カテゴリー「AC/DC」の10件の記事

2019年6月27日 (木)

AC/DC『BLACK ICE』(2008)

2008年10月にリリースされた、AC/DC通算14枚目(オーストラリア国内では15枚目)のオリジナルアルバム。前作『STIFF UPPER LIP』(2000年)から約8年半という全キャリアの中でもっとも長いスパンを経て発表された本作は、アメリカでは『FOR THOSE ABOUT TO ROCK WE SALUTE YOU』(1981年)以来実に27年ぶりの1位を獲得。そのほかにも本国オーストラリアやイギリス、カナダ、フランスなど29カ国で1位に輝いた、(現時点での)2000年代を代表する1枚です。

プロデューサーに初めてブレンダン・オブライエン(AEROSMITHPEARL JAMRAGE AGAINST THE MACHINEなど)を迎えて制作した本作は、全15曲で約56分とオリジナルアルバムとしては過去最長。じゃあ聴くのが大変かといいますと、まったくそんなことはなく、どの曲も3〜4分台で相変わらずのAC/DC節が終始貫かれており、カッコいいロックンロールがぎっしり凝縮された濃厚な作品集と言えます。

正直、ブライアン・ジョンソン(Vo)、アンガス・ヤング(G)、マルコム・ヤング(G)、クリフ・ウィリアムズ(B)、フィル・ラッド(Dr)という黄金期が復活して以降の2枚……『BALLBREAKER』(1995年)と『STIFF UPPER LIP』は「悪くはないけど、最高とまでは言い切れない」彼らにしては並な作品でした。いや、どれも“らしい”作風なんだけど、音源だけじゃ理解しきれない、ライブを体験しないとキツいかな……と思えてくるような“若干地味”なものばかりだったんですよね(だからこそ、『STIFF UPPER LIP』は来日公演をようやく目にすることができて、印象が少し良くなったわけですが)。

で、それと比べて今回の『BLACK ICE』はといいますと、全体的に軽やかさやキャッチーさが増しているように感じられました。『THE RAZORS EDGE』(1990年)みたいにどキャッチーではないですが、それでも同作に匹敵する“わかりやすさ”が備わっている。アップテンポの曲が1曲もなくったって、ここまでやれるんだぞ?という気概も感じられるし、ミドルテンポの中にも多少の上下を付けて変化を与えている。

聴く人が聴けばマンネリの一言で片付けられてしまうかもしれない。それはもう仕方ない、その人にとってAC/DCというバンドの本質がまったく必要としないものなのでしょう。けど、ロックンロールが好きで、AC/DCというバンドに多少なりとも魅力を感じたことがあるリスナーなら、このアルバムって最初から最後まで気持ちよく楽しめるものなんじゃないでしょうか。それこそオープニングの「Rock N Roll Train」のキャッチーさから、エンディングを飾るタイトルトラック「Black Ice」のヘヴィさまで、ノリノリでね。

思えば、本作を携えたさいたまスーパーアリーナ公演(2010年3月)が現時点で最後の来日なんですよね。あの巨大な機関車が登場する「Rock N Roll Train」でのオープニング、懐かしいなあ……。

黄金期ラインナップによる最後のオリジナル作品、そして同ラインナップでの最後の来日。いろいろ感慨深い記憶を残す1枚です。

 


▼AC/DC『BLACK ICE』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

続きを読む "AC/DC『BLACK ICE』(2008)" »

2019年4月29日 (月)

AC/DC『LET THERE BE ROCK』(1977)

本国オーストラリアで1977年3月、それ以外の国で同年7月に発表されたAC/DCの3rdアルバム(本国では4作目)。イギリスで初めてチャートインし、最高17位という好記録を残した、バンドにとって海外でブレイクするきっかけを作った重要な1枚です。

ボン・スコット(Vo)在籍時の初期作品の中では本作と『HIGHWAY TO HELL』(1979年)が初心者向けのスタジオアルバムと言えるぐらい、現在もライブで披露される機会の多い名曲が豊富な内容。タイトルトラックはもちろんのこと、GUNS N' ROSESもカバーした「Whole Lotta Rosie」、グルーヴィーな「Dog Eat Dog」やこれぞAC/DC!と言いたくなる「Bad Boy Boogie」や「Hell Ain't A Bad Place To Be」など、捨て曲一切なし。全8曲、40数分と決して長い内容ではないですが、その密度は曲数や収録時間の数倍濃いものとなっています。

……と、ここまで書いて、すでに本作について伝えたいことは全部伝えてしまったような気がします(笑)。ってくらい、「読む前に、まず聴け!」と断言したくなる1枚。AC/DCとはなんぞや?と問われたときに、まずはこれを差し出すぐらいの傑作だと思っています。

確かにブライアン・ジョンソン(Vo)以降のヘヴィメタル的な重さや鋭さは皆無ですし、ポップさという重要な要素もここではまだ弱い気がします。しかし、1977年というイギリスでパンクロックが勃発したタイミングに、本作が17位という好記録を残しているという事実。そこにこのアルバムが現在まで愛され続ける秘密か隠されている気がするのですが、どうでしょう?

パンクよりも密度が濃いし、なんなら旧時代然としたスタイルのサウンドです。だけども、パンクロックにも通ずる衝動性はしっかり体現されている。そういった「シンプルに、ただカッコいいことをデカイ音で鳴らす」という姿勢が、当時のキッズに受け入れられたのでしょうか。あるいは、パンクスの陰に隠れてしまったハードロックキッズたちが「これこそが俺たちが今求める音!」と無言の意思表示をした結果がこの数字だったのか。できることなら1977年のイギリスに行って、AC/DCのライブ会場を覗いてみたいものです。

ギターを弾く人にとっては、本作は名ギターリフの宝庫でもあるんじゃないかな。シンプルだけどインパクトが強いリフの数々と、アンガス&マルコムのヤング兄弟によるリフのユニゾンや微妙に異なるフレーズが重なったときの気持ち良さなど、楽器弾き観点でも聴きどころ満載な1枚。ヘッドフォンを付けて爆音で聴くのもいいですが、AC/DCに関してはとにかくスピーカーを通して、可能な限りデカイ音で聴いてほしいな。それが一番、魅力がダイレクトに伝わるはずなので。

 


▼AC/DC『LET THERE BE ROCK』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

続きを読む "AC/DC『LET THERE BE ROCK』(1977)" »

2018年7月10日 (火)

AC/DC『THE RAZORS EDGE』(1990)

サッカーW杯が始まってから、CMでよく耳にするAC/DC「Are You Ready」。HR/HMファンなら「えっ?」って振り返ってしまうと思うんです。事実、僕も何度このCMと直面しても「えっ?」って画面に釘付けになってしまいますから。これ、コカ・コーラFIFAワールドカップキャンペーン「Stock Up」編CMにて使用されているとのこと。YouTubeにもCM動画が公開されています。→W杯終了と同時に、動画は削除されたようです。

ということで今回はこの「Are You Ready」が収録されている、1990年9月リリースのAC/DC通算11作目(本国オーストラリアでは12作目)のスタジオアルバム『THE RAZORS EDGE』をピックアップしたいと思います。

前作『BLOW UP YOUR VIDEO』(1988年)で全米12位、全英2位と本格的に復活を果たしたAC/DCですが、続く『THE RAZORS EDGE』ではその人気をさらに確固たるものとします。プロデューサーに迎えたのはBON JOVIAEROSMITHなどでおなじみの“時の人”ブルース・フェアバーン。その組み合わせに最初こそ度肝を抜かれましたが、いざ完成したアルバムを聴くと「なるほど!」と思わずにはいられないキャッチーさ納得させられます。

おそらくブルースはかなりアレンジ面に口を挟んだんじゃないかと思うのです。例えばオープニングを飾る「Thunderstruck」にしても、リフ自体はアンガス・ヤング(G)の手癖的プレイの延長ですが、それをここまでシークエンスさせて引っ張るアレンジはブルースのアイデアだったのではないでしょうか。結果、それにより非常にモダンさが強まり、またドラマチックさを演出する上でもかなり効果的だったように思います。今やスポーツ観戦にも欠かせない1曲になりましたからね。

それ以外の楽曲も非常にポップでコンパクト。シングルヒットした「Moneytalks」(全米23位)や「Mistress For Christmas」、そして先の「Are You Ready」のような曲はもちろんのこと、アップテンポな「Fire Your Guns」やヘヴィな「The Razors Edge」ですらポップさを兼ね備えているのですから。

では、ポップになってことで彼らがヤワになったのか?と問われると、実はまったくそんなことはなく。名盤『BACK IN BLACK』(1980年)とは異なる質感のヘヴィさはしっかり表現されていると思います。

が、それ以上にポップさやキャッチーさが強く前面に打ち出されている。それが全米2位(500万枚以上のセールスを記録)、全英4位という数字に裏打ちされているのではないでしょうか。本作は「AC/DCはちょっと苦手……」というリスナーにも、もしかしたら受け入れてもらえる可能性の高い1枚かもしれません。



▼AC/DC『THE RAZORS EDGE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

2017年11月19日 (日)

AC/DC『BACK IN BLACK』(1980)

大ヒットした1979年のアルバム『HIGHWAY TO HELL』に続く、AC/DC通算7枚目のスタジオアルバム(1980年夏発売)。前作から引き続き、プロデュースをジョン・マット・ラングが担当。と、ここまで書くと前作の延長線上にある作風かと想像してしまいがちですが、前作との間にひとつの大事件が発生します。それがフロントマン、ボン・スコットの急逝(1980年2月)でした。バンドの顔ともいえるボンが亡くなったことで、本来はその歩みを止めてもおかしくないところを、AC/DCは前作からまる1年というハイペースで本作『BACK IN BLACK』を完成させるのでした。

新たに加入したシンガーは、イギリス生まれのブライアン・ジョンソン(元GEORDIE)。ボンの歌声はどこか気だるさや色っぽさ(エロさ)も感じられる独特の個性でしたが、ブライアンの歌声はもっと硬質。極論を言ってしまえば、ロックンロールシンガーからヘヴィメタルシンガーに交代したというくらい、バンドの顔が急に変わってしまったわけです。

当然、バンドが作り出すサウンド自体もブライアンの特性を生かしたものにシフトチェンジ。キャッチーで軽やかなイメージのあった『HIGHWAY TO HELL』とは異なり、この『BACK IN BLACK』ではヘヴィでソリッドなハードロックを奏でております。もう1曲目「Hells Bells」からして異質ですよね、それまでのAC/DCを考えれば。冒頭の鐘の音は、亡くなったボンへの鎮魂を意味するのでしょう(確実に『HIGHWAY TO HELL』へのアンサーと思われます)。そして不穏なギターリフから徐々にヒートアップして、いつになくシリアスな表情で、そしてヒステリックなサウンドで新生AC/DCの誕生を高らかに宣言する。こんなにもドラマチックで、聴き手をたぎらせるオープニング、そうはないですよね。

「Shoot To Thrill」のようなロックンロールもあるんだけど、やはりそれまでとはどこか違う。いや、ギターリフを聴けば間違いなくAC/DCなんだけど、やはり新しさを感じさせる。アナログB面1曲目のタイトルトラック「Back In Black」の、音の隙間を効果的に生かしたリフ&リズムワークはHR/HM史に残る名演のひとつです。かと思えば、前作からヒットした「Highway To Hell」の意思を受け継ぐ「You Shook Me All Night Long」もあるんだから……本当、すごいアルバムだと思います。

1曲1曲を抜き出して語るよりも、アルバムをひとつの音の塊として語りたい。『BACK IN BLACK』はそんな作品だと思います。HR/HMの教科書と言ってもいいくらい、まずはこれから聴け!と突きつけたいくらい、「知らなきゃモグリでしょ?」って言いたくなる1枚です。

ブライアン・ジョンソン(Vo)、アンガス・ヤング(G)、マルコム・ヤング(G)、クリフ・ウィリアムズ(B)、フィル・ラッド(Dr)。第二の黄金期を築き上げたこの布陣は、今後再び揃うことはありません。ブライアンの耳の不調によるツアー離脱、マルコムの認知症によるバンド活動休止、フィルの逮捕、クリフの引退……そして……残念でなりません。過去3回の来日中2度、この編成によるステージを観ることができたのは、もしかしたら幸運だったのかもしれませんね。



▼AC/DC『BACK IN BLACK』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

2017年6月20日 (火)

AC/DC『ROCK OR BUST』(2014)

2014年11月にリリースされた、AC/CD通算15枚目(オーストラリア国内では16枚目)のスタジオアルバム。プロデュースは前作同様、ブレンダン・オブライエンが担当。マルコム・ヤング(G)が認知症のためバンドを離れ、代わりにマルコム&アンガス・ヤング(G)の甥にあたるスティーヴィー・ヤングが加入して制作されました。また、本作を携えたツアー期間にフィル・ラッド(Dr)が逮捕されバンドを脱退。代役として90年代前半に在籍したクリス・スレイドが再加入しています。また、ブライアン・ジョンソン(Vo)も聴力障害のためツアーを離脱。2016年のツアーではGUNS N ROSESのアクセル・ローズがゲスト・ボーカリストとして代役を務めたことは記憶に新しいと思います。さらに、クリフ・ウィリアムズ(B)も本ツアー終了後にバンドから脱退。結果として、我々がよく知るAC/DC最後のアルバムとなってしまいました。

全米1位を獲得した前作『BLACK ICE』(2008年)から6年ぶりに発表された本作は、どの曲も2〜3分台という非常にシンプルな構成。全11曲でトータル34分というランニングタイムは昨今の作品としては非常に短く感じますが、実際に聴くとその倍くらいあるんじゃないかと思えるほどの濃厚さがあります。シンプルだからこその濃さ。これこそが、40年以上の活動を経て到達した境地なのかもしれません。

思えば前作は8年ぶりの新作。気合いを入れて望み、結果として全15曲入り、トータル55分という、当時としては「最強のAC/DC」を表現していたと思います。しかし、その最強な状態からさらに余計なものをそぎ落とした結果、「11曲ぐらいで、34分でも大丈夫じゃない?」という結論にたどり着いた。というのは、考えすぎでしょうか? でも、そう思えるぐらいに寸分も隙がない、鉄壁なロックンロールアルバムだと思うのです。

そう、本作はHR/HMというよりはロックンロール。『BLACK ICE』はまだハードロックですよね。それ以上に原始的、もしくはルーツに原点回帰したのがこの『ROCK OR BUST』なんじゃないでしょうか。

とはいえ、ボン・スコット時代のそれと比較するとまた違うんですけどね。まぁそこは、ブライアン・ジョンソンという替えがきかないボーカリストによるものが大きいと思いますが。幸いブライアンはまだバンドに残っているようですし、耳の調子次第ではツアーにも復帰してくれるはず。レコーディングだって……どうなるのかわかりませんけどね。仮にこのアルバムでバンドの歴史に幕を降ろしたとしても、それはそれで納得がいきますし。

できることなら、このアルバムを携えた来日公演を見たかった。もし後悔があるとしたら、その一点のみです。



▼AC/DC『ROCK OR BUST』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

2017年3月10日 (金)

AC/DC『BLOW UP YOUR VIDEO』(1988)

記憶に間違いなければ、僕が初めて購入したAC/DCのアルバムはこの『BLOW UP YOUR VIDEO』です。初めて聴いたアルバムはその前作にあたる(オリジナルアルバムではないけど)『WHO MADE WHO』(1986年)だけど、あれはレンタルレコードだったし。

というわけで、今回紹介するのはAC/DCが1988年初頭にリリースした通算10作目(本国オーストラリアでは11作目)のオリジナルアルバム『BLOW UP YOUR VIDEO』。時代背景的には言うに及ばず、1986年末のBON JOVI大ブレイクを機に勃発したHR/HMムーブメントの最中、最初に発表されたAC/DCの新作がこれでした。このちょっとまえにAEROSMITHが『PERMANENT VACATION』(1987年)で大復活を果たし、彼らのフォロワーといえるGUNS N' ROSESやRATTといったバンドがエアロに対するリスペクトを発言。特にガンズからはそれと同じくらい名前が挙がっていたのが、このAC/DCでした。実際、初期の彼らはライブでよく「Whole Lotta Rosie」をカバーしていましたしね。

当のAC/DC自体は1980年に発表した『BACK IN BLACK』が爆発的ヒットを記録し、続く『FOR THOSE ABOUT TO ROCK WE SALUTE YOU』(1981年)は念願の全米No.1を獲得。しかし、フィル・ラッド(Dr)脱退以降、セールスを一気に落としてしまい、いわば落ち目になりかけていたタイミングでした。そこに世界的なHR/HMムーブメント、若手アーティストからのAC/DC待望論と状況が好転しだしたところで、起死回生の一手としてこのアルバムが発表されたわけです。

リアルタイムで聴いたときは、とにかく冒頭の2曲「Heatseeker」「That's The Way I Wanna Rock 'N' Roll」のカッコよさにやられ、それ以降の楽曲は地味という印象でした。まぁ当時16歳になったばかりのガキンチョでしたしね。派手なアレンジこそサイコーみたいな勘違い、誰にでもありますよね。

で、リリースから30年近く経った今、以降のバンドの歴史も踏まえつつ聴き返すと、やっぱり原点回帰的な思いが込められていたんだなということに気づかされます。その原点は大ヒットした『BACK IN BLACK』やその前の『HIGHWAY TO HELL』(1979年)ではなく、それこそオーストラリアでバンドを始めた頃まで遡るのかなと。全体的に無駄がなくてシンプルなのはいつもどおりなんですが、そこに加えて(後任ドラマーのサイモン・ライトのジャストなドラミングにも関わらず)前のめり感が強い。言い方を変えると……若々しくてパンキッシュなんですよ。

先に挙げた冒頭2曲は言うまでもなく、それ以外の曲からも貫禄よりフレッシュさに満ち溢れている。しかも、昔は地味だと思い込んでいた楽曲群が、実はポップで親しみやすいものばかりだということにも気づかされる。「Mean Streak」も「Go Zone」も「Kissin' Dynamite」もめちゃめちゃ良いし、「Nick Of Time」や「Ruff Stuff」みたいにポップで親しみやすい楽曲、AC/DC流泣きメロが気持ちいい「Two's Up」、“これぞパンク”と言わんばかりに攻めまくる「This Means War」みたいな曲もある。あれ、全然地味じゃないじゃんか、と。

結局AC/DCはこの2年後、1990年にさらにポップで親しみやすいアルバム『THE RAZORS EDGE』で再び天下を獲ることに成功するのですが、そこと比べたら『BLOW UP YOUR VIDEO』は確かに地味。セールス的にも復調はしたけど、過去の大ヒット作と比べたらそこまでのヒットとも呼べない。過渡期の1枚と呼ばれがちですが、あのタイミング、あの時代背景があったからこそAC/DCが踏ん張って生み出すことができた奇跡のアルバムだったのではないかと、発売から29年経った今思うわけです。いや、本当にいいアルバムですよ。



▼AC/DC『BLOW UP YOUR VIDEO』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

2005年10月28日 (金)

AC/DC『STIFF UPPER LIP』(2000)

昨日BUCKCHERRYを取り上げたせいか、その後急にAC/DCが聴きたくなって。特に古い作品じゃなくて、ここ最近‥‥'90年代以降のスタジオ作ばかり聴いてて。とはいっても1990年の『THE RAZORS EDGE』以降は1995年の『BALLBREAKER』と2000年の『STIFF UPPER LIP』の3枚しかリリースしてないんですけどね。5年に1枚の計算か‥‥そうこうしてるうちにみんなドンドン老いていくというのに‥‥

2000年に『STIFF UPPER LIP』をリリースして以降、ツアーや単発のライヴは結構やってたんですよね。チャリティーだったり、ホールクラスでの限定ライヴだったり、ROLLING STONESのオープニングアクト(!!)だったり、と。んでその時のツアーにはそれこそ約20年振りの来日公演(2001年2月)も含まれていたわけですが。勿論俺も行きましたし、その時の模様はライヴレポ書きましたしね。自分の中でも生涯忘れられないライヴの1本となったあの日から、早くも5年近く経とうとしてます。アルバムリリースから数えれば、来年の3月で丸6年……なのに一向に「新作完成!」の知らせが届かないのはどういうことなんでしょう?

AC/DCはこの5年の間にそれまで所属した「Elecktra / eastwest」から新たに「Sony」へと移籍してます。過去のアルバムやビデオ(DVD)の大半が再発され、店頭で彼等の作品にお目にかかる機会は確かに増えたものの、それら全部持ってる身からすると……う〜ん……あ、DVD『FAMILY JEWELS』は良かったですけどね、うん。

ま、そんなわけでこの『STIFF UPPER LIP』が現時点での最新作となるわけですが……久し振りに聴いたけど、やっぱりいいね。いや、基本的に俺はAC/DC全作品肯定派だけどさ、それにしてもその前の『BALLBREAKER』はちょっと厳しかったから。悪い作品ではないんだけど、総じてミドルチューン中心、しかもユルいまま進むのがね、さすがにリピートする機会は少ないですね未だに。90年代以降の作品は時代を象徴するようなプロデューサーを迎えて制作していたこともあって(『THE RAZORS EDGE』はBON JOVIAEROSMITHでお馴染みブルース・フェアバーン、『BALLBREAKER』はかのリック・ルービン)まぁ悪くはないけどちょっと欲張り過ぎ?みたいな印象も受けたりしたんですが、昔馴染みのジョージ・ヤングがプロデュースしたこの『STIFF UPPER LIP』は適度な緊張感とユルさがバランスよく詰め込まれていて、非常に聴きやすいんですね。あと、作風的にも'70年代後期から'80年代の、所謂往年の時代を再現しようとしてる風にも受け取れるし。年齢的にはかなり厳しいはずのブライアン・ジョンソン(Vo)もかなり頑張ってるし、アンガス・ヤングのギターも相変わらず唸りまくってるし、復帰2作目となるフィル・ラッドのドラムも前作以上にタイトだし、ボトムを支えるクリフ・ウィリアムズ(B)とマルコム・ヤング(G)のコンビネーションも相変わらず気持ちいいし。要するに、いつも通りのAC/DC節がこのアルバムでも全開だ、と。ホントそれ以上の言葉は要らないですよね。

多分……来年前半にはリリースされるだろう新作も、きっとこの延長線上にあるはずだし、変わりようがないはずだし。最高にイカすリフとカミソリみたいなシャウト、タイトなリズム隊とザクザクしたリズムギター、そして唸りまくるギターソロ……それさえあれば、AC/CDは安泰なのです。RAMONES亡き今、もはや“ワンパターンの良心”はAC/CDだけなのですよ。だからこそ、頑張って欲しいのです、新作が楽しみで楽しみで仕方ないのです。

ま……聴いたら聴いたで、「うわっ、また同じリフ使ってる!」とか「この曲、前にも聴いたことあるような……」って呟きまくるんですけどね、恐らく。それでもオッケーなのがAC/DC。もはや国宝ですよ、ロックンロールの。



▼AC/DC「STIFF UPPER LIP」(amazon:日本盤US盤UK盤

2003年5月28日 (水)

AC/DC『HIGHWAY TO HELL』(1979)

AC/DCが1979年夏にリリースした名作『HIGHWAY TO HELL』。現在も活躍する彼等ですが、このアルバムでのメンバー構成はボーカル以外は一緒なんですよ……そう、このアルバムをリリースした翌年、ここで歌っているシンガー、ボン・スコットは亡くなってしまうんですね。そういう意味ではこれが遺作となってしまうわけですが、全然そんな予兆を感じさせない、本当に活き活きしたリフロックを連発しています。

FREEの名曲「All Right Now」にも通ずるポピュラリティを持ったミドル・ポップチューン「Highway To Hell」からスタートするこのアルバム。それ以前のアルバムと比べると明らかにメロディの質が変わってきています。まず、聴きやすい・判りやすいメロディが増えたこと。いや、それまでの楽曲も判りやすかったんですが、それ以上に親しみやすいメロディが多いんですね、このアルバム。それでいてロックンロールの本質的な面も失っていない。更に何よりもサウンド面でかなり向上している。これはプロデューサーが変わったことも大きく影響してるんでしょう(このアルバムから、後にDEF LEPPARDやブライアン・アダムス等で有名になるジョン・マット・ラングが手掛けるようになります)。ギターサウンドもさることながら、リズムトラックの生々しさが凄いんですよね。まぁ「その後のAC/DCらしさ」という点では次作『BACK IN BLACK」』の方がより優れているわけですが、初期AC/DCの集大成、そしてその後の彼等を占うという意味ではこの『HIGHWAY TO HELL』もかなり優れた作品だと思っています。個人的には一番好きなアルバムなんですよね。

近年のライヴでも演奏される機会があった「Girls Got Rhythm」や「Shot Down In Flames」といったストレートなロックチューンといい、如何にも彼等らしいハイテンションな「Walk All Over You」や「Beating Around The Bush」といい、ポップな「Highway To Hell」や「Get It Hot」といい、お得意のスローブギー「Night Prowler」といい、とにかく1曲1曲が粒ぞろいでバラエティ豊か。ロケンローだとかハードロックだとか、そういった陳腐な枠分けで片づけたくはないですよね。本当にいい楽曲、いいアルバム。

最近、DATSUNSやJETといった同郷及びその近隣諸国から登場したバンドが「AC/DCフォロワー」として脚光を浴びていますが、もしこれを読んでいる若い子達でまだAC/DCの音に触れたことがないのなら、まずはこのアルバムから聴いてほしいなぁと思います。個人的にはこれと一緒に次作『BACK IN BLACK』も聴いてほしいんですけどね。この連作、ただボーカルが変わったというだけではなく、バンド内に大きな革命が起きたことも伺い知ることができますからね。

あと、よくそれらのバンドのシンガーが「AC/DCみたい」と表現されることが多いですけど、それはこのアルバムで歌うボン・スコットを指してるんですよね。決して今のシンガー、ブライアン・ジョンソンのことではなく。DATSUNSにしろJETにしろ、非常にボン・スコットっぽいんですよね。どこがどう違うのか……っていうのも2枚のアルバムを聴き比べると自ずと見えてきますしね。とにかく文句なしの名盤なんで、機会があったら是非一度。



▼AC/DC『HIGHWAY TO HELL』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

2001年2月25日 (日)

AC/DC『STIFF UPPER LIP TOUR 2001』@横浜アリーナ(2001年2月19日)

感動した、とかそんなちんけな言葉では片付けたくない。そんな2時間だった。15年待った甲斐があったってもんだ。いや、15年も待たせやがって‥‥この15年という長い時間は日本のロックファンにとって不幸以外のなにものでもない。ストーンズはデビューから30年近くかかった。確かにAC/DCは過去に2回来日しているものの、それから19年も来ていなかった。俺が彼らを知ってから15年‥‥そう、今のロックファンの多くは彼らを体験していないに等しい。これは快挙以外のなにものでもないのだ。

奇しくも19年振りの来日公演初日は、前任ボーカリスト、ボン・スコットの21回目の命日だ。偶然だろうが、偶然にしては意味深すぎる。後で聞いたところによると、センター席最前列近くには何故か喪服を着た方々もいらっしゃったそうだ(苦笑)。とにかく、多くのロックファンにとって、それぞれがそれぞれの思いを抱いて会場へ出向き、そしてその感情をぶつけていたのが印象的だった。

ファンの歓迎振りはグッズ売り場での長蛇の列からも伺う事が出来た。同じ横浜アリーナで観たOASISの時も長蛇の列だった。そう、ロックファンにとってはデザインの小綺麗なOASISも厳ついAC/DCも同列なのだ(って単にOASISの時はにわかファンが多かっただけかもしれないが。それにこの長蛇の列は横浜アリーナの特質なのかもしれない。売り場の位置の関係上ね?)。

さて、俺はライヴ直前の「今回の来日について思うこと」コラムで、このライヴを観た後に何が見えてくるのか、と書いた。答えなんかないかもしれない、とも書いたが、本当にその通りだった。15分遅れでスタートし、客殿が点くまでのまる2時間、ただ俺はヘラヘラ笑っていた。発する言葉と言えば「おおっ」「ぐぉっ!」「うわぁ~」「すげぇ!!」といった、正に擬音に近い表現ばかりだ。「感動した、とかそんなちんけな言葉で片付けたくない」とは書いたものの、実はそれ以前に思考回路が停止したままだったというのが正解だろう。確かにビデオで観るよりステージは小さいのかもしれないし、花火や火薬の量も極端に少ないだろう。けど、そんな事は終わって暫く経ってから気づいた事であって、ライヴ中は全く気にならず、むしろ「うわ~、ここまでやっちゃう!?」って気持ちが先走っていた。

演奏は完璧だったし、ブライアンの歌も思っていた以上によく出ていて、納得いくものだった。客の声援や歌声も尋常じゃなかったし、それに応えるバンド側も「プロ」に徹していた。オーディエンスが求めるモノと、バンド側が表現するモノ。これが見事に一致していた。こんなライヴ、滅多にお目にかかれないだろう。しかもライヴハウスでの小規模ではなく、1万人以上も入るアリーナクラスでの出来事だ。

選曲も、約20年の穴を埋めるかのようなグレイテスト・ヒッツ的内容で、新作のツアーだというのにアルバムからはたったの1曲だったという(苦笑)。けど、そんなのは終わってから気づいた事であって、本当に(何度も言うが)難しいことを考えさせない、まさしくエンターテイメントだった。正直、ライヴ前にそんなに予習をしてなくて、聴いてたアルバムも新作『STIFF UPPER LIP』と2枚のライヴ盤、それに『HIGHWAY TO HELL』と『BACK IN BLACK』くらいだろうか。勿論それまでには全てのアルバムに手を出していてどれもよく聴いていたので、まぁライヴ前だからって今更なぁって気持ちもあったのかもしれない。だって正直、選曲がどうなるかなんて判らなかったし。で、実際にライヴの最中、知らない曲は1曲もなかった。どの曲もサビにくると一緒に大声で唄っていた。特に後半の「Back In Black」以降の黄金のヒットメドレーには爆涙モノだった。ガンズのではなく、AC/DCの演奏で唄う「Whole Lotta Rosie」にはやっぱり鳥肌が立った。

バックのアンガス巨大ブロンズ像が動いたり、角が生えて光ったり、口から煙吹いたりっていうギミックも、アンガスのパンツ見せも、アンガスがブライアンのハンチング帽を取って見せたり、ダックウォークだったり、「オイッ、オイッ」ってかけ声だったり、「The Jack」のサビ大合唱だったり、最後の大砲大連発だったり、それら全てが毎回毎日の「お約束」なわけで、全てお見通しなのだけど‥‥やっぱり生で観て/体験してしまうと言葉を失う。いやぁ、スケールが違いすぎる。

馬鹿馬鹿しいと言ってしまえばそれまでだし、そんな予定調和と切り捨てる事も簡単だろう。けど、ここまで馬鹿に徹して観客を満足させて更にお釣りがついておまけにお土産まで持たされた今回のライヴを観た人間に、そんな事は言えないはずだ。ボン・スコットの命日だっていう悲壮感もゼロ。約20年振りだという感慨深さもゼロ。まるでずっとそこにあったかのように、当たり前に楽しませてくれたバンド。これはちょっとやそっとで出来るもんではない。これ観たら、暫く他のバンドが霞んでしまうような気が‥‥あ、俺この後KISS観に行くんだった‥‥同じエンターテイメント性豊かなバンドだけど、こっちはちょっと不安だなぁ‥‥演奏面が‥‥(苦笑)

とにかく、30間近のこんな俺でも童心に返って楽しむ事が出来た、そんな素晴らしいライヴだった。数年に何本観れるか判らない、極上のステージ。さて、次はいつ観れるのかな‥‥


<セットリスト>
01. You Shook Me All Night Long
02. Stiff Upper Lip
03. Shot Down In Flames
04. Thunderstruck
05. Hell Ain't A Bad Place To Be
06. Hard As A Rock
07. Shoot To Thrill
08. Rock And Roll Ain't Noise Pollution
09. Sin City
10. Bad Boy Boogie
11. Hells Bells
12. Get It Hot
13. The Jack
14. Back In Black
15. Dirty Deeds Done Dirt Cheap
16. Highway To Hell
17. Whole Lotta Rosie
18. Let There Be Rock
—Encore—
19. T.N.T.
20. For Those About To Rock (We Salute You)

2001年2月18日 (日)

19年振りの来日について語る

AC/DCが'82年以来、約19年振り3度目の来日を果たす。正直これは去年のNINE INCH NAILS初来日並に、いや、それ以上に衝撃的だった。ネット上でいろいろ話題が飛び交う中、伊藤政則が彼のラジオ番組の中でその一報を発表した時、全身に稲妻が走ったかのような衝撃を受けた。しかもその初日となる2月19日は、前任ボーカリスト、ボン・スコットの命日だ‥‥何なんだ、これは一体‥‥!?

 俺が初めて彼らを知ったのは、多分'86年頃だったと思う。当時のMTVかベストヒットUSAで見た彼らの"Who Made Who"のビデオクリップが切っ掛けだった。そう、あのアンガス・ヤングがいっぱい出てきてエアギター(厚紙に印刷されたギターをさも弾いてるかのようにアクションする行動。メタルファンに多い/笑)かましまくってる大勢の皆さんに衝撃を受けたのか、それともいい年した大人が小学生みたいな格好(半ズボンにランドセル背負ってギブソンSGをチャック・ベリー並に弾きまくる姿)してるのに衝撃を受けたのか、それともあのキャッチーな曲にやられたのか‥‥よくは覚えていない。ただ、雑誌等で「今のロック/ハードロックの雛形を作ったのは彼らと言っても過言ではない」という伊藤政則氏の言葉を覚えていた俺は、その後レンタルレコード店・YOU & 愛(時代を感じさせますな?)へ足を運ぶ。そこで同名のアルバム「WHO MADE WHO」を手に取る。中途半端なベストアルバム的内容だったが、それで満足だった。その後、再び店を訪れ店員に「AC/DCでオススメのアルバムってどれですか?」と質問する。そこで「これ」と勧められたのが「ギター殺人事件」という忘れられない邦題がついたボン・スコット時代のライヴ盤「IF YOU WANT BLOOD YOU'VE GOT IT」だった。多分、俺の人生の中でエアロの「LIVE BOOTLEG」、ハノイの「ALL THOSE WASTED YEARS...」の次に忘れられないライヴ盤となる。

うまい言葉で言えないけど、ロックの生々しさを真空パック状態に近い形でまとめたのがこのライヴ盤だったように思う。ボン・スコット時代を体験していない俺でも、如何に彼が尊敬されたかがよく判る内容だった。今でも年に何度か手にするこの盤、先日紙ジャケ仕様のリマスター盤で買い直してしまった程。まだ彼らを体験した事のない人には是非このアルバムから聴いてもらいたい。

話は変わって、最初に俺が買ったAC/DCのアルバムとなると、'88年リリースの「BLOW UP YOUR VIDEO」だ。当時放送されていたメタル専門番組「PURE ROCK」で見た"Heatseeker"のビデオ‥‥大きなテレビ画面をぶち破って中から現れるアンガス‥‥に再び衝撃を受けるのだった。当時まだ洋楽CDが3000円近くした時代、バイトしない田舎の高校生にはかなりの決断を迫られたが、買ってよかったと当時は思ったものだ。ちなみに当時の俺のベースにはバンドのロゴステッカーがキラリと輝いていた。

いつ頃からだろう、「AC/DCは日本を嫌っている」「日本はルックスが良くないと人気が出ないから行かない」「世界で最もギャラの高いバンドはRUSH, VAN HALEN, そしてAC/DCだ」と言われるようになったのは。最初のはともかく、後のふたつは事実らしい。補足すると、ルックスの問題は来日当時、日本で人気があったのがJAPANのようなバンドだったり、その後ニューロマンティック系のバンドが幅をきかせていた事が関係あるようだ。つまり男臭い自分達のようなバンドは日本では時代遅れだと勝手に判断してしまっていたらしい。その誤解を解くのに19年かかってしまったというわけだ。何という悲劇‥‥

そしてギャラの問題。これはその通りなのだが、更にステージセットの問題やバンドが納得するキャパシティーの会場がなかったという事も関係する。知っての通り、彼らのステージセットは巨大で、海外では数万人は入るアリーナクラスでのライヴばかりだ。ところがここ日本では、2回目の来日こそ武道館だったものの、その後人気低迷等が関係し、再び武道館で人を集められるだけの集客力がバンドになかったのも事実。つまりプロモーター側も躊躇していたわけだ。伊藤政則氏は「AC/DCを、ここ日本で観れないのは何たる不幸だろう」とこの10年近くずっと口にしている。アルバムが出るたび、そして海外でライヴを見てくるたびに‥‥

'90年には「THE RAZORS EDGE」を、'95年には「BALLBREAKER」をそれぞれリリースするものの、やはり来日の機会には恵まれなかった。その間にここ日本でも、AC/DCに対する評価がどんどん高まっていく。その原動力となったのは間違いなく伊藤氏のあの言葉であり、その言葉に感化されたAC/DCの生ライヴを知らない俺らのような(当時)若い世代がバンドに興味を持っていく。更にAC/DCに影響を受けたと発言するアーティストがどんどん登場する。MOTLEY CRUEであり、CINDERELLAであり、GUNS N'ROSESであったり。モトリーはライヴで名曲"Highway To Hell"を、そしてガンズは"Whole Lotta Rosie"をカヴァーし、我々は改めてAC/DCの楽曲の素晴らしさに触れる事となる。

そんな中、発表されたのが15年振り、そしてブライアン・ジョンソン加入後初のライヴ盤「LIVE」('92年)と、'91年8月にイギリス・ドニントンパークで行われたモンスターズ・オブ・ロック・フェスの模様を完全収録したビデオ「LIVE AT DONNINGTON」、そして'96年のスペインでのライヴを収録したビデオ「NO BULLS」といった、ライヴ音源/映像集だった。これによって、更に彼らに対する注目/評価は高まる。「観たい」‥‥この気持ちだけは高まるものの、一向に来る気配はなかった。

昨年の今頃、既に日本公演に向けて伊藤氏、そしてプロモーターはバンド側と交渉を重ねていたらしい。そして同年3月に最新作「STIFF UPPER LIP」が発表される。確か昨年のフジロックに是非彼らを!という声も沢山あったはずだ。しかし夏を過ぎても、秋を過ぎても一向に来日する様子はなかった。しかし、伊藤氏はこの頃から‥‥含みのある発言を繰り返していた。それを耳にする度に「もしや‥‥!?」とは思ったものの、やはり心のどこかで疑っていた。しかし、それは現実のものとなった‥‥

多分このサイトを覗いている方の中で、ここ日本で彼らの来日公演を観たという人はそうはいないはずだ。いや、いないだろう、2/19以前には。映像では目にしたことはあるものの、実体験はみんなが初めてなはずだ。海外で観た!?そりゃよかった。けどここ日本で観る事に意味があるのだ。だから俺は彼らを初めて知ったあの日から15年も待った。まだ中学生だった俺も、今では30歳を迎えようとしている‥‥長すぎた冬がやっと終わるといったところだろうか?

その運命の日を明日に控え、ここでこんな事を書いてしまうのはちょっとどうかと思うが‥‥正直な気持ちを書く。出来れば10年早く、そう、ドニントンでのライヴビデオの頃に観たかった。先日、テレビで今の彼らのライヴを見た。ブライアンは既に衰えを感じさせる歌声だったし、アンガスも見た目にはきつそうだった。勿論それは5年前のライヴビデオでも感じていた。けど、そんな事は2月19日の19時を無事に迎えられたら、どうでもよくなってしまうのかもしれない。「ここ日本で観ることに意味がある」のだから。そりゃ出来るなら完璧な状態を観たい。それが無い物ねだりと判っていても‥‥

好き嫌いがあるのは重々承知だ。あの声がダメって人が多いのも知ってる。けど、ロックを好きになった以上、通らなきゃいけない通過点なんじゃないだろうか? 21世紀になった今、これは日本国民の義務です。今からでも遅くないです。2/19と20はみんな、横浜アリーナに集合! 2/22には大阪城ホール前に集合するように!!

今回の来日はロック好きな人間にとってはお祭り同然だ。あの中学2年生の俺なら、どう感じるんだろう‥‥そんな事を考えながらライヴを楽しんできたいと思う。

その他のカテゴリー

1963年の作品 1966年の作品 1967年の作品 1968年の作品 1969年の作品 1970年の作品 1971年の作品 1972年の作品 1973年の作品 1974年の作品 1975年の作品 1976年の作品 1977年の作品 1978年の作品 1979年の作品 1980年の作品 1981年の作品 1982年の作品 1983年の作品 1984年の作品 1985年の作品 1986年の作品 1987年の作品 1988年の作品 1989年の作品 1990年の作品 1991年の作品 1992年の作品 1993年の作品 1994年の作品 1995年の作品 1996年の作品 1997年の作品 1998年のライブ 1998年の作品 1999年のライブ 1999年の作品 2000年のライブ 2000年の作品 2001年のライブ 2001年の作品 2002年のライブ 2002年の作品 2003年のライブ 2003年の作品 2004年のライブ 2004年の作品 2005年のライブ 2005年の作品 2006年のライブ 2006年の作品 2007年のライブ 2007年の作品 2008年のライブ 2008年の作品 2009年のライブ 2009年の作品 2010年のライブ 2010年の作品 2011年の作品 2012年のライブ 2012年の作品 2013年の作品 2014年の作品 2015年の作品 2016年の作品 2017年のライブ 2017年の作品 2018年のライブ 2018年の作品 2019年のライブ 2019年の作品 =LOVE A New Revenge A Perfect Circle AAAMYYY AC/DC Accept Aerosmith AFI After the Burial aiko Air (France) AIR (Japan) AKB48 Alcatrazz Alcest Aldious Alice Cooper Alice in Chains Almighty, the Alter Bridge Altitudes & Attitude Amaranthe American Head Charge American Hi-Fi Anaïs Andrew W.K. Andy Black Andy McCoy Andy Taylor Angra Annihilator Annisokay Anohni ANTHEM Anthrax Anti-Flag Aphex Twin Appice Arcadia Arch Enemy Architects Arctic Monkeys Aretha Franklin Armored Saint ARROWS, the Art of Fighting Ash Asia Asian Dub Foundation ASIAN KUNG-FU GENERATION Asking Alexandria At The Drive-In Atari Teenage Riot Atomic Bitchwax, the Audioslave Avenged Sevenfold Avril Lavigne Azusa B'z Baby Chaos BABYMETAL Babyshambles Backyard Babies Bad Company Bad English Bad Moon Rising Badlands Baroness BAZRA Be the Wolf Beartooth Beastie Boys Beatles, the Beck Behemoth Belle & Sebastian Ben Folds Ben Harper Bernard Butler Berryz工房 Biffy Clyro Big Brother and the Holding Company Billy Corgan Billy Idol Billy Talent BiSH Björk Black Crowes, the Black Earth Black Label Society Black Midi Black Sabbath Black Star Riders Black Veil Brides BLANKEY JET CITY Blessing a Curse Bleu Blind Guardian Blind Melon Bloc Party Blood Orange Blue Murder Bluetones, the Blur Boards of Canada Bon Iver Bon Jovi BON-BON BLANCO bonobos BOOM BOOM SATELLITES BOOM, THE Boris Born of Osiris Boston Boston Manor Boxer Rebellion, the Boy George BOØWY BRAHMAN brainchild's Brian May Brides of Destruction Brides of Lucifer Bring Me the Horizon Brink, the Bruce Dickinson Brujeria Brutal Truth Bryan Adams BUCK-TICK Buckcherry Budderside Buddy Guy Buffalo Daughter BUGY CRAXONE Bullet for My Valentine Bulletboys Bullets and Octane BUMP OF CHICKEN Buono! Burn the Priest Burning Witches Bush Butch Walker Butcher Babies Cacoy Caesars callme Cane Hill Carcass CAROL Catatonia Cathedral Cats in Boots Charlatans, the Charlie Sexton Cheap Trick Chemical Brothers, the Children of Bodom Chk Chk Chk (!!!) Chris Cornell Chrome Division Chthonic Chuck Berry Chvrches Cigarettes After Sex Cinderella Clam Abuse Clash, the Click Five, the Clutch CO-FUSION Cocco Code Orange Coheed and Cambria Colbie Caillat Coldplay Compilation Album Confusion Master Converge Cornelius Cornershop Corrosion of Conformity Courteeners, the Courtney Barnett Courtney Love Coverdale・Page Cozy Powell Cradle of Filth Crazy Lixx Cream Creed Cribs, the Crosses (✝✝✝) Crossfaith Cry of Love Crystal Lake Cult, the Culture Club Cure, the Cybernauts Cymbals D'ERLANGER D-A-D Dachambo Damageplan Damn Yankees Damned Things, the Damned, the Danger Danger Danzig Darkness, the Dashboard Confessional DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN DATS Datsuns, the Daughtry David Bowie David Lee Roth Dead by April Dead by Sunrise Dead Cross Dead Daisies, the DEAD END Dead Kennedys Deafheaven Death Angel Death of Lovers Debbie Gibson DECAYS Deckard Deep Purple Def Leppard DEF.DIVA Deftones delofamilia Delorean Demolition 23. Departure, the Depeche Mode detroit7 Devin Townsend Project Diamond Head DIAMOND☆YUKAI Diffuser Dillinger Escape Plan, the Dimmu Borgir Dinosaur Jr. Dio DIR EN GREY Dirty Pretty Things Distillers, the Disturbed Dizzy Mizz Lizzy DMBQ Dogs D'Amour, the Dogs Die in Hot Cars Dokken Don Dokken Donavon Frankenreiter Donnie Vie Doors, the Down downy Dragon Ash DragonForce Dream Theater Dreamboy Dreams Come True Dregen DRY & HEAVY Duff McKagan Duran Duran DUST'N'BONEZ, THE DYGL Earthshaker eastern youth EGO-WRAPPIN' ELECTRAGLIDE Electric Six Elliott Smith Eminem Emperor End Machine, the ENDRECHERI Enforcer Entombed Enuff Z' Nuff Eric Clapton Eskimo Callboy Europe Eurythmics Evanescence Eve Exodus Extreme E・Z・O Faceless, the Fair Warning Fairground Attraction Faith No More Falco Fall Out Boy Faster Pussycat Fatboy Slim Fate Father John Misty Fear Factory Feeder Feeling, the Fever 333, the Fight Filter Firehouse Firestarter Firewind Five Finger Death Punch Flashcubes Flatbacker Fleetwood Mac Flotsam and Jetsam Flyleaf FM Foo Fighters Foreigner Fountains of Wayne fra-foa Frank Black Frankie Goes to Hollywood Franz Ferdinand Freddie Mercury Free Fudge Tunnel Fugees, the FUJI ROCK FESTIVAL Funeral for a Friend Futureshock Fuzzbubble G. Love GALNERYUS Gamma Ray Garbage Garth Brooks Gary Moore Gathering, the Gene Simmons Genesis George Harrison George Lynch George Michael Georgia Satellites, the Get Up Kids, the GHEEE Ghost Gilby Clarke Gin Blossoms Ginger Wildheart GLAY Glenn Hughes GLIM SPANKY GO!GO!7188 Godsmack Godspeed GOING STEADY GOING UNDER GROUND Gojira Goldie Lookin Chain Gotthard Graham Bonnet Grapevine Graupel GREAT ADVENTURE Great White Green Day Greta Van Fleet GTR Gun Guns n' Roses H.P. オールスターズ Halestorm Halford Hanoi Rocks Hanson Hardcore Superstar Hardline Harem Scarem HARISS Harry Styles Hatebreed Haunted, the Heart HEATWAVE Hellacopters, the HELLO WORKS, THE Hellogoodbye Helloween Helmet HER NAME IN BLOOD Hermann H. & The Pacemakers Hi-STANDARD hide HIGH and MIGHTY COLOR HIGH-LOWS, THE Hives, the Hole Hollywood Rose Hollywood Vampires Honeycrack Hoobastank Huaska Hurricane Hurricane #1 HUSKING BEE I See Stars Iggy Pop Ihsahn Imminence Impellitteri Imperial State Electric In Flames In the Soup Incubus Indianhead INORAN Inxs Iron Maiden Izzy Stradlin J Jack Johnson Jack White Jake Bugg James Bay James Brown Jane's Addiction Janet Jackson Janis Joplin Japan Jeevas, the Jeff Beck Jeff Beck Group Jeff Buckley Jellyfish Jerusalem Slim Jesus & Mary Chain, the Jesus Jones Jet Jetboy Jimi Hendrix Jimmy Page Jimmy Page / Robert Plant Joe Lean & the Jing Jang Jong Joe Lynn Turner Joe Perry Joe Satriani Joe Strummer & the Mescaleros John Corabi John Diva & The Rockets of Love John Lennon John Sykes Johnny Winter Jomi Massage Jon Bon Jovi Jon Spencer Blues Explosion, the Jonathan Davis Josh Todd Josh Todd & the Conflict Joss Stone JOUJOUKA Journey Joy Division Judas Priest JUN SKY WALKER(S) Juno Reactor JYOCHO Kaato Kadavar Kamasi Washington Kasabian Katatonia Katmandu Keane Keith Richards KEMURI Ken Yokoyama Kendrick Lamar KENZI & THE TRIPS Killers, the Killing Joke Killswitch Engage King 810 King Crimson King's X Kingdom Come KISS Kix KLF, the Knack, the KOOK Korn Kottonmouth Kings Kraftwerk Kreator Kula Shaker Kurt Vile KXM Kylie Minogue L'Arc-en-Ciel L.A.Guns La'cryma Christi LA-PPISCH Lacuna Coil Lady Gaga Lamb of God Last Days of April Led Zeppelin Lemon Twigs, the Lemonheads, the Lenny Kravitz Liam Gallagher Libertines, the Light the Torch Like a Storm Lily Allen Limp Bizkit Linkin Park Lita Ford Little Angels Little Caesar Living Colour Lonerider Lords of Black LOST IN TIME Lou Reed LOUD PARK LoudLion Loudness LOVE PSYCHEDELICO LOVEBITES Luby Sparks Lucer Lullacry LUNA SEA Lynch Mob M/A/R/R/S Machine Gun Kelly Machine Head Mad Capsule Markets, the Mad Season Madball Madonna Magic Numbers, the Maison book girl MAN WITH A MISSION Man, the Mando Diao Manic Eden Manic Street Preachers Manowar Mansun Mantar Marilyn Manson Mark Slaughter Marmozets Mars Volta, the Marvelous 3 Massive Attack Mastodon Matchbox Twenty Matt Cameron Matthew Sweet McAuley Schenker Group MD.45 Meathook Seed Megadeth MELTONE Mercury Rev Meshuggah Metal Church Metallica Michael Jackson Michael Monroe Michael Schenker Michael Schenker Fest Michael Schenker Group Michael Sweet Mick Jagger Midnight Bankrobbers Mighty Mighty Bosstones, the Migos mihimaru GT Ministry MO'SOME TONEBENDER MODS, THE Mogwai Mondo Generator Mondo Grosso Monkees, the Monster Magnet Mooney Suzuki, the Morrie Mother Love Bone Motley Crue Motorhead Mott the Hoople Mouse on Mars Mr. Big Mr. Mister Mr.Children MUCC Mudhoney Muse Music, the Mutation My Chemical Romance My Little Lover Myles Kennedy Nailbomb Napalm Death Nashville Pussy Nelly Nelson Neurotic Outsiders Neve New Order New York Dolls NEWS NGT48 Nicke Borg Homeland Nickelback Night Ranger Nine Black Alps Nine Inch Nails Nirvana Noel Gallagher's High Flying Birds Nothing NOVEMBERS, THE Nuclear Valdez O.P.KING Oasis Obituary Oblivion Dust Obscure Ocean Colour Scene OCEANLANE Of Mice & Men Offspring, the OGRE YOU ASSHOLE ONE OK ROCK Oneohtrix Point Never Opeth ORANGE RANGE Orbital Ordinary Boys, the Orgy Orianthi ORIGINAL LOVE Outrage Overkill Ozzy Osbourne Panic! at the Disco Pantera Papa Roach Paradise Lost Paul Draper Paul McCartney Paul Stanley Paul Weller PE'Z PEALOUT Pearl Jam PENPALS Perfume Periphery PERSONZ Pet Shop Boys Peter Gabriel Phantom Planet Phil Campbell and the Bastard Sons Phish Pig Destroyer pillows, the Pink Cream 69 Pink Floyd Pixies Placebo Plastic Tree Playmates, the Poison Polaris Police, the Polyphonic Spree, the POLYSICS Porcupine Tree Portishead Power Station, the Powerman 5000 Praying Mantis Predators, the Pretty Boy Floyd Pretty Maids Pride & Glory Primal Scream Primus Prince Privates, the Probot Prodigy, the Prong Protest the Hero Public Enemy PUFFY Pulp pupa Qemists, the Queen Queens of the Stone Age Queensryche Quiet Riot Quireboys, the R.E.M. Raconteurs, the Radiohead RADWIMPS Rage against the Machine Rainbow Rammstein Ramones RAMRIDER Rancid Rapture, the RAREDRUG Rasmus, the Ratt Raven RCサクセション Red Dragon Cartel Red Hot Chili Peppers Red Warriors Reef Refused Rex Brown RHYMESTER Richie Kotzen Richie Sambora Ride Riot Riot V RIP SLYME Rise of the Northstar Rival Sons RIZE Rob Zombie Robert Plant Rock City Angels ROCK IN JAPAN FESTIVAL ROCKBOTTOM Rocket from the Crypt Rolling Stones ROMANS RON RON CLOU Ronnie Wood Rooster ROOSTERS, THE ROSSO ROVO Roxy Music RSO Run D.M.C. Rush Russian Circles Sabaton Sacred Reich Sads Saint Vitus Salems Lott Sam Smith Samantha's Favourite Sammy Hagar Santana Saosin Saxon SBK Scorpions Scott Weiland Scour Screaming Soul Hill Sean Lennon Sebastian Bach Secret Machines SEKAI NO OWARI Selfish Cunt Senses Fail Septic Tank Sepultura Serj Tankian Sevendust SEX MACHINEGUNS Sex Pistols Shadow King Shadows Fall Shinedown Shinning Shobaleader One Sick of it all Sigh Sigue Sigue Sputnik Silver Ginger 5 Silvertide Simple Minds Simply Red SION Sixx:A.M. SKE48 SKETCH SHOW Skid Row Skillet Skin Skindred Skunk Anansie Slash Slash's Snakepit Slaughter Slayer Sleep sleepyhead Slipknot Sloan Slowdive Smashing Pumpkins Smiths, the smorgas SNAKE HIP SHAKES Sneeze Snow Patrol SOFT BALLET Soilwork Sons of Apollo Sons of Texas sora tob sakana Soul Asylum Soul Flower Union Soulfly Soulwax Soundgarden South Spaghetti Vabune! Sparta Sparta Locals Spiritual Beggars Spiritualized Spoon Squarepusher SR-71 STALIN, THE Starcrawler Static-X Steel Panther Steelheart Stephen Pearcy Steriogram Steve Perry Steve Stevens Steve Vai Steve Winwood Steven Tyler Stevie Salas Stills, the Sting Stone Roses, the Stone Sour Stone Temple Pilots Stooges, the Strokes, the Struts, the Stryper Strypes, the STU48 Styx Suede Suicidal Tendencies Sum 41 SUMMER SONIC SUPER BUTTER DOG Super Furry Animals Super$hit 666 Superchunk SUPERSNAZZ Survive Sweet & Lynch Syrup16g System of a Down t.A.T.u. Taking Back Sunday Tank task have fun Team Sleep Tears for Fears Teenage Fanclub Television Terence Trent D'Arby Terrorizer Terrorvision Tesla Tesseract Testament THEE MICHELLE GUN ELEPHANT Them Crooked Vultures Therapy? Thin Lizzy Thirteen Senses Thirty Seconds to Mars Thunder Thunderpussy Thy Art is Murder Tin Machine Tinted Windows TMG TNT Toad the Wet Sprocket Todos Tus Muertos Tokyo Dragons Tokyo Motor Fist TOKYO ZAWINUL BACH Tom Misch Tommy Lee Tony MacAlpine Tool Tortoise Toto Towers of London Traening Train Travis TREEBERRYS TRICERATOPS Trivium Trixter Twenty One Pilots Twisted Sister Two (2wo) Two Door Cinema Club Two Lone Swordsmen Tygers of Pan Tang U.D.O. U2 UA UFO Ultraphonix Underworld Unearth United Unkle Vader Vain Van Halen Veil of Maya Velvet Revolver Venom Verve, the Vibrators, the Vince Neil Vinnie Vincent Invasion Vixen Voivod w-inds. W.A.S.P. WANIMA Warrant Warrior Soul Weezer Wham! Wheatus While She Sleeps White Lion White Stripes, the Whitesnake Who, the Wildhearts, the Willard, the Winger Wings Witch Within Temptation Wombats, the Wrench W(ダブルユー) X JAPAN Yellow Magic Orchestra YELLOW MONKEY, THE Yes Yngwei Malmsteen YO-KING Yo-Yo's, the Zakk Wylde Zeppet Store ZIGGY ZYX ZZ Top ℃-ute 「100番勝負」 「10年前」 「1年のまとめ」 「20年前」 「AIN'T IT FUN」 「CCCD」 「DJ / イベント出演」 「R.I.P.」 「アンケート」 「ゾ」 「ネットラジオ」 「フェス」 「仕事紹介」 「再結成」 「分析ネタ」 「平成の30枚」 「私的ベスト10」 「記事一覧」 「音楽配信」 あぁ! おとぎ話 くるり けやき坂46 すかんち どうぶつビスケッツ×PPP ぼくのりりっくのぼうよみ ももいろクローバーZ ゆず ゆらゆら帝国 アイドルネッサンス アンジュルム インビシブルマンズデスベッド ウルフルズ エイプリルズ エレファントカシマシ カントリー娘。 カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。) カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。) カーネーション キュウソネコカミ キリンジ ギターウルフ クラムボン クリープハイプ クレイジーケンバンド グループ魂 ゲスの極み乙女。 コンタクト サザンオールスターズ サンボマスター サ上と中江 ザ・クロマニヨンズ スカート スガ シカオ スチャダラパー ストレイテナー スネオヘアー スピッツ スーパーカー ソニン タンポポ チャットモンチー トリプルファイヤー ドレスコーズ ナンバーガール ニューロティカ ハナレグミ ハロー!プロジェクト ピーズ, The フィッシュマンズ フジファブリック フラワーカンパニーズ プッチモニ マキシマム ザ ホルモン ミドリ ミニモニ。 ムーンライダーズ メロン記念日 モーニング娘。 モーニング娘。おとめ組 モーニング娘。さくら組 ユニコーン レミオロメン ロッカーズ ロマンポルシェ。 三浦大知 中島美嘉 中村一義 中村佳穂 中澤裕子 乃木坂46 佐野元春 八代亜紀 凛として時雨 加藤いづみ 勝手にしやがれ 原田知世 吉井和哉 堂島孝平 大槻ケンヂ 大江慎也 太陽とシスコムーン(T&Cボンバー) 奥田民生 宇多田ヒカル 安倍なつみ 小沢健二 小泉今日子 尾崎豊 岡村靖幸 岡村靖幸と石野卓球 左とん平 市井紗耶香 布袋寅泰 平井堅 後浦なつみ 後藤真希 忌野清志郎 怒髪天 惑星 折坂悠太 押尾コータロー 推定少女 新垣結衣 日暮愛葉 星井七瀬 星屑スキャット 星野みちる 星野源 曽我部恵一 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) 有村竜太郎 朝霧 Jam 木村カエラ 東京スカパラダイスオーケストラ 松浦亜弥 柴田淳 桑田佳祐 森重樹一 椎名林檎 椿屋四重奏 欅坂46 氣志團 氷室京介 永井ルイ 浅井健一 浜崎あゆみ 浜田麻里 渋さ知らズ 片平里菜 玉置成実 田中フミヤ 真心ブラザーズ 矢口真里 石川梨華 砂原良徳 私立恵比寿中学 米津玄師 絢香 羅針盤 美勇伝 菊地成孔 藤本美貴 道重さゆみ 遠藤ミチロウ 銀杏BOYZ 陰陽座 電気グルーヴ 頭脳警察 飯田圭織 1975, the 2 Many DJ's 22-20s 3 Colours Red 44MAGNUM 54-71 9mm Parabellum Bullet

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ