2005年8月13日 (土)

ドキュメント・RIJF05

 さてさて。フェス企画第二弾(「企画」なのか‥‥)は、先週末に行われた、ROCK IN JAPAN FESTIVALです。今回はミスチル目当てで土曜のみの参加でした。ま、RIJFは3日フル参加したことないし、またその必要も(俺的には)全く感じられない「イベント」なので、観たいアーティストが出る日だけ行けばいいや、って考えなんですよね、うん。そう、フェスというよりは、イベントっていう認識の方が強かったんですよ。けど今回、ちょっとだけその認識を改めました。

 RIJFには2001年(土日)、2003年(日のみ)に続く3度目の参加だったんですが、フェスとして過去2回よりもかなり整理/整備されて、過ごしやすくなってる気がしました。ていうか、単に俺がいろんなフェスを見てきて、そして「フェスの過ごし方」を習得した結果、自分らしく過ごすことが出来るようになり、ポジティブに感じられるようになったのかな、と。最初はさすがに暑さと見たいバンドの無さに困り果てましたが、まぁ前者は木陰に入るとかしてフォロー出来るし、後者は単に出演者チェックしてなかった自分の責任だし。でも最終的には観たバンドの殆どに満足できたし、良かったと思いますよ。

 てなわけで、またまたリアルタイム更新時のログ+後から書いたライヴの感想を編集して、お送りしたいと思います‥‥

[08/06 09:04]
 大渋滞。大洗過ぎたら急に道が混み始めた。海浜公園に右折する交差点が全然前に進まない‥‥それだけ人が多いってことか。
 到着は9時半かな。家を出て大体2時間ってとこか。

[08/06 09:44]
 ゲート前到着。客層若過ぎ。
rijf0501

[08/06 09:46]
 リストバンド交換。キタね。これからみなと屋前に集合〜
rijf0502

[08/06 11:54]
 暑すぎ。ゴーイングアンダーグラウンドとBAZRA観たー。つーか暑すぎ。あと呑むか涼むかライヴ観るしかない状況が辛い。やっぱなぁ‥‥
 暫くフォレスト後方で涼みます。

 んで、折角なので簡単なライヴの感想を。

■GOING UNDER GROUND
 う〜ん、どうも俺の趣味と違うのかもしれない。CDで聴く分にはいいバンドだと思ってたんだけど、ライヴは‥‥ちょっと違うかな、と。決して悪いバンドって意味じゃなくて、自分がライヴに求めるものとの差が大きかったかな、と。あと‥‥野外の、炎天下の下で観るバンドでもないよな、とも。勿体ないかなーと。けど曲は殆ど知ってるのばかりだったし、そういう意味では何とか最後まで飽きずに観られたかな、と。

■BAZRA
 久し振りに観た。相変わらず上手くて、独自のグルーヴ感を持った素敵なトリオだと思った。けど、やっぱり彼等も(以下略)

この2バンドが最初だったのが悪かったのか、単にその日の自分の気分に合ってなかっただけなのか判らないけど、暫くちょっとキツいなーって思ってました。

 あ、あと木陰で休憩しながら(ステージ見えない位置で)アナログフィッシュ聴いてた。

■アナログフィッシュ
 あーこんなカッコイイ音出すバンドなんだーと感心した記憶が。音源ちゃんと聴いてみたいと思った。ああいうの、結構好き。フジにも出てたけど、ちゃんと観ればよかったかも。ま、そのうちまた機会あるだろうから、それまでに音源聴きます。

[08/06 14:37]
 健くん終了。

■Ken Yokoyama
 去年の3月以来(まぁ健くんは去年のエゾで原爆オナニーズ観てるけど)。メンバーはその時と変わってない、はず。相変わらず気持ちいいね。何だかやっと「ライヴ観ました!」っていう充足感に満ち足りた気持ちに。モッシュには加わらなかったけど、後ろの方で(酒の力も手伝って)気持ちよく踊ってました。
 新曲が幾つか演奏されたけど、そのうちの1曲のタイトルが "SUMMER OF '99" とコールされた瞬間、ドーッと涙が出そうになったよ。ズルいよ、健くん‥‥あと "君の瞳に恋してる" カバーも笑ったし、メタルの話題が出た後にSLAYER "South Of Heaven" イントロ(歌が入る前まで)を激しくヘドバンしながら演奏する姿に爆笑。そこから "Popcorn Love" への流れに更に大爆笑。"The Cost Of My Freedom" とか "Believer" とか聴くと涙腺緩むんだよね。ズルいよなー、ったく。

 ライヴ終了後、懲りずにまた梅酒買ってレイク方面に向かいます。次はバンアパ!

[08/06 15:38]
 バンアパ観てます。レイク後方、PAブース真後ろのテントでまったり。マジ眠くなってきた‥‥

■the band apart
 ライヴは初見。上手いね、演奏もアレンジも。凄くスマートで、とにかく聴き応え満載というか、気持ちいい。まだまだ炎天下だったけど、ほんの一瞬、涼しい気分になったもん。あとメンバーのキャラってあんな感じなんだ‥‥その音楽共々、やっぱ変わってるね。いやいや、好きなんだけどね。アルバム買ったばかりなんで、もっと聴き込んで、もう一回ちゃんと観たいな。

[08/06 17:17]
 バンアパ終了後、Aさんpさん達から召集令状が(笑)。乾杯してきました。女子8人に囲まれてハピバースデー歌ってもらったよ。モテキター(笑)

■BEAT CRUSADERS
 こちらもライヴは初見。けどイメージ通りだった。まぁ「POP JAM」のは観てたので、大体の想像はついてたんだけど。ポップでパンクでメタリックで‥‥単純なのが好きな俺にとって、うってつけのバンドだわ。MCとか見せる要素の方がイメージ強かったり、他者からもそっちばかりを「必見!」みたいにオススメされるけど、それ以上に的確な演奏力とアレンジ力があるから、あの見せる要素が成り立ってるわけで。安心して観てられるわけですよ。やっぱりこの手のバンドは下手クソだったら意味ねーしな。その点、彼等は合格点以上だと思います。ギターのアンガス・ヤング・ルックやちゃんとSG構えてる点等、如何にも「判ってる」ロックファン‥‥がやってるバンド。ちゃんと応援したいね。

[08/06 18:12]
 シンガーソンガー観るためにグラスステージへ移動。Tさん達と朝以来の合流。

■SINGER SONGER
 多分、2000年秋の武道館以来のCocco。前日にMステ観てたんで、何かイメージがその時とまんま一緒だった。あと、CoccoはCoccoのままだった。ただ以前よりも遥かに笑顔が増えたけど。笑顔で気持ち良さそうに歌う姿が印象的。それと岸田はくるりよりもこっちでの方が印象がいいように思えたのは、単に偏見ですか?
 ソロ時代の殺伐情念ヘヴィロック路線も大好きだったけど、こっちの要素も以前からあったものだし、今後どれだけ続けるのか判らないけど、もっとライヴやって欲しいな、と。だってアルバムよりも良かったもん。

にしても、疲れた。そして眠い‥‥

[08/06 18:28]
 桜井待ち@グラスステージ。さ、34才の誕生日を、"抱きしめたい" や "innocent world" で祝ってもらおうじゃないですか。
 へっ、両方やらないの?!
 後ろから聞こえてくる琉球デスコが気持ちよさげ。けど疲れたので体力温存中。
rijf0503

[08/06 18:31]
 時間ギリギリまでDJテントで遊ぼうかしら。

[08/06 20:35]
 ミスチル終了〜。

■Mr.Children
 ここ数年、2枚のアルバムに伴うツアーは観れてないんだよね。そういう意味では、4年前のRIJFとポップザウルス@マリンスタジアム以来、か‥‥俺も年取ったけど、桜井も年取るわけだ。笑
 多分、前回のRIJFの時に誰もが思い描いたセットリストを、今回やっとやってくれたような感じ。「ap bank fes」でのセットリストの短縮版といった感じの流れだけど、やっぱり凄い。だって演奏した曲、全部シングルのA/B面曲じゃん("I'll be" はテイク違いでシングルカットされてるし、"雨のち晴れ" もロングバージョンが "es" のカップリングに収録されてるし)。しかもCD持ってない人でも殆どの人が反応できる曲ばかり。そういうバンドってこの3日間でミスチルとサザンだけでしょ。
そういう意味ではホント強いと思う。
 でさ。ただシングルヒット・メドレーをやるんじゃなくて、それなりの拘りがちゃんと感じられたのも嬉しかった。頭2曲("終りなき旅"、"光の射す方へ")とか"I'll be" 辺りは圧巻という他ないくらいの圧倒感だったし(特に振り絞るように歌う "I'll be" は年々凄みを増してるよな)、新曲3曲("未来"、"and I love you"、"ランニングハイ")もいい感じだったし。単なる懐メロに終ってないのもよかったな、と。
 決してベストな状態とは言い難かった桜井の声も、だからこその「振り絞り」ながら歌う姿が印象的で、先にも触れた通り "I'll be" でのそれが兎に角良かった、というかグッと来た。そこから "and I love you" への流れも良かったし、最後の最後で "HERO" をやられちゃったら、そりゃもうね‥‥ひとりだったら絶対に号泣してたわ、俺。ま、歌い出しでウルッときたけどな。
 アンコールでは、どうしてもこの場、こういう場で聴きたいと思ってた "innocent world" を披露してくれて、大満足。BメロでのPPPHには笑ったけど。
 前回はポップザウルス・ツアーでやってた「深海メドレー」からスタートして観客を退かせまくった(けど俺は久し振りに「休止前」みたいな狂気性が感じられて大満足だった)けど、今回は終始笑顔といったイメージが強かったかな、ステージも観客も。確かにここで "Tomorrow never knows" とか "Everbody goes" や "シーソーゲーム" をやったら最強だったけど、そこまでのサービス精神がないのもまたミスチルらしいんだけどさ。
 こうなると俄然新作〜ツアーが楽しみになってきたな。ドームは最低でも1日、できれば2日共行きますよ!
 ありがとう桜井。
rijf0504

[08/06 21:02]
 もうすぐ駐車場。帰り道で飯食って帰ろう。
 さっきからミスチル口ずさみっぱなし。帰りの車でも延々とリピートだね。誰か明日のチケット残ってないの? 「AAA(=Access All Area)」って書いてあるやつでもいいんだけど(笑)。
 いやー楽しかった。やっぱり来てよかった。ミスチルと健くん観れただけで満足。



▼Mr.Children「1992-1995」(amazon


▼Mr.Children「1996-2000」(amazon


投稿: 2005 08 13 12:00 午前 [2005年のライブ, BAZRA, Cocco, GOING UNDER GROUND, Ken Yokoyama, Mr.Children, ROCK IN JAPAN FESTIVAL, 「フェス」] | 固定リンク

2003年4月 6日 (日)

BAZRA『ひょうろくだま』(2002)

北海道在住のトリオバンド、BAZRAが02年春にリリースした、ファーストミニアルバム。5曲入りで1000円という良心的な値段もさることながら、何よりもまず内容が素晴らしい。とてもトリオ(ギター、ベース、ドラム)の演奏とは思えないような迫力、いやトリオだからこその緊張感が生み出した結果がこれなのかも。とにかく聴いていてワクワク・ドキドキするのと同時に、非常に気持ちいいのね。それは例えばボーカルの、如何にも身体全体を使って歌ってますといったような歌唱法だったり、ギターのクリーントーンでのコードストロークだったり、ベースの流れるようなフレーズだったり、ドラムのしなやかなリズムだったり。たった3つの楽器+ボーカルのみなのに、音が分厚かったり繊細だったり。この辺の強弱の使い分けが非常に上手いバンドだなぁと思います。

よく俺は1枚のアルバム、ひとつのアーティストを紹介する時、「○○に影響を受けたかのようなサウンド/音楽性」とか「○×フォロワー」というように、既存する有名/無名のアーティスト名を例えとして挙げますが、正直このバンドの場合はそれが難しいんだよね。確かに聴いたことあるようなサウンド/フレーズがあったりもするんだけど‥‥それが「これだ!」と断定するのが難しい。ギター・ベース・ドラムのトリオ編成のバンドで、ちょっとファンキーな音を出すバンドと比べることもできるだろうけど、それも無意味に思える程、曲やボーカルの個性が強い。このバンドの強みって、そういう「誰かに似てそうで、実は誰にも似ていない、真似できないような個性」なんじゃないかな、と思っています。アルバム2曲目「口達者」のイントロでのギターストロークとか聴くと「あー何だっけ。聴いたことあるような‥‥」とか瞬時に思うんだけど、それが何なのかは結局判らないまま、最終的にはBAZRAの素晴らしさに惹き付けられている自分がいたりして。3曲目「最後の海」のアルペジオとかも個性的だし、やはりバンド・アンサンブルには目を見張るものがありますよね、このバンド。楽器をやる人は是非一度聴いてみることをオススメします。

素晴らしい、素晴らしいを連呼していますが、ひとつだけ難点というか、個人的願望を言わせてもらうと‥‥先日初めて彼等のライヴを観たんですが、正直生の彼等を聴いてしまうと、アルバム音源がショボく感じてしまうんですよね。ボーカルの太さ・生々しさはレコーディングでも上手く表現されていると思うんですが、楽器に関してはちと迫力不足じゃないかな、と。インディーズでの少ない資金による制作ではこれが限界なのかもしれないけど、もうちょっと各楽器の音が太くてもいいんじゃないかな?と思ったんですよね、ライヴと比べると。ベースももっとブリブリしてていいはずだし、ギターも線が細過ぎだし、ドラムも音色がちょっと‥‥まぁこの辺は個人の好みもあるでしょうけど、やはりライヴと比べちゃうとねぇ。生に勝るものなし、ってことなのでしょうか。とはいいながらも、スタジオ盤にはスタジオ盤の良さもちゃんとあるわけで、例えばライヴでは完全に3人だけど、スタジオではキーボードやオルガン(クレジットがないけど、その後出たフルアルバムではかのKYONがキーボード弾いてるので、これもそうかな?)が加わることで、更に音に厚みが増す曲もあるにはあるんだよね。4曲目「ミハイル」なんてまさにそれだし。逆にこの曲はオルガンが加わったスタジオ版の方がカッコイイし。一長一短あるとは思うんだけど、是非次回はサウンドに拘ったアルバム作りを目指してもらいたいな、と。贅沢なお願いですけどね。

なんていいながらも、このアルバムを久し振りに聴いてますが、1年前に初めて聴いた時と印象が何ら変わってないことに驚いてます。やっぱりいいバンドだと思うし、いいシンガーだと思うし、いい曲だと思う。他に似たタイプのバンドがいないだけに、一度聴いたら忘れられないバンドでしょうね。今、100円シングルとかも出てるし、このアルバムも1000円だし、その辺のクソみたいなコピーコントロールCDを買うくらいなら、是非こっちを買ってくださいね。値段以上の内容に大満足すること間違いなしですから。



▼BAZRA『ひょうろくだま』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 04 06 12:00 午前 [2002年の作品, BAZRA] | 固定リンク

2003年3月24日 (月)

「fuzz maniax」@SHIBUYA-AX(2003年3月22日)

  昨年12月にも参加した同イベントに今回も行ってきました。前回はピーズ目当てだったわけですが、今回はthe pillowsが一番のお目当て。2月に観た単独ライヴが素晴らしくて、もう一度観たくなって急遽取った今回のチケット。更に前々から興味があったHermann H. & The PacemakersやBAZRA、スネオヘアーといったアーティストも出演。前回よりも興味をそそるメンツなだけに、一体どんな客層になるのか想像できませんでした。

  開演時間ギリギリに会場入りしたんですが‥‥前回はスカスカの入りだった記憶があったんですが、今回はスタート時点で既に大入り。とりあえず真ん中より前の方へ移動して、BAZRAを楽しむことにしました。


◎BAZRA

  北海道のバンド、トリオ‥‥去年の今頃はその程度の知識しかなかった自分だったけど、その後「FACTORY」に出た時の映像を観たりCD買ったりで何となく全体像は掴めた感じだったんですが‥‥どうもライヴ映像と音源との間に違和感を感じていたんですね。どっちがより優れてるとか劣ってるとか、そういった次元の話ではなくて‥‥けど、この日のライヴを観て実感しました。このバンドは絶対にライヴを先に観るべきバンドだ、と。とにかく上手い。ボーカルの声量・迫力・説得力、どれを取っても納得いくし、更にギターもかなりの腕前。必要以上に歪ませず、どっちかっていうとスカスカな部類に入るんだけど、ベースがかなり動き回るフレージングなので、逆にそういう音質の方がバンドに合ってるのね。アンサンブルはかなり考えられてると思ったし、曲もよく出来てるし、演奏力もしっかりしてる。うん、こりゃ確かにいろんな人がオススメするわけだわ。

  帰宅して改めてCDを聴き直したんだけど‥‥曲はいいはずなのに、やっぱりライヴでのあの「ノリ」を完全に再現しきれてないように思うわ。この際、ライヴアルバムとか1枚作ってみてはどうでしょうか? 単独で一度じっくり観てみたいバンドのひとつですね。あとは野外。そう、絶対に野外向き。それこそ苗場とかエゾみたいなフェスで観てみたいバンドだと思いますね。


◎ART-SCHOOL

  実はかなり苦手なバンド。そもそも、昨年のフジロックで深夜、彼等がニューカマーテントで演奏してたわけですが‥‥ギターのチューニングは狂ってるわ、歌のピッチはずれてるわで‥‥安眠妨害されたってのがずっと俺の中に残ってる訳ですよ。

  で、この日のライヴは‥‥演奏そのものは独特な、このバンド特有のノリってのが既に存在してるんだけど、歌に関しては‥‥正直、今の俺には必要ないかな、と。いや、今の若い子達にとっては彼等が救世主的存在なのか、あるいは新たなるカリスマ誕生なのかもしれないけど‥‥別に安眠妨害を根に持ってるわけじゃないけど(いや、多少はあるけど)、やっぱり自分には必要ないバンド。それ以上でもそれ以下でもなく。ファンの人には悪いけど、多分今後も進んでCD買ったりライヴに足を運んだりはしないと思う。ちょっと前までは気になる存在だったんだけど、出してる音とメッセージとメディアの取り上げ方全てが、今の自分には違和感があるんですよ‥‥申し訳ない。


◎スネオヘアー

  アーティスト名やソロユニットだというのは知ってる程度で、実は音を聴くのも今回が初めて。ジャケットのイメージがあるんでキワモノ的なのかと思いきや‥‥ちょっとそんな感じかも‥‥いや、いい意味でね。つうか完全なるエンターテイメントとして演じきってる(あるいは完全に地)って意味で、前のバンドと非常に好対照でしたね。そうそう、今の俺にとって必要なのは、こういう音なのよ。

  音楽的にはギターポップというか、かなりパワーポップ色の強いバンドサウンド。もっとクセのあるボーカルかと思ってたけど、生理的嫌悪感を感じるようなものではなく、むしろ個性的の範疇に入る程度なので全然ノー問題。むしろ積極的に聴いていきたい感じ。いや、かなり気に入った。後でCDちゃんと買います。

  曲が良い、言葉がしっかり聴き手に届く、バンド自体もしっかりしてる(ギターの人は椎名林檎の元夫という話ですがホント? → ゴメンナサイ間違いでした。ベースのイワイエイキチ氏が林檎のサポートメンバーだったそうです)、そして話芸(MC)もしっかりしてる。完全なる芸人体質なんでしょうね。いや、俺はこういう人大好きなんで。また観たいなぁと素直に思いました(ここまでの流れで、何となく最近の俺の傾向が伺えるんじゃないでしょうか?)。


◎ストレイテナー

  ゴメン‥‥前回観てるんで、今回はいいか、と思ってフロアから出て、ロビーでダベッてました。ま、その合間にモニターに映った映像はチラリと観てたわけですが‥‥もの凄い盛り上がりでしたね。前回もまずまずだったんですが、今回はあの数倍の盛り上がり。今日会場に来た客層にフィットしたってことでしょうか?


◎Hermann H. & The Pacemakers

  ヘルマンはずっとライヴを観てみたいバンドだったんだけど、なかなか切っ掛けがなくて、今回やっと初めて観ることが出来ました。が、今年に入ってまずギターの人が脱退してしまい、ちょっとどうなの?って状況に陥ってたようですが‥‥確かにアルバムで聴くよりもギターの音が薄く感じましたが(ツインギターからシングルギターバンドになっちゃったわけだしね)、それでもこのバンドは5人もいるんだから‥‥それまでが多すぎるくらいだったんだし、どうにかなるんじゃないの?って観る前は思ってたんですけど、確かにどうにかなってましたね。いや、全然問題ないと思う。そりゃギター2本あった方がアンサンブルも広がると思うけど、現メンバーに拘るんだったら絶対にこれで暫く行った方がいいって。

  曲は結構知ってるやつばかりで、終始安心して観られた感じかな。このバンドもスネオヘアー同様、エンターテイメント性重視なんだけど、音楽的にも全然疎かになってないというしっかり者。キーボード(オルガンとかアナログシンセっぽい音色がメイン)が入ることもあって、一時期のコステロとか初期XTCとか、ああいったニューウェーブ系の流れを感じされるバンドですね。かなり好みだということがこの日判明。いやぁ、マジでいいバンドじゃないですか、これ? 多分、この日一番盛り上がったのは、トリのthe pillowsでもなく、ヘルマンだったように感じました。ファンも若かったしね!


◎the pillows

  約1ヶ月振りのthe pillows。ツアー終了後のイベントってことでどんな感じの選曲になるのか正直予想出来なかったんですが、いきなり1曲目"THUNDER WHALES PICNIC"の超ハイパーバージョンに腰を抜かしそうになりました。よりグランジ的で、よりパンキッシュ。そして「God bless you, YEAH!」というさわおの掛け声(叫び声)もカッコ良すぎて、全然違う曲に聞こえた程。そしてそのまま同じアルバム「smile」から"WAITING AT THE BUSSTOP"へ流れるという、見事な攻めの構成。この時俺、相当前(多分2~3列目)にいたんだけど、この日一番の狂いっぷりで踊ってました。そして名曲"CARNIVAL"を挟み、いよいよアルバム「Thank you, my twilight」からの楽曲群の登場。まずは"バビロン 天使の詩"、そして"ROBOTMAN"と続き、ツアー中に完成した未発表新曲"Terminal Heaven's Rock"をまたもや披露。イントロがカッコイイんだよね、この曲。そして歌詞は‥‥かなりさわおの独白的内容なのではないかと。「このロックスターに救いの手を」とか、そんな感じのフレーズが耳に残りました。もしかしてこれが次のシングル? 来月からレコーディングに入るみたいで、夏にはリリースされるようだけど‥‥楽しみかも。

  そして再び新作から"Ritalin 202"を披露した後に‥‥アルバム「HAPPY BIVOUAC」から、まさかの"LAST DINOSAUR"と"Advice"の2連発ではっちゃけまくり。ヤバッ、かなりヤバイ状態。つうか、若手相手(他の対バン)にここまで攻撃的なロックモードで挑むとは、さすがthe pillows。あっという間に本編終了。多分時間にして30分もやってないはず。勢い任せの曲が殆どだったからね(笑)。

  当然アンコールを求められ、1分と経たぬ間に再登場。長丁場だったこと、時間のことを気にしつつ「最後にもう1曲だけ」といって、新作ラストの"Rookie Jet"を‥‥ってまだアップテンポの曲。兎に角この日の彼等は終始ハイパーモード。さわおもいい感じだったし(以前観た時よりは声が出てなかったけど)、ドラムのシンちゃんも前日同会場で観たピーズが嘘だったかのような、重くて激しいドラムを叩きまくり。全10曲でトータル30分前後。いやぁ~恐れ入りました!

  セットリストを観て気づいたんだけど‥‥演奏された曲って未発表の"Terminal Heaven's Rock"を除くと全て近作3枚‥‥「HAPPY BIVOUAC」、「smile」、「Thank you, my twilight」からの曲なんだよね。新作が一番なのは勿論だけど、如何にここ数作の彼等がコンスタントに、ハイレベルな作品を発表し続けてきたかが伺えるかと。それだけに、今の状況(‥‥売れてないしな、全然‥‥)を思うと‥‥毒吐いてばかりでもいられないよ、さわお‥‥

  さて、次に彼等を観るのは何時になるのやら‥‥5/4の「MUSIC DAY」イベント(コレクターズやGOING UNDER GROUNDと共演)は‥‥観れるの‥‥かな?


[SET LIST]
01. THUNDER WHALES PICNIC
02. WAITING AT THE BUSSTOP
03. CARNIVAL
04. バビロン 天使の詩
05. ROBOTMAN
06. Terminal Heaven's Rock(新曲)
07. Ritalin 202
08. LAST DINOSAUR
09. Advice
 ---encore---
10. Rookie Jet



▼the pillows『Thank you, my twilight』
(amazon:国内盤CD / MP3

投稿: 2003 03 24 12:00 午前 [2003年のライブ, BAZRA, Hermann H. & The Pacemakers, pillows, the, ストレイテナー, スネオヘアー] | 固定リンク