« 2017年5月のお仕事 | トップページ

2020/12/31

INDEX

当ブログにて公開中のレビュー、および1998年12月からスタートした『とみぃの宮殿』に掲載された記事を当ブログにて再公開したレビューのインデックスページになります。現時点で2000近いエントリーがあるため、こちらは時間をかけながら、ゆっくりと完成させていく予定です。(随時更新中)

【0〜9】 【A】 【B】 【C】 【D】 【E】 【F】 【G】 【H】 【I】 【J】 【K】 【L】 【M】 【N】 【O】 【P】 【Q】 【R】 【S】 【T】 【U】 【V】 【W】 【X】 【Y】 【Z】 【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】 【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】 【コンピレーション】 【企画記事】 【100番勝負】

【0〜9】

■2 MANY DJ'S
<REVIEW>
『AS HEARD ON RADIO SOULWAX PT.2』(2003)

■22-20s
<REVIEW>
『05/03』(2003)

■3 COLOURS RED
<REVIEW>
『PURE』(1997)

■9mm Parabellum Bullet
<REVIEW>
『Termination』(2007)


【A】

■A PERFECT CIRCLE
<REVIEW>
『Mer de Noms』(2000)

■AC/DC
<REVIEW>
『HIGHWAY TO HELL』(1979)
『BLOW UP YOUR VIDEO』(1988)
『STIFF UPPER LIP』(2000)
<REPORT>
2001年2月19日@横浜アリーナ
<COLUMN>
19年振りの来日について語る

■ACCEPT
<REVIEW>
『METAL HEART』(1985)
『OBJECTION OVERRULED』(1993)

■AEROSMITH
<REVIEW>
『AEROSMITH』(1973)
『GET YOUR WINGS』(1974)
『TOYS IN THE ATTIC』(1975)
『ROCKS』(1976)
『DRAW THE LINE』(1977)
『LIVE! BOOTLEG』(1978)
『DONE WITH MIRRORS』(1985)
『PERMANENT VACATION』(1987)
『PUMP』(1989)
『GET A GRIP』(1993)
『BIG ONES』(1994)
『NINE LIVES』(1997)
『JADED EP』(2001)
『JUST PUSH PLAY』(2001)
『HONKIN' ON BOBO』(2004)
『ROCKIN' THE JOINT』(2005)
『MUSIC FROM ANOTHER DIMENSION!』(2012)
『WE'RE ALL SOMEBODY FROM SOMEWHERE』(2016 / as STEVEN TYLER)
<REPORT>
2002年2月2日@東京ドーム
2002年2月3日@東京ドーム
2017年4月11日@日本武道館(as STEVEN TYLER)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第3回「Back In The Saddle」
とみぃ洋楽100番勝負 第30回:「Walk This Way」
とみぃ洋楽100番勝負 第82回:「Amazing」
熱く語りたいお年頃。

■AFI
<REVIEW>
『DECEMBERUNDERGROUND』(2006)

■aiko
<REVIEW>
『蝶々結び』(2003)
<COLUMN>
こんな喜ばしい話は昨年9月以来だ。

■AIR (Japan)
<REVIEW>
『Usual tone of voice』(1998)

■AKB48
<REPORT>
2009年8月4日@シアターGロッソ
2009年8月12日@Zepp Nagoya(チームB)
2009年12月24日@AKB48劇場(チームK)
<COLUMN>
聴くだけで泣ける曲
てもでもの涙

■ALICE COOPER
<REVIEW>
『TRASH』(1989)
<REPORT>
2008年3月25日@新木場SUDIO COAST

■ALICE IN CHAINS
<REVIEW>
『FACELIFT』(1990)
『DIRT』(1992)
『ALICE IN CHAINS』(1995)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第62回:「We Die Young」

■THE ALMIGHTY
<REVIEW>
『CRANK』(1994)
『CRANK AND DECEIT: LIVE IN JAPAN』(1996)

■ALTER BRIDGE
<REVIEW>
『THE LAST HERO』(2016)

■AMERICAN HEAD CHARGE
<REVIEW>
『THE WAR OF ART』(2001)
<REPORT>
2002年3月23日@東京ベイN.K.ホール

■AMERICAN HI-FI
<REVIEW>
『THE ART OF LOSING』(2003)
『HEARTS ON PARADE』(2004)

■Anaïs
<REVIEW>
『THE CHEAP SHOW』(2006)

■ANDREW W.K.
<REVIEW>
『THE WOLF』(2003)

■ANDY BLACK
<REVIEW>
『THE SHADOW SIDE』(2016)

■ANNIHILATOR
<REVIEW>
『SET THE WORLD ON FIRE』(1993)

■ANOHNI
<REVIEW>
『HOPELESSNESS』(2016)

■ANTHEM
<REVIEW>
『HEAVY METAL ANTHEM』(2000)
『IMMORTAL』(2006)
<REPORT>
2007年12月8日@川崎CLUB CITTA'

■ANTHRAX
<REVIEW>
『SOUND OF WHITE NOISE』(1993)
『WE'VE COME FOR YOU ALL』(2003)
『FOR ALL KINGS』(2016)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第68回:「Keep It In The Family」
やっと出るか!
ANTHRAX、分裂〜再編成の危機!?
最近多いね、20周年ってバンドが。
こんな「やっちゃった感」強いの久し振り。
いろいろ話題浮上中。
とうとうこの日が来た‥‥

■APHEX TWIN
<REVIEW>
『RICHARD D. JAMES ALBUM』(1996)

■ARCTIC MONKEYS
<REVIEW>
『I BET YOU LOOK GOOD ON THE DANCEFLOOR』(2005)

■ARMORED SAINT
<REVIEW>
『WIN HANDS DOWN』(2015)

■ART OF FIGHTING
<REVIEW>
『RUNAWAYS』(2007)

■ASH
<REVIEW>
『FREE ALL ANGELS』(2001)
『MELTDOWN』(2004)
<REPORT>
2005年1月17日@SHIBUYA-AX

■ASIAN KUNG-FU GENERATION
<REVIEW>
『崩壊アンプリファー』(2003)

■AT THE DRIVE-IN
<REVIEW>
『RELATIONSHIP OF COMMAND』(2000)
『IN.TER.A.LIA』(2017)

■AUDIOSLAVE
<REVIEW>
『AUDIOSLAVE』(2002)
『OUT OF EXILE』(2005)
『REVELATIONS』(2006)
<COLUMN>
AUDIOSLAVE、5月に新作発表

■AVENGED SEVENFOLD
<REVIEW>
『CITY OF EVIL』(2005)
『AVENGED SEVENFOLD』(2007)
<COLUMN>
神様はまだ天国にミュージシャンを連れていかれるのか

■AVRIL LAVIGNE
<REVIEW>
『LET GO』(2002)


【B】

■B'z
<REVIEW>
『The 7th Blues』(1994)

■BABY CHAOS
<REVIEW>
『LOVE YOUR SELF ABUSE』(1996)
『STEREODREAMSCENE』(2000 / as DECKARD)

■BABYSHAMBLES
<REVIEW>
『DOWN IN ALBION』(2005)

■BACKYARD BABIES
<REVIEW>
『TOTAL 13』(1998)
『MAKING ENEMIES IS GOOD』(2001)
『STOCKHOLM SYNDROME』(2003)
『LIVE LIVE IN PARIS』(2005)
『PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE US』(2006)
『FOUR BY FOUR』(2015)

■BAD ENGLISH
<REVIEW>
『BAD ENGLISH』(1989)

■BAD MOON RISING
<REVIEW>
『BAD MOON RISING』(1991)

■BADLANDS
<REVIEW>
『BADLANDS』(1989)

■BAZRA
<REVIEW>
『ひょうろくだま』(2002)

■BE THE WOLF
<REVIEW>
『ROUGE』(2016)

■BEARTOOTH
<REVIEW>
『AGGRESSIVE』(2016)

■BEASTIE BOYS
<REVIEW>
『TO THE 5 BOROUGHS』(2004)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第85回:「Sabotage」

■THE BEATLES
<REVIEW>
『LET IT BE』(1970)
『LET IT BE...NAKED』(2003)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第4回「She Loves You」
とみぃ洋楽100番勝負 第51回:「Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band」
とみぃ洋楽100番勝負 第81回:「Here Comes The Sun」

■BELLE & SEBASTIAN
<REVIEW>
『DEAR CATASTROPHE WAITRESS』(2003)

■THE BENS
<REVIEW>
『THE BENS EP』(2004)

■BEN HARPER
<REVIEW>
『THERE WILL BE A LIGHT』(2004)

■BERNARD BUTLER
<REPORT>
2000年2月27日@赤坂BLITZ

■Berryz工房
<REVIEW>
『あなたなしでは生きてゆけない』(2004)
『1st 超ベリーズ』(2004)

■BIFFY CLYRO
<REVIEW>
『ELLIPSIS』(2016)

■BILLY IDOL
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第43回:「Mony Mony」

■Björk
<REVIEW>
『VESPERTINE』(2001)

■BLACK SABBATH
<REVIEW>
『MASTER OF REALITY』(1971)
『REUNION』(1998)
『IOMMI』(2000 / as IOMMI)
『THE ULTIMATE COLLECTION』(2016)

■BLACK STAR RIDERS
<REVIEW>
『HEAVY FIRE』(2017)

■BLANKEY JET CITY
<REVIEW>
『LOVE FLASH FEVER』(1997)

■BLIND GUARDIAN
<REVIEW>
『TALES FROM THE TWILIGHT WORLD』(1990)

■BLUE MURDER
<REVIEW>
『BLUE MURDER』(1989)

■BLUR
<REVIEW>
『13』(1999)
『THINK TANK』(2003)

■BON IVER
<REVIEW>
『22, A MILLION』(2016)

■BON JOVI
<REVIEW>
『BON JOVI』(1984)
『7800° FAHRENHEIT』(1985)
『SLIPPERY WHEN WET』(1986)
『NEW JERSEY』(1988)
『KEEP THE FAITH』(1992)
『CROSS ROAD』(1994)
『THESE DAYS』(1995)
『LIVE FROM LONDON』(1995)
『CRUSH』(2000)
『TOKYO ROAD』(2001)
『ONE WILD NIGHT - LIVE 1985-2000』(2001)
『BOUNCE』(2002)
『HAVE A NICE DAY』(2005)
『THIS HOUSE IS NOT FOR SALE』(2016)
<REPORT>
2000年7月13日@東京ドーム
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第11回「Runaway」
とみぃ洋楽100番勝負 第78回:「In These Arms」

■BON-BON BLANCO
<REVIEW>
『愛 WANT YOU!!』(2002)
『だって、女の子なんだもん!』(2002)
『愛のナースカーニバル』(2002)
『涙のハリケーン』(2003)
『BEAT GOES ON』(2003)
『バカンスの恋』(2003)
『BON VOYAGE!』(2004)

■bonobos
<REVIEW>
『あ、うん』(2006)

■THE BOOM
<REVIEW>
『手紙』(1995)
『百景』(2004)

■THE BOXER REBELLION
<REPORT>
2010年1月20日@代官山UNIT

■BOØWY
<REVIEW>
『BEAT EMOTION』(1986)
『LAST GIGS』(2001/完全版:2008)

■BRAHMAN
<REVIEW>
『A MAN OF THE WORLD』(1998)
『A FORLORN HOPE』(2001)
<REPORT>
2003年4月25日@赤坂BLITZ(BATTLE ON FRIDAY)

■BRIAN MAY
<REVIEW>
『BACK TO THE LIGHT』(1992)

■BRIDES OF DESTRUCTION
<REVIEW>
『HERE COMES THE BRIDES』(2003)
<COLUMN>
BRIDES OF DESTRUCTIONの新曲4曲がフル試聴可能に

■BRING ME THE HORIZON
<REVIEW>
『THAT'S THE SPIRIT』(2015)

■BRUTAL TRUTH
<REVIEW>
2009年12月15日@Shibuya O-EAST

■BRYAN ADAMS
<REVIEW>
『INTO THE FIRE』(1987)
『WAKING UP THE NEIGHBOURS』(1991)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第31回:「Heat Of The Night」
時代錯誤も甚だしいけど‥‥

■BUCK-TICK
<REVIEW>
『殺シノ調ベ -This is NOT Greatest Hits-』(1992)
『Mona Lisa OVERDRIVE』(2003)
<REPORT>
2003年12月29日@日本武道館
2005年1月23日@SHIBUYA-AX(『NIIGATA AID』)

■BUCKCHERRY
<REVIEW>
『BUCKCHERRY』(1999)
『YOU MADE ME』(2004 / as JOSH TODD)
『15』(2005)
<COLUMN>
BUCKCHERRY再結成、そして来日へ(雑感)

■BUDDERSIDE
<REVIEW>
『BUDDERSIDE』(2016)

■Buffalo Daughter
<REVIEW>
『Pshychic』(2003)
<REPORT>
2003年11月8日@新宿リキッドルーム

■BUGY CRAXONE
<REVIEW>
『This is NEW SUNRISE』(2002)
『NORTHERN ROCK』(2002)
<REPORT>
2002年3月15日@下北沢SHELTER

■BULLET FOR MY VALENTINE
<REVIEW>
『BULLET FOR MY VALENTINE』(2005)
『THE POISON』(2005)

■BULLETBOYS
<REVIEW>
『BULLETBOYS』(1988)

■BULLETS AND OCTANE
<REVIEW>
『IN THE MOUTH OF THE YOUNG』(2006)

■BUMP OF CHICKEN
<REVIEW>
『jupiter』(2002)
『ロストマン / sailing day』(2003)
『ユグドラシル』(2004)

■Buono!
<REVIEW>
2009年12月20日@東京厚生年金会館

■BUTCH WALKER
<REVIEW>
『LETTERS』(2004)


【C】

■Cacoy
<REVIEW>
『human is music』(2003)

■CAESARS
<COLUMN>
けど一番欲しいのはiPod shuffleなわけですが。

■CAROL
<REVIEW>
『THE★BEST』(2003)

■CATHEDRAL
<REVIEW>
『THE ETHEREAL MIRROR』(1993)

■CHEAP TRICK
<REVIEW>
『SPECIAL ONE』(2003)
『ROCKFORD』(2006)
『BANG, ZOOM, CRAZY...HELLO』(2016)
<REPORT>
1999年10月11日@横浜ベイホール

■THE CHEMICAL BROTHERS
<REVIEW>
『COME WITH US』(2001)

■CHILDREN OF BODOM
<REVIEW>
『ARE YOU DEAD YET?』(2005)

■!!!
<REVIEW>
『MYTH TAKES』(2007)

■CINDERELLA
<REVIEW>
『NIGHT SONGS』(1986)
『LONG COLD WINTER』(1988)
『ONCE UPON A...』(1997)

■CLAM ABUSE
<REVIEW>
『STOP THINKING』(1999)

■THE CLASH
<REVIEW>
『LONDON CALLING』(1979)
『SANDINISTA!』(1980)

■THE CLICK FIVE
<REVIEW>
『GREETING FROM IMRIE HOUSE』(2006)

■CO-FUSION
<REVIEW>
『CO-FU2』(2001)

■Cocco
<REVIEW>
『Cocko』(1996)
『カウントダウン』(1997)
『ブーゲンビリア』(1997)
『強く儚い者たち』(1997)
『Raining』(1998)
『クムイウタ』(1998)
『雲路の果て』(1998)
『樹海の糸』(1999)
『ポロメリア』(1999)
『水鏡』(2000)
『ラプンツェル』(2000)
『けもの道』(2000)
『星に願いを』(2000)
『風化風葬』(2001)
『羽根 ~lay down my arms~』(2001)
『焼け野が原』(2001)
『サングローズ』(2001)
『ベスト+裏ベスト+未発表曲集』(2001)
『Heaven's hell』(2003)
<REPORT>
2000年10月6日@日本武道館

■COHEED AND CAMBRIA
<REVIEW>
『GOOD APOLLO I'M BURNING STAR IV, VOL.1 : FROM FEAR THROUGH THE EYES OF MADNESS』(2005)

■COLDPLAY
<REVIEW>
『X&Y』(2005)
『A HEAD FULL OF DREAMS』(2015)

■CONVERGE
<REVIEW>
2009年12月15日@Shibuya O-EAST

■CORROSION OF CONFORMITY
<COLUMN>
フジロックで観てみたいバンドのひとつ。

■COURTNEY LOVE
<REVIEW>
『AMERICA'S SWEETHEART』(2004)

■COVERDALE・PAGE
<REVIEW>
『COVERDALE・PAGE』(1993)

■COZY POWELL
<COLUMN>
コージー・パウエル

■THE CRIBS
<REVIEW>
『THE CRIBS』(2004)
<REPORT>
2007年10月25日@LIQUIDROOM ebisu

■THE CULT
<REVIEW>
『BEYOND GOOD AND EVIL』(2001)

■THE CURE
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第44回:「Why Can I Be You」

■CYBERNAUTS
<REVIEW>
『LIVE』(2000)
<REPORT>
2000年1月8日@横浜ベイホール

■Cymbals
<REVIEW>
『sine』(2002)


【D】

■D'ERLANGER
<REVIEW>
『LAZZARO』(2007)

■THE DAMNED
<REVIEW>
『DAMNED DAMNED DAMNED』(1977)

■DAMN YANKEES
<REVIEW>
『DAMN YANKEES』(1990)

■DANGER DANGER
<REVIEW>
『SCREW IT!』(1991)

■THE DARKNESS
<REVIEW>
『PERMISSION TO LAND』(2003)
『ONE WAY TICKET TO HELL...AND BACK』(2005)

■DASHBOARD CONFESSIONAL
<REVIEW>
『THE SHADE OF POISON TREES』(2007)

■THE DATSUNS
<REVIEW>
『THE DATSUNS』(2002)

■DAVID BOWIE
<REVIEW>
『TIN MACHINE』(1989 / as TIN MACHINE)
『'hours…’』(1999)
『BOWIE AT THE BEEB』(2000)
『REALITY』(2003)
『★(BLACKSTAR)』(2016)
<REPORT>
2004年3月8日@日本武道館
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第65回:「Ashes To Ashes」
デヴィッド・ボウイ逝去に寄せて──ボウイとゾウイ、母と僕。

■DAVID LEE ROTH
<REVIEW>
『EAT 'EM AND SMILE』(1986)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第29回:「Yankee Rose」

■THE DEAD DAISIES
<REVIEW>
『MAKE SOME NOISE』(2016)

■DEAD END
<REVIEW>
『shambara』(1988)
『ZERO』(1989)
<COLUMN>
DEAD ENDというバンドを知ってますか?
大塚基之、再び‥‥??

■DEAD KENNEDYS
<REVIEW>
『FRESH FRUIT FOR ROTTING VEGETABLES』(1980)

■DEAFHEAVEN
<REVIEW>
『NEW BERMUDA』(2015)

■DEATH ANGEL
<REVIEW>
『THE EVIL DIVIDE』(2016)

■DEBBIE GIBSON
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第42回:「Only In My Dreams」

■DECKARD
<REVIEW>
『STEREODREAMSCENE』(2000)

■DEEP PURPLE
<REVIEW>
『SLAVES AND MASTERS』(1990)
『INFINITE』(2017)

■DEF LEPPARD
<REVIEW>
『HIGH'N'DRY』(1981)
『PYROMANIA』(1983)
『HYSTERIA』(1987)
『ADRENALIZE』(1992)
『EUPHORIA』(1999)
『LIVE』(2000 / as CYBERNAUTS)
『X』(2002)
『YEAH!』(2006)
『DEF LEPPARD』(2015)
<REPORT>
2000年1月8日@横浜ベイホール(as CYBERNAUTS)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第6回「Photograph」
DEF LEPPARDの最新ベスト盤
時代錯誤も甚だしいけど‥‥

■DEF.DIVA
<REVIEW>
『好きすぎて バカみたい』(2005)

■DEFTONES
<REVIEW>
『WHITE PONY』(2000)
『DEFTONES』(2003)
『GORE』(2016)

■delofamilia
<REVIEW>
『quiet life』(2007)

■DELOREAN
<REVIEW>
『DELOREAN』(2004)
『INTO THE PLATEAU』(2006)

■DEMOLITION 23.
<REVIEW>
『DEMOLITION 23.』(1994)

■DEPECHE MODE
<REVIEW>
『MUSIC FOR THE MASSES』(1987)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第10回「A Question Of Lust」
Depeche Modeのメタル / ラウド系カバーの私的ベスト10

■DIFFUSER
<REVIEW>
『MAKING THE GRADE』(2003)

■THE DILLINGER ESCAPE PLAN
<REVIEW>
『IRONY IS A DEAD SCENE』(2002)

■DINOSAUR JR.
<REVIEW>
『WHERE YOU BEEN』(1993)
『ZOMBIE WORM』(2006)

■DIO
<REVIEW>
『HOLY DIVER LIVE』(2006)

■DIR EN GREY
<REVIEW>
『Withering to death.』(2005)
『THE MARROW OF A BONE』(2007)
<REPORT>
2006年10月14日@LOUD PARK 06
2010年1月10日@日本武道館

■DIRTY PRETTY THINGS
<REVIEW>
『WATERLOO TO ANYWHERE』(2006)

■DISTURBED
<REVIEW>
『IMMORTALIZED』(2015)

■DOKKEN
<REVIEW>
『BACK FOR THE ATTACK』(1987)
『UP FROM THE ASHES』(1990 / as DON DOKKEN)

■DON DOKKEN
<REVIEW>
『UP FROM THE ASHES』(1990)

■DONAVON FRANKENREITER
<REVIEW>
『DONAVON FRANKENREITER』(2004)

■DREAMS COME TRUE
<REPORT>
2005年2月12日@横浜アリーナ

■DRY & HEAVY
<REVIEW>
『FROM CREATION』(2002)

■DURAN DURAN
<REVIEW>
『NOTORIOUS』(1986)
『GREATEST』(1998)
『RED CARPET MASSACRE』(2007)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第8回「Save A Prayer」
DURAN DURANの新曲を聴く

■The DUST'N'BONEZ
<REVIEW>
『FLAME SKULL BASTARDS』(2004)
『LOVE/HATE』(2005)
『ROCK'N'ROLL CIRCUS』(2006)
<REPORT>
2005年4月13日@千葉LOOK
<COLUMN>
ZIGGYよ、何処へ行く?
森重樹一、今年も大忙し。


【E】

■EGO-WRAPPIN'
<REVIEW>
『NIGHT FOOD』(2002)

■ELECTRIC SIX
<REVIEW>
『FIRE』(2003)

■EMINEM
<REVIEW>
『THE MARSHALL MATHERS LP』(2000)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第95回:「My Name Is」

■ENUFF Z'NUFF
<REVIEW>
『ENUFF Z'NUFF』(1989)
『STRENGTH』(1991)
『ANIMALS WITH HUMAN INTELLIGENCE』(1993)
『1985』(1994)
『CLOWNS LOUNGE』(2016)

■EUROPE
<REVIEW>
『OUT OF THIS WORLD』(1988)
『START FROM THE DARK』(2004)
<REPORT>
2005年1月7日@東京国際フォーラム ホールA
<COLUMN>
そういやぁ

■EURYTHMICS
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第32回:「When Tomorrow Comes」

■EVANESCENCE
<REVIEW>
『FALLEN』(2003)
『THE OPEN DOOR』(2006)

■EXODUS
<REVIEW>
『SHOVEL HEADED KILL MACHINE』(2005)

■EXTREME
<REVIEW>
『EXTREME II: PORNOGRAFFITTI』(1990)
『EXTREME II: PORNOGRAFFITTI』DELUXE EDITION(2015)
<COLUMN>
再結成EXTREME、来年1月に来日

■E・Z・O(FLATBACKER)
<COLUMN>
2005年はネオ・ジャパメタ元年なのか!?


【F】

■FAIRGROUND ATTRACTION
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第49回:「Perfect」

■FAITH NO MORE
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第60回:「Epic」

■FALCO
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第26回:「Rock Me Amadeus」

■FASTER PUSSYCAT
<REVIEW>
『FASTER PUSSYCAT』(1987)

■FEEDER
<REPORT>
2005年11月8日@SHIBUYA-AX

■FIGHT
<REVIEW>
『WAR OF WORDS』(1993)

■FIREHOUSE
<REVIEW>
『FIREHOUSE』(1990)

■FIREWIND
<REVIEW>
『IMMORTALS』(2017)

■FLASHCUBES
<REVIEW>
『LIVE IN JAPAN -RAW POWER POP-』(2002)

■FLATBACKER(E・Z・O)
<REVIEW>
『戦争 -ACCIDENT-』(1985)
<COLUMN>
2005年はネオ・ジャパメタ元年なのか!?

■FLEETWOOD MAC
<REVIEW>
『TANGO IN THE NIGHT』(1987)

■FLYLEAF
<REVIEW>
『FLYLEAF』(2005)

■FOO FIGHTERS
<REVIEW>
『IN YOUR HONOUR』(2005)

■FOREIGNER
<REVIEW>
『INSIDE INFORMATION』(1987)

■FOUNTAINS OF WAYNE
<REVIEW>
『UTOPIA PARKWAY』(1999)

■FRANK BLACK
<REVIEW>
『TEENAGER OF THE YEAR』(1994)

■FRANZ FERDINAND
<REVIEW>
『FRANZ FERDINAND』(2004)

■FREDDIE MERCURY
<REVIEW>
『MR.BAD GUY』(1985)
『BARCELONA』(1988)
『FREDDIE MERCURY SOLO』(2000)

■FUNERAL FOR A FRIEND
<REVIEW>
『CASUALLY DRESSED & DEEP IN CONVERSATION』(2004)

■FUTURESHOCK
<REVIEW>
『PHANTOM THEORY』(2003)

■FUZZBUBBLE
<REVIEW>
『FUZZBUBBLE』(2000)


【G】

■G.LOVE
<REVIEW>
『THE HUSTLE』(2004)

■GAMMA RAY
<REVIEW>
『INSANITY AND GENIUS』(1993)

■GARY MOORE
<REVIEW>
『AFTER THE WAR』(1989)

■THE GATHERING
<REVIEW>
『HOME』(2006)

■GEORGE MICHAEL
<REVIEW>
『FAITH』(1987)
『FIVE LIVE』(1993 / as GEORGE MICHAEL and QUEEN with LISA STANSFIELD)

■THE GET UP KIDS
<REVIEW>
『GUILT SHOW』(2004)
<COLUMN>
ホントに解散が続いて嫌だね。

■GHEEE
<REVIEW>
『GHEEE』(2007)

■GINGER WiLDHEART
<REVIEW>
『BLACK LEATHER MOJO』(2000 / as SiLVER GiNGER 5)
『GRIEVOUS ACOUSTIC BEHAVIOUR』(2000)
『I'M A LOVER NOT A FIGHTER EP』(2001)
『VALOR DEL CORAZON』(2006)
<REPORT>
2000年10月15日@赤坂BLITZ
<COLUMN>
THE WiLDHEARTSのライブについて
ジンジャーの告白。そして‥‥
BRIDES OF DESTRUCTIONの新曲4曲がフル試聴可能に

■GLAY
<REVIEW>
『DRIVE -GLAY complete BEST』(2000)
<REPORT>
2006年8月5日@味の素スタジアム

■GO!GO!7188
<REVIEW>
『569』(2007)

■GODSMACK
<REVIEW>
『IV』(2006)

■GOING STEADY
<REVIEW>
『青春時代』(2003)

■GOING UNDER GROUND
<REVIEW>
『おやすみモンスター』(2007)

■GRAHAM BONNET BAND
<REVIEW>
『THE BOOK』(2016)

■GRAPEVINE
<REVIEW>
『CIRCULATOR』(2001)
『another sky』(2002)

■GREAT WHITE
<REVIEW>
『...TWICE SHY』(1989)
『HE SAW IT COMIN'』(2017 / as JACK RUSSELL'S GREAT WHITE)

■GREEN DAY
<REVIEW>
『REVOLUTION RADIO』(2016)

■GUNS N' ROSES
<REVIEW>
『APPETITE FOR DESTRUCTION』(1987)
『GN'R LIES』(1988)
『USE YOUR ILLUSION I』(1991)
『USE YOUR ILLUSION II』(1991)
『THE SPAGHETTI INCIDENT?』(1993)
『GREATEST HITS』(2004)
『CHINESE DEMOCRACY』(2008)
<REPORT>
2007年7月18日@日本武道館
2009年12月19日@東京ドーム
2012年12月18日@Zepp Tokyo
<COLUMN>
正しく「Oh My God」ですな。
GUNS N' ROSESについて本気出して考えてみた。
俺とおまえと「CHINESE DEMOCRACY」
GUNS N' ROSESが大阪公演で3時間以上にわたる熱演を繰り広げたらしい


【H】

■H.P. オールスターズ
<REVIEW>
『ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!』(2004)

■HALESTORM
<REVIEW>
『REANIMATE 3.0: THE COVERS EP』(2017)

■HANOI ROCKS
<REVIEW>
『BANGKOK SHOCKS, SAIGON SHAKES, HANOI ROCKS』(1981)
『ORIENTAL BEAT』(1982)
『ALL THOSE WASTED YEARS』(1984)
『TWO STEPS FROM THE MOVE』(1984)
『TWELVE SHOTS ON THE ROCKS』(2002)
『BACK IN YER FACE EP』(2005)
『ANOTHER HOSTILE TAKEOVER』(2005)
<REPORT>
2003年2月22日@東京厚生年金会館
2005年5月16日@SHIBUYA-AX
2005年5月22日@川崎CLUB CITTA'
2007年10月22日@渋谷CLUB QUATTRO
<COLUMN>
HANOI ROCKS、再び。
まずはこれ買ってみな!
This One's For Rock'n'Roll 〜HANOI ROCKS解散に寄せて

■HAREM SCAREM
<REVIEW>
『MOOD SWING』(1993)
『RUBBER』(1999)

■HARISS
<REVIEW>
『NEW WORLD』(2007)

■HATEBREED
<REVIEW>
『SUPREMACY』(2006)

■HEART
<REVIEW>
『HEART』(1985)

■THE HELLACOPTERS
<REVIEW>
『SUPERSHITTY TO THE MAX!』(1996)
『PAYIN' THE DUES』(1997)
『HIGH VISIBILITY』(2000)
『BY THE GRACE OF GOD』(2002)
『ROCK & ROLL IS DEAD.』(2005)
<REPORT>
1998年10月24日@赤坂BLITZ
2001年1月14日@渋谷CLUB QUATTRO

■THE HELLO WORKS
<REVIEW>
『PAYDAY』(2007)

■HELLOGOODBYE
<REVIEW>
『ZOMBIES! ALIENS! VAMPIRES! DINOSAURS!』(2006)

■HELLOWEEN
<REVIEW>
『KEEPER OF THE SEVEN KEYS, PART II』(1988)
『KEEPER OF THE SEVEN KEYS -THE LEGACY』(2005)

■HELMET
<REVIEW>
『SIZE MATTERS』(2004)
『MONOCHROME』(2006)

■hide
<REVIEW>
『ja,Zoo』(1988 / as hide with Spread Beaver)
『hide TRIBUTE : SPIRITS』(1999 / V.A.)

■HIGH and MIGHTY COLOR
<REVIEW>
『OVER』(2005)
『RUN☆RUN☆RUN』(2005)
『G∞VER』(2005)
『傲音プログレッシヴ』(2006)
<COLUMN>
正直、沖縄とかどうでもいいです。
「アンチノブナガ」ってどんなバンド?
続・「アンチノブナガ」ってどんなバンド?

■THE HIGH-LOWS
<REVIEW>
『angel beetle』(2002)

■THE HIVES
<REVIEW>
『YOUR NEW FAVOURITE BAND』(2001)
『THE BLACK AND WHITE ALBUM』(2007)

■HOLE
<REVIEW>
『CELEBRITY SKIN』(1998)

■HONEYCRACK
<REVIEW>
『PROZAIC』(1996)

■HOOBASTANK
<REVIEW>
『THE REASON』(2003)
『EVERY MAN FOR HIMSELF』(2006)

■HUASKA
<REVIEW>
『THE BIBLE OF THE BOSSA-METAL』(2016)

■HURRICANE
<REVIEW>
『OVER THE EDGE』(1988)

■HUSKING BEE
<REVIEW>
『the steady-state theory』(2002)


【I】

■IGGY POP
<REVIEW>
『POST POP DEPRESSION』(2016)

■IN FLAMES
<REVIEW>
『COME CLARITY』(2006)

■INCUBUS
<REVIEW>
『LIVE AT LOLLAPALOOZA 2003』(2003)
『A CROW LEFT OF THE MURDER...』(2004)
『8』(2017)

■INXS
<REVIEW>
『KICK』(1987)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第20回:「What You Need」

■IOMMI
<REVIEW>
『IOMMI』(2000)

■IRON MAIDEN
<REVIEW>
『SOMEWHERE IN TIME』(1986)
『DANCE OF DEATH』(2003)
『THE ESSENTIAL IRON MAIDEN』(2005)
『A MATTER OF LIFE AND DEATH』(2006)
<COLUMN>
IRON MAIDEN、最新ベスト盤を北米のみで発売に。


【J】

■JACK JOHNSON
<REVIEW>
『BRUSHFIRE FAIRYTALES』(2002)

■JACK RUSSELL'S GREAT WHITE
<REVIEW>
『HE SAW IT COMIN'』(2017)

■JAMES BAY
<REVIEW>
『CHAOS AND THE CALM』(2016)

■JANE'S ADDICTION
<REVIEW>
『RITUAL DE LO HABITUAL』(1990)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第61回:「Stop」

■JANET JACKSON
<REVIEW>
『UNBREAKABLE』(2015)

■THE JEEVAS
<REVIEW>
『ONE LOUDER EP』(2002)

■JEFF BECK
<REVIEW>
『WHO ELSE!』(1999)
『JEFF』(2003)
『LOUD HAILER』(2016)

■JERUSALEM SLIM
<REVIEW>
『JERUSALEM SLIM』(1992)

■JESUS JONES
<REVIEW>
『DOUBT』(1991)
『PERVERSE』(1993)
『LONDON』(2001)
<COLUMN>
JESUS JONES、レア音源を無料配信中
とみぃ洋楽100番勝負 第64回:「Move Mountains」

■JET
<REVIEW>
『DIRTY SWEET EP』(2003)
<REPORT>
2010年1月6日@新木場STUDIO COAST

■JOE STRUMMER & THE MESCALEROS
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第100回:「Coma Girl」

■JOHN LENNON
<REVIEW>
『LIVE PEACE IN TORONTO 1969』(1969)
『ACOUSTIC』(2004)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第97回:「Mother」

■JOMI MASSAGE
<REVIEW>
『ALOUD』(2003)

■JOSH TODD
<REVIEW>
『YOU MADE ME』(2004)

■JOSS STONE
<REVIEW>
『THE SOUL SESSIONS』(2003)

■JUDAS PRIEST
<REVIEW>
『SCREAMING FOR VENGEANCE』(1982)
『TURBO』(1986)
『WAR OF WORDS』(1993 / as FIGHT)
『DEMOLITION』(2001)
『ANGEL OF RETRIBUTION』(2005)
<COLUMN>
現在発売中の「TV Bros.」でメタル特集を執筆しました
Judas Priestの私的ベスト10


【K】

■KASABIAN
<REVIEW>
『CLUB FOOT (EP)』(2004)

■KATATONIA
<REVIEW>
『THE GREAT COLD DISTANCE』(2006)

■KEANE
<REVIEW>
『HOPES AND FEARS』(2004)

■KEITH RICHARDS
<REVIEW>
『MAIN OFFENDER』(1992)

■Ken Yokoyama
<COLUMN>
Ken Yokoyama関連記事まとめ

■KENZI & THE TRIPS
<REVIEW>
『青春BABY』(2001)
『青春BABY II』(2003)

■THE KILLERS
<REVIEW>
『HOT FUSS』(2004)

■KILLING JOKE
<REVIEW>
『HOSANNAS FROM THE BASEMENT OF HELL』(2006)

■KILLSWITCH ENGAGE
<REVIEW>
『THE END OF HEARTACHE』(2004)

■KING 810
<REVIEW>
『MEMOIRS OF A MURDERER』(2014)
『LA PETITE MORT OR A CONVERSATION WITH GOD』(2016)

■KING CRIMSON
<REVIEW>
『IN THE COURT OF THE CRIMSON KING』(1969)
<REPORT>
2000年10月7日@渋谷公会堂
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第96回:「21st Century Schizoid Man」

■KINGDOM COME
<REVIEW>
『KINGDOM COME』(1988)

■KISS
<REVIEW>
『ALIVE!』(1975)
『CRAZY NIGHTS』(1987)
『REVENGE』(1992)
『CARNIVAL OF SOULS』(1997)
『PSYCHO CIRCUS』(1998)
『MONSTER』(2012)
<REPORT>
2001年3月13日@東京ドーム
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第55回:「Detroit Rock City」
11月24日、エリック・カーを偲んで。
KISSの私的ベスト10

■KIX
<REVIEW>
『BLOW MY FUSE』(1988)
『ROCK YOUR FACE OFF』(2014)

■THE KLF
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第75回:「3 A.M. Eternal (Live at the S.S.L)」

■KOOK
<REVIEW>
『the beautiful scum』(2000)

■KORN
<REVIEW>
『LIFE IS PEACHY』(1996)
『DID MY TIME (EP)』(2003)
『UNTITLED [無題]』(2007)
『THE PATH OF TOTALITY』(2011)
<COLUMN>
KORNからギタリストのヘッドが脱退

■THE KLF
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第75回:「3 A.M. Eternal (Live at the S.S.L)」

■KRAFTWERK
<REVIEW>
『AUTOBAHN』(1974)
『TOUR DE FRANCE SOUNDTRACKS』(2003)
<REPORT>
2004年2月28日@Zepp Tokyo

■KREATOR
<REVIEW>
『GODS OF VIOLENCE』(2017)

■KULA SHAKER
<REVIEW>
『PEASANTS, PIGS & ASTRONAUTS』(1999)
『KOLLECTED - THE BEST OF』(2003)
<REPORT>
1999年6月5日@Zepp Tokyo
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第92回:「Govinda」
『動揺』


【L】

■L'Arc-en-Ciel
<REVIEW>
『REAL』(2000)
『SMILE』(2004)
『AWAKE』(2005)
『KISS』(2007)
<REPORT>
2005年9月25日@東京ドーム

■L.A.GUNS
<REVIEW>
『L.A.GUNS』(1988)
『HOLLYWOOD FOREVER』(2012)

■La'cryma Christi
<REVIEW>
『Lhasa』(1998)
『ZEUS』(2005)

■LACUNA COIL
<REVIEW>
『KARMACODE』(2006)

■LADY GAGA
<REVIEW>
『JOANNE』(2016)

■LAST DAYS OF APRIL
<REVIEW>
『IF YOU LOSE IT』(2004)

■LED ZEPPELIN
<REVIEW>
『HOW THE WEST WAS WON』(2003)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第33回:「Whole Lotta Love」
とみぃ洋楽100番勝負 第66回:「Achilles Last Stand」

■LENNY KRAVITZ
<REVIEW>
『MAMA SAID』(1991)

■THE LIBERTINES
<REVIEW>
『UP THE BRACKET』(2002)

■LILY ALLEN
<REVIEW>
『ALRIGHT, STILL』(2006)

■LIMP BIZKIT
<REVIEW>
『SIGNIFICANT OTHER』(1999)
<COLUMN>
For Whom The Truth May Concern

■LINKIN PARK
<REVIEW>
『HYBRID THEORY』(2000)
『METEORA』(2003)
『MINUTES TO MIDNIGHT』(2007)
『A THOUSAND SUNS』(2010)
『LIVING THINGS』(2012)
『THE HUNTING PARTY』(2014)
『ONE MORE LIGHT』(2017)

■LORDS OF BLACK
<REVIEW>
『II』(2016)

■LOST IN TIME
<REVIEW>
『蛍』(2005)
『時計』(2005)
『さぁ、旅を始めよう』(2007)
<REPORT>
2005年11月17日@Shibuya O-EAST(「The Sound of Shimokitazawa〜弾き語りの夕べ〜」)

■LOU REED
<REVIEW>
『METAL MACHINE MUSIC』(1975)
『LULU』(2011 / LOU REED & METALLICA名義)

■LOUDNESS
<COLUMN >
LOUDNESSの'90年代前半作品、USにて初リリースに。

■LULLACRY
<REVIEW>
『VOL.4』(2006)

■LUNA SEA
<REVIEW>
『LUNA SEA』(1991)
『IMAGE』(1992)
『EDEN』(1993)
『MOTHER』(1994)
『STYLE』(1996)
『SINGLES』(1997)
『SHINE』(1998)
『NEVER SOLD OUT』(1999)
『GRAVITY』(2000)
『TONIGHT』(2000)
『LUNACY』(2000)
『LOVE SONG』(2000)
『PERIOD』(2000)

■LYNCH MOB
<REVIEW>
『WICKED SENSATION』(1990)


【M】

■M/A/R/R/S
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第48回:「Pump Up The Volume」

■MACHINE HEAD
<REVIEW>
『THE BURNING RED』(1999)

■THE MAD CAPSULE MARKETS
<REVIEW>
『OSC-DIS』(1999)
『010』(2001)
<REPORT>
2004年6月11日@Zepp Tokyo

■THE MAGIC NUMBERS
<REVIEW>
『THE MAGIC NUMBERS』(2005)

■MANDO DIAO
<REVIEW>
『HURRICANE BAR』(2004)

■MANIC STREET PREACHERS
<REVIEW>
『STAY BEAUTIFUL (Japan Only Mini Album)』(1991)
『GENERATION TERRORISTS』(1992)
『STARS AND STRIPES -GENERATION TERRORISTS US MIX-』(1992)
『GOLD AGAINST THE SOUL』(1993)
『THE HOLY BIBLE』(1994)
『EVERYTHING MUST GO』(1996)
『THIS IS MY TRUTH TELL ME YOURS』(1998)
『KNOW YOUR ENEMY』(2001)
『FOREVER DELAYED : THE GREATEST HITS』(2002)
『LIFEBLOOD』(2004)
『GOD SAVE THE MANICS』(2005)
『SEND AWAY THE TIGERS』(2007)
『JOURNAL FOR PLAGUE LOVERS』(2009)
<REPORT>
1999年2月7日@赤坂BLITZ
2003年1月26日@東京ベイN.K.ホール
2005年2月10日@SHIBUYA-AX
2005年2月13日@Zepp Tokyo
<COLUMN>
THE LOVE OF RICHARD NIXON
とみぃ洋楽100番勝負 第73回:「Motown Junk」
「Tsunami」
「I Love You.」
MANIC STREET PREACHERS、フリーダウンロード・シングル発表

■MANSUN
<REVIEW>
『ATTACK OF THE GREY LANTERN』(1997)

■MARILYN MANSON
<REVIEW>
『ANTICHRIST SUPERSTAR』(1996)
『PERSONAL JESUS』(2004)

■THE MARS VOLTA
<REVIEW>
『DE-LOUSED IN THE COMATORIUM』(2003)
『FRANCES THE MUTE』(2005)

■MARVELOUS 3
<REVIEW>
『READY SEX GO』(2000)

■MASSIVE ATTACK
<REVIEW>
『100TH WINDOW』(2003)

■MASTODON
<REVIEW>
『BLOOD MOUNTAIN』(2006)
『EMPEROR OF SAND』(2017)

■MATTHEW SWEET
<COLUMN>
マシュー・スウィートのavex盤2作

■MD.45
<REVIEW>
『THE CRAVING』(1996)

■MEGADETH
<REVIEW>
『KILLING IS MY BUSINESS... AND BUSINESS IS GOOD!』(1985)
『PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING?』(1986)
『SO FAR, SO GOOD... SO WHAT!』(1988)
『RUST IN PEACE』(1990)
『COUNTDOWN TO EXTINCTION』(1992)
『YOUTHANASIA』(1994)
『HIDDEN TREATURES』(1995)
『THE CRAVING』(1996 / as MD.45)
『CRYPTIC WRITINGS』(1997)
『RISK』(1999)
『CAPITOL PUNISHMENT: THE MEGADETH YEARS』(2000)
『THE WORLD NEED A HERO』(2001)
『THE SYSTEM HAS FAILED』(2004)
『UNITED ABOMINATIONS』(2007)
『ENDGAME』(2009)
『THIRTEEN』(2011)
『SUPER COLLIDER』(2013)
『DYSTOPIA』(2016)

■METAL CHURCH
<REVIEW>
『XI』(2016)
<COLUMN>
元METAL CHURCHのデヴィッド・ウェイン、死去。

■METALLICA
<REVIEW>
『KILL'EM ALL』(1983)
『RIDE THE LIGHTNING』(1984)
『MASTER OF PUPPETS』(1986)
『THE $5.98 E.P.- GARAGE DAYS RE-REVISITED』(1987)
『...AND JUSTICE FOR ALL』(1988)
『METALLICA』(1991)
『LOAD』(1996)
『RELOAD』(1997)
『GARAGE INC.』(1998)
『S&M』(1999)
『ST.ANGER』(2003)
『ST.ANGER (EP)』(2003)
『DEATH MAGNETIC』(2008)
『LULU』(2011 / LOU REED & METALLICA名義)
『BEYOND MAGNETIC』(2012)
『METALLICA: THROUGH THE NEVER』(2013)
『HARDWIRED...TO SELF-DESTRUCT』(2016)
<REPORT>
2003年11月7日@国立代々木競技場第一体育館

■MICHAEL JACKSON
<REVIEW>
『HISTORY : PAST, PRESENT AND FUTURE BOOK 1』(1995)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第15回:「Beat It」

■MICHAEL MONROE
<REVIEW>
『NOT FAKIN' IT』(1989)
『JERUSALEM SLIM』(1992 / as JERUSALEM SLIM)
『DEMOLITION 23.』(1994 / as DEMOLITION 23.)
『ANOTHER NIGHT IN THE SUN: LIVE IN HELSINKI』(2010)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第58回:「Dead, Jail Or Rock'n'Roll」

■MICHAEL SWEET
<REVIEW>
『ONE SIDED WAR』(2016)

■Midnight Bankrobbers
<REVIEW>
『冬のピノキオ』(2006)

■mihimaru GT
<REVIEW>
『mihimagic』(2006)

■MINISTRY
<REVIEW>
『RIO GRANDE BLOOD』(2006)

■THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
<REVIEW>
『chicken zombies』(1997)
『GEAR BLUES』(1998)
『TMGE 106』(2000)
『LIVE IN TOKYO : CASANOVA SAID "LIVE OR DIE"』(2000)
『太陽をつかんでしまった』(2002)
『SABRINA HEAVEN』(2003)
『SABRINA NO HEAVEN』(2003)
『Girl Friend』(2003)
『エレクトリック・サーカス』(2003)
<REPORT>
2003年10月11日@幕張メッセ
<COLUMN>
涙がこぼれそう(追悼、アベフトシ)

■MO'SOME TONEBENDER
<REVIEW>
『TRIGGER HAPPY』(2003)
『Rockin' Luuula』(2005)
『SUPER NICE』(2007)
『C.O.W. (CHECK OUT WORLD)』(2007)
<REPORT>
2005年12月11日@新木場STUDIO COAST(「Pixies Tribute "Alive"」)

■THE MODS
<COLUMN>
TWO PUNKS

■MOGWAI
<REVIEW>
『HAPPY SONGS FOR HAPPY PEOPLE』(2003)

■MONDO GENERATOR
<REVIEW>
『DRUG PROBLEM THAT NEVER EXISTED』(2003)

■THE MONKEES
<REVIEW>
『GOOD TIMES!』(2016)

■THE MOONEY SUZUKI
<REVIEW>
『ELECTRIC SWEAT』(2002)

■MOTLEY CRUE
<REVIEW>
『THEATRE OF PAIN』(1985)
『GIRLS, GIRLS, GIRLS』(1987)
『DR.FEELGOOD』(1989)
『MOTLEY CRUE』(1994)
『GENERATION SWINE』(1997)
『NEW TATTOO』(2000)
『RED, WHITE & CRUE』(2005)
『CARNIVAL OF SINS : LIVE』(2006)
『SAINTS OF LOS ANGELES』(2008)
<REPORT>
2005年11月20日@さいたまスーパーアリーナ
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第23回:「Home Sweet Home」
一応、来年アルバム出してツアーを行うそうですが‥‥
MOTLEY CRUE復活!
モトリーの新規ベスト盤、日本盤化へ
Kickstart My Heart!
Kickstart My Heart! (2)
Kickstart My Heart! (3)
Kickstart My Heart! (4)
Kickstart My Heart! (5)
Kickstart My Heart! (6)
9/18にDJイベント「Motley Crue Night」やります!
「Motley Crue Night」セットリスト
Motley Crueの私的ベスト10

■MOTT THE HOOPLE
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第57回:「All The Way To Memphis」

■MOTORHEAD
<REVIEW>
『BAD MAGIC』(2015)
<COLUMN>
Motörheadの私的ベスト10

■MOUSE ON MARS
<REVIEW>
『IDIOLOGY』(2001)

■MR. BIG
<REVIEW>
『MR. BIG』(1989)

■Mr. Children
<REVIEW>
『Everything』(1992)
『BOLERO』(1997)
『DISCOVERY』(1999)
『1/42』(1999)
『NOT FOUND』(2000)
『Q』(2000)
『優しい歌』(2001)
『youthful days』(2001)
『君が好き』(2002)
『IT'S A WONDERFUL WORLD』(2002)
『Any』(2002)
『HERO』(2002)
『タガタメ』(2003)
『掌 / くるみ』(2003)
『シフクノオト』(2004)
『四次元 Four Dimensions』(2005)
『I♥U』(2005)
『HOME』(2007)
<REPORT>
1999年5月5日@国立代々木競技場第一体育館
2001年2月3日@さいたまスーパーアリーナ
2001年8月25日@千葉マリンスタジアム
2005年11月27日@東京ドーム

■MR. MISTER
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第27回:「Broken Wings」

■MUCC
<REVIEW>
『6』(2006)
<REPORT>
2006年10月15日@幕張メッセ(「LOUD PARK 06」)
2009年12月19日@東京ドーム

■MUSE
<REVIEW>
『ORIGIN OF SYMMETRY』(2001)
『ABSOLUTION』(2003)
『BLACK HOLES AND REVELATIONS』(2006)
『DRONES』(2015)

■MUTATION
<REVIEW>
『MUTATION I - THE FRANKENSTEIN EFFECT』(2013)
『MUTATION II - ERROR 500』(2013)
『MUTATION III - DARK BLACK』(2017)

■MY CHEMICAL ROMANCE
<REVIEW>
『THREE CHEERS FOR SWEET REVENGE』(2004)


【N】

■NAPALM DEATH
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第54回:「Scum」

■NASHVILLE PUSSY
<REVIEW>
『LET THEM EAT PUSSY』(1998)

■NELLY
<COLUMN>
めざましテレビで

■NELSON
<REVIEW>
『AFTER THE RAIN』(1990)

■NEW ORDER
<REVIEW>
『WAITING FOR THE SIRENS' CALL』(2005)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第46回:「True Faith」
気になる洋楽ニュースを
NEW ORDER、FRFに出演決定!

■NICKELBACK
<REVIEW>
『NO FIXED ADDRESS』(2014)

■NIGHT RANGER
<REVIEW>
『SOMEWHERE IN CALIFORNIA』(2011)
『DON'T LET UP』(2017)

■NINE INCH NAILS
<REVIEW>
『LIVE : AND ALL THAT COULD HAVE BEEN』(2002)
『WITH TEETH』(2005)
<REPORT>
2009年8月7日@SUMMER SONIC 09
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第70回:「Head Like A Hole」
トレント・レズナー、動く。
フェス破産の年になる予感。
辛抱たまりません。
Mac使いのNINファンに朗報。

■NIRVANA
<REVIEW>
『INCESTICIDE』(1992)
『MTV UNPLUGGED IN NEW YORK』(1994)
『FROM THE MUDDY BANKS OF THE WISHKAH』(1996)
『WITH THE LIGHTS OUT』(2004)
『ALL APOLOGIES』(2006 / V.A.)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第84回:「Where Did You Sleep Last Night」
ボーナスシーズンにボックスセット


【O】

■O.P.KING
<REVIEW>
『O.P.KING』(2003)

■OASIS
<REVIEW>
『THE HINDU TIMES (EP)』(2002)
<REPORT>
2000年3月5日@横浜アリーナ

■OBLIVION DUST
<REVIEW>
『REBORN』(1999)
<REPORT>
1999年11月12日@赤坂BLITZ

■OCEANLANE
<REVIEW>
『Castle In The Air』(2007)
<REPORT>
2007年10月28日@SHIBUYA-AX

■OPETH
<REVIEW>
『GHOST REVERIES』(2005)
『PALE COMMUNION』(2014)

■ORANGE RANGE
<REVIEW>
『ИATURAL』(2005)

■THE ORDINARY BOYS
<REVIEW>
『WEEK IN WEEK OUT』(2004)
『OVER THE COUNTER CULTURE』(2004)

■ORIGINAL LOVE
<REVIEW>
『踊る太陽』(2003)

■OUTRAGE
<REVIEW>
『LIFE UNTIL DEAF』(1995)

■OVERKILL
<REVIEW>
『THE GRINDING WHEEL』(2017)

■OZZY OSBOURNE
<REVIEW>
『THE ULTIMATE SIN』(1986)
『TRIBUTE』(1987)
『NO REST FOR THE WICKED』(1988)
『OZZMOSIS』(1995)
『THE OZZMAN COMETH』(1997)
『DOWN TO EARTH』(2001)
『SCREAM』(2010)


【P】

■PANIC! AT THE DISCO
<REVIEW>
『A FEVER YOU CAN'T SWEAT OUT』(2005)

■PANTERA
<REVIEW>
『VULGAR DISPLAY OF POWER』(1992)
『FAR BEYOND DRIVEN』(1994)
『THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL』(1996)
『THE BEST OF PANTERA : FAR BEYOND THE GREAT SOUTHERN COWBOYS' VULGAR HITS!』(2003)
『THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL』20TH ANNIVERSARY EDITION(2016)
<COLUMN>
何故よりによって12・8なんだ‥‥
May Rest In Peace, Darrell.
「元PANTERA」ではなく、「DAMAGEPLAN」のダレルについて。
ダレルの死、その後。
フィル・アンセルモ、沈黙を破る。
ダイムバッグ・ダレル追悼イベント、あれこれ。

■PARADISE LOST
<REVIEW>
『HOST』(1999)

■PAUL McCARTNEY
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第98回:「Maybe I'm Amazed」
ポール・マッカートニーの私的ベスト10(ソロ/Wings編)

■PEALOUT
<REVIEW>
『原始進化』(2000)

■PEARL JAM
<REVIEW>
『TEN』(1991)
『VITALOGY』(1994)
『PEARL JAM』(2006)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第86回:「Spin The Black Circle」

■PENPALS
<REVIEW>
『AMERICAMAN』(1998)
『RIGHT NOW』(1999)

■Perfume
<REVIEW>
『ポリリズム』(2007)

■PET SHOP BOYS
<REVIEW>
『FUNDAMENTAL』(2006)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第45回:「It's A Sin」

■PHANTOM PLANET
<REVIEW>
『PHANTOM PLANET』(2004)

■the pillows
<REVIEW>
『Thank you, my twilight』(2002)
『O.P.KING』(2003 / as O.P.KING)
『TERMINAL HEAVEN'S ROCK』(2003)
『PENALTY LIFE』(2003)
『Hunting!!!!』(2005 / as THE PREDATORS)
<COLUMN>
調べれば調べる程凹むよなこの結果には

■PIXIES
<REPORT>
2005年12月11日@新木場STUDIO COAST

■THE PLAYMATES
<REVIEW>
『LISTEN!』(2003)

■POISON
<REVIEW>
『LOOK WHAT THE CAT DRAGGED IN』(1986)
『OPEN UP AND SAY...AHH!』(1988)
『FLESH & BLOOD』(1990)
『POISON'S GREATEST HITS 1986-1996』(1996)

■Polaris
<REPORT>
2004年8月7日@NHKライブビート

■THE POLICE
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第12回「Synchronicity I」

■THE POLYPHONIC SPREE
<REVIEW>
『THE BEGINNING STAGES OF...』(2002)

■THE POWER STATION
<REVIEW>
『THE POWER STATION』(1985)

■THE PREDATORS
<REVIEW>
『Hunting!!!!』(2005)

■PRETTY BOY FLOYD
<REVIEW>
『LEATHER BOYZ WITH ELECTRIC TOYZ』(1989)

■PRETTY MAIDS
<REVIEW>
『SIN-DECADE』(1992)

■PRIDE & GLORY
<REVIEW>
『PRIDE & GLORY』(1994)

■PRIMAL SCREAM
<REVIEW>
『EVIL HEAT』(2002)
『DIRTY HITS』(2003)

■PRIMUS
<REVIEW>
『SUCK ON THIS』(1990)

■PRINCE
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第19回:「1999」
とみぃ洋楽100番勝負 第40回:「Sign 'O' The Times」
うわーっ、こんなの出るんだ!
R.I.P. Prince

■THE PRIVATES
<REVIEW>
『真夜中の太陽 (THE SUN OF THE MIDNIGHT)』(2006)

■PROBOT
<REVIEW>
『PROBOT』(2004)

■PUFFY
<REVIEW>
『Splurge』(2006)
『honeycreeper』(2007)


【Q】

■THE QEMISTS
<REVIEW>
『WARRIOR SOUND』(2016)
『WARRIOR SOUNDSYSTEM』(2016)

■QUEEN
<REVIEW>
『A NIGHT AT THE OPERA』(1975)
『THE WORKS』(1984)
『A KIND OF MAGIC』(1986)
『INNUENDO』(1991)
『LIVE AT WEMBLEY '86』(1992)
『FIVE LIVE』(1993 / as GEORGE MICHAEL and QUEEN with LISA STANSFIELD)
『MADE IN HEAVEN』(1995)
『ON FIRE : LIVE AT THE BOWL』(2004)
『RETURN OF THE CHAMPIONS』(2005 / as QUEEN + PAUL RODGERS)
『KILLER QUEEN -A TRIBUTE TO QUEEN-』(2005 / V.A.)
<REPORT>
2005年10月30日@横浜アリーナ(QUEEN + PAUL RODGERS)
<COLUMN>
QUEENと僕
Queenの私的ベスト10

■QUEENSRYCHE
<REVIEW>
『OPERATION: MINDCRIME』(1988)

■QUIET RIOT
<REVIEW>
『METAL HEALTH』(1983)
『QR III』(1986)
『QR』(1988)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第7回「Cum On Feel The Noize」


【R】

■R.E.M.
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第22回:「Fall On Me」
R.E.M.、3月に来日確定
来日してくれます‥‥よね?(汗)
みんなインフルエンザには気をつけような。

■THE RACONTEURS
<REVIEW>
『BROKEN BOY SOLDIERS』(2006)

■RADIOHEAD
<REVIEW>
『PABLO HONEY』(1993)
『MY IRON LUNG EP』(1994)
『THE BENDS』(1995)
『OK COMPUTER』(1997)
『KID A』(2000)
『EXIT MUSIC : SONGS WITH RADIO HEADS』(2006 / V.A.)
『A MOON SHAPED POOL』(2016)
<REPORT>
1998年1月17日@赤坂BLITZ
2004年4月18日@幕張メッセ展示ホール9~11
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第88回:「Creep」

■RADWIMPS
<REPORT>
2007年8月30日@横浜アリーナ

■RAGE AGAINST THE MACHINE
<REVIEW>
『LIVE AT THE GRAND OLYMPIC AUDITORIUM』(2003)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第93回:「Bulls On Parade」

■RAINBOW
<REVIEW>
『STRANGER IN US ALL』(1995)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第36回:「Kill The King」

■RAMMSTEIN
<REVIEW>
『REISE, REISE』(2005)

■RAMONES
<COLUMN>
Gabba Gabba Hey!

■RAMRIDER
<REVIEW>
『MUSIC』(2004)

■THE RAPTURE
<REVIEW>
『ECHOES』(2003)

■RAREDRUG
<REVIEW>
『11 Slide 27 Makes?』(2005)

■THE RASMUS
<REVIEW>
『DEAD LETTERS』(2004)

■RATT
<REVIEW>
『RATT & ROLL 81-91』(1991)
『INFESTATION』(2010)
<COLUMN>
2005年にRATTって言われてもねぇ?

■RCサクセション
<REVIEW>
『Baby a Go Go』(1990)

■RED DRAGON CARTEL
<REVIEW>
『RED DRAGON CARTEL』(2013)

■RED HOT CHILI PEPPERS
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第59回:「Stone Cold Bush」

■RED WARRIORS
<REVIEW>
『CASINO DRIVE』(1987)
<REPORT>
2007年10月20日@Zepp Tokyo

■REEF
<REVIEW>
『GETAWAY』(2000)
『TOGETHER, THE BEST OF...』(2002)

■RIDE
<REVIEW>
『CARNIVAL OF LIGHT』(1994)
『WAVES』(2003)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第63回:「Like A Daydream」
Rideの私的ベスト10

■RIOT
<REVIEW>
『THUNDERSTEEL』(1988)

■RIP SLYME
<REVIEW>
『TOKYO CLASSIC』(2002)

■RIVAL SONS
<REVIEW>
『GREAT WESTERN VALKYRIES』(2014)

■RIZE
<REVIEW>
『ROOKEY』(2000)

■ROB ZOMBIE
<REVIEW>
『EDUCATED HORSES』(2006)
<COLUMN>
ジョン・5、ROB ZOMBIEに加入

■ROCKBOTTOM
<REVIEW>
『THROW AWAY』(2003)
<REPORT>
2002年5月18日@下北沢SHELTER

■ROLLING STONES
<REVIEW>
『FLASHPOINT』(1991)
『A BIGGER BANG』(2005)
『BLUE & LONESOME』(2016)
<REPORT>
2006年3月22日@東京ドーム
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第50回:「Paint It, Black」
いくら『新作』が出ないからって‥‥
ROLLING STONES、夏にツアー&新作!
iTunes Music Store、本日待望の日本上陸。

■ROMANS
<REVIEW>
『SEXY NIGHT~忘れられない彼~』(2003)

■RON RON CLOU
<REVIEW>
『SECOND RUNNER』(2003)

■ROOSTER
<REVIEW>
『ROOSTER』(2005)
『CIRCLES AND SATELLITES』(2006)

■ROSSO
<REVIEW>
『BIRD』(2002)
『1000のタンバリン/OUTSIDER』(2004)

■ROVO
<REVIEW>
『FLAGE』(2002)

■RUN DMC
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第30回:「Walk This Way」

■RUSH
<REVIEW>
『VAPOR TRAILS』(2002)
<COLUMN>
Vital Signs


【S】

■SADS
<REVIEW>
『THE ROSE GOD GAVE ME』(2001)

■SALEMS LOTT
<REVIEW>
『SALEMS LOTT』(2015)

■SCORPIONS
<REVIEW>
『LOVE AT FIRST STING』(1984)
『FACE THE HEAT』(1993)

■SCOUR
<REVIEW>
『SCOUR』(2016)

■SCREAMING SOUL HILL
<REVIEW>
『REVIVE』(2005)
<COLUMN>
S2Hが帰って来るよ!

■SEBASTIAN BACH
<REVIEW>
『GIVE 'EM HELL』(2014)

■SECRET MACHINES
<REVIEW>
『NOW HERE IS NOWHERE』(2004)

■SELFISH CUNT
<REVIEW>
『NO WICKED HEART SHALL PROSPER』(2004)

■SEPULTURA
<REVIEW>
『ROOTS』(1996)

■SERJ TANKIAN
<REVIEW>
『ELECT THE DEAD』(2007)

■SEVENDUST
<REVIEW>
『HOME』(1999)

■SEX PISTOLS
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第25回:「God Save The Queen」

■SHADOWS FALL
<COLUMN>
えーっ、今週のビルボード、GREEN DAYがアルバムチャート1位取っちゃってるよ。「DOOKIE」でさえ2位止まりだったのに!

■SHINEDOWN
<REVIEW>
『LEAVE A WHISPER』(2004)

■SiLVER GiNGER 5
<REVIEW>
『BLACK LEATHER MOJO』(2000)
<REPORT>
2000年10月15日@赤坂BLITZ

■SILVERTIDE
<REVIEW>
『SHOW AND TELL』(2004)

■SIMPLE MINDS
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第16回:「Alive And Kicking」

■SIXX: A.M.
<REVIEW>
『THE HEROIN DIARIES SOUNDTRACK』(2007)
『MODERN VINTAGE』(2014)

■SKE48
<REPORT>
2010年1月30日@SUNSHINE SAKAE(チームS)
2010年1月31日@SUNSHINE SAKAE(チームKII)

■SKID ROW
<REVIEW>
『SKID ROW』(1989)
『SLAVE TO THE GRIND』(1991)
『SUBHUMAN RACE』(1995)

■SKUNK ANANSIE
<REVIEW>
『POST ORGASMIC CHILL』(1999)

■SLAUGHTER
<REVIEW>
『STICK IT TO YA』(1990)

■SLAYER
<REVIEW>
『SEASONS IN THE ABYSS』(1990)
『GOD HATES US ALL』(2001)
『CHRIST ILLUSION』(2006)
<REPORT>
2006年10月15日@幕張メッセ(LOUD PARK 06)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第39回:「Angel Of Death」
是非これを機にSLAYERも聴いてみて!

■SLIPKNOT
<REVIEW>
『IOWA』(2001)
『VOL.3 : (THE SUBLIMINAL VERSES)』(2004)
<REPORT>
2002年3月23日@東京ベイN.K.ホール
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第94回:「Eyeless」

■SMASHING PUMPKINS
<REVIEW>
『GISH』(1991)
<REPORT>
2000年7月2日@東京国際フォーラム ホールA
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第87回:「Tonight, Tonight」

■THE SMITHS
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第34回:「The Queen Is Dead」

■smorgas
<REVIEW>
『smorgas choosen from '99-'06』(2006)

■SNAKE HIP SHAKES
<REVIEW>
『NO DOUBT : ZIGGY SONGS played by SNAKE HIP SHAKES』(2000)
『NEVER SAY DIE』(2001)
<REPORT>
2002年3月9日@市川CLUB GIO

■SNOW PATROL
<REVIEW>
『FINAL STRAW』(2003)

■SOFT BALLET
<REVIEW>
『EARTH BORN』(1989)
『SYMBIONT』(2002)

■SOILWORK
<REVIEW>
『STABBING THE DRAMA』(2005)
『SWORN TO A GREAT DIVIDE』(2007)

■ソウル・フラワー・ユニオン
<REVIEW>
『カムイ・イピリマ』(1993)
『asyl ching-dong』(1996)
『HIGH TIDE & MOONLIGHT BASH』(1999)
『SCREWBALL COMEDY』(2001)
『GHOST HITS 00-06』(2006)
<REPORT>
2001年6月9日@日比谷野外音楽堂(「SATURDAY NIGHT R&R SHOW 2001 "We Are The BRAIN POLICE"」)
2001年9月28日@新宿リキッドルーム
2006年6月11日@新宿LOFT
<COLUMN>
SFU、7月に新作リリース

■SOUNDGARDEN
<REVIEW>
『BADMOTORFINGER』(1991)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第71回:「Jesus Christ Pose」
SOUNDGARDEN再結成に寄せて

■SOUTH
<REVIEW>
『WITH THE TIDES』(2003)

■Spaghetti Vabune!
<REVIEW>
『GUITAR POP GRAND PRIX』(2006)
<REPORT>
2005年5月15日@Shibuya O-nest
<COLUMN>
Spaghetti Vabune!、WEB先行シングル「prime plumstar」を限定リリース

■Sparta Locals
<COLUMN>
Sparta Locals解散

■SPOON
<REVIEW>
『GA GA GA GA GA』(2007)

■SR-71
<REVIEW>
『HERE WE GO AGAIN』(2004)

■THE STALIN
<REVIEW>
『STOP JAP』(1982)
<COLUMN>
店頭で目にするまで安心できません。

■STATIC-X
<REVIEW>
『WISCONSIN DEATH TRIP』(1999)

■STEEL PANTHER
<COLUMN>
STEEL PANTHERがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

■STEPHEN PEARCY
<REVIEW>
『SMASH』(2017)

■STEVEN TYLER
<REVIEW>
『WE'RE ALL SOMEBODY FROM SOMEWHERE』(2016)
<REPORT>
2017年4月11日@日本武道館

■THE STILLS
<REVIEW>
『LOGIC WILL BREAK YOUR HEART』(2004)

■STING
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第13回「Russians」

■STONE SOUR
<REVIEW>
『COME WHAT(EVER) MAY』(2006)

■STONE TEMPLE PILOTS
<REVIEW>
『CORE』(1992)
『HIGH RISE』(2013 / with CHESTER BENNINGTON)

■THE STOOGES
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第99回:「Search And Destroy」

■THE STROKES
<REVIEW>
『IS THIS IT』(2001)
『ROOM ON FIRE』(2003)

■THE STRUTS
<REVIEW>
『EVERYBODY WANTS』(2016)

■STRYPER
<REVIEW>
『ONLY TO RISE』(2015 / as SWEET & LYNCH)
『FALLEN』(2015)
『ONE SIDED WAR』(2016 / as MICHAEL SWEET)

■STYX
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第2回「Mr.Roboto」

■SUEDE
<REVIEW>
『A NEW MORNING』(2002)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第83回:「So Young」

■SUICIDAL TENDENCIES
<REVIEW>
『WORLD GONE MAD』(2016)

■SUPER FURRY ANIMALS
<REVIEW>
『HEY VENUS!』(2007)
<REPORT>
2007年11月9日@LIQUIDROOM ebisu

■SUPER$HiT 666
<REVIEW>
『SUPER$HiT 666』(2000)

■SWEET & LYNCH
<REVIEW>
『ONLY TO RISE』(2015)

■SYSTEM OF A DOWN
<REVIEW>
『SYSTEM OF A DOWN』(1998)
『TOXICITY』(2001)
『MEZMERIZE』(2005)


【T】

■t.A.T.u.
<REVIEW>
『200KM/H IN THE WRONG LANE』(2002)

■TEARS FOR FEARS
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第9回「Shout」

■TEENAGE FANCLUB
<REVIEW>
『A CATHOLIC EDUCATION』(1990)
『BANDWAGONESQUE』(1991)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第74回:「The Concept」
「HOWDY!」から4年半ですか!

■TERRORIZER
<REVIEW>
『WORLD DOWNFALL』(1989)

■TESLA
<REVIEW>
『THE GREAT RADIO CONTROVERSY』(1989)
『PSYCHOTIC SUPPER』(1991)

■TESTAMENT
<REVIEW>
『BROTHERHOOD OF THE SNAKE』(2016)

■THERAPY?
<REVIEW>
『CAUCASIAN PSYCHOSIS』(1992)
『DISQUIET』(2015)

■THIN LIZZY
<REVIEW>
『BBC RADIO ONE LIVE IN CONCERT』(1992)

■THIRTEEN SENSES
<REVIEW>
『THE INVITATION』(2005)

■THUNDER
<REVIEW>
『BACKSTREET SYMPHONY』(1990)
『BACKSTREET SYMPHONY (US Re-RELEASED EDITION)』(1991)
『LAUGHING ON JUDGEMENT DAY』(1992)
『BEHIND CLOSED DOORS』(1995)
『THEIR FINEST HOUR (AND A BIT)』(1995)
『THE THRILL OF IT ALL』(1997)
『LIVE』(1998)
『GIVING THE GAME AWAY』(1999)
『BACK FOR THE CRACK (EP)』(2002)
『WONDER DAYS』(2015)
『RIP IT UP』(2017)
<REPORT>
2000年3月12日@クラブチッタ川崎
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第79回:「She's So Fine」

■TIN MACHINE
<REVIEW>
『TIN MACHINE』(1989)

■TINTED WINDOWS
<REPORT>
2010年1月15日@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

■TNT
<REVIEW>
『TELL NO TALES』(1987)

■TODOS TUS MUERTOS
<REVIEW>
『EL CAMINO REAL』(1998)

■TOKYO DRAGONS
<REVIEW>
『GIVE ME THE FEAR』(2005)

■TOKYO MOTOR FIST
<REVIEW>
『TOKYO MOTOR FIST』(2017)

■TOMMY LEE
<REVIEW>
『TOMMYLAND : THE RIDE』(2005)

■TONY MAcALPINE
<COLUMN>
G3、今年は日本でも!

■TOOL
<REVIEW>
『AENIMA』(1996)
『LATERALUS』(2001)

■TOWERS OF LONDON
<REVIEW>
『ON A NOOSE EP』(2005)

■TRAENING
<REVIEW>
『BETTER THAN THIS』(2003)

■TRICERATOPS
<REVIEW>
『LICK & ROCKS』(2004)

■TRIVIUM
<REVIEW>
『ASCENDANCY』(2005)
『THE CRUSADE』(2006)

■TWISTED SISTER
<REVIEW>
『STAY HUNGRY』(1984)

■TWO DOOR CINEMA CLUB
<REVIEW>
『GAMESHOW』(2016)


【U】

■U2
<REVIEW>
『WAR』(1983)
『POP』(1997)
『THE BEST OF 1990-2000』(2002)
『VERTIGO (EP)』(2004)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第14回「Pride (In The Name Of Love)」
とみぃ洋楽100番勝負 第35回:「Bullet The Blue Sky」
とみぃ洋楽100番勝負 第76回:「One」

■UNDERWORLD
<REVIEW>
『SECOND TOUGHEST IN THE INFANTS』(1996)
『BEAUCOUP FISH』(1999)
『LIVE ; EVERYTHING, EVERYTHING』(2000)
『A HUNDRED DAYS OFF』(2002)
<REPORT>
2005年11月25日@electraglide 2005
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第91回:「Born Slippy」

■UNEARTH
<REVIEW>
『III : IN THE EYES OF FIRE』(2006)


【V】

■VADER
<REVIEW>
『THE ART OF WAR』(2005)

■VAN HALEN
<REVIEW>
『1984』(1984)
『5150』(1986)
『OU812』(1988)
『FOR UNLAWFUL CARNAL KNOWLEDGE』(1991)
『A DIFFERENT KIND OF TRUTH』(2012)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第5回「Oh, Pretty Woman」
とみぃ洋楽100番勝負 第28回:「Dreams」

■VELVET REVOLVER
<REVIEW>
『CONTRABAND』(2004)
『LIBERTAD』(2007)
<COLUMN>
VELVET REVOLVER、「OZZFEST」に出演?

■THE VIBRATORS
<REVIEW>
『PUNK : THE EARLY YEARS』(2006)

■VINCE NEIL
<REVIEW>
『EXPOSED』(1993)

■VINNIE VINCENT INVASION
<REVIEW>
『ALL SYSTEMS GO』(1988)


【W】

■W.A.S.P.
<REVIEW>
『W.A.S.P.』(1984)
『THE CRIMSON IDOL』(1992)

■WARRANT
<REVIEW>
『DIRTY ROTTEN FILTHY STINKING RICH』(1989)

■WEEZER
<REVIEW>
『WEEZER (a/k/a “Blue Album”)』(1994)
『PINKERTON』(1996)
『WEEZER (a/k/a “Green Album”)』(2001)

■WHAM!
<REVIEW>
『MAKE IT BIG』(1984)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第18回:「Freedom」

■WHEATUS
<REVIEW>
『WHEATUS』(2000)

■THE WHITE STRIPES
<REVIEW>
『GET BEHIND ME SATAN』(2005)

■WHITESNAKE
<REVIEW>
『SLIDE IT IN』(1984)
『WHITESNAKE (or“1987”)』(1987)
『STARKERS IN TOKYO』(1997)
『LIVE : IN THE STILL OF THE NIGHT (DVD)』(2006)
『THE PURPLE ALBUM』(2015)
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第37回:「Still Of The Night」

■THE WHO
<COLUMN>
THE WHOの録って出しライヴ盤シリーズ

■THE WiLDHEARTS
<REVIEW>
『MONDO AKIMBO A GO-GO』(1992)
『EARTH VS THE WiLDHEARTS』(1993)
『FISHING FOR LUCKIES』(1994)
『FISHING FOR MORE LUCKIES』(1995)
『P.H.U.Q.』(1995)
『FISHING FOR LUCKIES (East West Version)』(1996)
『ENDLESS, NAMELESS』(1997)
『ANTHEM - THE SINGLE TRACKS』(1998)
『TOKYO SUITS ME』(1999)
『STORMY IN THE NORTH - KARMA IN THE SOUTH (EP)』(2002)
『RIFF AFTER RIFF AFTER MOTHERFUCKING RIFF』(2002)
『SO INTO YOU (EP)』(2003)
『THE WiLDHEARTS MUST BE DESTROYED』(2003)
『COUPLED WITH』(2004)
『THE WiLDHEARTS STRIKE BACK』(2004)
『GEORDIE IN WONDERLAND』(2006)
『THE WiLDHEARTS』(2007)
『NEVER OUTDRUNK, NEVER OUTSUNG: PHUQ LIVE』(2016)
<REPORT>
1998年10月24日@赤坂BLITZ
2002年12月7日@赤坂BLITZ
<COLUMN>
とみぃ洋楽100番勝負 第80回:「Turning America」
とみぃ洋楽100番勝負 第89回:「I Wanna Go Where The People Go」
んなアホな‥‥
このオヤジは‥‥ったく。
THE WiLDHEARTSのライブについて
ジンジャーの告白。そして‥‥

■THE WILLARD
<REPORT>
2007年12月7日@LIQUIDROOM ebisu

■WINGER
<REVIEW>
『WINGER』(1988)
『IN THE HEART OF THE YOUNG』(1990)

■WITCH
<REVIEW>
『WITCH』(2006)

■THE WOMBATS
<REVIEW>
『PROUDLY PRESENT...A GUIDE TO LOVE, LOSS AND DESPERATION』(2007)

■W(ダブルユー)
<REVIEW>
『ロボキッス』(2004)
『2nd W』(2005)
<COLUMN>
思い出せない(ハロプロ雑感)


【Y】

■THE YELLOW MONKEY
<REVIEW>
『JAGUAR HARD PAIN』(1994)
『SO ALIVE』(1999)
『MOTHER OF ALL THE BEST』(2004)
<COLUMN>
重い

■YNGWEI J. MALMSTEEN
<REVIEW>
『ODYSSEY』(1988)


【Z】

■ZIGGY
<REVIEW>
『ZIGGY ~IN WITH THE TIMES~』(1987)
『HOT LIPS』(1988)
『NICE & EASY』(1989)
『それゆけ!R&R BAND REVISITED』(1989)
『KOOL KIZZ』(1990)
『NO DOUBT : ZIGGY SONGS played by SNAKE HIP SHAKES』(2000)
『NEVER SAY DIE』(2001)
『HEAVEN AND HELL』(2002)
『HEAVEN AND HELL II』(2002)
『VICISSITUDES OF FORTUNE』(2004)
『JUST A ROCKIN'NITE』(2005)
『ONE NIGHT STAND -真夏の夜の夢- 2005.07.02 at 日比谷野外音楽堂』(2005)
『NOW AND FOREVER』(2007)
<REPORT>
2002年3月9日@市川CLUB GIO
2002年5月28日@赤坂BLITZ
2004年8月14日@RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO
2004年11月6日@渋谷公会堂
2004年11月7日@渋谷公会堂
2005年3月13日@LIQUIDROOM ebisu
2005年9月24日@横浜BLITZ
<COLUMN>
懲りずにチャートランキング調査、その2
ZIGGYよ、何処へ行く?
森重樹一、今年も大忙し。
「ALL THAT ZIGGY III」リリース決定。

【あ】

■あぁ!
<REVIEW>
『FIRST KISS』(2003)

■浅井健一
<REVIEW>
『Johnny Hell』(2006)

■安倍なつみ
<REVIEW>
「トウモロコシと空と風」(2000)
『母と娘のデュエットソング』(2003)
『22歳の私』(2003)
『ミラクルルン グランプリン!/ピ~ヒャラ小唄』(2003)
『一人ぼっち』(2004)
『だって 生きてかなくちゃ』(2004)
『安倍なつみ〜モーニング娘。卒業メモリアル〜』 (2004 / DVD)
『恋の花』(2005)
『2nd 〜染みわたる想い〜』(2006)
<REPORT>
2004年2月15日@青山劇場(ミュージカル「おかえり」)
2005年11月5日@東京厚生年金会館

■新垣結衣
<REVIEW>
『そら』(2007)

■飯田圭織
<REVIEW>
『オサヴリオ ~愛は待ってくれない~』(2003)
『パラディノメ ~恋に身をゆだねて~』(2003)
『エーゲ海に抱かれて』(2004)
<COLUMN>
最後の夜
飯田様。

■忌野清志郎
<REVIEW>
『KING』(2003)

■宇多田ヒカル
<REVIEW>
『First Love』(1999)
『Distance』(2001)
『DEEP RIVER』(2002)
『COLORS』(2003)
『誰かの願いが叶うころ』(2004)
『EXODUS』(2004 / as UTADA)
『BE MY LAST』(2005)
<REPORT>
2004年2月10日@日本武道館
<COLUMN>
UTADA、US新人チャートで5位
続・UTADA

■ウルフルズ
<REVIEW>
『ええねん』(2003)
『9』(2005)

■エイプリルズ
<REVIEW>
『パン・ダ』(2004)

■エレファントカシマシ
<REVIEW>
『エレファントカシマシ』(1988)
『GOOD MORNING』(2000)
『sweet memory~エレカシ青春セレクション~』(2000)
『友達がいるのさ』(2004)
『町を見下ろす丘』(2006)
『俺たちの明日』(2007)
<REPORT>
2000年12月10日@千葉県文化会館
2001年5月20日@Zepp Tokyo
2001年11月21日@SHIBUYA-AX
2002年5月3日@フジテレビ(「FACTORY」)
2002年5月30日@渋谷公会堂
2003年4月25日@赤坂BLITZ(「BATTLE ON FRIDAY」)

■岡村靖幸
<REVIEW>
『家庭教師』(1990)
『禁じられた生きがい』(1995)
『OH!ベスト』(2001)
『come baby』(2002 / as 岡村靖幸と石野卓球)
『モン・シロ』(2004)
『ビジネス』(2005)
<COLUMN>
ボーナスシーズンにボックスセット

■奥田民生
<REVIEW>
『愛のために』(1994)
『E』(2002)
『O.P.KING』(2003 / as O.P.KING)

■尾崎豊
<REVIEW>
『十七歳の地図』(1983)
『回帰線』(1985)

■小沢健二
<REVIEW>
『犬は吠えるがキャラバンは進む』(1993)


【か】

■片平里菜
<COLUMN>
片平里菜関連記事まとめ

■加藤いづみ
<REVIEW>
『skinny』(1994)

■カントリー娘。
<REVIEW>
『カントリー娘。大全集①』(2001)

■カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)
<REVIEW>
『初めてのハッピーバースディ!』(2001)
『恋人は心の応援団』(2001)
『色っぽい女~SEXY BABY~』(2002)
『BYE BYE 最後の夜』(2002)
『新しい恋の初デート』(2002)
<COLUMN>
最後の『初めてのハッピーバースディ!』

■カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)
<REVIEW>
『浮気なハニーパイ』(2003)
『先輩 ~LOVE AGAIN~』(2003)
『シャイニング 愛しき貴方』(2004)

■カーネーション
<REVIEW>
『LIVING/LOVING』(2003)

■氣志團
<REVIEW>
『1/6 LONELY NIGHT』(2002)

■ギターウルフ
<REVIEW>
『ジェットジェネレーション』(1999)
<COLUMN>
悲報。

■木村カエラ
<REVIEW>
『KAELA』(2004)
<REPORT>
2005年4月3日@SHIBUYA-AX
<COLUMN>
木村カエラ、ライヴ映像ダイジェスト視聴

■キリンジ
<REVIEW>
『Archives SINGLES BEST』(2004)

■銀杏BOYZ
<REVIEW>
『光』(2007)
<REPORT>
2005年11月17日@Shibuya O-EAST(「The Sound of Shimokitazawa〜弾き語りの夕べ〜」)
<COLUMN>
あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す

■クラムボン
<REVIEW>
『imagination』(2003)

■グループ魂
<REVIEW>
『Run魂Run』(2002)

■クレイジーケンバンド
<REVIEW>
『777』(2003)

■ザ・クロマニヨンズ
<REVIEW>
『タリホー』(2006)

■桑田佳祐
<REVIEW>
『孤独の太陽』(1994)

■小泉今日子
<REVIEW>
『厚木I.C.』(2003)

■後藤真希
<REVIEW>
『手を握って歩きたい』(2002)
『マッキングGOLD①』(2003)
『うわさのSEXY GUY』(2003)
『スクランブル』(2003)
『抱いてよ!PLEASE GO ON』(2003)
『原色GAL 派手に行くべ!』(2003)
『②ペイント イット ゴールド』(2004)
『横浜蜃気楼』(2004)
『3rd ステーション』(2005)
『スッピンと涙。』(2005)
『プレミアムベスト①』(2005)
『How to use SEXY』(2007)
<REPORT>
2003年6月7日@東京厚生年金会館(夜公演)
2003年9月6日@市原市市民会館(夜公演)
<COLUMN>
「迷走」こそ後藤真希の美学なり
「ロックなんて普通聴きませんよね?」

■コンタクト
<REVIEW>
『exit songs』(2005)


【さ】

■佐野元春
<REVIEW>
『No Damage』(1983)

■サンボマスター
<REPORT>
2005年4月5日@SHIBUYA-AX

■推定少女
<COLUMN>
推定少女が帰ってくる。

■すかんち
<REPORT>
2006年3月17日@SHIBUYA-AX

■頭脳警察
<REVIEW>
『頭脳警察1』(1972)
『頭脳警察セカンド』(1972)
『1973.10.20.日比谷野音“聖ロック祭”』(2001)
<REPORT>
2001年6月9日@日比谷野外音楽堂

■スーパーカー
<COLUMN>
「スーパーカー解散」について思うこと。

■曽我部恵一
<REVIEW>
『ラブレター』(2005)
<REPORT>
2005年11月17日@Shibuya O-EAST(「The Sound of Shimokitazawa〜弾き語りの夕べ〜」)

■ソニン
<REVIEW>
『ジグソーパズル』(2004)
<REPORT>
2005年2月11日@渋谷eggman


【た】

■玉置成実
<COLUMN>
微妙な立ち位置

■タンポポ
<COLUMN>
最後の夜

■電気グルーヴ
<REVIEW>
『DRAGON』(1994)

■東京スカパラダイスオーケストラ
<REPORT>
2005年1月30日@東京ベイNKホール
2007年12月12日@日本武道館

■堂島孝平
<REVIEW>
『FIRST BEGINNING』(2004)


【な】

■ナンバーガール
<REVIEW>
『NUM-HEAVYMETALLIC』(2002)
<REPORT>
2002年5月3日@フジテレビ(「FACTORY」)
2002年7月5日@水戸ライトハウス

■乃木坂46
<COLUMN>
乃木坂46私的カップリングベスト(1stアルバム「透明な色」リリースに寄せて)

■後浦なつみ
<REVIEW>
『恋愛戦隊シツレンジャー』(2004)


【は】

■ハナレグミ
<REVIEW>
『音タイム』(2002)

■浜崎あゆみ
<REVIEW>
『A BEST』(2001)
<REPORT>
2008年4月5日@国立代々木競技場第一体育館

■ハロー!プロジェクト
<REVIEW>
『TOGETHER -タンポポ・プッチ・ミニ・ゆうこ-』(2001)
『プッチベスト4』(2003)
<REPORT>
2010年1月9日@新宿シアターサンモール(つんく♂THEATER 第8弾「スターはつらいよ」)
<COLUMN>
つまり、こういうこと?/A>
思い出せない(ハロプロ雑感)/A>
今年のクリスマスソング事情
「ラジオでハロプロ話」は今夜24時放送です。
「ラジオでハロプロ話」放送終了
「第4回ハロプロ楽曲大賞2005」とみぃの場合。
この夏、俺の生活を彩った3曲。

■Theピーズ
<REVIEW>
『グレイテストヒッツVOL.1』(1989)
『グレイテストヒッツVOL.2』(1989)
『マスカキザル』(1990)
『クズんなってGO』(1992)
『とどめをハデにくれ』(1993)
『どこへも帰らない』(1996)
『リハビリ中断』(1997)
『ブッチーメリー Theピーズ 1989-1997 SELECTION SIDE A』(2001)
『ブッチーメリー Theピーズ 1989-1997 SELECTION SIDE B』(2001)
『Theピーズ』(2003)
『アンチグライダー』(2004)
<REPORT>
2005年3月12日@さいたまVOGUE
2005年5月29日@SHIBUYA-AX
2005年11月13日@千葉LOOK
2005年12月4日@LIQUIDROOM ebisu

■日暮愛葉
<REVIEW>
『Born Beautiful』(2004)

■氷室京介
<REPORT>
2006年8月5日@味の素スタジアム

■美勇伝
<REVIEW>
『恋のヌケガラ』(2004)
『スイートルームナンバー1』(2005)
<COLUMN>
美勇伝「恋のヌケガラ」を聴く

■フィッシュマンズ
<REPORT>
2005年11月22日@SHIBUYA-AX

■フジファブリック
<COLUMN>
追悼・志村正彦

■藤本美貴
<REVIEW>
『会えない長い日曜日』(2002)
『そっと口づけて ギュッと抱きしめて』(2002)
『ロマンティック 浮かれモード』(2002)
『ボーイフレンド』(2002)
『ブギートレイン'03』(2003)
『MIKI①』(2003)
<REPORT>
2003年2月16日@赤坂BLITZ(昼公演)
2003年4月26日@Zepp Tokyo(昼公演)

■フラワーカンパニーズ
<REVIEW>
『発熱の男』(2003)
『東京タワー』(2003)
<REPORT>
2005年3月12日@さいたまVOGUE

■プッチモニ
<REVIEW>
『ぴったりしたいX'mas!』(2001)

■星井七瀬
<REVIEW>
『ナナナビゲーション』(2006)


【ま】

■マキシマム ザ ホルモン
<REVIEW>
『恋のメガラバ』(2006)

■松浦亜弥
<REVIEW>
『ファーストKISS』(2002)
『♡桃色片想い♡』(2002)
『Yeah!めっちゃホリディ』(2002)
『The 美学』(2002)
『草原の人』(2002)
『T・W・O』(2003)
『ね~え?』(2003)
『GOOD BYE 夏男』(2003)
『THE LAST NIGHT』(2003)
『×3』(2004)
『奇跡の香りダンス。』(2004)
『気がつけば あなた』(2005)
<REPORT>
2002年3月31日@赤坂BLITZ
2002年10月6日@東京厚生年金会館
2003年11月8日@東京厚生年金会館
2004年11月21日@神栖町文化センター
<COLUMN>
松浦亜弥の次のアルバム。

■ミドリ
<REVIEW>
『清水』(2007)

■ミニモニ。
<REVIEW>
『TOGETHER -タンポポ・プッチ・ミニ・ゆうこ-』(2001)
『ミニモニ。ソング大百科1巻』(2002)
『ロックンロール県庁所在地~おぼえちゃいなシリーズ~』(2003)
『CRAZY ABOUT YOU』(2003)
『ミラクルルン グランプリン!/ピ~ヒャラ小唄』(2003)
『ミニモニ。ソングズ2』(2004)

■メロン記念日
<REVIEW>
『甘いあなたの味』(2000)
『告白記念日』(2000)
『電話待っています』(2001)
『This is 運命』(2001)
『さぁ!恋人になろう』(2002)
『夏の夜はデインジャー!』(2002)
『香水』(2002)
『メロン記念日シングルMクリップス①』(2002 / DVD)
『赤いフリージア』(2003)
『1st Anniversary』(2003)
『チャンス of LOVE』(2003)
『MI DA RA 摩天楼』(2003)
『かわいい彼』(2003)
『涙の太陽』(2004)
『シャンパンの恋』(2004)
『THE 二枚目』(2004)
『メロン記念日 コンサートツアー2005 冬「今日もメロン明日もメロン、クリスマスはマスクメロンで!」』(2006 / DVD)
<REPORT>
2002年6月22日@関内ホール
2002年12月9日@赤坂BLITZ
2003年3月19日@市原市市民会館
2003年8月22日@Zepp Sendai
2003年12月14日@渋谷公会堂(昼公演)
2004年12月12日@渋谷公会堂
2006年6月10日@中野サンプラザ
<COLUMN>
あちゃー、やっぱり。

■モーニング娘。
<REVIEW>
『モーニングコーヒー』(1998)
『サマーナイトタウン』(1998)
『ファーストタイム』(1998)
『抱いてHOLD ON ME!』(1998)
『ベスト!モーニング娘。1』(2001)
『ザ☆ピ~ス!』(2001)
『Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~』(2001)
『そうだ!We're ALIVE』(2002)
『4th「いきまっしょい!」』(2002)
『Do it! Now』(2002)
『LOVE IS ALIVE! モーニング娘。CONCERT TOUR 2002春 at さいたまスーパーアリーナ』(2002 / DVD)
『ここにいるぜぇ!』(2002)
『がんばっちゃえ!/ HEY!未来』(2003 / DVD)
『モーニング娘。のひょっこりひょうたん島』(2003)
『No.5』(2003)
『AS FOR ONE DAY』(2003)
『シャボン玉』(2003)
『Go Girl ~恋のヴィクトリー~』(2003)
『愛あらば IT'S ALL RIGHT』(2004)
『浪漫 ~MY DEAR BOY~』(2004)
『女子かしまし物語』(2004)
『涙が止まらない放課後』(2004)
『愛の第6感』(2004)
『大阪 恋の歌』(2005)
『色っぽい じれったい』(2005)
『レインボー7』(2006)
<REPORT>
2005年5月7日@日本武道館(昼公演)
<COLUMN>
最後の夜
ボーナスシーズンにボックスセット
矢口真里、本日付けで緊急脱退。
あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す
モーニング娘。新メンバー決定

■森重樹一
<REVIEW>
『ROCK & ROLL SiNGER』(2004)


【や】

■ゆず
<REVIEW>
『トビラ』(2000)

■ゆらゆら帝国
<REPORT>
2005年4月4日@日比谷野外大音楽堂

■吉井和哉
<REVIEW>
『SWEET CANDY RAIN』(2004)


【ら】

■レミオロメン
<REVIEW>
『雨上がり』(2003)
『電話』(2003)
『HORIZON』(2006)

■ロッカーズ
<REVIEW>
『爆裂都市 (BURST CITY)』オリジナルサウンドトラック盤(1982)
『LIP SERVICE』(1991)
『ロッカーズ』オリジナルサウンドトラック盤(2003)

■ロマンポルシェ。
<REVIEW>
『暴力大将』(2000)


【コンピレーション】

<REVIEW>
『爆裂都市 (BURST CITY)』オリジナルサウンドトラック盤(1982)
『a tribute to JAPAN : Life in Tokyo』(1996)
『hide TRIBUTE : SPIRITS』(1999)
『ロッカーズ』オリジナルサウンドトラック盤(2003)
『ROCK AGAINST BUSH VOL.1』(2004)
『KILLER QUEEN -A TRIBUTE TO QUEEN-』(2005)
『ALL APOLOGIES』(2006)
『EXIT MUSIC : SONGS WITH RADIO HEADS』(2006)
『Guilt By Association Vol. 3』(2011)


【企画記事】

<COLUMN>
ボーナスシーズンにボックスセット
まだまだあるよ、ボックスセット
「一番好きなHR/HMギターソロ」について考える(80年代〜90年代前半編)
個人的に気になるメタル系職業作家15選
祝ご成人(1994年4月〜1995年3月発売の洋楽アルバム20枚)
祝ご成人(1995年4月〜1996年3月発売の洋楽アルバム20枚)
祝ご成人(1996年4月〜1997年3月発売の洋楽アルバム20枚)


【100番勝負】
<REVIEW>
第1回:「Valleri」THE MONKEES(1968)
第2回:「Mr.Roboto」STYX(1983)
第3回:「Back In The Saddle」AEROSMITH(1978)
第4回:「She Loves You」THE BEATLES(1963)
第5回:「Oh, Pretty Woman」VAN HALEN(1982)
第6回:「Photograph」DEF LEPPARD(1983)
第7回:「Cum On Feel The Noize」QUIET RIOT(1983)
第8回:「Save A Prayer」DURAN DURAN(1982)
第9回:「Shout」 TEARS FOR FEARS(1984)
第10回:「A Question Of Lust」DEPECHE MODE(1986)
第11回:「Runaway」BON JOVI(1984)
第12回:「Synchronicity I」THE POLICE(1983)
第13回:「Russians」STING(1985)
第14回:「Pride (In The Name Of Love)」U2(1984)
第15回:「Beat It」MICHAEL JACKSON(1983)
第16回:「Alive And Kicking」SIMPLE MINDS(1985)
第17回:「Bohemian Rhapsody」QUEEN(1975)
第18回:「Freedom」WHAM!(1984)
第19回:「1999」PRINCE(1982)
第20回:「What You Need」INXS(1985)
第21回:「Battery」METALLICA(1986)
第22回:「Fall On Me」R.E.M.(1986)
第23回:「Home Sweet Home」MOTLEY CRUE(1985)
第24回:「Don't You Ever Leave Me」HANOI ROCKS(1984)
第25回:「God Save The Queen」SEX PISTOLS(1977)
第26回:「Rock Me Amadeus」FALCO(1986)
第27回:「Broken Wings」 Mr.MISTER(1986)
第28回:「Dreams」VAN HALEN(1986)
第29回:「Yankee Rose」DAVID LEE ROTH(1986)
第30回:「Walk This Way」RUN D.M.C.(1986)
第31回:「Heat Of The Night」BRYAN ADAMS(1987)
第32回:「When Tomorrow Comes」EURYTHMICS(1986)
第33回:「Whole Lotta Love」LED ZEPPELIN(1969)
第34回:「The Queen Is Dead」THE SMITHS(1986)
第35回:「Bullet The Blue Sky」U2(1987)
第36回:「Kill The King」RAINBOW(1977)
第37回:「Still Of The Night」WHITESNAKE(1987)
第38回:「Mr.Crowley」OZZY OSBOURNE(1987)
第39回:「Angel Of Death」SLAYER(1986)
第40回:「Sign 'O' The Times」PRINCE(1987)
第41回:「Welcome To The Jungle」GUNS N' ROSES(1987)
第42回:「Only In My Dreams」DEBBIE GIBSON(1987)
第43回:「Mony Mony」BILLY IDOL(1987)
第44回:「Why Can I Be You」THE CURE(1987)
第45回:「It's A Sin」PET SHOP BOYS(1987)
第46回:「True Faith」NEW ORDER(1987)
第47回:「Faith」GEORGE MICHEAL(1987)
第48回:「Pump Up The Volume」M/A/R/R/S(1987)
第49回:「Perfect」FAIRGROUND ATTRACTION(1988)
第50回:「Paint It, Black」ROLLING STONES(1966)
第51回:「Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band」THE BEATLES(1967)
第52回:「Can I Play With Madness」IRON MAIDEN(1988)
第53回:「Peace Sells」MEGADETH(1986)
第54回:「Scum」NAPALM DEATH(1987)
第55回:「Detroit Rock City」KISS(1976)
第56回:「DREAM POLICE」CHEAP TRICK(1979)
第57回:「All The Way To Memphis」MOTT THE HOOPLE(1973)
第58回:「Dead, Jail Or Rock'n'Roll」MICHAEL MONROE(1989)
第59回:「Stone Cold Bush」 RED HOT CHILI PEPPERS(1989)
第60回:「Epic」FAITH NO MORE(1989)
第61回:「Stop」JANE'S ADDICTION(1990)
第62回:「We Die Young」ALICE IN CHAINS(1990)
第63回:「Like A Daydream」RIDE(1990)
第64回:「Move Mountains」JESUS JONES(1990)
第65回:「Ashes To Ashes」DAVID BOWIE(1980)
第66回:「Achilles Last Stand」LED ZEPPELIN(1976)
第67回:「Painkiller」JUDAS PRIEST(1990)
第68回:「Keep It In The Family」ANTHRAX(1990)
第69回:「Coma」 GUNS N' ROSES(1991)
第70回:「Head Like A Hole」NINE INCH NAILS(1989)
第71回:「Jesus Christ Pose」SOUNDGARDEN(1991)
第72回:「Mouth For War」PANTERA(1992)
第73回:「Motown Junk」MANIC STREET PREACHERS(1991)
第74回:「The Concept」TEENAGE FANCLUB(1991)
第75回:「3 A.M. Eternal (Live at the S.S.L)」THE KLF(1991)
第76回:「One」U2(1991)
第77回:「The Show Must Go On」QUEEN(1991)
第78回:「In These Arms」BON JOVI(1992)
第79回:「She's So Fine」THUNDER(1990)
第80回:「Turning America」THE WiLDHEARTS(1992)
第81回:「Here Comes The Sun」THE BEATLES(1969)
第82回:「Amazing」AEROSMITH(1993)
第83回:「So Young」SUEDE(1993)
第84回:「Where Did You Sleep Last Night」NIRVANA(1994)
第85回:「Sabotage」BEASTIE BOYS(1994)
第86回:「Spin The Black Circle」PEARL JAM(1994)
第87回:「Tonight, Tonight」THE SMASHING PUMPKINS(1995)
第88回:「Creep」RADIOHEAD(1992)
第89回:「I Wanna Go Where The People Go」THE WiLDHEARTS(1995)
第90回:「Leave Home」THE CHEMICAL BROTHERS(1995)
第91回:「Born Slippy」UNDERWORLD(1996)
第92回:「Govinda」KULA SHAKER(1996)
第93回:「Bulls On Parade」RAGE AGAINST THE MACHINE(1996)
第94回:「Eyeless」SLIPKNOT(1999)
第95回:「My Name Is」EMINEM(1999)
第96回:「21st Century Schizoid Man」KING CRIMSON(1969)
第97回:「Mother」JOHN LENNON(1970)
第98回:「Maybe I'm Amazed」PAUL McCARTNEY(1970)
第99回:「Search And Destroy」IGGY & THE STOOGES(1973)
第100回:「Coma Girl」JOE STRUMMER & THE MESCALEROS(2003)

投稿: 2020 12 31 12:00 午前 [「記事一覧」] | 固定リンク