2006/02/18

3 COLOURS RED『PURE』(1997)

 先月辺りから、急に俺内で「3 COLOURS RED」が再評価ブームなんですよ。いや、切っ掛けは1ヶ月前に彼等の2ndアルバム「REVOLT」を中古で見つけて、それを聴いてからなんですが‥‥実は発売当時、この2ndを何故か敬遠してたんですよね。一番好きそうな音なのにさ。勿論、1stの頃は大好きだったし、実際初来日公演にも行く予定だったんですよね(後に、中止に)。

 俺がこのバンドを好きになった理由は、もうすごく単純で。「THE WiLDHEARTS絡み」ですよ。多分あの当時彼等に興味を持ったファンの大半が、ワイハーから流れていったんじゃないかな?

 3CRのギタリスト、クリス・マコーマックがワイハーのベーシスト、ダニー・マコーマックの実弟ってことで当時話題になって。1stシングル「This Is My Hollywood」がインディーレーベルからリリースされて、当然ながら俺も入手しまして。ワイハーももっとストレートにして、ちょっとマイナーチックにした印象‥‥良い意味で「抜けの悪い」イメージがあって(褒めてないような表現だけど、一応褒め言葉だからね)。ワイハーみたいなカラッとしたイメージとは違うんだよね。ま、収録されてる曲がそういったマイナー調のものが多かったから、余計にそう感じたのかもね。

 その後、彼等はかの「Creation」と契約。あのアラン・マッギーが気に入ったってのが何とも解せないんですが‥‥OASIS全盛、ブリットポップ全盛の時代に、こういう前時代的なバンド(しかもパンクとハードロックを掛け合わせたようなサウンドとルックス)を気に入るとは‥‥全然信用してなかった。でも、シングルをバンバンとリリースしていき‥‥「Nuclear Holiday」や「Sixty Mile Smile」や「Copper Girl」‥‥どれも1stシングルとはまた違った色合いを持った曲で、全部好きだったなぁ。

 1stシングルがリリースされてから約1年後の1997年春。ようやくリリースされたのが、今回紹介する「PURE」というアルバム。日本でもイギリスとほぼ同時期にリリースされて、B!誌以外にもro誌にも取り上げられてた‥‥記憶が。一応「Creation」から鳴りもの入りでデビュー、みたいな感じだったしね。

 アルバムはイギリスでもトップ20入りしたし、シングルも出す曲出す曲トップ30入りして、そこそこのヒットを飛ばしたんだよね。

 アラン・マッギーがどういうつもりでこのバンドと契約して、どういう風に売り出したかったのかは今となっては判らないけど(いや、知りたいとも思わないけど)‥‥例えばね、その後ブレイクするFEEDER辺りに共通する要素があったんだよね、3CRには。1stはまぁ、良くも悪くも「ポスト・ワイハー」とか「ポスト・USパンク」的要素があったりするんだけど(そういうバンドが多かったしね、当時)、後日紹介する予定の2ndなんて‥‥もし今リリースしたなら、確実にFEEDER辺りと比較されそうな音出してるしね。

 でも、そうはならなかった。1999年後半に解散して、2002年に再結成したけど、そうはならなかった。何故か。それは順を追って書いていきますからね。今回はここまでってことで。

 改めて。久し振りに引っ張り出した1stは、やっぱり良いですね。適度にパンキッシュで、適度にハードロッキンしてて。メロも当然しっかりしてるし。彼等のポップさは、例えばワイハー辺りが持つ「古き良き時代のブリティッシュロック/ポップ」の要素とはまた違う、もっと後世の音‥‥'80年代以降の音なんじゃないかな。その辺は、例えばレーベルメイト達に通ずるものがあったのかな、と。時代的にこういう「適度なハードさ」は求められてたし(軟弱なブリットポップが増え始めた頃で、聴き手も飽き飽きしてたのは確かだし)、かといってそれがハードロックバンドに向けられたかというと、それも違うし。3CRやBABY CHAOSのような「程良さ」を持ち合わせた若手を、送り手(=レーベル)は求めてたんでしょうね。ワイハーくらいまで行っちゃうと、逆に層が限定される可能性が高いし、既にキャリアがあったからね。

 なんていうことを、あれから10年近く経った今、考えてみたりして。ま、そんなこと考えるだけ無駄なんですが。

 でも‥‥10年後の今聴いても、これは全然「アリ」な音だよね。後に彼等は初来日(2004年)を果たすんだけど(DONOTSの前座として。彼等は3CRをリスペクトしてるんだそうな)、その時も好意的に受け入れられてたようだしね(ちなみに俺はその来日を、後日知ったので行けなかったわけだが)。

 というわけで、これから暫くの間、彼等の歴史を追いながら、現在入手可能なアルバムを紹介していきたいと思います(とかいって、実は「Creation」時代のアルバム2枚って廃盤なんですけどね。中古でも手に入るから、店頭でお安くお買い求めできるかと思います)。



▼3 COLOURS RED「PURE」(amazon:日本盤UK盤US盤

投稿: 2006 02 18 10:57 午後 [1997年の作品, 3 Colours Red] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック