2018年12月26日 (水)

2018年総括(番外編):HR/HM、ラウドロック編

隔月の奇数月に「リアルサウンド」さんにて、HR/HMやラウドロックの新譜キュレーション記事を書いているのですが、2018年のまとめ記事となる年間ベスト10紹介エントリー「西廣智一が選ぶ、2018年ラウドロック年間ベスト10 ネガティブな話題の中にも豊作が揃った1年」が12月25日に公開されました。

基本的には順位を付けるのは苦手なのですが、ここでま毎回思い切って1位から10位まで順番をつけて10枚紹介しています。今年に関しては上位3作品に関しては不動なのですが、4位以降は日によって変動があると思うので、セレクトの際に泣く泣く10枚から落とした準候補10枚を加えた20枚を紹介する意味で、SpotifyとApple Musicに記事と同名のプレイリストを作成しました。

改めて、20枚を紹介しておきますね(基本的には順位は付けていませんが、先のリアルサウンドさんで1〜10位と順位付けしているため、便宜上20までナンバリングしておきます)。


01. DEAFHEAVEN『ORDINARY CORRUPT HUMAN LOVE』(レビュー
02. VOIVOD『THE WAKE』(レビュー
03. ALICE IN CHAINS『RAINIER FOG』(レビュー
04. Crystal Lake『HELIX』
05. AZUSA『HEAVY YOKE』(レビュー
06. IHSAHN『ÁMR』(レビュー
07. JUDAS PRIEST『FIREPOWER』(レビュー
08. SIGH『Heir to Despair』
09. LOVEBITES『CLOCKWORK IMMORTALITY』(レビュー
10. ARCHITECTS『HOLY HELL』(レビュー
11. CORROSION OF CONFORMITY『NO CROSS NO CROWN』(レビュー
12. FEVER 333『MADE AN AMERICA』(レビュー
13. GHOST『PREQUELLE』(レビュー
14. THE STRUTS『YOUNG & DANGEROUS』(レビュー
15. MANTAR『THE MODERN ART OF SETTING ABLAZE』
16. NINE INCH NAILS『BAD WITCH』(レビュー
17. NOTHING『DANCE ON THE BLACKTOP』(レビュー
18. SHINEDOWN『ATTENTION ATTENTION』(レビュー
19. SLEEP『THE SCIENCES』
20. CHTHONIC『BATTLEFIELDS OF ASURA』


最初の10曲が「リアルサウンド」さんで紹介した10枚から。一応順位どおりに楽曲を並べています。で、後半の10曲が選から漏れた10枚から。こちらは基本的には順不同ですが、まあ大体こんな並びかなと。基本的には当サイトで紹介した作品、あるいはキュレーション連載で紹介した作品ばかりですが、個人的にはこういう1年だったのかなとこれを聴いて振り返っているところです。

せっかくなので、この20枚から漏れた「今年よく聴いたHR/HM、ラウドロック系アルバム」も紹介しておきます。こちらはアルファベット順に並べています。


・BEHIMOTH『I LOVED YOU AT YOUR DARKNESS』
・BURN THE PRIEST『LEGION: XX』(レビュー
・COHEED AND CAMBRIA『THE UNHEAVENLY CREATURES』
・Crossfaith『EX_MACHINA』
・DIMMU BORGIR『EONIAN』(レビュー
・DIR EN GREY『The Insulated World』
・Graupel『Bereavement』
・GRETA VAN FLEET『ANTHEM OF THE PEACEFUL ARMY』(レビュー
・HALESTORM『VICIOUS』(レビュー
・HER NAME IN BLOOD『POWER』
・JONATHAN DAVIS『BLACK LABYRINTH』(レビュー
・LOUDNESS『RISE TO GLORY -8118-』(レビュー
・MICHAEL SCHENKER FEST『RESURRECTION』(レビュー
・OBSCURE『DILUVIUM』
・A PERFECT CIRCLE『EAT THE ELEPHANT』
・SAXON『THUNDERBOLT』(レビュー
・SHINNING『X - VARG UTAN FLOCK』
・SKINDRED『BIG TINGS』(レビュー
・SURVIVE『Immortal Warriors』
・THERAPY?『CLEAVE』(レビュー
・U.D.O.『STEELFACTORY』(レビュー
・UNITED『Absurdity』
・VENOM『STORM THE GATES』(レビュー
・陰陽座『覇道明王』

投稿: 2018 12 26 05:14 午前 [2018年の作品, A Perfect Circle, Alice in Chains, Architects, Azusa, Behemoth, Burn The Priest, Chthonic, Coheed and Cambria, Corrosion of Conformity, Crossfaith, Crystal Lake, Deafheaven, Dimmu Borgir, DIR EN GREY, Fever 333, The, Ghost, Graupel, Greta Van Fleet, Halestorm, HER NAME IN BLOOD, Ihsahn, Jonathan Davis, Judas Priest, Loudness, LOVEBITES, Mantar, Michael Schenker Fest, Nine Inch Nails, Nothing, Obscure, Saxon, Shinedown, Shinning, Sigh, Skindred, Sleep, Struts, The, Survive, Therapy?, U.D.O., United, Venom, Voivod, 「1年のまとめ」, 「音楽配信」, 陰陽座] | 固定リンク

2018年3月 7日 (水)

A PERFECT CIRCLE『THIRTEENTH STEP』(2003)

2003年9月に発表された、A PERFECT CIRCLEの2ndアルバム。ご存知のとおり、このバンドはTOOLのメイナード・キーナン(Vo)が、バンドのギターテクを勤めていたビリー・ハワーデル(G)という才能と出会ったことで誕生し、TOOLが所属レーベルとの裁判で思うように活動的なかった2000年に1stアルバム『Mer de Noms』を発表しています。その経緯などについては、2003年10月に執筆した同作のレビューに詳しいので、そちらに譲ります。

さて、前作レビューを執筆したあと、この2ndアルバムについて書くことができなかったので、14年ぶりの新作が今年4月に発売されるこのタイミングに改めて書いてみたいと思います。

前作のときにも書いたように、A PERFECT CIRCLEはメイナードの“ソロプロジェクト”ではないし、TOOLとは完全に別モノ。むしろ、ビリーという才能の塊と遭遇したことで、メイナードの創作意欲がTOOLとは別の形で爆発した、新しいバンドと受け取るほうが正しい解釈だと思っています。

なので、そのサウンドもTOOLのようにプログレッシヴな展開をするものとは別次元で展開されており、特に本作はヘヴィな印象が強かったデビュー作『Mer de Noms』とは若干異なるカラーを打ち出し始めています。

ちなみに、当時のバンドメンバーはメイナード、ビリーのほか、ジョシュ・フリース(Dr)、当時MARILYN MANSONを脱退した“トゥイギー・ラミレズ”ことジョーディー・ホワイト(B)、元THE SMASHING PUMPKINSのジェイムズ・イハ(G)。イハはレコーディング後にバンドに合流しており、レコーディングにはNINE INCH NAILSなどで知られるダニー・ローナー(G)が参加しています。

このメンツから想像できる音……ではないかもしれません。特に本作は美しさや優しさの側面が強まっているため、ダイナミックかつヘヴィなアンサンブルを得意とするこのメンバーの特徴を抑えめに、あくまで曲の持つ世界観を再現することに徹したのではないかと思われます。

だからといって、ヘヴィなサウンドが皆無かというとそんなことはありません。8分近くにおよぶオープニングトラック「The Package」は序盤こそ穏やかですが、曲が進むにつれて影に隠れていたヘヴィさが顔を見せ始めますし、不穏なギターリフが印象的な「Pet」のような曲も含まれていますしね。それ以外にも、各曲の至るところにそういった要素は散りばめられているので、前作から激変したというわけではありません。

でも、本作の軸になる部分は“そこ”ではない、と。浮遊感の強いサウンドメイキングやアレンジ、TOOLでは聴くことができないメイナードの異なる表情(声)、そして鬼才ビリー・ハワーデルのソングライティング。これらが三位一体となってリスナーの前に姿を現す。油断してると魂を持っていかれそうになるけど、信用して心を預けてみたら予想外の気持ち良さが味わえる、そんなアルバムではないでしょうか。非常に抽象的な表現が多い気がしますが、そういう抽象的なものこそがA PERFECT CIRCLEというバンドには合っているような気がします。



▼A PERFECT CIRCLE『THIRTEENTH STEP』
(amazon:海外盤CD / MP3

投稿: 2018 03 07 12:00 午前 [2003年の作品, A Perfect Circle, Marilyn Manson, Smashing Pumpkins, Tool] | 固定リンク

2004年12月 4日 (土)

まだまだあるよ、ボックスセット

 昨日のエントリで、年末商戦に合わせてボックスセットをリリースするアーティストが多いというお話をしましたが、前回挙げた他にもまぁボックスとまではいかないまでも、CD複数枚+DVD、あるいはCD+DVDというセット販売をする企画盤、結構あるんですよね。

 んで、最近話題になってるものをまた幾つか紹介してみようかと。大半が輸入盤ですが、モノによってはDVDがリージョンコード1で普通の家庭用プレイヤーで観れない代物もあるかと思いますので(PCでは観れるってのが多いのかな?)、それ目当てで購入を考えてる人はご注意を。


▼AEROSMITH「YOU GOTTA MOVE」[DVD+CD](amazon

 今年のツアーの模様を収めた、'80年代以降初の本格的ライヴDVD。実は復活後初?という貴重な代物。しかも今春MTVで放送されたドキュメント番組(90分)まで収録され、おまけにライヴテイク6曲+ "You Gotta Move" のリミックスによるCDまで付いてくる。未だに日本版リリース決まらないだけに‥‥けどリージョン1。くそー。



▼LINKIN PARK & JAY-Z「COLLISION COURSE」[CD+DVD](amazon

 MTVの企画でこの夏実現した奇跡のコラボレートのライヴDVD(MTVでのドキュメント映像付き)と、新たにスタジオセッションで録音したCDによる2枚組。最近ライヴ盤とかリミックスとか、この手の企画盤が多いLINKIN PARK、そろそろ純粋な新作が聴きたいところですな。



▼EVANESCENCE「ANYWHERE BUT HOME」[CD+DVD](amazon

 こちらも新作が待ち遠しいニューメタルバンドの、ライヴアルバム+ライヴDVD。KORNのカバー "Thoughtless" がちょっと楽しみ。ライヴでよくやってたスマパン "Zero" も入れて欲しかったなぁ。CDには未発表のスタジオ録音新曲 "Missing" も収録。これ聴いて来年の新作まで待てってことか。



▼A PERFECT CIRCLE「aMOTION」[DVD+CD](amazon

 先日リリースされたカバー+新曲によるアルバム「eMOTIVe」と対となる映像集に、リミックス音源を集めたCDが付いた作品集。全PVが収録されてるし、未公開映像もあるようなんですが‥‥これ、リージョン1なんですよね。購入にはくれぐれもご注意を。



▼「AXIS OF JUSTICE : CONCERT SERIES VOL.1」[CD+DVD](amazon

 SYSTEM OF A DOWNのサージやAUDIOSLAVEのトム・モレロが中心となって開催されたイベントの模様を収めたCD&DVD。クリス・コーネルやブラッドといった他のAUDIOSLAVEメンバーやレッチリのフリー、TOOL/A PERFECT CIRCLEのメイナード、MC5のウェイン・クレイマーがU2やエルヴィス・コステロ、ボブ・マーリーの曲をカバーしてるだけでなく、トム・モレロのアコースティックユニットの曲も収録されてるんですね。



▼ERIC CLAPTON「SESSIONS FOR ROBERT J.」[CD+DVD](amazon

 この春に出た「ME AND Mr.JOHNSON」CDに、そのリハーサル風景&セッションを撮影したDVDがセットになったもの。だったら最初に出せって話ですよね。これだけのために買っちゃいそうな内容ならいんですが。ま、クラプトンのファンは金持ってるオッサン多そうだし、問題ないか‥‥



▼SIMON & GARFUNKEL「OLD FRIENDS : LIVE ON STAGE」[2CD+DVD](amazon

 先にリリースされた2枚組CDに、同内容の映像版DVDを付けたデラックス・エディション。アート・ガーファンクルの麻薬所持逮捕でミソが付いてしまった感もあり、結局来日も実現せず幻となった再結成ツアー。これ観て(聴いて)泣いてください‥‥


投稿: 2004 12 04 12:05 午前 [2004年の作品, A Perfect Circle, Aerosmith, Evanescence, Linkin Park] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003年10月13日 (月)

A PERFECT CIRCLE『Mer de Noms』(2000)

TOOLのシンガーであるメイナード・キーナンが、そのTOOLのギターテクだったビリー・ハワーデルと結成したバンド、それがこのA PERFECT CIRCLE。メイナードの知名度からどうしても「メイナードのサイドプロジェクト」と見られがちだけど、元々はビリーが作っていたデモテープを聴いたメイナードが「これを一緒にやりたい」と便乗したことからスタートしています。このアルバム『Mer de Noms』に収録されている全楽曲、メイナードとビリーの共作ですしね。そこからスタートしていろんな人間を巻き込んで、最終的にトロイ・ヴァン・リーウェン(Gt)、パズ・レンチャンチン(Ba & Violin)、ジョシュ・フリース(Dr / VANDALS)の3人を迎えバンドとして活動開始。親交の深いNINE INCHE NAILSの1999年のツアーに同行する等、まずライヴにてその正体を露わにするわけですが、ここ日本ではやはりアルバムリリース後のフジロック('00年7月)でのライヴでしょうね。残念ながら俺はこの年の苗場には行けなかったんですが、もの凄い衝撃的なライヴだったようですね。

さてさて、そんなこのアルバム。TOOLのレコード会社との訴訟問題、それに伴う活動停止の副産物と言われていますが、ハッキリ言ってTOOLとは別物と考えた方が正解です。勿論、歌っているのはメイナード本人ですし曲作りにも携わっていますが、表現しようとしてるものやその方法等が違っているわけですし。TOOLではひとつひとつの楽器と声、個々が独自の主張をし、それがぶつかり合うことで共鳴し、独特な世界観を生みだしていると考えているんですが、APCの場合は全く逆‥‥ぶつかり合うというよりは「退きの美学」みたいなものを強く感じるんですね。例えばボーカルやギターが力強く鳴っている時は、他の楽器はそれをバックアップするような役目を果たしているし、バイオリンみたいな繊細な楽器がリードを取っている時は、歌でさえもそれを邪魔しないように盛り立てている。TOOLが結果論の音楽(完成するまでどういったものになるのか見えない)なのに対し、APCは先に提示されているものに対して全員で取り組み再現する‥‥それくらいの違いを感じるわけです。

1曲1曲がコンパクト且つポップなのもAPCの特徴でしょう。特にこのアルバムの楽曲は大半が3~4分台で、5分を超える曲はひとつもないし、逆に2分ちょっとの曲が2~3曲あるのもTOOLと比べると大きな違いですよね。TOOLの場合もそういう短い曲はありますが、あくまで続く次の曲へのインタールード的インストだったりするので、ちょっと意味合いが違ってきますしね。それとメイナードのメロディもヘヴィロックのそれとは違う、むしろゴシック調のイメージが強いものが多く、例えばジャンルは違いますがDEPECHE MODEといったタイプのバンドに近い色合いを見出すことができます。最近ではこういったゴシック調のヘヴィロックも幾つか登場していますが(EVANESCENCE等)、やはりそういったバンド達とは根本的に違う何かを持っているんですよね、APCって。それがビリー・ハワーデルというギタリスト/ソングライターの才能なのか、はたまたメイナードの才能なのか、あるいは参加しているミュージシャン達によるものなのか。恐らくその全部でしょうね。それぞれがそれぞれの仕事を的確にこなした結果、それがこのアルバムを高水準なものにした要因でしょう。

TOOLよりも聴きやすいし、どうしてもTOOLには取っつき難さを持ってる人が多いと思うんですね。やれ「プログレチック」だの「変態系オルタナ」だの。確かにそういった先入観が邪魔して手を出すまでに至らないのは理解できます。だから尚更、そういった人にはこのアルバムをまず聴いて欲しいと思うわけです。ヘヴィ過ぎず、それでいてポップ過ぎず(過剰なまでにポップさは皆無ですね。あくまでTOOLと比べて‥‥って意味)、独自のハーモニーと世界観を持つバンド。これはサイドプロジェクトなんかじゃなくて、今後もずっと続いていくバンドでしょうね。現にTOOLの活動が一段落した2002年当たりから、再びメイナードとビリーはこのバンドのセカンドアルバムに着手し始めたわけですから。

残念ながらこのアルバムとそのツアーに参加していたトロイとパズが脱退(トロイはQUEENS OF STONE AGEに、パズはZWANに加入するも、それぞれ現在は脱退済)、一時期レコーディングにはNINE INCH NAILSのダニー・ローナーが参加していたようですが、最終的には元MARILYN MANSONのトゥイギー・ラミレズと元SMASHING PUMPKINSのジェイムズ・イハが加入。2003年夏からツアーを開始し、9月にはセカンドアルバムもリリースしたばかり。いよいよ単独来日も控えています。

最近ではこういったタイプの音の人気はどんどん衰退しているのかもしれませんが、リリースから3年経った今聴いても全然色褪せていないし、むしろ時間が経ってみて改めて「素晴らしいアルバムだったなぁ」と再認識した程です(いや、リリース当時も良いと思ってましたけど、まさかこんなに素晴らしかったとは‥‥ってことで)。ゴスや「グランジ以降」に興味を持つ人、各メンバーが参加していたバンドが好きだった人、そのどれにも当てはまらないけど独特な世界観を持ったロックバンドが好きな人、まだ聴いたことがないのならこれを機に是非。



▼A PERFECT CIRCLE『Mer de Noms』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 10 13 12:00 午前 [2000年の作品, A Perfect Circle, Tool] | 固定リンク