2019年1月13日 (日)

祝ご成人(1998年4月〜1999年3月発売の洋楽アルバム20選)

新成人の皆さん、おめでとうございます。2014年度に初めて執筆したこの“洋楽版成人アルバム”企画、今回で5回目となります。毎年この時期にこの企画をやることで、温故知新というよりは「自分の20年前の音楽ライフはどんなだったか」を思い返す上で非常に重要なコンテンツになりつつあります。

しかも、今回は当サイトの前身サイトがスタートした時期(1998年12月)が被っていることから、選出時もいろいろ感慨深いものがあります。いやあ、長く続けるもんだ。

さて、この企画の説明です。この1月に成人式を迎えたの皆さんが生まれた年(学年的に1998年4月〜1999年3月の期間)にリリースされた洋楽アルバムの中から、個人的思い入れがある作品のうちSpotifyやApple Musicで試聴可能な作品を20枚ピックアップしました。今年度は残念ながら、選出した20枚すべてがSpotifyおよびApple Musicに揃っているものではありませんでした(各サービスともに1枚足りないという)。

でも、どれも名盤ばかりですし、もしまだ聴いたことがないという作品がありましたら、この機会にチェックしてみてはどうでしょう。特に、現在20歳の方々は「これ、自分が生まれた年に出たんだ」とかいろいろ感慨深いものがあるような気もしますし。ちなみに、作品の並びはすべてアルファベット順です。(2014年度の新成人編はこちら、2015年度の新成人編はこちら、2016年度の新成人編はこちら、2017年度の新成人編はこちらです)


ASIAN DUB FOUNDATION『RAFI'S REVENGE』(1998年11月発売)(Spotify

AT THE DRIVE-IN『IN/CASINO/OUT』(1998年8月発売)(Spotify)(レビュー

BEASTIE BOYS『HELLO NASTY』(1998年7月発売)(Spotify

BLUR『13』(1999年3月発売)(Spotify)(レビュー

BOARDS OF CANADA『MUSIC HAS THE RIGHT TO CHILDREN』(1998年4月発売)(Spotify

ELLIOTT SMITH『XO』(1998年8月発売)(Spotify)(レビュー

EMINEM『THE SLIM SHADY LP』(1999年2月発売)(Spotify

FATBOY SLIM『YOU'VE COME A LONG WAY, BABY』(1998年10月発売)(Spotify

KORN『FOLLOW THE LEADER』(1998年8月発売)(Spotify)(レビュー

KULA SHAKER『PEASANTS, PIGS & ASTRONAUTS』(1999年3月発売)(Spotify)(レビュー

MANIC STREET PREACHERS『THIS IS MY TRUTH TELL ME YOURS』(1998年8月発売)(Spotify)(レビュー

MARILYN MANSON『MECHANICAL ANIMALS』(1998年9月発売)(Spotify)(レビュー

MASSIVE ATTACK『MEZZANINE』(1998年4月発売)(Spotify

MERCURY REV『DESERTER'S SONGS』(1998年9月発売)

MOGWAI『COME ON DIE YOUNG』(1999年3月発売)

REFUSED『THE SHAPE OF PUNK TO COME: A CHIMERICAL BOMBINATION IN 12 BURSTS』(1998年10月発売)(Spotify)(レビュー

SEAN LENNON『INTO THE SUN』(1998年5月発売)

THE SMASHING PUMPKINS『ADORE』(1998年6月発売)(レビュー

SYSTEM OF A DOWN『SYSTEM OF A DOWN』(1998年6月発売)(Spotify)(レビュー

UNKLE『PSYENCE FICTION』(1998年8月発売)(Spotify


残念ながらセレクトから漏れた作品も多いです。以下、主だった作品をざっと羅列します。


ALANIS MORISSETTE『SUPPOSED FORMER INFATUATION JUNKIE』
ARCH ENEMY『STIGMATA』
ASH『NU-CLEAR SOUNDS』
BECK『MUTATIONS』
THE BLACK CROWES『BY YOUR SIDE』
THE CARDIGANS『GRAN TURISMO』
EMBRACE『THE GOOD WILL OUT』
FUN LOVIN' CRIMINALS『100% COLOMBIAN』
GARBAGE『VERSION 2.0』
GRAHAM COXON『THE SKY IS TOO HIGH』
THE HAUNTED『THE HAUNTED』(レビュー
HELLOWEEN『BETTER THAN RAW』
HOLE『CELEBRITY SKIN』(レビュー
JEFF BECK『WHO ELSE!』(レビュー
JFFF BUCKLEY『SKETCHES FOR MY SWEETHEART THE DRUNK』
JERRY CANTRELL『BOGGY DEPOT』
THE JESUS AND MARY CHAIN『MUNKI』
JIMMY EAT WORLD『CLARITY』
KISS『PSYCHO CIRCUS』(レビュー
LAURYN HILL『THE MISEDUCATION OF LAURYN HILL』
LENNY KRAVITZ『5』
MANSUN『SIX』(レビュー
METALLICA『GARAGE INC.』(レビュー
MONSTER MAGNET『POWERTRIP』
THE OFFSPRING『AMERICANA』(レビュー
PLACEBO『WITHOUT YOU I'M NOTHING』(レビュー
PORTISHEAD『ROSELAND NYC LIVE』
R.E.M.『UP』
RANCID『LIFE WON'T WAIT』
ROB ZOMBIE『HELLBILLY DELUXE』(レビュー
RUFUS WAINWRIGHT『RUFUS WAINWRIGHT』
SLAYER『DIABOLUS IN MUSICA』(レビュー
SLOAN『NAVY BLUES』
SOULFLY『SOULFLY』(レビュー
STEREOPHONICS『PERFORMANCE AND COCKTAILS』
SUGAR RAY『14:59』


こうやって振り返ってみると、いわゆるど直球のHR/HMから自分が遠ざかっていた時期でもあるのかなと。ブリットポップが終わって数年経ち、生き残った者だけが独自の道を進み始めたイギリスと、ヘヴィ系とラップメタルの間で新たな潮流が生まれたアメリカ。かつ、90年代半ば以降のダンスミュージックの流れから新たな波がうねりを上げ始めたヨーロッパと、ラップミュージックが本格的にシーンを支配し始めた北米。そういった文化の変化が、世紀末に向けてより拍車がかかった節目のタイミングでもあったのかなと感じます。

個人的にも、1998年という1年は大きな転機でした。その年の頭に、それまで10年近く生活した東京から一旦離れ、生まれ育った故郷に戻った。それにより、それまで身の回りに当たり前のようにあった“音楽”になかなか触れられなくなったのです。ライブにも気軽に行けなくなったし、欲しいCDも地元では売っていない。そんな悶々とした日々を過ごす中、たまたま始めたインターネットライフと、そこで出会った人たち。こうしたつながりから得られた情報は、その後の自身の音楽生活に大きな影響を及ぼすことになります。

同じ頃、ロック系クラブイベントに足繁く通うようになり、そこでの人々との出会いと得られる情報も大きな糧となっていった。そりゃあ、聴く音楽の趣味も少しずつ変化していきますよね。そういった影響が、その年の10枚(こちら)や今回選んだ20枚にも表れているような気がします。20代後半の自分の生活を彩り、確実に価値観を変えてくれた作品たち。今聴くといろんな思い出が洪水のように押し寄せてきて、ちょっと尋常じゃいられなくなりますが、それはそれとして。このへんから1999年くらいは、自分にとって最後の“山場”だったのかな、と今振り返ってみて感じます。

なお、これら20枚からプレイリストも作ってみたので、よろしければ連休中の暇つぶしとして、あるいは成人式の合間の時間つぶしとしてお楽しみください。



ちなみに1998年の日本の音楽シーンはというと、国内CD売り上げがピークに達した時期。B'zの金銀ベストアルバムがバカ売れし、GLAYやラルクもバカ売れ。LUNA SEAが活動再開し、THE YELLOW MONKEYは100数十本におよぶ全国ツアーを敢行。そして、モーニング娘。や浜崎あゆみ、aiko、椎名林檎、宇多田ヒカル、MISIAらがデビューを果たした記憶に残る1年でもありました。

個人的には、この人のことで忘れられない年にもなりましたが……。もう20年以上経つのですね、早いなぁ……。



▼hide with Spread Beaver『ピンクスパイダー』
(amazon:国内盤CD / MP3

投稿: 2019 01 13 10:00 午前 [1998年の作品, 1999年の作品, Asian Dub Foundation, At The Drive-In, Beastie Boys, Blur, Boards of Canada, Elliott Smith, Eminem, Fatboy Slim, Korn, Kula Shaker, Manic Street Preachers, Marilyn Manson, Massive Attack, Mercury Rev, Mogwai, Refused, Sean Lennon, Smashing Pumpkins, System of a Down, Unkle, 「20年前」] | 固定リンク

2015年1月13日 (火)

祝ご成人(1994年4月〜1995年3月発売の洋楽アルバム20枚) ※改訂版

新成人の皆さん、おめでとうございます。というわけで今回は、新成人の皆さんが生まれた年(学年的に1994年4月〜1995年3月の期間)にリリースされた洋楽アルバムの中から、個人的思い入れがある作品を20枚ピックアップしました。どれも名盤ばかりなので、もし聴いたことがないという作品がありましたら、この機会にお手にしてみてはいかがでしょうか。とは言いながらも大半が名盤中の名盤なので、聴いたことがあるものばかりかもしれませんが。

あ、並びはすべてアルファベット順です。

Beastie Boys「Ill Communication」(Amazon

Blur「Parklife」(Amazon

Dinosaur Jr.「Without a Sound」(Amazon

Helmet「Betty」(Amazon

Jeff Buckley「Grace」(Amazon

Korn「Korn」(Amazon)(レビュー

Machine Head「Burn My Eyes」(Amazon)(レビュー

Madonna「Bedtime Stories」(Amazon

Manic Street Preachers「The Holy Bible」(Amazon)(レビュー

Nine Inch Nails「The Downward Spiral」(Amazon / 日本盤1994年4月発売)

Oasis「Definitely Maybe」(Amazon

Pearl Jam「Vitalogy」(Amazon)(レビュー

Pink Floyd「The Division Bell」(Amazon / 日本盤1994年4月発売)

Portishead「Dummy」(Amazon

The Prodigy「Music for the Jilted Generation」(Amazon

R.E.M.「Monster」(Amazon

Radiohead「The Bends」(Amazon)(レビュー

Slayer「Divine Intervention」(Amazon

Suede「Dog Man Star」(Amazon

Weezer「Weezer (The Blue Album)」(Amazon)(レビュー


残念ながらセレクトから漏れた作品も多いです。それこそThe Beatlesの「Live at the BBC」、The Rolling Stones「Voodoo Lounge」、Nirvana「MTV Unplugged in New York」、The Stone Roses「Second Coming」といったものから、Marilyn Mansonのデビュー作「Portrait of an American Family」、Sloan「Twice Removed」、Sick of It All「Scratch the Surface」、The The「Hanky Panky」、Bonston「Walk On」、TLC「CrazySexyCool」、Van Halen「Balance」、Beck「Mellow Gold」あたりまで。カート・コバーンが亡くなって20年なんですね。そう考えると20年なんてあっという間ですよ、本当に。

※1/13 17:40加筆修正
Nine Inch Nails「The Downward Spiral」という個人的に絶対に欠かせないアルバムの存在を思い出させてくれたいっしーさんに感謝。というわけで、セレクトを一部改訂しております。

投稿: 2015 01 13 12:06 午前 [1994年の作品, 1995年の作品, Beastie Boys, Blur, Dinosaur Jr., Helmet, Jeff Buckley, Korn, Machine Head, Madonna, Manic Street Preachers, Nine Inch Nails, Oasis, Pearl Jam, Pink Floyd, Portishead, Prodigy, The, R.E.M., Radiohead, Slayer, Suede, Weezer, 「20年前」] | 固定リンク

2004年11月11日 (木)

とみぃ洋楽100番勝負(85)

●第85回:「Sabotage」 BEASTIE BOYS ('94)

 この連載をずっと読んできた人の中で、もし自分と同世代の人がいたら「何で'80年代中盤に『あの』曲を取り上げないの?」と不思議に思う人もいるかもしれないよね。だってRUN D.M.C.やファルコが取り上げられてるのに、どうしてBEASTIE BOYSの "Fight For Your Right" がないのか、って。

 いや、勿論当時よく聴いた1曲だし、今でも凄く好きですよ。けど、あの曲は「自分の中でのBEASTIE BOYS史」にとっては単なる取っ掛かりの1曲であって、そこまで重要な曲じゃないんですよ。むしろ俺的には'90年代以降の彼等の方が好きになる要素満載なんですよね。

 前作「CHECK YOUR HEAD」辺りからおおっ!?って感じて、この「ILL COMMUNICATION」で一気に爆発した感じかな、俺内で。"Root Down" とか "Sure Shot" とかいろいろ重要な曲があるけど、ここはやはり "Sabotage" でしょう。勿論あのPV込みで。

 下手なヘヴィロックやラップメタルを聴くよりも遥かにカッコいいし。まだ日本でRAGE AGAINST THE MACHINEが評価されるようになる、3年も前のお話ですよ。元々ハードコアバンドだったBEASTIESが放った、彼等なりの'94年ロックシーンに対する答え‥‥っていうのは言い過ぎかしら。

 とにかく。未だにフロアでこの曲を聴くと血が逆流する程に興奮するし、これを聴いた後となっては "Fight For Your Right" はちょっと真面目に聴けないよなぁ‥‥とても同じアーティストがやってるとは思えない程にね。ま、あっちはあっちで、ギャグとして今でも成立してるから、それはそれでいいのかもね。ライヴでは聴きたいと思わないけど。

 幸か不幸か(?)、2005年1月の来日公演は、夏のサマソニ時とは違ってバンドスタイルでのライヴとなるようで、当然ながら "Sabotage" も期待してしまうわけですが‥‥って俺、チケット取ってないんですけどね!(行く気は満々だけど)



▼BEASTIE BOYS「ILL COMMUNICATION」(amazon

投稿: 2004 11 11 12:00 午前 [1994年の作品, Beastie Boys, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004年6月22日 (火)

BEASTIE BOYS『TO THE 5 BOROUGHS』(2004)

この6年は本当に長かったよね。丁度このサイトを始めた年(98年)に『HELLO NASTY』という傑作をリリースして、翌99年頭に来日公演を行って。その年の秋にはベスト盤『THE SOUNDS OF SCIENCE』をリリース。その後いろいろと話題を振りまきつつも、結局6作目となるアルバム『TO THE 5 BOROUGHS』が我々の手元に届くまでに、6年という月日が流れてしまったんだから‥‥ホント長いって。だって6年前にはまだエミネムは裏路地でくすぶれてた頃だよ。丁度Dragon Ashがオーバーグラウンドへ上り詰めようとしてた時期。本当に6年という時間は大きいです。

じゃあその6年でBEASTIE BOYSは古くさくなってしまったか、時代遅れになってしまったかというと‥‥それはこのアルバムを聴いた人の判断に任せるよ。なっ、如何に彼らが原点回帰的な「純粋なヒップホップ・アルバム」を引っ提げて戻ってこようが、それを時代錯誤とか呼ぶ奴、誰もいないよな? むしろ20年近く第一線で戦ってきた3人にだから作れた作品。それがこの『TO THE 5 BOROUGHS』なんじゃないかな。ヒップホップに疎い俺ではあるけれど。いや、そんな俺だからこそ、そんな風に感じるのかもしれない。

作品的には前作からの流れにあるといってもいいかもしれないし、逆にある意味初期の作風に近いといってもいいかもしれない。ここには「ハードコア・バンド」としてのBEASTIESはいないし、ジャズ/ファンク的実験サウンドを生演奏で披露するBEASTIESの姿もない。ただあるのは3本のマイクと、ターンテーブルのみ。そういう意味では非常に「ハードコア」なアルバムだよね。

15曲で42分というトータルランニングも抜群だし、1曲1曲の自由度が非常に高くて、とにかく聴いていて飽きがこない。普段からヒップホップばかり聴いてるような人にとってはどうか知らないけど、少なくともロックファンな俺にも存分に楽しめる1枚。過去の作品みたいにハードコア・パンク調のバンドサウンドは皆無だけど、そんなの全然気にならないし、ただただカッコいいだけ。それで十分じゃない?

本当はこの手のアルバムについて語る時って、ここのサンプリング・ネタがどうだとか、バックトラック云々だとか、3MCのマイクパフォーマンスやライムがどうこうとか、そういったことについてもっと書くべきなんだろうけど、そういうのは専門家に任せます。難しいことは本当に判らないし、カテゴライズとかそんなの無視して‥‥俺にとって十分に「ロックンロール」アルバムとして機能している‥‥それだけ。カッコいいし、気持ちいいし、飽きがこない。ホントそれだけなのよ。

純粋にロックしか聴かない人にとってどう映るのかな、このアルバム‥‥まぁ最近ではエミネムとか普通に聴いてる子の方が多いだろうから、きっとこのアルバムも好意的に受け入れられるはず。



▼BEASTIE BOYS『TO THE 5 BOROUGHS』
(amazon:海外盤CD

投稿: 2004 06 22 12:00 午前 [2004年の作品, Beastie Boys] | 固定リンク