2019年3月 2日 (土)

MARK MORTON『ANESTHETIC』(2019)

2000年代を代表するUSヘヴィロック/ヘヴィメタルバンドLAMB OF GODのギタリスト、マーク・モートンによる初のソロアルバム。全10曲すべてが歌モノで、それぞれ異なるシンガーを迎えて制作されたものとなっています。そういう意味ではギタリストのエゴが前面に打ち出されたものではなく、あくまでソングライター/表現者としてバンドとは異なるアプローチで作り上げた1枚と言えるでしょう。

参加シンガーはチェスター・ベニントン(LINKIN PARK)、ジャコビー・シャディックス(PAPA ROACH)、マーク・ラネガン(ex. SCREAMING TREES)、チャック・ビリー(TESTAMENT)、ジェイク・オニ(ONI)、マイルス・ケネディ(ALTER BRIDGESLASH)、マーク・モラレス(SONS OF TEXAS)、ジョシュ・トッド(BUCKCHERRY)、ネイマー・マドックス、アリッサ・ホワイト-グルーズ(ARCH ENEMY)、そしてLAMB OF GODのフロントマンであるランディ・ブライとマーク自身という豪華かつバラエティに富んだ面々。演奏面ではギターをマークがすべて担当したほか、STONE SOURのロイ・マイヨルガ(Dr)、MEGADETHのデイヴィッド・エレフソン(B)、KORNのレイ・ルジアー(Dr)、ALICE IN CHAINSのマイク・アイネズ(B)、TRIVIUMのパオロ・グレゴリート(B)&アレックス・ベント(Dr)、CLUTCHのジャン・ポール・ガスター(Dr)、元THE BLACK CROWESのスティーヴ・ゴーマン(Dr)&マーク・フォード(G)といったジャンルの垣根を超えた布陣が顔を揃えています。

アルバムはマークとジェイク・オニ、そしてLAMB OF GODのプロデューサーとして知られるジョシュ・ウィルバーとの共同制作によるもの。楽曲自体はマークが「いつかバンドとは別の形で発表したい」と長年書き溜めてきたものなのですが、各シンガーの個性が強いこともあってか、それぞれのシンガーに合った手法で書き下ろされたものと錯覚してしまいそうになります(もちろんそういう曲も含まれていますが)。

チェスターが亡くなる数ヶ月前に制作されたオープニングトラック「Cross Off」はLINKIN PARKをよりモダンヘヴィネス寄りにした良曲ですし、ジャコビーが歌う「Sworn Apart」もPAPA ROACHのアルバムに入っていたとしても不思議じゃない1曲。かと思えばマーク・ラネガンが歌う「Axis」ではアーシーさが前面に打ち出されているし、チャック・ビリー&ジェイク・オニによる「The Never」のスラッシュ&王道メタルなノリもひたすらカッコいい。

マイルス・ケネディ歌唱による「Save Defiance」は完全にマイルスのノリだし、マーク・モラレス参加の「Blur」はSONS OF TEXAS寄りのスモーキーさが表出している。ジョシュ・トッドが歌う「Back From The Dead」なんてBUCKCHERRYをヘヴィにさせたノリで好印象だし、ネイマー・マドックスによる「Reveal」はどこかファンキー。マーク本人が歌唱する「Imaginary Days」は正統派ハードロックの香りが感じられ、ラストを飾るランディ&アリッサによる「The Truth Is Dead」は2人の声の対比も良いし、なにより楽曲がLAMB OF GODの延長線上にあるのが良い。

マークのギタリストとしての非凡さも随所に感じられるし、何よりも曲のバラエティ豊かさに驚かされる。このひと、こんなに多才だったんだと驚き連発の1枚です。

LAMB OF GOD本体は、昨年BURN THE PRIEST名義のカバーアルバム『LEGION: XX』を発表したりと若干リラックスモードかもしれませんが、こういったガス抜きを経て次にどんなオリジナルアルバムを届けてくれるのか、今から楽しみでなりません。まずは奇跡の共演が実現した(特に、貴重なチェスターの声が残された)この意欲作をじっくり聴き込みたいと思います。



▼MARK MORTON『ANESTHETIC』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2019 03 02 12:00 午前 [2019年の作品, Alice in Chains, Alter Bridge, Arch Enemy, Black Crowes, the, Buckcherry, Clutch, Korn, Lamb of God, Marilyn Manson, Megadeth, Myles Kennedy, Papa Roach, Slash, Sons of Texas, Stone Sour, Testament, Trivium] | 固定リンク

2018年11月 6日 (火)

DISTURBED『EVOLUTION』(2018)

再始動後もやっぱり働き者なDISTURBED、早くもニューアルバム発売です。

2015年8月発売の6thアルバム『IMMORTALIZE』では“これぞDISTURBED!”というヘヴィかつキャッチーなモダンメタルを展開し、5作連続全米No.1を獲得。翌2016年11月にはライブアルバム『LIVE AT RED ROCKS』もリリースされ、その前後には「The Sound Of Silence」(ご存知、SIMON & GARFUNKELのカバー)がシングルヒット(全米42位)。このバンドにしては異色のカバーでしたが、ひとまず再始動後の活動はメタルファンから大いに受け入れられたのでした。

で、オリジナルアルバムとしては3年ぶりの7thアルバム『EVOLUTION』が、2018年10月中旬にリリース。ケヴィン・チャーコ(オジー・オズボーンロブ・ゾンビFIVE FINGER DEATH PUNCHなど)を再びプロデューサーに迎えて制作された本作は、前作以上にキャッチーな“異色作”に仕上げられています。

スケジュールの都合で前作のレコーディングには参加できなかったジョン・モイヤー(B)でしたが、今回は無事制作に参加。アルバム本編に収められた10曲の新曲はバンドとケヴィン・チャーコの曲作なのですが、その収録内容の幅広さに驚かされます。だって、オープニングの「Are You Ready」こそ従来のDISTURBEDらしいヘヴィロックですが、3曲目「A Reason To Fight」や6曲目「Hold On To Memories」、8曲目「Watch You Burn」、10曲目「Already Gone」と約半数近くの楽曲がアコースティックギター主体のバラードナンバーなのですから。

間違いなく前作での「The Sound Of Silence」カバーの成功がもたらした“変化”であり“進化”である、と。これを良しとするかなしとするかで、本作に対する評価は大きく異なるのではないでしょうか。ぶっちゃけ、僕は本作を最初に聴いたとき、3曲目に早くも「A Reason To Fight」みたいなバラードが登場してひっくり返りましたから。さらに数曲おきに訪れるバラードタイム……「いやいや、聴きたいのはそれじゃないから!」とツッコミを入れながら再生1周目は幕を下ろすわけですが。

確かに、慣れたらそこまで気にならない……とまでは言わないけど、意外と馴染むんですよ。アルバムタイトルで『EVOLUTION』と歌っている以上、新しく変わるならここまでやらないと、という気概も大いに感じられるし。ジャケットのテイストが変わったのもその表れでしょうしね。

ちなみに本作、デラックス盤にはボーナストラック4曲を追加しているので、どうせならそっちにバラードを少し分けてあげたら……と思ったら、ボートラ4曲中2曲がバラードだった!(笑) うち1曲は「The Sound Of Silence」のライブバージョン(ALTER BRIDGEマイルズ・ケネディがゲスト参加)だし。残りの2曲も1曲が「Are You Ready」のリミックスなので、正味水増し感がハンパない……。数百円高くても曲を多く聴きたい人はデラックス盤を購入したらいいでしょう。けど、アルバムのトータリティにこだわりたい人は10曲おみの通常盤でいいと思います。

にしても、悪くないんだけど……う〜ん。なんとも評価が難しい1枚です。きっと数年後に新しいアルバムが出たときに、本作に対する本当の評価が下されることになると思うのですが、現時点では難しい。現時点では日本盤もリリースされていないし、5作連続だった全米1位記録も本作で途絶えてしまったし(初登場4位)。数字がすべてではないですが、う〜ん。



▼DISTURBED『EVOLUTION』
(amazon:海外盤CD / 海外デラックス盤CD / MP3


投稿: 2018 11 06 12:00 午前 [2018年の作品, Alter Bridge, Disturbed, Myles Kennedy] | 固定リンク

2017年3月 6日 (月)

ALTER BRIDGE『THE LAST HERO』(2016)

アメリカのハードロックバンドALTER BRIDGEが2016年10月にリリースした、前作『FORTRESS』(2013年)から3年ぶり通算5作目のアルバム。アメリカではデビュー作『ONE DAY REMAINDS』(2004年)以来のトップ10入り(8位)、イギリスでは過去最高の3位を記録するヒット作となりました。

ご存知のとおり、ALTER BRIDGEはマーク・トレモンティ(G)、スコット・フィリップス(Dr)、ブライアン・マーシャル(B)の元CREED組が新たなシンガーのマイルズ・ケネディ(Vo, G)を迎えて結成したバンド。2009年にはCREEDが再結成しており、マーク、スコット、ブライアンは2バンドを兼任。マイルズはGUNS N' ROSESのスラッシュ(G)がソロで動く際、活動をともにしていることでALTER BRIDGEに対しても何となく“二足のわらじ”が強くて、食指が動かなかった。だから、このアルバムで初めてALTER BRIDGEというバンドにちゃんと触れました。

いやぁ……カッコいいのなんのって……なんで今まで聴かなかったんだろうと本気で後悔してます。これ、自分の好きな要素しかないじゃないですか。本当、百聞は一見に如かずとはまさにこのこと。

CREEDはなんとなく通過しているし、特に嫌いなわけではなかったけどそこまで入れ込む感じでもなかった。スラッシュのソロは……まぁほら、アクセルじゃないしね、ってことでこちらもそこまで真剣になってなかった。だけど、これは……確かにCREED的な部分もあるんだけど、もっとスタジアムロック的な要素が強くて、しかもちゃんとモダンな要素も兼ね備えている。彼らを指して“グランジ以降の音”と揶揄する声もあるみたいだけど、そもそも90年代半ば以降に誕生したバンドはみんな“グランジ以降の音”を少なからず内包しているわけで。単に“グランジ以降の音”に理解がないってだけでそれを理由にALTER BRIDGEを批判するのは問題外だと思うんです。

そういう“グランジ以降の音”にネガティブな感情がまったくない人にとっては、このアルバムは“ゼロ年代以降のHR/HM”以外の何者でもない。誤解を恐れずに言えば、NICKELBACKとDISTURBEDの要素を兼ね備えた、まさに“ゼロ年代以降のHR/HM”に必要な存在だと思うのです。

ヘヴィだけど過剰にメロディアスでドラマチック。そのヘヴィさもモダンヘヴィネスの色合いと旧世代的な様式美の両方が備わっている。アメリカのハードロックバンドらしくミドルテンポの楽曲が中心で、中には壮大なパワーバラードもある。80年代のHR/HMを好きな人にも絶対に引っかかるポイントがあると思うんです。

きっとCREEDが苦手だった人って、そのサウンド以上にスコット・スタップ(Vo)……具体的に言えば、彼の声がエディ・ヴェダー(PEARL JAM)やスコット・ウェイランド(STONE TEMPLE PILOTS)に近い声質、歌唱法ってことでグランジっぽくて苦手意識を持ったんじゃないでしょうか。そう考えると、マイルズ・ケネディのボーカルってモロにHR/HMの声質&歌唱法ですもんね。だってスラッシュのもとでGUNS N' ROSESやVELVET REVOLVERの楽曲を歌ってもカッコいいわけで、それが妙に似合ってたんだから。“グランジ以降のシンガー”だけどそれだけじゃ終わらない、HR/HMシンガーとしての実力がしっかり兼ね備わっている。改めて納得です。

この曲がこうで、この曲はここがカッコいいと細かく書いてみたいところですが、このバンドに関しては僕が解説するよりも、まずはYouTubeなりストリーミングなりで実際に聴いて感じてほしい。僕がまさにそうだったように。



▼ALTER BRIDGE『THE LAST HERO』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 03 06 12:00 午前 [2016年の作品, Alter Bridge] | 固定リンク