« DEF LEPPARD『THE EARLY YEARS 79-81』(2020) | トップページ | DECKARD『DREAMS OF DYNAMITE AND DIVINITY』(2003) »

2020年3月23日 (月)

BABY CHAOS『APE CONFRONTS COSMOS』(2020)

2020年3月初頭にリリースされたBABY CHAOSの4thアルバム。日本盤未発売。

1998年にDECKARDへと改名し2002年に解散。そこから11年を経て、2013年にBABY CHAOS名義で再結成を果たした彼らは、2015年に同名義では『LOVE YOUR SELF ABUSE』(1996年)から19年ぶりの新作となる3rdアルバム『SKULLS, SKULLS, SKULLS, SHOW ME THE GLORY』(2015年)をリリース。同作は日本盤もリリースされ、一部マニアの間で喜ばれました。

5年ぶりの新作となる本作の制作には、“5人目のメンバー”としてアラン・イーストン(G, Cho)が全面参加。トリプル・ギター編成となった彼らですが、90年代のBABY CHAOS〜DECKARDの流れを汲んだパワーポップ/ハードロック・サウンドとひねくれたメロディ&アレンジを随所に織り込んだ楽曲は本作でも健在。むしろ、『SKULLS, SKULLS, SKULLS, SHOW ME THE GLORY』以上にそのへんの魅力がブラッシュアップされた印象を受けます。

オープニングの「Out Of The Blue」でストレートなパワーポップ感を提示したかと思えば、続く「The Wild Beast」では英国バンドらしい“ひねくれ”感、ストレンジ感を散りばめた豪快なハードロックを聴かせてくれる。かと思えば、「You Won, You Won」ではパワフルなビートを強調させた“ゼロ年代以降”のガレージロック色を漂わせ、「I Belong In Battle」では音響処理が印象的なアコースティック・ソングを響き渡らせる。そうそう、こういうのが聴きたかったんだよ!という“痒いところに手が届く”楽曲群が次々と繰り出される構成は、さすがの一言です。

クリス・ゴードン(Vo, G)は本作に対し「過去3作とは大きく異なる挑戦に取り組んだ」と発言していますが、本当にそのとおりの内容です。事実、1曲1曲の個性が良い意味でバラバラなのは、もしかしたらこれまで以上と言えるでしょう。しかも、どの曲もしっかりBABY CHAOSらしさを維持しつつ、高い完成度を追求している。それにより、想像以上に高品質のロックアルバムに仕上がっていますし、むしろ“2020年のポップシーン/メインストリームで語られるべき”1枚と断言できるほどの内容なんじゃないかと言いたくなる。いや、本当に。

日本ではまだその傾向は見えていませんが、海外ではすでにギターロックはオルタナティヴな存在になってしまっている。しかも本作は、どマイナーなインディーズからのリリース。注目したくてもその機会がほぼ皆無な現状ですが、ハードなギターが鳴り響き、ポップで甘いメロディが乗せられたロックナンバーに一度でも心が揺さぶられたことがあるリスナーなら、間違いなく響く1枚だと思います。

 


▼BABY CHAOS『APE CONFRONTS COSMOS』
(amazon:海外盤CD / 海外盤アナログ / MP3

 

« DEF LEPPARD『THE EARLY YEARS 79-81』(2020) | トップページ | DECKARD『DREAMS OF DYNAMITE AND DIVINITY』(2003) »

Baby Chaos」カテゴリの記事

Deckard」カテゴリの記事

2020年の作品」カテゴリの記事

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ