カテゴリー「Buckcherry」の10件の記事

2019年3月 8日 (金)

BUCKCHERRY『WARPAINT』(2019)

BUCKCHERRY通算8作目のオリジナルアルバム。前作『ROCK 'N' ROLL』(2015年)から3年半ぶりの新作で、本作から新たにCentury Media Recordsでのリリース(日本ではソニーから発売)。バンド編成も大きな変革があったあとの1作目ということで、ある種“三度目のデビューアルバム”とも言えるでしょう。

ご存知のとおり、前作リリースから2年ほど経った2017年春にジョシュ・トッド(Vo)とともにバンド創世記から活動してきたキース・ネルソン(G)と、再結成後からバンドを支えてきたイグザビエル・ムリエル(Dr)が相次いで脱退。こうして第2期BUCKCHERRYはあえなく解体となってしまうわけです。

その後、ジョシュとスティーヴィー・D(G)は別プロジェクト・JOSH TODD & THE CONFLICTとしてアルバム『YEAR OF THE TIGER』(2017年)を発表。BUCKCHERRYにあったパンキッシュな要素を強めたそのサウンドは、『ROCK 'N' ROLL』での“バック・トゥ・ルーツ”的路線に刺激を感じなかったリスナーには高く評価されたのではないでしょうか。

こういったガス抜きを経て、ジョシュ&スティーヴィーにケリー・レミュー(B)という前作までのメンバーに加え、ケヴィン・レントゲーン(G)&フランシス・ルイズ(Dr)という布陣にて制作されたBUCKCHERRY名義での新作は、原点回帰とも言える“毒々しさ”と“いかがわしさ”が混在した良作に仕上がっています。オープニングの「Warpaint」こそ1曲目にしてはインパクトが弱いものの、以降はヘヴィな「Right Now」やNINE INCH NAILSのカバー「Head Like A Hole」などアクが強い曲や、彼ららしいレイドバックしたバラード「Radio Song」などが続きます。

正直、本作からのリードトラック「Head Like A Hole」が初公開されたときはその選曲センスに「?」となりましたが、こうやってアルバムの中の1曲として聴くと実はまったく違和感なく楽しめるという。しかも、この1曲がアルバム内で非常に重要な役割を果たす“必要不可欠なピース”だったことに気づかされるわけです。

かと思えば、前作での経験もしっかり活かされた「Backdown」やど直球のパンクチューン「No Regrets」もあるし、豪快な「The Devil's In The Details」などとにかく曲者勢揃いといった印象。海外盤は全12曲で44分程度というコンパクトな内容ですが、日本盤のみそこに3曲追加。こちらにはTHE TIMEのカバー「Jungle Love」や、「Kamikaze」と題された疾走チューンなどが含まれており、正直「こっちをアルバム本編に入れたらよかったのに」と思うものもあったり。全15曲、トータル53分と若干ボリューミーとなり1曲1曲のインパクトが薄まる印象が無きにしも非ずですが、このバンドはこれくらいでもいいのかなと。

ただ、問題点がゼロというわけではありません。1曲1曲と取り上げるとアクが強いものの、アルバムとして通して聴くと意外とサラッと聴けてしまう。つまり、アルバムというまとまった形になるとインパクトが弱まるという、不思議な現象が生じているのです。

その理由も何度か聴いて気づいたのですが、これまでの作品に感じられた「ボーカルとギターがグイグイ引っ張る感」のうちギターのパワーが弱まっているからじゃないかなと。ミックスのせいも多少は関係しているでしょうけど、これまでのアルバムの中でもそのパンチが一番弱いんですよね。良い曲が多いだけに、そこだけがすごく勿体ないと思いました。



▼BUCKCHERRY『WARPAINT』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

続きを読む "BUCKCHERRY『WARPAINT』(2019)" »

2019年3月 2日 (土)

MARK MORTON『ANESTHETIC』(2019)

2000年代を代表するUSヘヴィロック/ヘヴィメタルバンドLAMB OF GODのギタリスト、マーク・モートンによる初のソロアルバム。全10曲すべてが歌モノで、それぞれ異なるシンガーを迎えて制作されたものとなっています。そういう意味ではギタリストのエゴが前面に打ち出されたものではなく、あくまでソングライター/表現者としてバンドとは異なるアプローチで作り上げた1枚と言えるでしょう。

参加シンガーはチェスター・ベニントン(LINKIN PARK)、ジャコビー・シャディックス(PAPA ROACH)、マーク・ラネガン(ex. SCREAMING TREES)、チャック・ビリー(TESTAMENT)、ジェイク・オニ(ONI)、マイルス・ケネディ(ALTER BRIDGESLASH)、マーク・モラレス(SONS OF TEXAS)、ジョシュ・トッド(BUCKCHERRY)、ネイマー・マドックス、アリッサ・ホワイト-グルーズ(ARCH ENEMY)、そしてLAMB OF GODのフロントマンであるランディ・ブライとマーク自身という豪華かつバラエティに富んだ面々。演奏面ではギターをマークがすべて担当したほか、STONE SOURのロイ・マイヨルガ(Dr)、MEGADETHのデイヴィッド・エレフソン(B)、KORNのレイ・ルジアー(Dr)、ALICE IN CHAINSのマイク・アイネズ(B)、TRIVIUMのパオロ・グレゴリート(B)&アレックス・ベント(Dr)、CLUTCHのジャン・ポール・ガスター(Dr)、元THE BLACK CROWESのスティーヴ・ゴーマン(Dr)&マーク・フォード(G)といったジャンルの垣根を超えた布陣が顔を揃えています。

アルバムはマークとジェイク・オニ、そしてLAMB OF GODのプロデューサーとして知られるジョシュ・ウィルバーとの共同制作によるもの。楽曲自体はマークが「いつかバンドとは別の形で発表したい」と長年書き溜めてきたものなのですが、各シンガーの個性が強いこともあってか、それぞれのシンガーに合った手法で書き下ろされたものと錯覚してしまいそうになります(もちろんそういう曲も含まれていますが)。

チェスターが亡くなる数ヶ月前に制作されたオープニングトラック「Cross Off」はLINKIN PARKをよりモダンヘヴィネス寄りにした良曲ですし、ジャコビーが歌う「Sworn Apart」もPAPA ROACHのアルバムに入っていたとしても不思議じゃない1曲。かと思えばマーク・ラネガンが歌う「Axis」ではアーシーさが前面に打ち出されているし、チャック・ビリー&ジェイク・オニによる「The Never」のスラッシュ&王道メタルなノリもひたすらカッコいい。

マイルス・ケネディ歌唱による「Save Defiance」は完全にマイルスのノリだし、マーク・モラレス参加の「Blur」はSONS OF TEXAS寄りのスモーキーさが表出している。ジョシュ・トッドが歌う「Back From The Dead」なんてBUCKCHERRYをヘヴィにさせたノリで好印象だし、ネイマー・マドックスによる「Reveal」はどこかファンキー。マーク本人が歌唱する「Imaginary Days」は正統派ハードロックの香りが感じられ、ラストを飾るランディ&アリッサによる「The Truth Is Dead」は2人の声の対比も良いし、なにより楽曲がLAMB OF GODの延長線上にあるのが良い。

マークのギタリストとしての非凡さも随所に感じられるし、何よりも曲のバラエティ豊かさに驚かされる。このひと、こんなに多才だったんだと驚き連発の1枚です。

LAMB OF GOD本体は、昨年BURN THE PRIEST名義のカバーアルバム『LEGION: XX』を発表したりと若干リラックスモードかもしれませんが、こういったガス抜きを経て次にどんなオリジナルアルバムを届けてくれるのか、今から楽しみでなりません。まずは奇跡の共演が実現した(特に、貴重なチェスターの声が残された)この意欲作をじっくり聴き込みたいと思います。



▼MARK MORTON『ANESTHETIC』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

続きを読む "MARK MORTON『ANESTHETIC』(2019)" »

2017年10月 5日 (木)

JOSH TODD & THE CONFLICT『YEAR OF THE TIGER』(2017)

BUCKCHERRYが2015年夏に発表した7thアルバム『ROCK 'N' ROLL』はそれまでの生々しいまでにパンキッシュなロックンロールとは異なる、文字通りの“ロックンロール”に立ち返った作品集で、個人的には好みだったものの、世間的には不評だったようです。それもあってなのか、今春にはオリジナルメンバーにしてジョシュ・トッド(Vo)とバンドを維持し続けてきたキース・ネルソン(G)、そして復活後にドラマーとして加入したイグザビエル・ムリエルがBUCKCHERRYを脱退。サポートメンバーを迎えて夏のツアーを乗り切ったようですが、どう考えても存続は難しいのではないでしょうか。

そんなタイミングに、ジョシュとスティーヴィー・D(G)がバンドと並行してレコーディングを続けてきたプロジェクトが、この9月にデビューアルバムをリリース。最終的にはJOSH TODD & THE CONFLICTというバンドとして、しばらくはこちらの活動に専念するようです。

ご存知のとおり、ジョシュはBUCKCHERRYが一度解散した際、ソロ名義で『YOU MADE ME』(2003年)というアルバムを1枚だけ発表しています。同作はBUCKCHERRYのイメージを引き継ぎつつも(そりゃそうだ、彼の声こそがバンドの持ち味のひとつだったんだから)、ニューメタル以降のヘヴィ&ラウドなサウンドを取り入れたモダンな仕上がり。正直、BUCKCHERRYよ再び……と思っていたファンには厳しい内容だったと思います。

そこを踏まえつつ、今回の新バンドのデビューアルバムと向き合ったのですが、思った以上に“俺たちのBUCKCHERRY”な仕上がりだったので肩透かしを食らったというか。いや、嬉しかったんですけどね。

ヘヴィな要素は要所要所から感じられつつも、本作で展開されているのはハードドライヴィングでパンキッシュなロックンロール。『ROCK 'N' ROLL』でBUCKCHERRに少し足りなかったものがここで解消されている気がしました。もしかしたらその“足りなかったもの”は、レーベル的にはアウトなものであり、そこに嫌気がさしてキースは脱退したんじゃ……なんて邪推したくなるくらい、“これをBUCKCHERRYでやれよ!”と思ってしまう内容なのです。

攻めもあれば、「Rain」みたいにヘヴィなバラードもあれば、「Good Enough」のようにダークなアコースティックナンバーもある。ダンスミュージックとハードコアをミックスしたような「The Conflict」、ファンキーなヘヴィロック「Atomic」、さらにプリンスの「Erotic City」のカバーまであるんだから(過去にBUCKCHERRYがプリンスの「Cream」をカバーしてたのはジョシュの趣味だったのかしら)、ファンが聴きたかったBUCKCHERRYをジョシュとスティーヴィーの2人が具現化してくれたと言っても過言ではないでしょう。

きっとJOSH TODD & THE CONFLICTのライブではBUCKCHERRYの楽曲も披露されることでしょう。シングルギターバンドなので完全な再現は難しいし、演奏できる曲も限られるかもしれませんが、ひとまずジョシュがまだまだ前のめりでロックし続けたいという意思が強く感じられるこのバンドの成功を陰ながら祈りたいと思います。



▼JOSH TODD & THE CONFLICT『YEAR OF THE TIGER』
(amazon:国内盤CD / 国内盤CD+DVD / 海外盤CD / MP3

2017年1月 8日 (日)

個人的に気になるメタル系職業作家15選

先日KIX『BLOW MY FUSE』を紹介した際、知人が文中に登場したテイラー・ローズやボブ・ハリガンJr.といった職業作家に興味を持ったらしく、「デズモンド・チャイルドやホリー・ナイトあたりは調べたことあるんですが、メタル職業作家の存在すごく気になります」というコメントをいただきました。

実際、80年代後半以降、特にBON JOVIやAEROSMITHの大ヒット以降こういった職業作家の存在はメタル系アーティストにとっても欠かせない存在になっています。90年代に入ると、SCORPIONSやオジー・オズボーンといった大御所ですら採用し始めるわけですからね。それまでバンドの力だけですべてをまかなおうとしていたところ、「もっといい曲を!」というバンド自身の姿勢から積極的に、もしくはレコード会社からの圧力からイヤイヤこういったアクションに行動を移すようになったのかもしれません。

また、職業作家の楽曲をアーティストが取り上げるケースには幾つかのパターンがあり、


①作家が以前発表した楽曲をカバー。
②作家とアーティストが共作(アーティストが書いた楽曲をテコ入れする、あるいは逆のケース)。
③プロデューサーとして制作に加わり、楽曲制作にも携わる。
④作家が書いた新曲をそのまま取り上げる。


の4つが考えられるかと。現在のメタルシーンでは多くの場合②が主流だと思いますが、まれに③で大ヒットを飛ばすケースも見受けられます(AEROSMITHの「I Don't Want To Miss A Thing」など)。

そこで今回は、CDのブックレットでよく目にする作家さんをピックアップしつつ、その中から個人的にピンとくる方々をここで紹介。作家の特性を上記の①〜④で分類し、代表曲な楽曲を紹介していきたいと思います。


<70年代〜>

●ラス・バラード(特性:①②)
この人の場合は楽曲提供というよりも、彼が自身のバンドや他のアーティストに提供した曲をメタル系アーティストがカバーしたことにより、その名が知られるようになったと言ったほうがいいかもしれません。きっかけはグラハム・ボネット期のRAINBOWがカバーした「Since You Been Gone」ですよね。RAINBOWは続くジョー・リン・ターナー期にも「I Surrender」をカバーしてますし。そのRAINBOWの数年前に、当時KISSのエース・フレーリーもラス・バラッド作「New York Groove」をカバーして全米トップ20入りのヒットを記録。KISS自身も90年代に「God Gave Rock And Roll To You」を「God Gave Rock And Roll To You II」と改題してカバーしてますしね。それと今回いろいろ調べて初めて気づいたのですが、NIGHT RANGERが最初の解散前に発表したアルバム『MAN IN MOTION』からのリード曲「I Did It For Love」もラス・バラッド作。加えて、これも全然気にしてなかったんですが、BAD ENGLISHのラストアルバム『BACKLASH』収録曲「So This Is Eden」はジョン・ウェイト(Vo)、ジョナサン・ケイン(Key)との共作曲。時代的に90年代に入ってからの作品なので、世の中的に職業作家との共作が当たり前になった時期にそれまでのカバーとは違った形でのコラボレーションが実現したわけです。

代表作品:ACE FREHLEY「New York Groove」「Into the Night」、BAD ENGLISH「So This Is Eden」、GRAHAM BONNET「Liar」「S.O.S.」、KING KOBRA「Dream On」、KISS「God Gave Rock And Roll To You II」、NIGHT RANGER「I Did It For Love」、PETER CRISS「Let Me Rock You」「Some Kinda Hurricane」、RAINBOW「Since You Been Gone」「I Surrender」


●リチャード(リッチー)・スパ(特性:①②④)
AEROSMITH「Chip Away The Stone」の作者として知られる彼は、もともとソングライター兼ギタリストとして活動していたアーティスト。ソロアーティストとして70年代にアルバムも発表しており、この中からジョニー・ウィンターが「Stone County Wanted Man」をカバーしています。また、エアロにはその後も楽曲提供を幾つかしているだけでなく、ジョー・ペリーが脱退した際にはレコーディングにも参加(1979年のアルバム『NIGHT IN THE RUTS』収録の「No Surprize」「Mia」)。それ以外に目立った共演は、元BON JOVIのリッチー・サンボラの2ndソロアルバム『UNDISCOVERD SOUL』での共作ぐらい。メタル系以外では、P!NKやMIKAといったアーティストにも楽曲提供しています。

代表作品:AEROSMITH「Chip Away The Stone」「Lightning Strikes」「Amazing」「Pink」、OZZY OSBOURNE「Back On Earth」、RICHIE SAMBRA「Hard Times Come Easy」


続きを読む "個人的に気になるメタル系職業作家15選" »

2005年11月21日 (月)

MOTLEY CRUE@さいたまスーパーアリーナ(11/20)

55930056_239
 以前どこかで書いたと思うけど、自分の中学生時代('80年代半ば頃か)のヒーローはマイケル・モンロー(HANOI ROCKS)とニッキー・シックス(MOTLEY CRUE)だった、というようなことをずーっと公言してまして。その思いは20年経った2005年においても全く変わらず、まさか30も半ばに差し掛かろうとする今、その2バンドを今年1年の間に観ることができるようになるなんて、あの頃は考えてもみなかったなぁ‥‥ハノイは解散しちゃってたし、モトリーだってメンバーが刑務所行ったり死にかかったりクビになったり出戻りしたり別の奴が抜けちゃったり途中から入ったメンバーが死んじゃったり‥‥ホント、20年でいろいろありすぎだよオマエら。確かに一時彼等のファンであることから距離を置いていた時期もあったけどさ、やっぱり「あの4人」で再び、いや三度か、ステージに立つというのなら、そりゃ観ないわけにはいかないよな。しかも当初、今回の復活ツアーは『Farewell Tour』なんて言われてたしね(後にニッキーが否定、来年もツアーしオリジナルアルバム製作にも意欲を見せている)。

 アメリカやヨーロッパでのツアーでは、日本じゃ考えられない規模のステージセットと火薬の量で度肝を抜くような内容だったけど、ここ日本じゃやれ消防法だ、代々木や横アリじゃそれは無理なんじゃないの?とかなり懐疑的だったんだけど‥‥実際そのステージを観たら、可能な限り海外でのセットに近い、これまでの来日公演で最も海外のそれと「ほぼ同等」な内容だったんじゃないかと思いましたね。いやいや、ここまでやられたら大満足ですよ。

 そんなわけで行ってきました、ジャパンツアー2日目となる、さいたまスーパーアリーナ公演。既に前日の初日が非常に盛り上がり最高だった、と伝え聞いていただけに、過剰な期待を寄せて会場に乗り込んだのでした‥‥

 ここから完全なネタバレ・レポになるので、ワンクッション置きますね。これからライヴを観る人でライヴの内容やセットリストを知りたくない人は、この先読まないように。ツアーが終わってからじっくり読んでね。

続きを読む "MOTLEY CRUE@さいたまスーパーアリーナ(11/20)" »

2005年10月27日 (木)

BUCKCHERRY『15』(2005)

 BUCKCHERRY再結成については過去にこのエントリーに情報を書いてるので、その辺を参照してもらうとして‥‥まさかこんなに早く新作が出ると思ってなくて。せいぜい来年の頭頃だろうな、と高を括ってましたよ。ところが‥‥噂通り、今年の頭から楽曲の準備を始めていて、このメンバーが揃ってからいざレコーディングを開始したら‥‥たったの15日で完成してしまったという。それでタイトルが「15」ってことらしいよ‥‥てっきり15曲入ってるからだと思った(実際には13曲しか入ってません)。

 2nd「TIME BOMB」から数えて4年とか5年? まぁそれくらい間が空いちゃうアーティストも結構いるし、別に解散してなかったとしても「久し振りの新作!」ってことでそれなりに話題にはなっただろうね。正直言えば、去年の夏にジョシュ・トッドがソロアルバムをリリースしてるので、全然間が空いた印象がないんだよね。あと‥‥もっと言えば、ジョシュのソロが結構好きだっただけに、BUCKCHERRYに戻る理由が見えてこなかった。てっきりソロバンドは上手くいってるもんだと思ってたから。けど‥‥昔の名前云々よりも、パートナーとしてのキース・ネルソンの存在が大きかったのかなぁ‥‥このアルバムを聴いて、そんな気がしました。

 既にこの夏、サマソニでここに収録されている新曲の幾つかは耳にしてたんだけど‥‥過去のレポートにも書いたように、全然印象に残らなかったのね。まぁあのスタジアムの環境もよくなかったし、なによりもこっちも聴くぞ!っていう心構えがあまりできてなかったし。

 ところが、今回アルバムを聴いてみて‥‥あ、この曲やってた!とか、お、これ聞き覚えがある!っていう曲が幾つかあって。ってことは、ちゃんと記憶に残ってたんだね。ビックリした。

 楽曲自体は過去2作の延長線上にある作風なんだけど‥‥正直、今までで一番良い出来だと思う。楽曲のバラエティー豊かさは過去1番だし、ジョシュのソロみたいにヘヴィ一辺倒ってわけでもなく、中盤にミドルテンポのアコースティック曲やストリングスを導入したパワーバラード的な楽曲もある。如何にもなAC/DC的ハードロックもあるし、疾走パンクチューンもある。要するに、我々がイメージする「BUCKCHERRY像」を忠実に再現しながらも、更にその数歩先を行ってる感じかな。ここまで出来が良いと思ってなかっただけに、これは嬉しい驚きでした。

 楽曲クレジットを見ると、ジョシュやキースのみならず、ベースのジミーやギターのスティーヴ・D、更には外部ライターとしてマーティ・フレデリクセンの名前もある。かなりソングライティングに時間をかけ、丁寧に作られたんだろうなぁというのがこのクレジットからも伝わってくるんだけど、実際に聴くとそういった要素がどうでもよくなるくらいに、次々と登場する楽曲達に耳を奪われる。いや、まさか2005年にここまでBUCKCHERRYに感激するとは思ってもみなかった。嬉しい驚きだね。うん、まだ3枚しか出してないとはいえ、これは彼等の今後のキャリアにおいて非常に重要な、決定打的1枚になるはず。だからこそ、早く本国でのリリースが決まって欲しいんだけどね‥‥勿体ないよ。

 来月、早くも彼等はこのアルバムを引っ提げてジャパンツアーを決行します。ツアー終了後には、同じ事務所の大先輩であるMOTLEY CRUEのジャパンツアーに同行し、前座として出演することも決まってます。BUCKCHERRYをスルーしてるMOTLEYファンの目に、今の彼等はどう映るのか。それも興味深いけど、やはりこのアルバムの曲がどうライヴでは響くのか‥‥改めて視点を変えて楽しんで来ようと思います。



▼BUCKCHERRY『15』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD


2005年8月17日 (水)

ドキュメント・SUMMER SONIC '05

 さて、四大フェス制覇への『死のロード』第三章、SUMMER SONIC '05編です。今回は2日間共行きましたよ。ま、サマソニの場合は毎回(2000年、2002年)全日参加なんですけどね。

 昨年からBEACH STAGEが増え、更に今年はもっと室内にステージが増えて凄いことになってたんですよ。とにかく邦楽勢の充実振りがハンパじゃない。なもんだから、気づいたら邦楽勢ばかり観てるんですよ。この辺が、客層にも明確に表れてたように感じられましたね。ま、RIJF同様、都心に近い場所で気軽に楽しめるフェスって意味では、他の追随を許さない感じにまで成長してますけどね。

 でも、未熟な面もまだまだ多々見受けられましたよ。その辺もこれまたサマソニらしいんだけど。それでも過去参加した中では一番今年が楽しかったなぁ。これもRIJFの時同様、楽しみ方を覚えた証拠なのかもしんない。結構ブーブー言ってる人、多いでしょ。でも俺はそこそこ満足してんだよね。アクトに関しては文句ないし(そもそもメンツに関しては恐らく今年のフェスの中で最強なんじゃないの?)、いろんな面についても過去の教訓をそれなりに生かしてるようだし。けど、それが100にまで至らず、75〜80で止まっちゃう辺りが「サマソニ」なんだろうけど。でも、それに大して今年は文句とかないなぁ。だって「都市フェス」だしさ(で納得できる俺がいるわけですよ。昔だったらブーブー言ってたくせして)。

 さ、今回も例によってリアルタイムレポ+帰宅してから書いたライヴの感想を編集したバージョンでお届けします。アクト名の後の「※」は最初から最後までフルで観たライヴって意味です。それ以外は数曲だったり半分だったりと、全部は観てません。

 あと、今回は結構頑張ってリアルタイム更新したし、最後の最後でいろいろ考えることがあったので、非常に長くなってますので、覚悟して読んでくださいね(できれば時間がある時にな)。

続きを読む "ドキュメント・SUMMER SONIC '05" »

2005年7月26日 (火)

BUCKCHERRY再結成、そして来日へ(雑感)

 既に発表になってるけど、サマソニで復活するBUCKCHERRYのメンバー。今回はこんな感じになるらしいです。

  ■Josh Todd (vo)
  ■Keith Nelson (g)
  ■Stevie Dacanay (g)
  ■Jimmy Ashhurst (b)
  ■Xavier Muriel (dr)

 オリジナルメンバーはジョシュとキースの2人。元々この2人からスタートしたバンドだから、アリなんでしょうね。

 問題は他メンバー。

 ベースの「Jimmy Ashhurst」は、イジー・ストラドリン(元GUNS N'ROSES)のバンド、JU JU HOUNDSにいた人(→ネタ元)。

 そしてギターの「Stevie Dacanay」はジョシュ・トッド・バンドに昨年8月に加入してますね。昨年7月末のウドーストック後にJesse Loganの代わりに入ったのか(→ネタ元)。

 んで、ドラマーについても調べましたが、情報なし。どうやらテキサス辺りのローカルバンド経験者みたいですね(名前の検索で引っかかるのがその辺)。

続きを読む "BUCKCHERRY再結成、そして来日へ(雑感)" »

2004年7月 4日 (日)

JOSH TODD『YOU MADE ME』(2004)

元BUCKCHERRYのシンガー、ジョシュア・トッドによる新バンド(ソロではなく、あくまでバンドらしい)・JOSH TODDの記念すべきファーストアルバム。一瞬「んん、日本だけのリリースor日本超先行リリース??」って勘違いしてたけど(ほら、最近多いじゃない、いち時代を築いたメタル系アーティストの最新作や新バンドのデビュー作が日本限定リリースとか、日本盤半年先行リリース!とか)、日米ほぼ同時期のリリース、しかもアメリカ盤の方が先に出てたんですね。いやー、勘違いしてゴメンよ!

BUCKCHERRYに関しては、そのデビュー時にはかなり期待してたし、肩入れしてたんですよね。ライヴこそ一度も観れなかったけど、彼らがアメリカのメジャーレーベルから出現したという事実が俺には嬉しくてね。当時はGUNS N'ROSESもMOTLEY CRUEもほぼ隠居に近い状態だったし、かろうじてAEROSMITHが最前線で頑張ってるのみといった、ハードドライヴィングなロックンロールを愛するファンにとってはかなり厳しい状況。そりゃ日本ではやれTHE WiLDHEARTSだ、BACKYARD BABIESだ、THE HELLACOPTERSだと矢継ぎ早に来日して盛り上がってた時期ではありましたが、それはホントに局地的な盛り上がりで。アメリカではラップメタル/ニューメタルが主流の時代、前時代的なグラマラス・ロケンローは既に「死んだ」状況だったわけ。そこに登場した如何にも「前時代的な」風貌とサウンドを持つBUCKCHERRY。1stはアメリカでもそこそこのヒットを記録し、超期待の中リリースされた「TIME BOMB」で本格的ブレイクか‥‥といった中での空中分裂。正直、俺はこのアルバム、あまり気に入ってなかったのね。買ってないもん、未だに。数曲ラジオで耳にして、CDショップで試聴して。それで終わり。あー、結局そっちに行っちゃうか、みたいな。別にヘヴィロックやラップメタルをやってたわけじゃないんだけどさ‥‥もっとバカでもいいじゃないのよ、何でそんなに小賢くなろうとするかなぁ‥‥と、当時は感じたわけですよ(そろそろちゃんと聴いてみてもいいかな、とは思ってるけどね)。

当初、ジョシュのこの新バンドでのデビュー盤にもそういった「小賢さ」みたいなものを感じたのね。サウンド的には「何を今更」な路線も含まれているし。1曲目のハードドライヴィンな "Mind Infection" でおおっ!と唸ったものの、続く "Broken" での例のニューメタル的なヘヴィサウンド‥‥彼がこれをやる意味が本当にあるの? これが彼が本当にやりたかったこと??みたいな疑問が沸々とわき上がってきてね‥‥そりゃ確かに曲はよく出来てるのよ。4曲目 "Flowers & Cages" なんてそういったヘヴィな側面を持ちつつも、彼らしい(らしいのか?)メロウな面もしっかり残ってるし、PVにもなった "Shine" は歌モノとしても十分通用するし。けどさ‥‥彼の資質ってもっとラフでルーズなサウンドで更に栄えるもんだと勝手に思い込んでたもんだからさ‥‥すっげー違和感が終始あったわけ。アルバムリリースから4ヶ月近く経ったけど、ずっと感じてたもん。

けどさ‥‥ハードロック・アルバムとしてのクオリティの高さは認めざるを得ないよな、と。そりゃさ、嫌いじゃないよ、この手のサウンドは。けどね‥‥もっと彼が特異とする手段があるはずなんだよね。頭から否定するような発言ばかり書いてるけど‥‥期待してるだけに、このアレンジ(もっと言ってしまえば、バックを支える若手メンバーの力量)にはね‥‥安直過ぎるというか。6曲目 "Afraid" にしろ、アレンジ次第ではもっとカッコ良くなってるはずなのにさ(いや、これでも十分にカッコいいじゃん!っていう人はいると思うけどさ。メロディの良さを本当に生かし切れてるのかな?と疑問を感じるわけですよ)。言い方悪いけど‥‥「イエスマン」だけじゃバンドは成り立たないわけですよ。もっと(いい意味で)衝突出来るようなメンバー、あるいはパートナーとバンドを組むべきなんじゃないかな‥‥何となくだけど、今のバンドメンバーってジョシュがオーディションで選んだ、「ジョシュの理想像をそのまま具現化してくれる」サイドマンばかりな気がするんだよね‥‥「ソロアルバムじゃなくて、『JOSH TODD』という新しいバンドの1stアルバム」だと言い切るならば、余計にね‥‥ま、その辺は次作に期待すればいいのかな?

う~ん、悪くないアルバム‥‥いや、むしろこの手のジャンルとしてはかなりクオリティが高い方なだけに、余計歯痒く感じるんだよね‥‥ライヴ観れば印象も変わるのかしら‥‥あ、そうか。BUCKCHERRYの曲とかもやるんだよな、間違いなく‥‥嗚呼、余計に歯痒さを感じるんだろうな、それ。



▼JOSH TODD『YOU MADE ME』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

1999年5月11日 (火)

BUCKCHERRY『BUCKCHERRY』(1999)

さてさて、今回はさんざん盛り上げておいて「お前の感想はまだかよ!?」ってなツッコミをもらう前に、僕なりの感想をきっちり形にしとこうと思いまして‥‥BUCKCHERRYっすよ、BUCKCHERRY!!(爆)‥‥完全に失語症以下の表現だな、これじゃ。

まず、何故ここまで彼等が話題になっているのか? そりゃBUCKCHERRYがアメリカはロス出身のバンドだからでしょう♪ 考えてみて下さい。僕ら日本人は幸運にも日本にいて、アメリカやイギリスのみならず、ヨーロッパ諸国からブラジル、東南アジアにロシア……とにかく、世界中の音楽を日本にいながらして聴く事が、手に入れる事ができるのです。その幸せさを忘れてしまって……よ~く思い浮かべて下さい。僕らが普段耳にする、BUCKCHERRYのようなワイルドなロックンロールバンドはどこの国出身ですか? WiLDHEARTS? イギリス。BACKYARD BABIES? スウェーデン。HELLACOPTERS? スウェーデン……みんなアメリカ以外の国の出身。まぁこれらのバンドはBUCKCHERRYとも色が違うし、これらのバンド自体にも「ワイルドなロックンロールバンド」っていう共通項しかなく、音楽性は皆それぞれに違うし。そしてこれが決定的‥‥皆、インディーバンドだということ。確かにWiLDHEARTSは過去、メジャーレーベルに所属していたけど。日本にいるとあまり感じない事かもしれないが、現在アメリカにこの手のバンドがどれくらいメジャーに残っているだろう? AEROSMITH? まぁいい。これは特例。GUNS N'ROSES? つうか、本当に存続してるの? さて、他に誰がいる? 確かにグランジあがりのシアトルバンドなどはいるが、80年代を席巻したようなバンドは今、見当たらない。いても弱小インディーズ・レーベルに所属して、日本ではメジャーでリリースされてるごく一部のバンドのみ。そう、大袈裟かもしれないが、GUNS N'ROSES以来の10年間、この手のメジャーバンドの不在。インディーロックの席巻、シアトル勢、ヘヴィロック、メジャーバンドのレーベルからのドロップ‥‥10年は長すぎた。そして、僕らは待った。何時の日か、再びメジャーレーベルから、何かを変えてくれるバンドが現れるのを。

BUCKCHERRYが所属するレコード会社は、新興レーベルの「DREAMWORKS RECORDS」。ディズニーとスピルバーグとゲフィン(アメリカの大手レコード会社。音楽活動復帰後のジョン・レノン、復活後のAEROSMITH、GUNS N'ROSESやNIRVANAが所属)の共同出資会社。この会社が送る、今世紀最後の大物新人として鳴り物入りで登場したのが、彼等BUCKCHERRYなのです。このライヴハウス上がりのバンドがまず手始めにしたことといえば、大物バンドのオープニングアクト。KISSとKORNという、ある意味対極にいるバンドの。けど、この2つのバンドにもちゃんとした共通点がある。それは「エンターテイメント性を重視した、アリーナショウ」を繰り広げるアーティストだということ。かたや全盛期のメークを施し、昨年リリースした復活オリジナルアルバムは全米第3位を記録した、「アリーナロックの親玉」KISS。かたや「90年代のアメリカ」そのものともいえる、全米ナンバー1バンド、KORN。両方ともアリーナを満員にし、あくまで(その方法論は全く違うものであっても)お客を楽しませる事に徹底してるという意味では、この2つのバンドは共通したことをやってるのです。

新人にしていきなりアメリカの頂点にいるバンドのオープニングアクト。しかもKISSとはヨーロッパ諸国、KORNとはアメリカを回るわけなのです。こんなに恵まれた状況。そして最も驚いた事のひとつに、今年の6月第1週のビルボード誌で約10年振りに「HR/HM特集」を組む事が決定したという事があります。何故これがBUCKCHERRYと関係あるのかというと、理由その1;10年前もビッグだったMETALLICAやMOTLEY CRUEが未だに現役で、しかも音楽的に飽くなき挑戦をしている事、理由その2;KORN, MARILYN MANSONなどといった新勢力(新しい形態のHR/HMを体現している)の活躍、そして理由その3;BUCKCHERRYという10年にひとつの逸材のデビュー。いや、本気で。既にここまで影響を与えてしまっているわけですよ、アメリカでも。こんなこと、本当に10年振りなのですよ。

アメリカはもとより、ここ日本でも既に盛り上がりが過熱していて、デビュー前から「BURRN!」誌や伊藤政則氏のラジオなどで取り上げられ、国内盤発売当初は品切れが続出する地方もあった程だそうです。デビュー後には「rockin'on」誌などの総合音楽誌にもインタビューが取り上げられています。アルバムレビューも好意的でしたし。

もうひとつ、デビューアルバムの扱い。プロデューサーがテリー・デイトとスティーヴ・ジョーンズ。スティーヴはかの有名なSEX PISTOLSのギタリスト。テリーはPANTERAやSOUNDGARDENのプロデューサーとして有名ですね? スティーヴはまだしも、テリーは意外な人選のような気がします。どちらかというとヘヴィロック系を多く手掛ける人物だけに、こういうストレートな音楽はどうなのかなぁ‥‥って、よくよく考えてみたらこの人、昔にWiLDHEARTSの『DON'T BE HAPPY...JUST WORRY』のリミックスを手掛けているのですよね? そうか、ロックンロール系、初めてじゃないんだ。しかし、こんな有名どころをいきなり使うか? いかにレコード会社が金かけてるかがよ~く判るわ。

さて、事前の情報はこんなもんで如何でしょうか? これで何故彼等がここまで話題になっているかが判ってもらえたでしょうか? それを踏まえた上で、以下の僕の感想を読んで下さい。それだけこのバンドに入れ込んでいる。いえ、賭けているのですから。

まず最初に言ってしまえば……BUCKCHERRYのやっている音楽は決して新しいタイプの音楽ではないです。80年代末期にこういうバンドはロスに腐る程いましたから。ブレイクこそしなかったものの、ゲフィン・レコードは「第2のGUNS N'ROSES」と称して88年にLITTLE CITY ANGELSを、90年にはLITTLE CEASERをデビューさせました。共にGN'Rというよりは……BUCKCHERRYに近いタイプのバンドでした。つまり、ゲフィンでさえも判っていたのです。「第2のGN'R」と唱いながら、同じではダメだと。だからこそ、GN'Rに足りなかった部分(ブラックテイスト、ブルーズフィーリング、マッチョ的な男臭さ)を持ったバンドを求めたのでしょう。が、結局このふたつのバンドは成功を収める事なく消えていったのでした‥‥ちなみにLITTLE CEASERはプロデュースにあのボブ・ロックを迎え、デビュー曲はかのアレサ・フランクリンの名曲「Chain Of Fool」でした。同じ頃、BLACK CROWESがデビューし、オーティス・レディングの「Hard To Handle」でブレイクしたのは、今となっては皮肉でしかありません。

BUCKCHERRYとGN'Rとをその登場の仕方で比較してしまいましたが、音楽性に関しては全く別、と思ってもらっていいと思います。何故なら、彼等は先の2つの消えていったバンドの音楽性に近いからです。けどそれだけで終わってないのは、GN'R同様、パンクの洗礼を受けているという点でしょうか? そしてあくまでタテノリ‥‥イギリスのバンドと違うのはこの点なのかも。このタテノリにリフ中心‥‥思わずAC/DCを思い浮かべますね? 実際、ボーカルのジョシュア・トッドは最も影響を受けたバンドとしてAC/DCの名前を挙げていますが。

以上の事から、僕は最初にこのバンドを紹介した時、GUNS N'ROSES + BLACK CROWES + AC/DCのような書き方をしたと記憶してます。そして、ルックスの面(全身に入ったタトゥー)からMOTLEY CRUEの名前も挙げたような記憶があります。あの時、僕が言いたかった事、理解していただけたでしょうか?

楽曲に関してですが、最初に「WiLDHEARTS的」と言っていたような‥‥これは完全に僕の勘違いです。ラジオで "Dead Again" 1曲を聴いた感想でこのように言ってしまいました。けど、アルバムをちゃんと聴くと、おもいっきりアメリカのバンドですよね? 正直、最初に挙げたヨーロッパ勢にはこれは出来ないでしょう。こんなアメリカンロック、何年振りに聴いたかなぁ? 試しにこのアルバム聴いた後にBLACK CROWESの『BY YOUR SIDE』を聴いてみたのですが‥‥決定的に違う「何か」を持ってますよね、BUCKCHERRYは。(言っとくけど、『BY YOUR SIDE』はお気に入りのアルバムだよ!)決して否定的な意味ではないのでBLACK CROWESファンに怒って欲しくないのだけど、いい意味でBLACK CROWESは「止まって」るバンドですよね? それに対し、BUCKCHERRYの方は古いながらも「同時代性」を持ったバンドだと思うのです。例えばBUCKCHERRYの「For The Movies」という曲。ブルージーなバラードですが、BLACK CROWESがやったらもっと泥臭くなると思うのです。が、BUCKCHERRYの方はというと、ちょっと都会的……MICHAEL MONROEあたりがやりそうなアレンジ、しかもギターソロはツインリード……そして同じ疾走系の楽曲でも、かたや「Go Faster」のようなROLLING STONES, FACESあたりがやりそうなタイプ、かたや「Dead Again」のようなただのパンクソング。この辺の違いも大きいですよね? 両者のボーカリストは共に渋い声をしてますが、唄い上げるクリス・ロビンソンに対し、吐き捨てるジョシュア・トッド。何だか、比べるだけ無駄のような気がしてきた。結局、両者は全く別のバンドだ、と。ただ、「rockin'on」誌がインタビューで「BLACK CROWESの事をどう思うか?」なんて聞いてたもんだから、つい‥‥きっとこの先も、この手の質問はされ続けるんだろうなぁ、REEFと一緒で。

と、ここまで書いてみて改めて思った事。この手のロックって、結局は肌に合うか、合わないか、なんですよね? 意味ないじゃん! これじゃ「お薦め文」というよりは「釈明文(みんなの誤解を解く為の解説)」だな、これ。まぁそれもいいか。とにかく、僕は好きで好きで仕方ないのだから。(これを「開き直り」ともいう;爆)ただね、巷でここまで騒がれていると必ず出てくると思うんですよ。「売れてるバンドは聴かん!」とか「話題だけのバンドは好かん!」っていう『自称:ロックファン』が。この文は、そういう人達が心を改める切っ掛けになってくれればなぁ、誤解を解いてくれればなぁ‥‥そういう起爆剤になってくれれば、こちらとしては万々歳です。千の言葉よりも、たったひとつの音‥‥この方が説得力があるのだから、ちょっとでも気にかかったら買ってみて下さい。いえ、持ってる友人に借りてでも聴いて下さい! そうなってくれれば、こっちの作戦、大成功なのですから。

最後に。このバンドの魅力のひとつはライヴだと確信してます。実際に生でまだ見た事はないのですが、TVにてそのライヴ映像(KISSのオープニング時のもの)を見ました‥‥ちょっとキますよ、これは! アクセル・ローズやペリー・ファレル以来かもしれない、あんな変なボーカリストは。だって常に動きっぱなし、踊りっぱなし、飛び跳ねっぱなし! 1曲中ピョンピョン飛び跳ねながら「Lit Up」を唄うジョシュア。これは衝撃でした。彼等は小さいハコでなく、是非アリーナクラス、それも野外で見たいです。東京だったら日比谷野音とか。フジロックで呼んじゃえばいいのに。

ヨーロッパでは4月上旬、日本では下旬にデビューしたBUCKCHERRY。いよいよアメリカでは今月末にそのデビューアルバムがリリースされるようです。そしてKORNと一緒にアメリカ中をサーキットする……売れるか、否か。結局、彼等には「売れて当たり前」みたいな義務感が大前提としてあるのです。さて、一体どうなることやら……今のアメリカの音楽シーンを変える事ができるか、非常に楽しみでなりません。



▼BUCKCHERRY『BUCKCHERRY』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

続きを読む "BUCKCHERRY『BUCKCHERRY』(1999)" »

その他のカテゴリー

1963年の作品 1966年の作品 1967年の作品 1968年の作品 1969年の作品 1970年の作品 1971年の作品 1972年の作品 1973年の作品 1974年の作品 1975年の作品 1976年の作品 1977年の作品 1978年の作品 1979年の作品 1980年の作品 1981年の作品 1982年の作品 1983年の作品 1984年の作品 1985年の作品 1986年の作品 1987年の作品 1988年の作品 1989年の作品 1990年の作品 1991年の作品 1992年の作品 1993年の作品 1994年の作品 1995年の作品 1996年の作品 1997年の作品 1998年のライブ 1998年の作品 1999年のライブ 1999年の作品 2000年のライブ 2000年の作品 2001年のライブ 2001年の作品 2002年のライブ 2002年の作品 2003年のライブ 2003年の作品 2004年のライブ 2004年の作品 2005年のライブ 2005年の作品 2006年のライブ 2006年の作品 2007年のライブ 2007年の作品 2008年のライブ 2008年の作品 2009年のライブ 2009年の作品 2010年のライブ 2010年の作品 2011年の作品 2012年のライブ 2012年の作品 2013年の作品 2014年の作品 2015年の作品 2016年の作品 2017年のライブ 2017年の作品 2018年のライブ 2018年の作品 2019年のライブ 2019年の作品 =LOVE A New Revenge A Perfect Circle AAAMYYY AC/DC Accept Aerosmith AFI After the Burial aiko Air (France) AIR (Japan) AKB48 Alcatrazz Alcest Aldious Alice Cooper Alice in Chains Almighty, the Alter Bridge Altitudes & Attitude Amaranthe American Head Charge American Hi-Fi Anaïs Andrew W.K. Andy Black Andy McCoy Andy Taylor Angra Annihilator Annisokay Anohni ANTHEM Anthrax Anti-Flag Aphex Twin Appice Arcadia Arch Enemy Architects Arctic Monkeys Aretha Franklin Armored Saint ARROWS, the Art of Fighting Ash Asia Asian Dub Foundation ASIAN KUNG-FU GENERATION Asking Alexandria At The Drive-In Atari Teenage Riot Atomic Bitchwax, the Audioslave Avenged Sevenfold Avril Lavigne Azusa B'z Baby Chaos BABYMETAL Babyshambles Backyard Babies Bad Company Bad English Bad Moon Rising Badlands Baroness BAZRA Be the Wolf Beartooth Beastie Boys Beatles, the Beck Behemoth Belle & Sebastian Ben Folds Ben Harper Bernard Butler Berryz工房 Biffy Clyro Big Brother and the Holding Company Billy Corgan Billy Idol Billy Talent BiSH Björk Black Crowes, the Black Earth Black Label Society Black Midi Black Sabbath Black Star Riders Black Veil Brides BLANKEY JET CITY Blessing a Curse Bleu Blind Guardian Blind Melon Bloc Party Blood Orange Blue Murder Bluetones, the Blur Boards of Canada Bon Iver Bon Jovi BON-BON BLANCO bonobos BOOM BOOM SATELLITES BOOM, THE Boris Born of Osiris Boston Boston Manor Boxer Rebellion, the Boy George BOØWY BRAHMAN brainchild's Brian May Brides of Destruction Brides of Lucifer Bring Me the Horizon Brink, the Bruce Dickinson Brujeria Brutal Truth Bryan Adams BUCK-TICK Buckcherry Budderside Buddy Guy Buffalo Daughter BUGY CRAXONE Bullet for My Valentine Bulletboys Bullets and Octane BUMP OF CHICKEN Buono! Burn the Priest Burning Witches Bush Butch Walker Butcher Babies Cacoy Caesars callme Cane Hill Carcass CAROL Catatonia Cathedral Cats in Boots Charlatans, the Charlie Sexton Cheap Trick Chemical Brothers, the Children of Bodom Chk Chk Chk (!!!) Chris Cornell Chrome Division Chthonic Chuck Berry Chvrches Cigarettes After Sex Cinderella Clam Abuse Clash, the Click Five, the Clutch CO-FUSION Cocco Code Orange Coheed and Cambria Colbie Caillat Coldplay Compilation Album Confusion Master Converge Cornelius Cornershop Corrosion of Conformity Courteeners, the Courtney Barnett Courtney Love Coverdale・Page Cozy Powell Cradle of Filth Crazy Lixx Cream Creed Cribs, the Crosses (✝✝✝) Crossfaith Cry of Love Crystal Lake Cult, the Culture Club Cure, the Cybernauts Cymbals D'ERLANGER D-A-D Dachambo Damageplan Damn Yankees Damned Things, the Damned, the Danger Danger Danzig Darkness, the Dashboard Confessional DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN DATS Datsuns, the Daughtry David Bowie David Lee Roth Dead by April Dead by Sunrise Dead Cross Dead Daisies, the DEAD END Dead Kennedys Deafheaven Death Angel Death of Lovers Debbie Gibson DECAYS Deckard Deep Purple Def Leppard DEF.DIVA Deftones delofamilia Delorean Demolition 23. Departure, the Depeche Mode detroit7 Devin Townsend Project Diamond Head DIAMOND☆YUKAI Diffuser Dillinger Escape Plan, the Dimmu Borgir Dinosaur Jr. Dio DIR EN GREY Dirty Pretty Things Distillers, the Disturbed Dizzy Mizz Lizzy DMBQ Dogs D'Amour, the Dogs Die in Hot Cars Dokken Don Dokken Donavon Frankenreiter Donnie Vie Doors, the Down downy Dragon Ash DragonForce Dream Theater Dreamboy Dreams Come True Dregen DRY & HEAVY Duff McKagan Duran Duran DUST'N'BONEZ, THE DYGL Earthshaker eastern youth EGO-WRAPPIN' ELECTRAGLIDE Electric Six Elliott Smith Eminem Emperor End Machine, the ENDRECHERI Enforcer Entombed Enuff Z' Nuff Eric Clapton Eskimo Callboy Europe Eurythmics Evanescence Eve Exodus Explosions in the Sky Extreme E・Z・O Faceless, the Fair Warning Fairground Attraction Faith No More Falco Fall Out Boy Faster Pussycat Fatboy Slim Fate Father John Misty Fear Factory Feeder Feeling, the Fever 333, the Fight Filter Firehouse Firestarter Firewind Five Finger Death Punch Flashcubes Flatbacker Fleetwood Mac Flotsam and Jetsam Flyleaf FM Foo Fighters Foreigner Fountains of Wayne fra-foa Frank Black Frankie Goes to Hollywood Franz Ferdinand Freddie Mercury Free Fudge Tunnel Fugees, the FUJI ROCK FESTIVAL Funeral for a Friend Futureshock Fuzzbubble G. Love GALNERYUS Gamma Ray Garbage Garth Brooks Gary Moore Gathering, the Gene Simmons Genesis George Harrison George Lynch George Michael Georgia Satellites, the Get Up Kids, the GHEEE Ghost Gilby Clarke Gin Blossoms Ginger Wildheart GLAY Glenn Hughes GLIM SPANKY GO!GO!7188 Godsmack Godspeed GOING STEADY GOING UNDER GROUND Gojira Goldie Lookin Chain Gotthard Graham Bonnet Grapevine Graupel GREAT ADVENTURE Great White Green Day Greta Van Fleet GTR Gun Guns n' Roses H.P. オールスターズ Halestorm Halford Hanoi Rocks Hanson Hardcore Superstar Hardline Harem Scarem HARISS Harry Styles Hatebreed Haunted, the Heart HEATWAVE Hellacopters, the HELLO WORKS, THE Hellogoodbye Helloween Helmet HER NAME IN BLOOD Hermann H. & The Pacemakers Hi-STANDARD hide HIGH and MIGHTY COLOR HIGH-LOWS, THE Hives, the Hole Hollywood Rose Hollywood Vampires Honeycrack Hoobastank Huaska Hurricane Hurricane #1 HUSKING BEE I See Stars Iggy Pop Ihsahn Imminence Impellitteri Imperial State Electric In Flames In the Soup Incubus Indianhead INORAN Inxs Iron Maiden Izzy Stradlin J Jack Johnson Jack White Jake Bugg James Bay James Brown Jane's Addiction Janet Jackson Janis Joplin Japan Jeevas, the Jeff Beck Jeff Beck Group Jeff Buckley Jellyfish Jerusalem Slim Jesus & Mary Chain, the Jesus Jones Jet Jetboy Jimi Hendrix Jimmy Page Jimmy Page / Robert Plant Joe Lean & the Jing Jang Jong Joe Lynn Turner Joe Perry Joe Satriani Joe Strummer & the Mescaleros John Corabi John Diva & The Rockets of Love John Lennon John Sykes Johnny Winter Jomi Massage Jon Bon Jovi Jon Spencer Blues Explosion, the Jonathan Davis Josh Todd Josh Todd & the Conflict Joss Stone JOUJOUKA Journey Joy Division Judas Priest JUN SKY WALKER(S) Juno Reactor JYOCHO Kaato Kadavar Kamasi Washington Kasabian Katatonia Katmandu Keane Keith Richards KEMURI Ken Yokoyama Kendrick Lamar KENZI & THE TRIPS Killers, the Killing Joke Killswitch Engage King 810 King Crimson King Gizzard & the Lizard Wizard King's X Kingdom Come KISS Kix KLF, the Knack, the KOOK Korn Kottonmouth Kings Kraftwerk Kreator Kula Shaker Kurt Vile KXM Kylie Minogue L'Arc-en-Ciel L.A.Guns La'cryma Christi LA-PPISCH Lacuna Coil Lady Gaga Lamb of God Last Days of April Led Zeppelin Lemon Twigs, the Lemonheads, the Lenny Kravitz Liam Gallagher Libertines, the Light the Torch Like a Storm Lily Allen Limp Bizkit Linkin Park Lita Ford Little Angels Little Caesar Living Colour Lonerider Lords of Black LOST IN TIME Lou Reed LOUD PARK LoudLion Loudness LOVE PSYCHEDELICO LOVEBITES Luby Sparks Lucer Lullacry LUNA SEA Lynch Mob M/A/R/R/S Machine Gun Kelly Machine Head Mad Capsule Markets, the Mad Season Madball Madonna Magic Numbers, the Maison book girl MAN WITH A MISSION Man, the Mando Diao Manic Eden Manic Street Preachers Manowar Mansun Mantar Marilyn Manson Mark Slaughter Marmozets Mars Volta, the Marvelous 3 Massive Attack Mastodon Matchbox Twenty Matt Cameron Matthew Sweet McAuley Schenker Group MD.45 Meathook Seed Megadeth MELTONE Mercury Rev Meshuggah Metal Church Metallica Michael Jackson Michael Monroe Michael Schenker Michael Schenker Fest Michael Schenker Group Michael Sweet Mick Jagger Midnight Bankrobbers Mighty Mighty Bosstones, the Migos mihimaru GT Ministry MO'SOME TONEBENDER MODS, THE Mogwai Mondo Generator Mondo Grosso Monkees, the Monster Magnet Mooney Suzuki, the Morrie Mother Love Bone Motley Crue Motorhead Mott the Hoople Mouse on Mars Mr. Big Mr. Mister Mr.Children MUCC Mudhoney Muse Music, the Mutation My Chemical Romance My Little Lover Myles Kennedy Nailbomb Napalm Death Nashville Pussy Nelly Nelson Neurotic Outsiders Neve New Order New York Dolls NEWS NGT48 Nicke Borg Homeland Nickelback Night Ranger Nine Black Alps Nine Inch Nails Nirvana Noel Gallagher's High Flying Birds Nothing NOVEMBERS, THE Nuclear Valdez O.P.KING Oasis Obituary Oblivion Dust Obscure Ocean Colour Scene OCEANLANE Of Mice & Men Offspring, the OGRE YOU ASSHOLE ONE OK ROCK Oneohtrix Point Never Opeth ORANGE RANGE Orbital Ordinary Boys, the Orgy Orianthi ORIGINAL LOVE Outrage Overkill Ozzy Osbourne Panic! at the Disco Pantera Papa Roach Paradise Lost Paul Draper Paul McCartney Paul Stanley Paul Weller PE'Z PEALOUT Pearl Jam PENPALS Perfume Periphery PERSONZ Pet Shop Boys Peter Gabriel Phantom Planet Phil Campbell and the Bastard Sons Phish Pig Destroyer pillows, the Pink Cream 69 Pink Floyd Pixies Placebo Plastic Tree Playmates, the Poison Polaris Police, the Polyphonic Spree, the POLYSICS Porcupine Tree Portishead Power Station, the Powerman 5000 Praying Mantis Predators, the Pretty Boy Floyd Pretty Maids Pride & Glory Primal Scream Primus Prince Privates, the Probot Prodigy, the Prong Protest the Hero Public Enemy PUFFY Pulp pupa Qemists, the Queen Queens of the Stone Age Queensryche Quiet Riot Quireboys, the R.E.M. Raconteurs, the Radiohead RADWIMPS Rage against the Machine Rainbow Rammstein Ramones RAMRIDER Rancid Rapture, the RAREDRUG Rasmus, the Ratt Raven RCサクセション Red Dragon Cartel Red Hot Chili Peppers Red Warriors Reef Refused Rex Brown RHYMESTER Richie Kotzen Richie Sambora Ride Riot Riot V RIP SLYME Rise of the Northstar Rival Sons RIZE Rob Zombie Robert Plant Rock City Angels ROCK IN JAPAN FESTIVAL ROCKBOTTOM Rocket from the Crypt Rolling Stones ROMANS RON RON CLOU Ronnie Wood Rooster ROOSTERS, THE ROSSO ROVO Roxy Music RSO Run D.M.C. Rush Russian Circles Sabaton Sacred Reich Sads Saint Vitus Salems Lott Sam Smith Samantha's Favourite Sammy Hagar Santana Saosin Saxon SBK Scorpions Scott Weiland Scour Screaming Soul Hill Sean Lennon Sebastian Bach Secret Machines SEKAI NO OWARI Selfish Cunt Senses Fail Septic Tank Sepultura Serj Tankian Sevendust SEX MACHINEGUNS Sex Pistols Shadow King Shadows Fall Shinedown Shinning Shobaleader One Sick of it all Sigh Sigue Sigue Sputnik Silver Ginger 5 Silvertide Simple Minds Simply Red SION Sixx:A.M. SKE48 SKETCH SHOW Skid Row Skillet Skin Skindred Skunk Anansie Slash Slash's Snakepit Slaughter Slayer Sleep sleepyhead Slipknot Sloan Slowdive Smashing Pumpkins Smiths, the smorgas SNAKE HIP SHAKES Sneeze Snow Patrol SOFT BALLET Soilwork Sons of Apollo Sons of Texas sora tob sakana Soul Asylum Soul Flower Union Soulfly Soulwax Soundgarden South Spaghetti Vabune! Sparta Sparta Locals Spiritual Beggars Spiritualized Spoon Squarepusher SR-71 STALIN, THE Starcrawler Static-X Steel Panther Steelheart Stephen Pearcy Steriogram Steve Perry Steve Stevens Steve Vai Steve Winwood Steven Tyler Stevie Salas Stills, the Sting Stone Roses, the Stone Sour Stone Temple Pilots Stooges, the Strokes, the Struts, the Stryper Strypes, the STU48 Styx Suede Suicidal Tendencies Sum 41 SUMMER SONIC SUPER BUTTER DOG Super Furry Animals Super$hit 666 Superchunk SUPERSNAZZ Survive Sweet & Lynch Swervedriver Syrup16g System of a Down t.A.T.u. Taking Back Sunday Tank task have fun Team Sleep Tears for Fears Teenage Fanclub Television Terence Trent D'Arby Terrorizer Terrorvision Tesla Tesseract Testament THEE MICHELLE GUN ELEPHANT Them Crooked Vultures Therapy? Thin Lizzy Thirteen Senses Thirty Seconds to Mars Thunder Thunderpussy Thy Art is Murder Tin Machine Tinted Windows TMG TNT Toad the Wet Sprocket Todos Tus Muertos Tokyo Dragons Tokyo Motor Fist TOKYO ZAWINUL BACH Tom Misch Tommy Lee Tony MacAlpine Tool Tortoise Toto Towers of London Traening Train Travis TREEBERRYS TRICERATOPS Trivium Trixter Twenty One Pilots Twisted Sister Two (2wo) Two Door Cinema Club Two Lone Swordsmen Tygers of Pan Tang U.D.O. U2 UA UFO Ultraphonix Underworld Unearth United Unkle Vader Vain Van Halen Veil of Maya Velvet Revolver Venom Verve, the Vibrators, the Vince Neil Vinnie Vincent Invasion Vixen Voivod w-inds. W.A.S.P. WANIMA Warrant Warrior Soul Weezer Wham! Wheatus While She Sleeps White Lion White Stripes, the Whitesnake Who, the Wildhearts, the Willard, the Winger Wings Witch Within Temptation Wombats, the Wrench W(ダブルユー) X JAPAN Yellow Magic Orchestra YELLOW MONKEY, THE Yes Yngwei Malmsteen YO-KING Yo-Yo's, the Zakk Wylde Zeppet Store ZIGGY ZYX ZZ Top ℃-ute 「100番勝負」 「10年前」 「1年のまとめ」 「20年前」 「AIN'T IT FUN」 「CCCD」 「DJ / イベント出演」 「R.I.P.」 「アクセスランキング」 「アンケート」 「ゾ」 「ネットラジオ」 「フェス」 「仕事紹介」 「再結成」 「分析ネタ」 「平成の30枚」 「私的ベスト10」 「記事一覧」 「音楽配信」 あぁ! おとぎ話 くるり けやき坂46 すかんち どうぶつビスケッツ×PPP ぼくのりりっくのぼうよみ ももいろクローバーZ ゆず ゆらゆら帝国 アイドルネッサンス アンジュルム インビシブルマンズデスベッド ウルフルズ エイプリルズ エレファントカシマシ カントリー娘。 カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。) カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。) カーネーション キュウソネコカミ キリンジ ギターウルフ クラムボン クリープハイプ クレイジーケンバンド グループ魂 ゲスの極み乙女。 コンタクト サザンオールスターズ サンボマスター サ上と中江 ザ・クロマニヨンズ スカート スガ シカオ スチャダラパー ストレイテナー スネオヘアー スピッツ スーパーカー ソニン タンポポ チャットモンチー トリプルファイヤー ドレスコーズ ナンバーガール ニューロティカ ハナレグミ ハロー!プロジェクト ピーズ, The フィッシュマンズ フジファブリック フラワーカンパニーズ プッチモニ マキシマム ザ ホルモン ミドリ ミニモニ。 ムーンライダーズ メロン記念日 モーニング娘。 モーニング娘。おとめ組 モーニング娘。さくら組 ユニコーン レミオロメン ロッカーズ ロマンポルシェ。 三浦大知 中島美嘉 中村一義 中村佳穂 中澤裕子 乃木坂46 佐野元春 八代亜紀 凛として時雨 加藤いづみ 勝手にしやがれ 原田知世 吉井和哉 堂島孝平 大槻ケンヂ 大江慎也 太陽とシスコムーン(T&Cボンバー) 奥田民生 宇多田ヒカル 安倍なつみ 小沢健二 小泉今日子 尾崎豊 岡村靖幸 岡村靖幸と石野卓球 左とん平 市井紗耶香 布袋寅泰 平井堅 後浦なつみ 後藤真希 忌野清志郎 怒髪天 惑星 折坂悠太 押尾コータロー 推定少女 新垣結衣 日暮愛葉 星井七瀬 星屑スキャット 星野みちる 星野源 曽我部恵一 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) 有村竜太郎 朝霧 Jam 木村カエラ 東京スカパラダイスオーケストラ 松浦亜弥 柴田淳 桑田佳祐 森重樹一 椎名林檎 椿屋四重奏 欅坂46 氣志團 氷室京介 永井ルイ 浅井健一 浜崎あゆみ 浜田麻里 渋さ知らズ 片平里菜 玉置成実 田中フミヤ 真心ブラザーズ 矢口真里 石川梨華 砂原良徳 私立恵比寿中学 米津玄師 絢香 羅針盤 美勇伝 菊地成孔 藤本美貴 道重さゆみ 遠藤ミチロウ 銀杏BOYZ 陰陽座 電気グルーヴ 頭脳警察 飯田圭織 1975, the 2 Many DJ's 22-20s 3 Colours Red 44MAGNUM 54-71 9mm Parabellum Bullet

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ