2003/05/17

BOØWY『BEAT EMOTION』(1986)

今行っているアンケートで「あなたの初めて買ったCDは?」というのを募集してるんですが、日記にも書いた通り、俺が最初に自分の小遣いで買ったCD、それがこのBOØWYの5枚目のアルバム『BEAT EMOTION』でした。恐らく現在手元にあるCDの中で最も長い期間所有してるのがこれです。なので、スキャンしたジャケットも結構年季が入ってますし(至る所に汚れが目立つという。白地だから余計目立つんだよね)‥‥ま、そこに愛着を感じちゃうんですけどね。

このアルバムがリリースされた86年、BOØWYは3枚のアルバムをリリースしました。この年の3月に4作目『JUST A HERO』を発表し、それがオリコン・アルバムチャートで初登場4位を記録。更に「夜のヒットスタジオ」(当時フジテレビ系列で放送されていた音楽番組)に「わがままジュリエット」で初出演する等、一般層への知名度もだんだんと高くなりつつある中、いよいよ初の武道館公演が実現。ここであの名言「ライヴハウス武道館へようこそ!」が飛び出すわけですね。で、その模様を収めたライヴアルバム『GIGS』が夏に限定発売され、即完売。数年後にリイシューされるまで、長きに渡って高値で取引された一品でした(ちなみに俺、アナログで持ってるんですが、CDとなると更に高値だったみたいですね。まだそんなに流通してなかった時期だしね)。そして秋、この『BEAT EMOTION』からの先行シングル「B・BLUE」が発表され、初のトップ10入りを果たしてしまうのです。この時も確か「夜のヒットスタジオ」には出演したと記憶してますが、「ザ・ベストテン」等のチャート番組への出演は拒否。その年暮れに放送された「MERRY X'MAS SHOW」という特番には吉川晃司と共演(THE DAMNEDバージョンの「Help」をカバー)しましたが、結局翌年末の解散に至るまで、その後一切テレビへの出演はなくなります。

そんなシングルヒットの中、発表されたこのアルバムがいよいよチャートで1位を取ってしまうわけです‥‥所謂「BOØWY現象」にここで完全に火が点いてしまうわけですね。それまで一部のロック好きしか知らなかった彼等の名前を、普段ヒットチャートものしか聴かない人達までもが「BOØWYってカッコイイよね!」と言い出すようになるんですから‥‥ロックがまだお茶の間に馴染んでなかった時期の話ですよ。今の10代の子達には到底想像できないでしょうけど、そういう時代があったってことですよ。

さてさて、作品としてのこのアルバムなんですが‥‥実は俺、これが一番好きってわけでもないんですよね(苦笑)。ま、思い入れというか思い出は一番詰まってるアルバムなんですが、熱中度の点でいえば多分点下から数えた方が早いくらいでして。一番好きなアルバムとなると、実はこの1枚前の『JUST A HERO』なんですが(鼻先程の次点がセカンド『INSTANT LOVE』で、次がファースト『MORAL』かな?)‥‥まぁBOØWYのアルバムで一番最初に取り上げるなら、こういう企画もあることだしやっぱりこれかなぁ‥‥なんて思いまして。

東芝EMI移籍後‥‥再デビュー作である3作目『BOØWY』以降、2作連続で佐久間正英(四人囃子やプラスティックスのベーシストとして70~80年代前半まで活躍後、プロデューサーとして活躍。現在ではGLAYを手掛けてることでお馴染みですよね)が携わってきたわけですが、この『BEAT EMOTION』でいよいよ完全なる布袋寅泰体制がスタートするわけです(サウンドプロデュースと全楽曲のアレンジャーとして彼の名前が記載されています)。非常に機械的なエフェクトがかかったドラムサウンド(全然生っぽくないんですよね)、いろんなエフェクターを通したギターサウンド(ソロ以外は思った程歪んでないんですよね)、多用されるシンセやシーケンサー‥‥その後の布袋ソロサウンドの一端をかいま見せてくれています。

しかし、完全なる「布袋アルバム」にならなかったのは、やはり氷室京介のクセの強いボーカルによるものが大きいからですよね。俺ね、ヒムロックってBOØWY時代は全然嫌味なく聴けるんだけど、ソロになってからのこの人ってどうしても‥‥ボーカルのアクが強すぎて、曲の弱さが目に付いちゃうというか‥‥どれも同じに聞こえちゃうわけ。そういう意味では布袋の書く個性的でポップなメロディにヒムロックの声が乗って更にその魅力が増す‥‥そのマジックみたいなものが確実にあったわけですね。それはこのナンバー1アルバムでも十分に味わうことが出来ます。

久し振りにクレジットとかに目を通してみたら新たな発見が。ホッピー神山が参加してるのは知ってたんだけど(後に山下久美子のバックを共に務めたし、布袋ソロ1枚目でもヘルプしてたしね)、まさか松武秀樹の名前を発見するとは‥‥YMO絡みの人ですよね。これ、当時全然気づかなかったなぁ。何で気づかなかったんだろう?

バンド後期、ライヴで常に演奏され続けた曲が多いのもこのアルバム。シングルヒット「B・BLUE」や「ONLY YOU」は勿論、「WORKING MAN」や「BEAT SWEET」、『LAST GIGS』にも収められた「DRAMATIC? DRASTIC!」等、ホントいい曲が多いんですよね。ラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』への伏線となったともいえるミディアムメロウな「DON'T ASK ME」「RAIN IN MY HEART」とか、シャッフルビートが気持ちいい「DOWN TOWN SHUFFLE」、初期の攻撃的な色を感じさせるアッパーな「NOISE LIMITTER」、バラード「B・E・L・I・E・V・E」等々‥‥ホントにポップで耳に残る曲ばかり。改めて聴いてみて‥‥そんなに悪くないじゃんこれ。いや、昔より好きになったかも(いや、元々嫌いだったわけじゃないよ。当時の趣味から外れつつあったってだけで)。つうかさ、ソロになった布袋はどんどんマニアックなんだけど下世話な方向へ進んでるみたいだけど、こういう正攻法はもうやってくれないのかなぁ‥‥COMPLEXや「ギタリズム」路線で打ち止めなのか? いや、今が悪いってわけじゃないんだけど‥‥それに決して「ボウイを再結成しろ」っていう意味でもないのね。だって正直観たくないもん、BOØWY再結成されてもさ。ま、ステージ上にヒムロックと布袋が並ぶ姿は観てみたいんだけど。BOØWYとさえ名乗らなければね。

結局さ、良くも悪くもその後の「バンドブーム」の教科書的な存在となってしまったこのアルバム。氷室本人も「『JUST A HERO』で終わっていたら、バンドとして綺麗だったよね」と言ってるように、もしかしたらそれ以降の作品‥‥『BEAT EMOTION』や『PSYCHOPATH』‥‥は蛇足だったのかもしれない。けど、その2枚があったからこそ、BOØWYはあれから15年以上も経った今でも語られることが多いのも事実。その辺の評価は人によって変わってくるだろうけど、俺はこれをリリースして正解だったと思います。そして、このアルバムに対する反動ともとれる『PSYCHOPATH』もね(ま、好き嫌いはまた別の問題だしね)。

一方、布袋の方は‥‥何だかんだいって彼はこのアルバムを好んでいるんじゃないでしょうか? 後にリリースされた彼のソロシングルにもこのアルバムと同タイトルのシングル曲があるしね。また、布袋のコーラスがやたらと耳に付くようになったのもこのアルバムからだし。そういう意味から、結局はその後の両者のソロ活動への布石となった1枚かもしれませんね。



▼BOØWY『BEAT EMOTION』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 05 17 12:00 午前 [1986年の作品, BOØWY] | 固定リンク

2001/10/29

BOØWY『LAST GIGS』(2001/完全版:2008)

まさか、こんな鮮明な映像が観れる日が来るなんて、思ってもみなかった。しかも、13年半も経ってから‥‥既にブートで何世代目、何十世代目が出回っているBOØWYのラストライヴとなった東京ドーム2DAYSの映像が正式な製品として、結成20周年を記念する2001年にリリースされた。当時(88年)ライヴ終了1ヶ月後にはライヴアルバムとして12曲が発表され、それに続いて映像作品もリリースされる予定だった。が、どこでどう変わったのか知らないが、結局この映像化企画は没となってしまう。それが何故、それもここにきて急にリリースされることになったのだろうか? 確か98年2月にリマスター音源を使用したベスト盤『THIS BOØWY』がリリースされる際にも、この『LAST GIGS』映像版発表の噂はあった。しかし、メンバー(この時は氷室京介だと言われていた)がOKを出さなかった為、再び没となったようだ。確かに今年はBOØWY結成20周年、来年2002年はファーストアルバム『MORAL』が発表された年でもある。けどそれって、如何にもこじつけましたっていう空気を感じるのだけど‥‥。

そうは言っても、あの「飯島愛の裏ビデオ」以下の映像でしか観れなかった(笑)ラストライヴを、こうやってクリアな画像・音声で目に/耳にできるというのは、心底喜ばしいことだと思っている。正直な話、この話題を「めざましテレビ」で知った時、朝から発狂しそうになったもん。

で、リリースが発表になってから発売までの1ヶ月に間に、結構ガッカリすることもあって。メインになってるのは1988年4月4日と5日の2公演の内、ラストの5日の方なのだけど、この日は確か20曲以上演奏され、しかもダブルアンコールで一番最後に再び「NO. NEW YORK」が演奏されるというサービス振りだったはずなのだ。ところが、製品としてリリースされるビデオ/DVDは12曲‥‥曲目・曲順共にCD版『LAST GIGS』と全く一緒だったのだ。これにはさすがの俺も「ちょっと待て!何考えてるんだ!?(怒)」と憤りを感じ、買うのはよそうか‥‥と思うようになっていた。

けどね‥‥勝てなかったよ、あの日の、高校時代の自分に(苦笑)。

CD版との違いを幾つか挙げておく。まずCDは収録時間50分、それに対し映像版は57分。7分余計なわけだが、その分何が増えたのかというと‥‥オープニング! 最初のライヴアルバム『GIGS』(86年)を聴いたことがある人にはお馴染みの、あのイントロダクションが収録されている。イントロダクションに導かれ、メンバーがひとり、またひとりと登場するステージ後方からの映像(後ろ姿)には、正直鳥肌が立った。更に「WORKING MAN」演奏前にMCが収録されている。そう、ブートを観た人、実際のライヴに行った人ならご存じの「最後がおまえらでよかったと思うよ」っていう、あの名セリフはちゃんと収録されているのだ! これだけで、学生時代ヒムロックに魅せられた元少年少女は買いでしょう!(笑)そして最後の「Dreamin'」終了後、アンコールを求めるオーディエンスをバックにエンドロールが流れ、最後の最後にダブルアンコールも終了した後の、メンバー4人がステージ前方に肩寄せ合って集まった姿が、そして4人からの「ありがとう」の言葉とステージを去る氷室、布袋、松井、高橋の姿をちゃんと収めている。CDでは実況中継盤というよりは、ひとつの「作品」として編集されたイメージがあったが、こういう映像を付け加えることで、更に感慨深いものになった‥‥けど全曲、キレイな映像で観たかったなぁ‥‥(涙)。

このDVDを握り拳で、興奮しながら観てたら、ちと面白いことに気付いた。客のノリが現在(2001年)と違うのね、当たり前だけど。みんな右手の拳を握りしめ上に挙げ、ビートに合わせて振ってるのね。なんか懐かしかった(笑)。そうそう、あの頃はみんなこんなノリだったんだよな、これが当たり前だったんだよなって。今みたいにオーディエンスそれぞれが自由な楽しみ方をするようになるには、もうちょっと時間がかかったわけだけど、やっぱり今のアリーナバンドを思い浮かべると、あの「みんな同じ振り/手扇」が当たり前のように行われているわけで‥‥さすがにBOØWYのライヴで手扇は想像できないし(苦笑)‥‥何か新鮮だったよ。

それと、映像は2日分満遍なく使ってる感じがあって、たまに違和感を感じる場面がある。メインは5日だと思うのだけど、同じ1曲の中に「1コーラス目は4日の映像~ギターソロ以降は5日の映像~エンディングは再び4日」っていうちぐはぐさを感じちゃうのよ。判りやすいのが、布袋の衣装。4日は黒のジャケットなんだけど、メインとなる5日は黒地に白のストライプ?みたいなのが入ったジャケットを着てるのね。しかも、2日間で若干化粧のノリも違うようで(笑)かなり微妙な温度差を感じさせてる。途中でギターが変わってる曲もあったもんな、さすがにあれには閉口したけど(苦笑)。まぁ丁度いい映像がなかったからああいう風につぎはぎしたんだろうけど‥‥やっぱりどうにもならなかったのかね?

更にもうひとつ。これはむしろ凄みっていうか‥‥ドームでのライヴっていう事実を全く意識させない撮影・編集になってる気がする。だって、これ観てる約1時間の間、「あ、ここドームなんだ、デッカイなぁ‥‥」なんて思わせる瞬間、あんまりなかったもん。ステージセットが今のバンドよりも地味ってのもあるし、オーディエンスよりもメンバー中心に編集されてる点も多いに関係してるんだろうけど、やはり何よりも大きいのは、暴威というバンドが常にライヴ会場を(それが武道館だろうが東京ドームだろうが)「ライヴハウス」みたいな『密』な空間へと変えてしまうパワーを持ってたんだろうね。初武道館での「ライヴハウス武道館へようこそ!」っていうセリフからも判るように、BOØWYにとっては会場の大小は関係なかった、と。そう考えると、BOØWYってのは本当に特殊な、特別な存在だったんだな‥‥と感慨深いものがある。

やっぱりね、カッコイイのよ、ヒムロックにしろ布袋にしろ。俺はソロになってからの氷室には全く興味がないんだけど、やっぱりBOØWY時代のヒムロックには憧れに近い感情を持っていたわけで、布袋のように自由自在にギターが弾きまくれたらって何度思ったことか。特に布袋のギターワークは本当に凄いものがあるよ。スタジオテイクでは歌の裏では刻み系バッキングが殆どなんだけど、ことライヴになると全く新しいアレンジになってるから。1コーラス目と2コーラス目で全く違うフレーズ(バッキング)弾いてたり、特に上手いと思うのは、歌メロに絡みつくようなメロディーを所々でかましてて、ホントそれが気持ちいいのよ。ライヴ盤聴いた時にも既にそれは感じてたけど、改めて数年振りに映像観たら(ブートビデオ持ってたけど、ここ数年観てなかった)布袋はあの変なアクションをかましながら、右へ左へと動きながらリフ弾いたりソロ弾いたりしてるのね。ソロになってからの彼のアクションもカッコイイとは思うけど、やっぱりBOØWY時代は別物で、歌がなくてギターに専念してる分、ホントにアクションのひとつひとつがビシバシ決まってカッコイイのよ。そしてリズム隊はタイトだし。表情ひとつ変えずに、延々ダウンピッキングの松井、クールで、時に激しく、時ににこやかに唄いながらビートを刻む高橋。このレベルに達したフォロワーが一体どれだけいることやら‥‥

一時期、BOØWYを聴くことが恥ずかしいと思えた頃があった。洋楽にハマればハマる程、邦楽‥‥特に80年代のロック黎明期のバンドを聴くことに一種抵抗があった。けど、時代は一回りしたのかもしれない。やっぱりいいものはいい、カッコイイものは何年経ってもカッコイイのよ!



▼BOØWY『LAST GIGS COMPLETE』
(amazon:国内盤DVD

投稿: 2001 10 29 12:00 午前 [2001年の作品, 2008年の作品, BOØWY] | 固定リンク