« 2017年1月のお仕事 | トップページ

2020/12/31

INDEX

(随時更新中)

当ブログにて公開中のレビュー、および1998年12月からスタートした『とみぃの宮殿』に掲載された記事を当ブログにて再公開したレビューのインデックスページになります。現時点で2000近いエントリーがあるため、こちらは時間をかけながら、ゆっくりと完成させていく予定です。

【0〜9】 【A】 【B】 【C】 【D】 【E】 【F】 【G】 【H】 【I】 【J】 【K】 【L】 【M】 【N】 【O】 【P】 【Q】 【R】 【S】 【T】 【U】 【V】 【W】 【X】 【Y】 【Z】 【コンピレーション】 【100番勝負】

【0〜9】

■2 MANY DJ'S
<REVIEW>
『AS HEARD ON RADIO SOULWAX PT.2』(2003)

■22-20s
<REVIEW>
『05/03』(2003)

■3 COLOURS RED
<REVIEW>
『PURE』(1997)

■9mm Parabellum Bullet
<REVIEW>
『Termination』(2007)


【A】

■A PERFECT CIRCLE
<REVIEW>
『Mer de Noms』(2000)

■AC/DC
<REVIEW>
『HIGHWAY TO HELL』(1979)
『STIFF UPPER LIP』(2000)
<REPORT>
2001年2月19日@横浜アリーナ
<COLUMN>
19年振りの来日について語る

■ACCEPT
<REVIEW>
『METAL HEART』(1985)
『OBJECTION OVERRULED』(1993)

■AEROSMITH
<REVIEW>
『AEROSMITH』(1973)
『GET YOUR WINGS』(1974)
『DONE WITH MIRRORS』(1985)
『PERMANENT VACATION』(1987)
『PUMP』(1989)
『GET A GRIP』(1993)
『BIG ONES』(1994)
『NINE LIVES』(1997)
『JADED EP』(2001)
『JUST PUSH PLAY』(2001)
『HONKIN' ON BOBO』(2004)
『ROCKIN' THE JOINT』(2005)
『MUSIC FROM ANOTHER DIMENSION!』(2012)
『WE'RE ALL SOMEBODY FROM SOMEWHERE』(2016 / as STEVEN TYLER)
<REPORT>
2002年2月2日@東京ドーム
2002年2月3日@東京ドーム
<COLUMN>
熱く語りたいお年頃。

■AFI
<REVIEW>
『DECEMBERUNDERGROUND』(2006)

■aiko
<REVIEW>
『蝶々結び』(2003)
<COLUMN>
こんな喜ばしい話は昨年9月以来だ。

■AIR (Japan)
<REVIEW>
『Usual tone of voice』(1998)

■AKB48
<REPORT>
2009年8月4日@シアターGロッソ
2009年8月12日@Zepp Nagoya(チームB)
2009年12月24日@AKB48劇場(チームK)
<COLUMN>
聴くだけで泣ける曲
てもでもの涙

■ALICE IN CHAINS
<REVIEW>
『DIRT』(1992)
『ALICE IN CHAINS』(1995)

■THE ALMIGHTY
<REVIEW>
『CRANK』(1994)

■AMERICAN HEAD CHARGE
<REVIEW>
『THE WAR OF ART』(2001)
<REPORT>
2002年3月23日@東京ベイN.K.ホール

■AMERICAN HI-FI
<REVIEW>
『THE ART OF LOSING』(2003)
『HEARTS ON PARADE』(2004)

■Anaïs
<REVIEW>
『THE CHEAP SHOW』(2006)

■ANDREW W.K.
<REVIEW>
『THE WOLF』(2003)

■ANDY BLACK
<REVIEW>
『THE SHADOW SIDE』(2016)

■ANOHNI
<REVIEW>
『HOPELESSNESS』(2016)

■ANTHEM
<REVIEW>
『HEAVY METAL ANTHEM』(2000)
『IMMORTAL』(2006)
<REPORT>
2007年12月8日@川崎CLUB CITTA'

■ANTHRAX
<REVIEW>
『WE'VE COME FOR YOU ALL』(2003)
<COLUMN>
ANTHRAX、分裂〜再編成の危機!?
最近多いね、20周年ってバンドが。
こんな「やっちゃった感」強いの久し振り。
いろいろ話題浮上中。
とうとうこの日が来た‥‥

■APHEX TWIN
<REVIEW>
『RICHARD D. JAMES ALBUM』(1996)

■ARCTIC MONKEYS
<REVIEW>
『I BET YOU LOOK GOOD ON THE DANCEFLOOR』(2005)

■ART OF FIGHTING
<REVIEW>
『RUNAWAYS』(2007)

■ASH
<REVIEW>
『FREE ALL ANGELS』(2001)
『MELTDOWN』(2004)
<REPORT>
2005年1月17日@SHIBUYA-AX

■ASIAN KUNG-FU GENERATION
<REVIEW>
『崩壊アンプリファー』(2003)

■AT THE DRIVE-IN
<REVIEW>
『RELATIONSHIP OF COMMAND』(2000)

■AUDIOSLAVE
<REVIEW>
『AUDIOSLAVE』(2002)
『OUT OF EXILE』(2005)
『REVELATIONS』(2006)
<COLUMN>
AUDIOSLAVE、5月に新作発表

■AVENGED SEVENFOLD
<REVIEW>
『CITY OF EVIL』(2005)
『AVENGED SEVENFOLD』(2007)
<COLUMN>
神様はまだ天国にミュージシャンを連れていかれるのか

■AVRIL LAVIGNE
<REVIEW>
『LET GO』(2002)


【B】

■BABY CHAOS
<REVIEW>
『LOVE YOUR SELF ABUSE』(1996)
『STEREODREAMSCENE』(2000 / as DECKARD)

■BABYSHAMBLES
<REVIEW>
『DOWN IN ALBION』(2005)

■BACKYARD BABIES
<REVIEW>
『TOTAL 13』(1998)
『MAKING ENEMIES IS GOOD』(2001)
『STOCKHOLM SYNDROME』(2003)
『LIVE LIVE IN PARIS』(2005)
『PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE US』(2006)

■BAD MOON RISING
<REVIEW>
『BAD MOON RISING』(1991)

■BADLANDS
<REVIEW>
『BADLANDS』(1989)

■BAZRA
<REVIEW>
『ひょうろくだま』(2002)

■BE THE WOLF
<REVIEW>
『ROUGE』(2016)

■BEASTIE BOYS
<REVIEW>
『TO THE 5 BOROUGHS』(2004)

■THE BEATLES
<REVIEW>
『LET IT BE』(1970)
『LET IT BE...NAKED』(2003)

■BELLE & SEBASTIAN
<REVIEW>
『DEAR CATASTROPHE WAITRESS』(2003)

■THE BENS
<REVIEW>
『THE BENS EP』(2004)

■BELLE & SEBASTIAN
<REVIEW>
『DEAR CATASTROPHE WAITRESS』(2003)

■BERNARD BUTLER
<REPORT>
2000年2月27日@赤坂BLITZ

■Berryz工房
<REVIEW>
『あなたなしでは生きてゆけない』(2004)
『1st 超ベリーズ』(2004)

■BIFFY CLYRO
<REVIEW>
『ELLIPSIS』(2016)

■Björk
<REVIEW>
『VESPERTINE』(2001)

■BLACK SABBATH
<REVIEW>
『MASTER OF REALITY』(1971)
『REUNION』(1998)
『IOMMI』(2000 / as IOMMI)
『THE ULTIMATE COLLECTION』(2016)

■BLANKEY JET CITY
<REVIEW>
『LOVE FLASH FEVER』(1997)

■BLIND GUARDIAN
<REVIEW>
『TALES FROM THE TWILIGHT WORLD』(1990)

■BLUE MURDER
<REVIEW>
『BLUE MURDER』(1989)

■BLUR
<REVIEW>
『13』(1999)
『THINK TANK』(2003)

■BON IVER
<REVIEW>
『22, A MILLION』(2016)

■BON JOVI
<REVIEW>
『BON JOVI』(1984)
『7800° FAHRENHEIT』(1985)
『SLIPPERY WHEN WET』(1986)
『NEW JERSEY』(1988)
『KEEP THE FAITH』(1992)
『CROSS ROAD』(1994)
『THESE DAYS』(1995)
『LIVE FROM LONDON』(1995)
『CRUSH』(2000)
『TOKYO ROAD』(2001)
『ONE WILD NIGHT - LIVE 1985-2000』(2001)
『BOUNCE』(2002)
『HAVE A NICE DAY』(2005)
『THIS HOUSE IS NOT FOR SALE』(2016)
<REPORT>
2000年7月13日@東京ドーム

■bonobos
<REVIEW>
『あ、うん』(2006)

■THE BOOM
<REVIEW>
『手紙』(1995)
『百景』(2004)

■THE BOXER REBELLION
<REPORT>
2010年1月20日@代官山UNIT

■BOØWY
<REVIEW>
『BEAT EMOTION』(1986)
『LAST GIGS』(2001/完全版:2008)

■BRIAN MAY
<REVIEW>
『BACK TO THE LIGHT』(1992)

■BRIDES OF DESTRUCTION
<REVIEW>
『HERE COMES THE BRIDES』(2003)
<COLUMN>
BRIDES OF DESTRUCTIONの新曲4曲がフル試聴可能に

■BRING ME THE HORIZON
<REVIEW>
『THAT'S THE SPIRIT』(2015)

■BRUTAL TRUTH
<REVIEW>
2009年12月15日@Shibuya O-EAST

■BRYAN ADAMS
<REVIEW>
『INTO THE FIRE』(1987)
『WAKING UP THE NEIGHBOURS』(1991)
<COLUMN>
時代錯誤も甚だしいけど‥‥

■BUCK-TICK
<REVIEW>
『殺シノ調ベ -This is NOT Greatest Hits-』(1992)
『Mona Lisa OVERDRIVE』(2003)
<REPORT>
2005年1月23日@SHIBUYA-AX(『NIIGATA AID』)

■BUCKCHERRY
<REVIEW>
『BUCKCHERRY』(1999)
『YOU MADE ME』(2004 / as JOSH TODD)
『15』(2005)
<COLUMN>
BUCKCHERRY再結成、そして来日へ(雑感)

■BULLET FOR MY VALENTINE
<REVIEW>
『BULLET FOR MY VALENTINE』(2005)
『THE POISON』(2005)

■BULLETBOYS
<REVIEW>
『BULLETBOYS』(1988)

■BULLETS AND OCTANE
<REVIEW>
『IN THE MOUTH OF THE YOUNG』(2006)

■BUMP OF CHICKEN
<REVIEW>
『jupiter』(2002)
『ロストマン / sailing day』(2003)
『ユグドラシル』(2004)

■Buono!
<REVIEW>
2009年12月20日@東京厚生年金会館

■BUTCH WALKER
<REVIEW>
『LETTERS』(2004)


【C】

■CAESARS
<COLUMN>
けど一番欲しいのはiPod shuffleなわけですが。

■CATHEDRAL
<REVIEW>
『THE ETHEREAL MIRROR』(1993)

■CHEAP TRICK
<REVIEW>
『SPECIAL ONE』(2003)
『ROCKFORD』(2006)
『BANG, ZOOM, CRAZY...HELLO』(2016)
<REPORT>
1999年10月11日@横浜ベイホール

■THE CHEMICAL BROTHERS
<REVIEW>
『COME WITH US』(2001)

■CHILDREN OF BODOM
<REVIEW>
『ARE YOU DEAD YET?』(2005)

■!!!
<REVIEW>
『MYTH TAKES』(2007)

■CINDERELLA
<REVIEW>
『LONG COLD WINTER』(1988)

■CLAM ABUSE
<REVIEW>
『STOP THINKING』(1999)

■THE CLASH
<REVIEW>
『LONDON CALLING』(1979)
『SANDINISTA!』(1980)

■THE CLICK FIVE
<REVIEW>
『GREETING FROM IMRIE HOUSE』(2006)

■COHEED AND CAMBRIA
<REVIEW>
『GOOD APOLLO I'M BURNING STAR IV, VOL.1 : FROM FEAR THROUGH THE EYES OF MADNESS』(2005)

■COLDPLAY
<REVIEW>
『X&Y』(2005)
『A HEAD FULL OF DREAMS』(2015)

■CONVERGE
<REVIEW>
2009年12月15日@Shibuya O-EAST

■CORROSION OF CONFORMITY
<COLUMN>
フジロックで観てみたいバンドのひとつ。

■COURTNEY LOVE
<REVIEW>
『AMERICA'S SWEETHEART』(2004)

■COZY POWELL
<COLUMN>
コージー・パウエル

■THE CRIBS
<REVIEW>
『THE CRIBS』(2004)
<REPORT>
2007年10月25日@LIQUIDROOM ebisu

■THE CULT
<REVIEW>
『BEYOND GOOD AND EVIL』(2001)

■CYBERNAUTS
<REVIEW>
『LIVE』(2000)
<REPORT>
2000年1月8日@横浜ベイホール


【D】

■D'ERLANGER
<REVIEW>
『LAZZARO』(2007)

■DANGER DANGER
<REVIEW>
『SCREW IT!』(1991)

■THE DARKNESS
<REVIEW>
『PERMISSION TO LAND』(2003)
『ONE WAY TICKET TO HELL...AND BACK』(2005)

■DASHBOARD CONFESSIONAL
<REVIEW>
『THE SHADE OF POISON TREES』(2007)

■THE DATSUNS
<REVIEW>
『THE DATSUNS』(2002)

■DAVID BOWIE
<REVIEW>
『TIN MACHINE』(1989 / as TIN MACHINE)
『'hours…’』(1999)
『BOWIE AT THE BEEB』(2000)
『REALITY』(2003)
『★(BLACKSTAR)』(2016)
<REPORT>
2004年3月8日@日本武道館
<COLUMN>
デヴィッド・ボウイ逝去に寄せて──ボウイとゾウイ、母と僕。

■THE DEAD DAISIES
<REVIEW>
『MAKE SOME NOISE』(2016)

■DEAD END
<REVIEW>
『shambara』(1988)
『ZERO』(1989)
<COLUMN>
DEAD ENDというバンドを知ってますか?
大塚基之、再び‥‥??

■DEAD KENNEDYS
<REVIEW>
『FRESH FRUIT FOR ROTTING VEGETABLES』(1980)

■DEAFHEAVEN
<REVIEW>
『NEW BERMUDA』(2015)

■DECKARD
<REVIEW>
『STEREODREAMSCENE』(2000)

■DEEP PURPLE
<REVIEW>
『SLAVES AND MASTERS』(1990)

■DEF LEPPARD
<REVIEW>
『HIGH'N'DRY』(1981)
『PYROMANIA』(1983)
『HYSTERIA』(1987)
『EUPHORIA』(1999)
『LIVE』(2000 / as CYBERNAUTS)
『X』(2002)
『YEAH!』(2006)
『DEF LEPPARD』(2015)
<REPORT>
2000年1月8日@横浜ベイホール(as CYBERNAUTS)

■DEFTONES
<REVIEW>
『WHITE PONY』(2000)
『DEFTONES』(2003)
『GORE』(2016)

■DOKKEN
<REVIEW>
『BACK FOR THE ATTACK』(1987)
『UP FROM THE ASHES』(1990 / as DON DOKKEN)

■DON DOKKEN
<REVIEW>
『UP FROM THE ASHES』(1990)

■The DUST'N'BONEZ
<REVIEW>
『FLAME SKULL BASTARDS』(2004)
『LOVE/HATE』(2005)
『ROCK'N'ROLL CIRCUS』(2006)
<REPORT>
2005年4月13日@千葉LOOK
<COLUMN>
ZIGGYよ、何処へ行く?
森重樹一、今年も大忙し。


【F】

■FIGHT
<REVIEW>
『WAR OF WORDS』(1993)

■FREDDIE MERCURY
<REVIEW>
『MR.BAD GUY』(1985)
『BARCELONA』(1988)
『FREDDIE MERCURY SOLO』(2000)


【G】

■GAMMA RAY
<REVIEW>
『INSANITY AND GENIUS』(1993)

■GEORGE MICHAEL
<REVIEW>
『FAITH』(1987)
『FIVE LIVE』(1993 / as GEORGE MICHAEL and QUEEN with LISA STANSFIELD)

■GREAT WHITE
<REVIEW>
『...TWICE SHY』(1989)

■GREEN DAY
<REVIEW>
『REVOLUTION RADIO』(2016)

■GUNS N' ROSES
<REVIEW>
『APPETITE FOR DESTRUCTION』(1987)
『GN'R LIES』(1988)
『USE YOUR ILLUSION I』(1991)
『USE YOUR ILLUSION II』(1991)
『THE SPAGHETTI INCIDENT?』(1993)
『GREATEST HITS』(2004)
『CHINESE DEMOCRACY』(2008)
<REPORT>
2007年7月18日@日本武道館
2009年12月19日@東京ドーム
<COLUMN>
正しく「Oh My God」ですな。
GUNS N' ROSESについて本気出して考えてみた。
俺とおまえと「CHINESE DEMOCRACY」
GUNS N' ROSESが大阪公演で3時間以上にわたる熱演を繰り広げたらしい


【H】

■H.P. オールスターズ
<REVIEW>
『ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!』(2004)

■HALESTORM
<REVIEW>
『REANIMATE 3.0: THE COVERS EP』(2017)

■HANOI ROCKS
<REVIEW>
『BANGKOK SHOCKS, SAIGON SHAKES, HANOI ROCKS』(1981)
『ORIENTAL BEAT』(1982)
『TWELVE SHOTS ON THE ROCKS』(2002)
『BACK IN YER FACE EP』(2005)
『ANOTHER HOSTILE TAKEOVER』(2005)
<REPORT>
2003年2月22日@東京厚生年金会館
2005年5月16日@SHIBUYA-AX
2005年5月22日@川崎CLUB CITTA'
2007年10月22日@渋谷CLUB QUATTRO
<COLUMN>
HANOI ROCKS、再び。
まずはこれ買ってみな!
This One's For Rock'n'Roll 〜HANOI ROCKS解散に寄せて

■HAREM SCAREM
<REVIEW>
『RUBBER』(1999)

■HARISS
<REVIEW>
『NEW WORLD』(2007)

■HATEBREED
<REVIEW>
『SUPREMACY』(2006)

■THE HELLACOPTERS
<REVIEW>
『SUPERSHITTY TO THE MAX!』(1996)
『PAYIN' THE DUES』(1997)
『BY THE GRACE OF GOD』(2002)
『ROCK & ROLL IS DEAD.』(2005)
<REPORT>
1998年10月24日@赤坂BLITZ
2001年1月14日@渋谷CLUB QUATTRO

■THE HELLO WORKS
<REVIEW>
『PAYDAY』(2007)

■HELLOGOODBYE
<REVIEW>
『ZOMBIES! ALIENS! VAMPIRES! DINOSAURS!』(2006)

■HELMET
<REVIEW>
『SIZE MATTERS』(2004)
『MONOCHROME』(2006)

■HIGH and MIGHTY COLOR
<REVIEW>
『OVER』(2005)
『RUN☆RUN☆RUN』(2005)
『G∞VER』(2005)
『傲音プログレッシヴ』(2006)
<COLUMN>
正直、沖縄とかどうでもいいです。
「アンチノブナガ」ってどんなバンド?
続・「アンチノブナガ」ってどんなバンド?

■THE HIVES
<REVIEW>
『YOUR NEW FAVOURITE BAND』(2001)
『THE BLACK AND WHITE ALBUM』(2007)

■HOLE
<REVIEW>
『CELEBRITY SKIN』(1998)

■HONEYCRACK
<REVIEW>
『PROZAIC』(1996)

■HOOBASTANK
<REVIEW>
『THE REASON』(2003)
『EVERY MAN FOR HIMSELF』(2006)

■HURRICANE
<REVIEW>
『OVER THE EDGE』(1988)


【I】

■IGGY POP
<REVIEW>
『POST POP DEPRESSION』(2016)

■IOMMI
<REVIEW>
『IOMMI』(2000)

■IRON MAIDEN
<REVIEW>
『SOMEWHERE IN TIME』(1986)
『DANCE OF DEATH』(2003)
『THE ESSENTIAL IRON MAIDEN』(2005)
『A MATTER OF LIFE AND DEATH』(2006)
<COLUMN>
IRON MAIDEN、最新ベスト盤を北米のみで発売に。


【J】

■JOSH TODD
<REVIEW>
『YOU MADE ME』(2004)

■JUDAS PRIEST
<REVIEW>
『SCREAMING FOR VENGEANCE』(1982)
『TURBO』(1986)
『WAR OF WORDS』(1993 / as FIGHT)
『DEMOLITION』(2001)
『ANGEL OF RETRIBUTION』(2005)
<COLUMN>
現在発売中の「TV Bros.」でメタル特集を執筆しました
Judas Priestの私的ベスト10


【K】

■KING 810
<REVIEW>
『MEMOIRS OF A MURDERER』(2014)
『LA PETITE MORT OR A CONVERSATION WITH GOD』(2016)

■KINGDOM COME
<REVIEW>
『KINGDOM COME』(1988)

■KIX
<REVIEW>
『BLOW MY FUSE』(1988)
『ROCK YOUR FACE OFF』(2014)

■KORN
<REVIEW>
『LIFE IS PEACHY』(1996)
『DID MY TIME (EP)』(2003)
『UNTITLED [無題]』(2007)
『THE PATH OF TOTALITY』(2011)
<COLUMN>
KORNからギタリストのヘッドが脱退


【L】

■L.A.GUNS
<REVIEW>
『L.A.GUNS』(1988)
『HOLLYWOOD FOREVER』(2012)

■LOU REED
<REVIEW>
『METAL MACHINE MUSIC』(1975)
『LULU』(2011 / LOU REED & METALLICA名義)

■LYNCH MOB
<REVIEW>
『WICKED SENSATION』(1990)


【M】

■MD.45
<REVIEW>
『THE CRAVING』(1996)

■MEGADETH
<REVIEW>
『KILLING IS MY BUSINESS... AND BUSINESS IS GOOD!』(1985)
『PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING?』(1986)
『SO FAR, SO GOOD... SO WHAT!』(1988)
『RUST IN PEACE』(1990)
『COUNTDOWN TO EXTINCTION』(1992)
『YOUTHANASIA』(1994)
『HIDDEN TREATURES』(1995)
『THE CRAVING』(1996 / as MD.45)
『CRYPTIC WRITINGS』(1997)
『RISK』(1999)
『CAPITOL PUNISHMENT: THE MEGADETH YEARS』(2000)
『THE WORLD NEED A HERO』(2001)
『THE SYSTEM HAS FAILED』(2004)
『UNITED ABOMINATIONS』(2007)
『ENDGAME』(2009)
『THIRTEEN』(2011)
『SUPER COLLIDER』(2013)
『DYSTOPIA』(2016)

■METALLICA
<REVIEW>
『KILL'EM ALL』(1983)
『RIDE THE LIGHTNING』(1984)
『MASTER OF PUPPETS』(1986)
『THE $5.98 E.P.- GARAGE DAYS RE-REVISITED』(1987)
『...AND JUSTICE FOR ALL』(1988)
『METALLICA』(1991)
『LOAD』(1996)
『RELOAD』(1997)
『GARAGE INC.』(1998)
『S&M』(1999)
『ST.ANGER』(2003)
『ST.ANGER (EP)』(2003)
『DEATH MAGNETIC』(2008)
『LULU』(2011 / LOU REED & METALLICA名義)
『BEYOND MAGNETIC』(2012)
『METALLICA: THROUGH THE NEVER』(2013)
『HARDWIRED...TO SELF-DESTRUCT』(2016)
<REPORT>
2003年11月7日@国立代々木競技場第一体育館

■MICHAEL SWEET
<REVIEW>
『ONE SIDED WAR』(2016)

■THE MONKEES
<REVIEW>
『GOOD TIMES!』(2016)

■MOTORHEAD
<REVIEW>
『BAD MAGIC』(2015)
<COLUMN>
Motörheadの私的ベスト10

■MR. BIG
<REVIEW>
『MR. BIG』(1989)


【O】

■THE ORDINARY BOYS
<REVIEW>
『WEEK IN WEEK OUT』(2004)
『OVER THE COUNTER CULTURE』(2004)

■OZZY OSBOURNE
<REVIEW>
『NO REST FOR THE WICKED』(1988)
『OZZMOSIS』(1995)
『THE OZZMAN COMETH』(1997)
『DOWN TO EARTH』(2001)


【P】

■PANTERA
<REVIEW>
『VULGAR DISPLAY OF POWER』(1992)
『THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL』(1996)
『THE BEST OF PANTERA : FAR BEYOND THE GREAT SOUTHERN COWBOYS' VULGAR HITS!』(2003)
『THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL』20TH ANNIVERSARY EDITION(2016)
<COLUMN>
何故よりによって12・8なんだ‥‥
May Rest In Peace, Darrell.
「元PANTERA」ではなく、「DAMAGEPLAN」のダレルについて。
ダレルの死、その後。
フィル・アンセルモ、沈黙を破る。
ダイムバッグ・ダレル追悼イベント、あれこれ。


【Q】

■QUEEN
<REVIEW>
『A NIGHT AT THE OPERA』(1975)
『THE WORKS』(1984)
『A KIND OF MAGIC』(1986)
『INNUENDO』(1991)
『LIVE AT WEMBLEY '86』(1992)
『FIVE LIVE』(1993 / as GEORGE MICHAEL and QUEEN with LISA STANSFIELD)
『MADE IN HEAVEN』(1995)
『ON FIRE : LIVE AT THE BOWL』(2004)
『RETURN OF THE CHAMPIONS』(2005 / as QUEEN + PAUL RODGERS)
『KILLER QUEEN -A TRIBUTE TO QUEEN-』(2005 / as V.A.)
<REPORT>
2005年10月30日@横浜アリーナ(QUEEN + PAUL RODGERS)
<COLUMN>
QUEENと僕
Queenの私的ベスト10

■THE QEMISTS
<REVIEW>
『WARRIOR SOUND』(2016)
『WARRIOR SOUNDSYSTEM』(2016)

■QUIET RIOT
<REVIEW>
『QR』(1988)


【R】

■RIOT
<REVIEW>
『THUNDERSTEEL』(1988)

■ROLLING STONES
<REVIEW>
『FLASHPOINT』(1991)
『A BIGGER BANG』(2005)
『BLUE & LONESOME』(2016)
<REPORT>
2006年3月22日@東京ドーム


【S】

■SCORPIONS
<REVIEW>
『LOVE AT FIRST STING』(1984)

■SCOUR
<REVIEW>
『SCOUR』(2016)

■SIXX: A.M.
<REVIEW>
『THE HEROIN DIARIES SOUNDTRACK』(2007)
『MODERN VINTAGE』(2014)

■SLAYER
<REVIEW>
『SEASONS IN THE ABYSS』(1990)
『GOD HATES US ALL』(2001)
『CHRIST ILLUSION』(2006)
<REPORT>
2006年10月15日@幕張メッセ(LOUD PARK 06)
<COLUMN>
是非これを機にSLAYERも聴いてみて!

■SLIPKNOT
<REVIEW>
『IOWA』(2001)
『VOL.3 : (THE SUBLIMINAL VERSES)』(2004)
<REPORT>
2002年3月23日@東京ベイN.K.ホール

■SNAKE HIP SHAKES
<REVIEW>
『NO DOUBT : ZIGGY SONGS played by SNAKE HIP SHAKES』(2000)
『NEVER SAY DIE』(2001)
<REPORT>
2002年3月9日@市川CLUB GIO

■SR-71
<REVIEW>
『HERE WE GO AGAIN』(2004)

■STEVEN TYLER
<REVIEW>
『WE'RE ALL SOMEBODY FROM SOMEWHERE』(2016)

■STONE SOUR
<REVIEW>
『COME WHAT(EVER) MAY』(2006)

■STRYPER
<REVIEW>
『ONLY TO RISE』(2015 / as SWEET & LYNCH)
『FALLEN』(2015)
『ONE SIDED WAR』(2016 / as MICHAEL SWEET)

■SUPER$HiT 666
<REVIEW>
『SUPER$HiT 666』(2000)

■SWEET & LYNCH
<REVIEW>
『ONLY TO RISE』(2015)

■SYSTEM OF A DOWN
<REVIEW>
『SYSTEM OF A DOWN』(1998)


【T】

■TESLA
<REVIEW>
『PSYCHOTIC SUPPER』(1991)

■TIN MACHINE
<REVIEW>
『TIN MACHINE』(1989)


【V】

■VELVET REVOLVER
<REVIEW>
『CONTRABAND』(2004)
『LIBERTAD』(2007)
<COLUMN>
VELVET REVOLVER、「OZZFEST」に出演?

■VINNIE VINCENT INVASION
<REVIEW>
『ALL SYSTEMS GO』(1988)


【W】

■WINGER
<REVIEW>
『WINGER』(1988)


【Y】

■YNGWEI J. MALMSTEEN
<REVIEW>
『ODYSSEY』(1988)


【Z】

■ZIGGY
<REVIEW>
『ZIGGY ~IN WITH THE TIMES~』(1987)
『HOT LIPS』(1988)
『NICE & EASY』(1989)
『それゆけ!R&R BAND REVISITED』(1989)
『KOOL KIZZ』(1990)
『NO DOUBT : ZIGGY SONGS played by SNAKE HIP SHAKES』(2000)
『NEVER SAY DIE』(2001)
『HEAVEN AND HELL』(2002)
『HEAVEN AND HELL II』(2002)
『VICISSITUDES OF FORTUNE』(2004)
『JUST A ROCKIN'NITE』(2005)
『ONE NIGHT STAND -真夏の夜の夢- 2005.07.02 at 日比谷野外音楽堂』(2005)
『NOW AND FOREVER』(2007)
<REPORT>
2002年3月9日@市川CLUB GIO
2002年5月28日@赤坂BLITZ
2004年8月14日@RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO
2004年11月6日@渋谷公会堂
2004年11月7日@渋谷公会堂
2005年3月13日@LIQUIDROOM ebisu
2005年9月24日@横浜BLITZ
<COLUMN>
懲りずにチャートランキング調査、その2
ZIGGYよ、何処へ行く?
森重樹一、今年も大忙し。
「ALL THAT ZIGGY III」リリース決定。


【100番勝負】
<REVIEW>
第1回:「Valleri」THE MONKEES(1968)
第2回:「Mr.Roboto」STYX(1983)
第3回:「Back In The Saddle」AEROSMITH(1978)
第4回:「She Loves You」THE BEATLES(1963)
第5回:「Oh, Pretty Woman」VAN HALEN(1982)
第6回:「Photograph」DEF LEPPARD(1983)
第7回:「Cum On Feel The Noize」QUIET RIOT(1983)
第8回:「Save A Prayer」DURAN DURAN(1982)
第9回:「Shout」 TEARS FOR FEARS(1984)
第10回:「A Question Of Lust」DEPECHE MODE(1986)
第11回:「Runaway」BON JOVI(1984)
第12回:「Synchronicity I」THE POLICE(1983)
第13回:「Russians」STING(1985)
第14回:「Pride (In The Name Of Love)」U2(1984)
第15回:「Beat It」MICHAEL JACKSON(1983)
第16回:「Alive And Kicking」SIMPLE MINDS(1985)
第17回:「Bohemian Rhapsody」QUEEN(1975)
第18回:「Freedom」WHAM!(1984)
第19回:「1999」PRINCE(1982)
第20回:「What You Need」INXS(1985)
第21回:「Battery」METALLICA(1986)
第22回:「Fall On Me」R.E.M.(1986)
第23回:「Home Sweet Home」MOTLEY CRUE(1985)
第24回:「Don't You Ever Leave Me」HANOI ROCKS(1984)
第25回:「God Save The Queen」SEX PISTOLS(1977)
第26回:「Rock Me Amadeus」FALCO(1986)
第27回:「Broken Wings」 Mr.MISTER(1986)
第28回:「Dreams」VAN HALEN(1986)
第29回:「Yankee Rose」DAVID LEE ROTH(1986)
第30回:「Walk This Way」RUN D.M.C.(1986)
第31回:「Heat Of The Night」BRYAN ADAMS(1987)
第32回:「When Tomorrow Comes」EURYTHMICS(1986)
第33回:「Whole Lotta Love」LED ZEPPELIN(1969)
第34回:「The Queen Is Dead」THE SMITHS(1986)
第35回:「Bullet The Blue Sky」U2(1987)
第36回:「Kill The King」RAINBOW(1977)
第37回:「Still Of The Night」WHITESNAKE(1987)
第38回:「Mr.Crowley」OZZY OSBOURNE(1987)
第39回:「Angel Of Death」SLAYER(1986)
第40回:「Sign 'O' The Times」PRINCE(1987)
第41回:「Welcome To The Jungle」GUNS N' ROSES(1987)
第42回:「Only In My Dreams」DEBBIE GIBSON(1987)
第43回:「Mony Mony」BILLY IDOL(1987)
第44回:「Why Can I Be You」THE CURE(1987)
第45回:「It's A Sin」PET SHOP BOYS(1987)
第46回:「True Faith」NEW ORDER(1987)
第47回:「Faith」GEORGE MICHEAL(1987)
第48回:「Pump Up The Volume」M/A/R/R/S(1987)
第49回:「Perfect」FAIRGROUND ATTRACTION(1988)
第50回:「Paint It, Black」ROLLING STONES(1966)
第51回:「Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band」THE BEATLES(1967)
第52回:「Can I Play With Madness」IRON MAIDEN(1988)
第53回:「Peace Sells」MEGADETH(1986)
第54回:「Scum」NAPALM DEATH(1987)
第55回:「Detroit Rock City」KISS(1976)
第56回:「DREAM POLICE」CHEAP TRICK(1979)
第57回:「All The Way To Memphis」MOTT THE HOOPLE(1973)
第58回:「Dead, Jail Or Rock'n'Roll」MICHAEL MONROE(1989)
第59回:「Stone Cold Bush」 RED HOT CHILI PEPPERS(1989)
第60回:「Epic」FAITH NO MORE(1989)
第61回:「Stop」JANE'S ADDICTION(1990)
第62回:「We Die Young」ALICE IN CHAINS(1990)
第63回:「Like A Daydream」RIDE(1990)
第64回:「Move Mountains」JESUS JONES(1990)
第65回:「Ashes To Ashes」DAVID BOWIE(1980)
第66回:「Achilles Last Stand」LED ZEPPELIN(1976)
第67回:「Painkiller」JUDAS PRIEST(1990)
第68回:「Keep It In The Family」ANTHRAX(1990)
第69回:「Coma」 GUNS N' ROSES(1991)
第70回:「Head Like A Hole」NINE INCH NAILS(1989)
第71回:「Jesus Christ Pose」SOUNDGARDEN(1991)
第72回:「Mouth For War」PANTERA(1992)
第73回:「Motown Junk」MANIC STREET PREACHERS(1991)
第74回:「The Concept」TEENAGE FANCLUB(1991)
第75回:「3 A.M. Eternal (Live at the S.S.L)」THE KLF(1991)
第76回:「One」U2(1991)
第77回:「The Show Must Go On」QUEEN(1991)
第78回:「In These Arms」BON JOVI(1992)
第79回:「She's So Fine」THUNDER(1990)
第80回:「Turning America」THE WiLDHEARTS(1992)
第81回:「Here Comes The Sun」THE BEATLES(1969)
第82回:「Amazing」AEROSMITH(1993)
第83回:「So Young」SUEDE(1993)
第84回:「Where Did You Sleep Last Night」NIRVANA(1994)
第85回:「Sabotage」BEASTIE BOYS(1994)
第86回:「Spin The Black Circle」PEARL JAM(1994)
第87回:「Tonight, Tonight」THE SMASHING PUMPKINS(1995)
第88回:「Creep」RADIOHEAD(1992)
第89回:「I Wanna Go Where The People Go」THE WiLDHEARTS(1995)
第90回:「Leave Home」THE CHEMICAL BROTHERS(1995)
第91回:「Born Slippy」UNDERWORLD(1996)
第92回:「Govinda」KULA SHAKER(1996)
第93回:「Bulls On Parade」RAGE AGAINST THE MACHINE(1996)
第94回:「Eyeless」SLIPKNOT(1999)
第95回:「My Name Is」EMINEM(1999)
第96回:「21st Century Schizoid Man」KING CRIMSON(1969)
第97回:「Mother」JOHN LENNON(1970)
第98回:「Maybe I'm Amazed」PAUL McCARTNEY(1970)
第99回:「Search And Destroy」IGGY & THE STOOGES(1973)
第100回:「Coma Girl」JOE STRUMMER & THE MESCALEROS(2003)

投稿: 2020 12 31 12:00 午前 [「記事一覧」] | 固定リンク