ面でもつながっていることがより深く理解できるはずです。

こんなすごい2作品を世に送り出したSOADは、本作リリース後の2006年5月に行われたライブをもって活動休止。2011年の活動再開まで5年待たされることになります。しかし、その後も定期的にツアーやフェス出演などライブは行なっているものの、新作リリースに関しては……ご存知のとおり。レコーディングをしている様子はInstagramなどを通じて伝わってくるのですが……今年こそはものすごい新譜の誕生に期待したいところです(ってことをここ数年、決まってこの時期に発言しているんですけどねえ……)。

 


▼SYSTEM OF A DOWN『HYPNOTIZE』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

 

« TMQ-WEB: 2019年の年間アクセスランキングTOP50 | トップページ | RAGE AGAINST THE MACHINE『RENEGADES』(2000) »

2005年の作品」カテゴリの記事

System of a Down」カテゴリの記事

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ