2018年12月31日 (月)

2018年総括(1):洋楽アルバム編

2018年もあと半日で終わりということで、毎年恒例となった今年の総括を書いていこうと思います。

その年のお気に入りアルバムを洋楽10枚(+次点10枚)、邦楽10枚(+次点10枚)、2018年気になったアイドルソング10曲(+次点5曲)、そして今年印象に残ったライブ10本をピックアップしました。アルファベット順、五十音順に並べており、順位は付けていませんが特に印象に残った作品には「●」を付けています。

特にこの結果で今の音楽シーンを斬ろうとかそういった思いは一切ありません。ごく私的な、単純に気に入った/よく聴いたレベルでの「今年の10枚」です。

まずは洋楽アルバム編です。


■洋楽10枚(アルファベット順)

今年はまず最初に、次点の10枚から紹介していきたいと思います。たまにはやり方を変えて、新鮮さを保たないとね。

<次点>
・BLOOD ORANGE『NEGRO SWAN』
・CHVRCHES『LOVE IS DEAD』
・JACK WHITE『BOARDING HOUSE REACH』(レビュー
・KAMASI WASHINGTON『HEAVEN AND EAERTH』
・KURT VILE『BOTTLE IT IN』
・THE LEMON TWIGS『GO TO SCHOOL』
・MUSE『SIMULATION THEORY』(レビュー
・NINE INCH NAILS『BAD WITCH』(レビュー
・STARCRAWLER『STARCRAWLER』(レビュー
・VOIVOD『THE WAKE』(レビュー

メタル系以外は、自宅でまったりしているときに流していることが多かったか、移動中に聴く頻度が多かったものが中心。BLOOD ORANGEやMUSEなんて、まさにそれですね。CHVRCHESはフジロック以降、がっつり聴いていた記憶が。KAMASI WASHINGTONはレビュー仕事でディスク1のみ先に届いて、こっちばかりリピートしてたんだよな。THE LEMON TWIGSは常にセレクトするというタイプではないんだけど、個人的趣味からしてやっぱり外せないなと。KURT VILEも然り。

STARCRAWLERは今年1月のリリースだったけど、ちょっと12月まで持続させられなかったな、自分の中で。今年後半、もうひと跳ねあったら、自分内評価もまた変わったのかも。

さて、続いてここからが本編。僕が選んだ2018年の洋楽アルバム10枚です。

・ALICE IN CHAINS『RAINIER FOG』(Spotify)(レビュー

・BOY GEORGE AND CULTURE CLUB『LIFE』(Spotify)(レビュー

・COURTNEY BARNETT『TELL ME HOW YOU REALLY FEEL』(Spotify)(レビュー

●DEAFHEAVEN『ORDINARY CORRUPT HUMAN LOVE』(Spotify)(レビュー

・FATHER JOHN MISTY『GOD'S FAVORITE CUSTOMER』(Spotify

・MANIC STREET PREACHERS『RESISTANCE IS FUTILE』(Spotify)(レビュー

・ONEOHTRIX POINT NEVER『AGE OF』(Spotify

・SUEDE『THE BLUE HOUR』(Spotify)(レビュー

・TOM MISCH『GEOGRAPHY』(Spotify

・THE 1975『A BRIEF INQUIRY INTO ONLINE RELATIONSHIPS』(Spotify


ALICE IN CHAINS、DEAFHEAVENはメタル/ラウド系の年間まとめ記事で触れたので、改めて語るまでもありませんが、どちらも文句なし・ぶっちぎりの内容。コートニー・バーネットやファーザー・ジョン・ミスティはメインストリームとオルタナティブの中間に位置しながらも、今のアメリカのど真ん中からちょっとズレた位置にいる心地よい音。かと思えば、イギリスのTHE 1975が新作でさらに化けてイマドキの音を鳴らしてるのが興味深い。

CULTURE CLUBは数年待ったかいのあった傑作で普遍的。別に2018年じゃなくてもいいんだけど、と同時に今じゃなきゃいけない気も。ONEOHTRIX POINT NEVERもトム・ミッュもよく聴いたなあ。

マニックスとSUEDEは、デビューから20数年経った今も傑作と呼べるアルバムを出し続けている事実に対して、リスペクトの気持ちを込めて。特にSUEDEは個人的に、オールキャリアにおけるベストな1枚ではないかと思っています。2組とも、早く来日してください。

というわけで、簡単な解説は以上になります。今年は上記20枚でプレイリストを作ってみました。Spotify、Apple Musicそれぞれ用意してますので、ぜひ年末年始のお供に。


邦楽アルバム編に続く)

投稿: 2018 12 31 01:02 午後 [2018年の作品, Alice in Chains, Blood Orange, Boy George, Chvrches, Courtney Barnett, Culture Club, Deafheaven, Father John Misty, Jack White, Kamasi Washington, Kurt Vile, Lemon Twigs, The, Manic Street Preachers, Muse, Nine Inch Nails, Oneohtrix Point Never, Starcrawler, Suede, Tom Misch, Voivod, 「1年のまとめ」, 1975, The] | 固定リンク

2018年11月30日 (金)

BOY GEORGE AND CULTURE CLUB『LIFE』(2018)

CULTURE CLUBの約19年ぶりとなる、通算6枚目のオリジナルアルバム。名義としては「BOY GEORGE AND CULTURE CLUB」となりますが、間違いなく我々が知る“あの”CULTURE CLUBの新作です。

メンバーはボーイ・ジョージ(Vo)、ロイ・ヘイ(G)、マイキー・クレイグ(B)、ジョン・モス(Dr)という不動の4人。2016年頃からニューアルバムの発売間近と噂されてきましたが、あれから2年経ちようやく発売までこぎつけました。

2014年にデジタル配信された新曲「More Than Silence」が、地味ながらも美しい名曲で。そこから4年経って配信された「Let Somebody Love You」や「Life」といった新曲も非常に素晴らしい仕上がりなのですが、とにかく地味。前者はレゲエをベースにした彼ららしい楽曲で、後者はゴスペル調のソウルナンバー。サウンドの色付け方含め、ディープさが増した渋目のテイストなのですが、2曲とも本当に素晴らしい出来で。これはもう、アルバムは傑作になるに違いないと確信したものです。

で、いざ届けられたアルバムは、本当に傑作でした。想像以上でも以下でもない、納得の内容。80年代のキラキラ感皆無ですが、これこそが今聴きたかったCULTURE CLUBなんだよ、と大満足。不満は一切ありません。

ボーイ・ジョージが直近にリリースしたソロアルバム『THIS IS WHAT I DO』(2013年)という雛形があったので、バンドのアルバムもこういう方向に進むのだろうなというのは簡単に予測できたのですが、あそこからヒップホップ的要素を薄めて、若干バンド感を強めたのが今回の『LIFE』というアルバムなのかな。そういう意味では、『THIS IS WHAT I DO』と『LIFE』は地続きの2枚と言えるかもしれません。

ボーイ・ジョージのボーカルパフォーマンスは、ソロのとき以上の多彩さを放っており、曲調に合わせて変化を見せています。その器用さは、80年代のカメレオンボイスとはまた異なるものの、今鳴らされている楽曲に関してはパーフェクトなまでにハマっている。いや、この声だからこそこの音/楽曲なのか。なんにせよ、説得力という意味では全盛期のそれとは比べものにならないほど強いものが備わっているんじゃないでしょうか。

驚きも新鮮さも皆無ですが、安心感とその奥底に眠る煌めきは随一。DURAN DURANの最新作『PAPER GODS』(2015年)同様、やるべきバンドがやるべきことを最高の形でやり遂げた、問答無用の1枚です。



▼BOY GEORGE AND CULTURE CLUB『LIFE』
(amazon:海外盤CD / MP3


投稿: 2018 11 30 12:00 午前 [2018年の作品, Boy George, Culture Club] | 固定リンク

2018年11月10日 (土)

BOY GEORGE『THIS IS WHAT I DO』(2013)

2013年10月に本国イギリスで、翌2014年3月に北米や日本でリリースされたボーイ・ジョージの9thソロアルバム。純粋なオリジナルアルバムとしては、1995年の5thアルバム『CHEAPNESS AND BEAUTY』以来、18年ぶりになるようで、本国では全英33位という好成績を残しています。これはソロデビュー作『SOLD』(1987年)に続く高順位(29位)とのことで、当時メディアでは「20世紀のポップアイコンが、ついに魔法を取り戻した」「今年最高のカムバック作品」などと高く評価されました。

僕自身、ボーイ・ジョージの新作を手にしたのは先に挙げた『CHEAPNESS AND BEAUTY』以来なので、完全に“終わった人”の枠の中にいた人だったんですが、YouTubeで目に耳にしたリードトラック「King Of Everything」があまりに素晴らしく、すかさず輸入盤を購入。半年後にはボーナストラックがたっぷり追加された国内盤も購入しています(あれ、レコード会社からサンプルをもらったんだっけ? ちと記憶が曖昧ですが、手元には12曲バージョンと18曲バージョンの2仕様の音源ファイルがあります)。

サウンド/楽曲的にはボーイ・ジョージがCULTURE CLUB以降展開してきたレゲエ/ソウルミュージックをベースにした、よりアダルトで艶やかになった楽曲群が楽しめます。しかも、ボーイ・ジョージの声が(ドラッグや不摂生も影響してか)野太くかつ枯れ気味になっていることで、味わい深さや強い哀愁を感じさせてくれるのです。

正直、最初に「King Of Everything」を聴いたときはその声の太さに若干引いたものの、それもアルバムを通して聴けばすぐに慣れてくる。80年代の彼が持っていたキラキラしたスター感皆無ですが、楽曲の完成度やボーカルパフォーマンスの説得力含め本当に素晴らしいのです。

もちろん、単なるレゲエやソウルの焼き直しで終わっておらず、ヒップホップ以降のテイストも加えられ、アレンジの質感も現代的なものに近づけられちえるので、そこまで古臭さは感じない。だけど、初期のボーイ・ジョージが持っていた強い刺激や即効性は皆無。もしかしたら、そこが聴き手を選ぶ基準になってしまうかもしれません。

がしかし。これを受け入れられた人であれば、先日発売されたBOY GEORGE AND CULTURE CLUB名義の新作『LIFE』は一発でハマるはず。この助走があったからこそ、CULTURE CLUB名義での新作にまで到達できたと僕は思っています。そういう意味でも、新作『LIFE』を語る上で必要不可欠な1枚として、新譜を紹介する前にピックアップさせていただきました。

北米および日本盤はボーナストラックで水増しされた大ボリュームになってしまっていますが、12曲入りアルバムとして考えると非常に聴きやすい内容だと思います。『LIFE』で再びボーイ・ジョージに興味を持った人、あるいは『LIFE』で初めてCULTURE CLUBやボーイ・ジョージに触れた人(少ないと思いますが)、ぜひ続いてこの『THIS IS WHAT I DO』も聴いてみてください。だって、最近のCULTURE CLUBのツアーではこのアルバムからも演奏されているのですから。



▼BOY GEORGE『THIS IS WHAT I DO』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3


投稿: 2018 11 10 12:00 午前 [2013年の作品, Boy George, Culture Club] | 固定リンク