2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« METALLICA『METALLICA: DELUXE EDITION』(2021) | トップページ | IRON MAIDEN『SENJUTSU』(2021) »

2021年9月15日 (水)

DREAM THEATER『LOST NOT FORGOTTEN ARCHIVES: MASTER OF PUPPETS - LIVE IN BARCELONA, 2002』(2021)

2021年9月15日に日本先行リリースされた、DREAM THEATERのライブアルバム。海外では同年9月17日発売予定。

本作は今年6月に発売された『LOST NOT FORGOTTEN ARCHIVES: IMAGES AND WORDS - LIVE IN JAPAN, 2017』、7月発売の『LOST NOT FORGOTTEN ARCHIVES: A DRAMATIC TOUR OF EVENTS - SELECT BOARD MIXES』、8月発売の『LOST NOT FORGOTTEN ARCHIVES: TRAIN OF THOUGHT INSTRUMENTAL DEMOS (2003)』に続く、オフィシャル・ブートレッグシリーズ第4弾。過去に自主レーベルYsejam Recordsを通じてさまざまな貴重音源を限定販売してきたDTですが、現在バンドが所属するInsideOutMusic Recordsとのコラボレーションで2021年から定期的にオフィシャルリリースされることになったわけでね。

これまで同企画でリリースされてきた音源の多くは、過去にYsejam Recordsを通じて発表されてきたもののリマスタリング音源でしたが、今回もその流れにある1枚。2002年2月のバルセロナ公演にて披露された、METALLICAの出世作『MASTER OF PUPPETS』(1986年)を完全再現演奏したものとなります。当時のDTは同じ会場で2公演続けてライブがあると、2日目の公演では前日と異なるセットリストを……ということで、バンドが愛聴してきた他アーティストの名盤をまるまる完全再現していました。

Ysejam Records経由の初出盤も当時話題になりましたが、DT待望の新作発表目前、そしてMETALLICAが『ブラックアルバム』(1991年)の30周年記念盤を発表した同タイミングにリマスタリングが施された新規盤が一般流通されることは、非常に大きな意味があるような気がします。

プログレッシヴメタルバンドのDTにとって、元祖スラッシュメタルバンドが確変したタイミングの1枚をまるまるカバーするというのは、どういう意味を持つのか。それこそツインギターバンドのMETALLICAの楽曲を「シングルギター&キーボード含む」編成のDTがどうカバーするのか。聴いていただいたとおり、アコギやクリーントーンギターのパートをジョーダン・ルーデス(Key)がキーボードでカバーしたり、ギターソロパートもジョン・ペトルーシ(G)がある程度弾いたあとにジョーダンがシンセでソロをかましたり、ツインリードパートではギターとシンセがハモったりと、DT流のアレンジが見事に施されています。

もともとプログレッシヴな展開を持つ楽曲が多い『MASTER OF PUPPETS』ですが、こうやってDTが演奏すると意外にもプログメタル的に聴こえてくるんですから、本当に不思議なものです。当時のドラマー、マイク・ポートノイ(Dr)の活き活きとしたプレイ、プリミティヴなスラッシュメタルには不向きなジェイムズ・ラブリエ(Vo)のボーカルなど、プラス面/マイナス面ともにありますが、こと演奏に関しては文句なしではないでしょうか。「Battery」のイントロダクションや「Master Of Puppets」でのエフェクトなどオリジナルアルバムから流用したSEも多く、このカバーを披露したあとに本家のラーズ・ウルリッヒ(Dr)が完全再現ライブ音源をDTに求めたという逸話もあるくらいですから、最終的には本家公認のライブアルバムということなんでしょう。

DTがこういったプログレッシヴスラッシュに特化したアルバムを作る……なんて淡い夢を見ていた層が果たしてどれくらいいるかわかりませんが、個人的には「こんなDTもアリだな」とYsejam Records盤を初めて聴いたときに思った記憶があります。そこから10周年ぶりに本作に触れてみて、再び「こんなDTもアリだな」と同じ感想を抱くことになるとは。ということは、何年経っても良いものは良いし、その出典元となる『MASTER OF PUPPETS』は時代を超えて長く愛される傑作/名盤なのだなと再認識させてくれる、非常にありがたい1枚と言えるのではないでしょうか。

DTは10月22日にニューアルバム『A VIEW FROM THE TOP OF THE WORLD』をリリースするので、この『LOST NOT FORGOTTEN ARCHIVES』シリーズはしばらくお休みするのかな(新作の売り上げの邪魔しちゃアレですものね)。DTは過去にIRON MAIDEN『THE NUMBER OF THE BEAST』(1982年)PINK FLOYD『THE DARK SIDE OF THE MOON』(1973年)、DEEP PURPLE『MADE IN JAPAN』(1972年)の完全再現ライブ実施およびオフィシャル・ブートレッグでのCD化を手がけてきたので、2022年以降はこれらの音源の再リリースにも期待したいところです。

 


▼DREAM THEATER『LOST NOT FORGOTTEN ARCHIVES: MASTER OF PUPPETS - LIVE IN BARCELONA, 2002』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / 海外盤アナログ> / MP3

 

« METALLICA『METALLICA: DELUXE EDITION』(2021) | トップページ | IRON MAIDEN『SENJUTSU』(2021) »

Metallica」カテゴリの記事

Dream Theater」カテゴリの記事

2021年の作品」カテゴリの記事