2016/01/10

祝ご成人(1995年4月〜1996年3月発売の洋楽アルバム20枚)

新成人の皆さん、おめでとうございます。昨年度に初めて実施したこの企画、今回も新成人の皆さんが生まれた年(学年的に1995年4月〜1996年3月の期間)にリリースされた洋楽アルバムの中から、個人的思い入れがある作品を20枚ピックアップしました。どれも名盤ばかりなので、もし聴いたことがないという作品がありましたら、この機会にお手にしてみてはいかがでしょうか。とは言いながらも大半が名盤中の名盤なので、聴いたことがあるものばかりかもしれませんが。

並びはすべてアルファベット順です。(2015年の新成人編はこちら


Alice in Chains『Alice in Chains』(Amazon

Ben Folds Five『Ben Folds Five』(Amazon

Björk『Post』(Amazon

Blur『The Great Escape』(Amazon

Bon Jovi『These Days』(Amazon

The Chemical Brothers『Exit Planet Dust』(Amazon

Fear Factory『Demanufacture』(Amazon

Foo Fighters『Foo Fighters』(Amazon

The Fugees『The Score』(Amazon

Garbage『Garbage』(Amazon

King Crimson『Thrak』(Amazon

Oasis『(What's the Story) Morning Glory?』(Amazon

Pulp『Different Class』(Amazon

Queen『Made in Heaven』(Amazon

Red Hot Chili Peppers『One Hot Minute』(Amazon

Reef『Replenish』(Amazon

Sepultura『Roots』(Amazon

The Smashing Pumpkins『Mellon Collie and the Infinite Sadness』(Amazon

Teenage Fanclub『Grand Prix』(Amazon

The Wildhearts『P.H.U.Q.』(Amazon


残念ながらセレクトから漏れた作品も多いです。以下ざっと候補を羅列します。

Alanis Morissette『Jagged Little Pill』
Anthrax『Stomp 442』
The Beatles『Anthology 1』
The Boo Radleys『Wake Up!』
Bruce Springsteen『The Ghost of Tom Joad』
The Charlatans『The Charlatans』
D'Angelo『Brown Sugar』
David Bowie『Outside』
In Flames『The Jester Race』
Michael Jackson『HIStory: Past, Present and Future, Book I』
Nine Inch Nails『Further Down the Spiral』
Ozzy Osbourne『Ozzmosis』
Paul Weller『Stanley Road』
The Rentals『Return of the Rentals』
Ron Sexsmith『Ron Sexsmith』
Sonic Youth『Washing Machine』
Supergrass『I Should Coco』
Terence Trent D'Arby『Terence Trent D'Arby's Vibrator*』
Terrorvision『Regular Urban Survivors』
Underworld『Second Toughest in the Infants』
White Zombie『Astro-Creep: 2000』

こうやって振り返ると、1995年から1996年初頭ってブリットポップの最盛期だったんですね。1995年3月にはElasticaやGeneのアルバムも発表されてるし、1996年後半になるとKula Shakerの1stもリリースされますし。やっぱり1995年夏のBlur vs Oasisの直接対決がピークでしたね、いろんな意味で。

あ、Underworldをあえて選外にしたのは、日本盤のリリースが1996年6月だったから。海外では3月発売ですが、その後の「Born Slippy」のヒットなど含めて考えると、このアルバムは1996年から1997年の作品かなと思いまして。来年はマストかな。

メタルの世界はグランジがひと段落したものの、ポストグランジ的サウンドのバンドが増えつつあり、前年からのMotley Crue、Dokkenの失敗など、あまり芳しくない状況でした。そんな中、1994年のKornデビューを機にグルーヴ感のあるヘヴィロックが台頭し始めます。前年デビューのMachine Headもその1つですね。Sepulturaは前作『Chaos A.D.』でのシフトチェンジから、ブラジル音楽のルーツを取り入れた傑作『Roots』で活動のピークを迎えるのも、1996年初頭のお話。Fear Factoryのようなデジタル要素を取り入れたヘヴィバンドも人気を集め始めたのも印象に残ってます。同時期に国内ではTHE MAD CAPSULE MARKETSが『4 PLUGS』をリリースしたのも、海外の動きとリンクしていて興味深いです。

ちなみに日本国内ではこの頃、ブルーハーツの解散(6月)やUP-BEATの解散(8月)、光GENJI(光GENJI SUPER5)の“卒業”(9月)、Winkの活動停止(96年3月)といった出来事がありました。いわゆるTKサウンドがチャートを席巻し、MY LITTLE LOVERやglobeがデビューしたのもこの頃でした。

投稿: 2016 01 10 12:00 午前 [1995年の作品, 1996年の作品, Alice in Chains, Ben Folds, Björk, Blur, Bon Jovi, Chemical Brothers, The, Fear Factory, Foo Fighters, Fugees, The, Garbage, King Crimson, Oasis, Pulp, Queen, Red Hot Chili Peppers, Reef, Sepultura, Smashing Pumpkins, Teenage Fanclub, Wildhearts, The, 「20年前」] | 固定リンク

2009/07/20

NANO-MUGEN FESに行ってきた(BEN FOLDS編)

本来なら2日間とも行く予定だった「NANO-MUGEN FES.2009」ですが、MANIC STREET PREACHERS来日キャンセルを受けてスケジュールを変更。初日だけフル参戦してきました。

MANICSなしでどう過ごそうか……なんて考えることもなく、この日は仕事も絡んでいたので、淡々とすべてのバンド/アーティストのライブを観させていただきました。個人的にはひさしぶりに観るバンドばかりだったので(一番直近に観たアーティストとなると、the HIATUSかOGRE YOU ASSHOLEあたりかな)、それなりに楽しめましたよ。4人編成になったストレイテナー、カッコよかったなぁとか。

その中で、今日一番のアウェイ感がにじみ出ていたライブが、ベン・フォールズでした。これはもう、その後がthe HIATUSだったこともあって、フロアにそちら系のファンがぎっしり埋まってたことが大きな原因なんでしょうけどね。こればかりはなぁ……この手のフェスじゃ仕方ないのかな。本当に残念。

実はベンがソロになってから、ちゃんとライブを観るのは初めて。アルバムは全部ではないけどそれなりに聴いてきたつもりで。だけど、ライブは最後に観たのがBEN FOLDS FIVEの初来日公演以来だから……13年ぶり? そんなに経つのか……。

今日のライブでも、その初来日の話(1995年にクラブクアトロでみたいな。本当は1996年なんだけど)が出てきて、BF5の1stアルバムに収録されてた「Underground」が演奏されて。個人的にはここで一番アガッた。いや、もちろん他の曲もいいと思ったし、ちゃんとこれからおさらいしようと考えてるんだけど……ちょっとね。帰宅してからひさしぶりにCD棚から引っ張り出してBF5の1stアルバムを聴いてます。

……って、本当にそれだけの日記なんだけどね。この人のポップセンスはその後もいろんな方向に爆裂していったけど、原点である1stアルバムの時点ですでにほぼ完成形だったんだよね。その完成形をいかに壊していくか、崩していくかが勝負だったのかもしれない。研ぎ澄まそうとすると、もとが完成形なだけに難しい勝負になる。なかなか難しいところではあるけど、ベン・フォールズっていうポップアーティストはつねにそこと向き合って、ときに壊して、ときに真正面から向き合って15年近く第一線で闘ってきたんだな、と。ひさしぶりにアルバムを聴いてそんなことをふと考えてしまいました。



▼BEN FOLDS FIVE「BEN FOLDS FIVE」(amazon:日本盤US盤

投稿: 2009 07 20 04:01 午前 [2009年のライブ, Ben Folds, 「フェス」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/01/26

THE BENS『THE BENS EP』(2004)

2003年の前半から噂にはなっていた、3人の「Ben」‥‥ベン・フォールズ、ベン・リー、ベン・クウェラーによる、企画色の強いユニット、それが「the bens」。まんまなユニット名ですが、とにかくお遊びで始めたこのユニットは、ツアーしたり等いろいろ出没情報はあったものの、ちゃんとした音源が出るのか、出るとしたらどこから出るのか、等といろいろ噂先行で話題となりました。既にフルアルバム分の楽曲があるとか、レコーディングは既に完了しているとか‥‥で、いろいろ紆余曲折ありながら、ベン・フォールズの企画シングルをリリースしている「attacked by plastic」というレーベルから、ネット通販限定で流通することになったのが、今回紹介する『the bens ep』という4曲入りのEP。もともとこれ、03年春に行われた3人合同によるツアーで会場限定発売されていたEP。本来はここに3曲のライヴ音源(この時にツアーの模様を収録したもの)を追加した計7曲で、同年8月に日本発売される予定だったんだけど‥‥ま、ライヴ音源はなくなって本来の形に戻ったものの、こうやって日本のファンも手に入れることができるようになっただけマシというか。

個人的には、この中で思い入れがあるのってベン・フォールズくらいなんですよね。ベン・リーは以前「Grand Royal」から出てたアルバムを1枚だけ聴いたことがあるだけだし(それもかなーり前の話ですよね)、ベン・クウェラーに関しては名前しか知らない状態(いや、ずっとアルバム聴こうとは思ってたんですが‥‥)。そんな人間が、ほぼ無知に近い状態でこの音源に接したわけですが‥‥意外に面白かったな、と。最初はもっと3人のエゴが出まくった、ソロ色が強い独立した楽曲が数曲ある程度なのかな、と思ってたんだけど、思ってた以上に1曲の中にちゃんと各人の個性が出た形に収まってるような気がします。

オルタナ・カントリー調の1曲目「Just Pretend」の和んだ空気、3人が順番に歌い、3声コーラスをかますところなんて特にシビれますよね。イントロのベースとシンセの音にいきなりヤられる「Xfire」はさしずめオルタナ・ポップスといったところでしょうか。これ、バックトラックって全部3人でやってるのかしら? シンセ類はベン・フォールズ、エレキ類はベン・クウェラーかな? ドラムは‥‥この中途半端にローファイぽい感じが、ワザと狙ったような雰囲気が出てて、如何にもポップ職人3人による仕事といった感じ。曲自体もこれが一番好きかも。そして同じくローファイっぽいアナログシンセとリズムボックスの音がたまらない「Stop!」もいい感じ。適度に枯れてて、適度に激しくて、適度に甘くて、適度に狂ってる感じ‥‥この「適度」ってのが非常に優等生っぽくて、人によっては鼻につくかもしれないけど‥‥個人的にはこの2~3曲目のノリでアルバム1枚作って欲しいなぁと思います。そして最後はアコギとピアノが印象的なバラード調の「Bruised」。これも「いい曲書いてやろう」っていう気合いと「狙って外す」といった相反するもののバランス感が絶妙。ちょっとベン・フォールズ色が一番強い楽曲な気がしないでもないけど‥‥まぁ、3人のうち、誰かひとりがリーダーとなって曲を書くなんてことは当たり前の行為だからねぇ。たまたまこの曲の場合はベン・フォールズが先頭に立って他の2人を引っ張る形になったのでしょう。うん、いい感じ。

こういうタイプの音楽、今はなんて呼ぶの? ほら、よく「AAA」とか「オルタナ・ポップス」とか、いろいろ新しい呼び名(カテゴリー)があるじゃない? 個人的にはまぁそんなのどうでもいいんですが‥‥うん、面白いと思いました。ただ、まだ「この3人でやる必要性・必然性」みたいなものを見つけるまでには至らないかな、と。たった4曲だしね。いい曲は勿論あったけど、決定打になるような名曲には至ってないし。各人ソロで好き放題やった方がもっといい作品が作れるような気もするんだけど‥‥だからこそ、単なる企画ものとして終わらせないで、ちゃんとした「完全無欠のアルバム」を完成させて欲しいなぁ、と思うわけでして。既に完成してるのかもしれないけど、それを聴いた時に初めてこの「the bens」に対する正当な評価を下したいと思います。

ま、あれですよ。なんだかんだ言って、このEPの4曲を「iPod」にブチ込んで、普段から聴きまくってるんですけどね!



▼THE BENS『THE BENS EP』
(amazon:販売なし)

投稿: 2004 01 26 12:00 午前 [2004年の作品, Ben Folds] | 固定リンク